2011年6月30日木曜日

ご質問お答え「年収を上げるためには嫌われる?どうすればいい?」録音

出番を待つ平先生の画像だよ。
開始2分前。



平先生のセミナー終了しました。
私は風邪で途中欠場してしまいました(ToT)

情けない・・・


・・・


で、そのセミナー内容に関して、
伊藤さまから、興味深い質問を頂いたので、
お答えします。

「年収を一億円以上レベルに上げようと思ったら、
 人に嫌われる事を覚悟するべきか」

という事に付いてです。


年収上げたい、でも嫌われたくない。
たった一人になったらどうしよう。

同じような疑問を持たれる方も
お見えになるかと思うので、
ぜひ聞いてみてくださいね。


***********************


広田会長、ふなさん
キーホルダーと名刺ありがとうございました!!
今日 秋葉原の会場で、お二人が朝一番 食べ物のショップを探しておられた時に声をかけさせて頂いた伊藤と申します。正直 緊張して何も聞けませんでした。。
情けないっす。。
あの後、自分なりに何が一番聞きたいか考えました。
やはり、質疑応答で平先生にも聞いた質問を聞きたいんです。今 自分は中途半端な2500万~3000万の年収があります。それを突き抜けるには、不道徳 非常識 波風を立てる、必要があると思います。
広田会長は今まで様々な波風を立ててきたと思います。
その決断をし、実行するぞとなった時、
中傷されるかもしれないな、1人きりになるかもな、確実に嫌われるな、などという感情は生まれないのでしょうか?
平先生には「オレはないよ!」
と怪物の回答でした。。。
広田会長も怪物ですが、同じように怖さなどと向き合う時は
ないのでしょうか。。
オレは勘はいい方だと思うので、DMR、これはちゃんとやれば
本当にオレの業界では力になるものだと分かっています。
ただ、中傷 嫌われる、なども確実にでる事も分かります。
オレは甘ちゃんなんですかね。。
他人を気にするのは稼いでからにしろですかね。。
もし何かヒントをもらえれば嬉しいです。心に刻みます。
よろしくお願い致します。



*****************************



お答え。

コレを聞いてみてください。

風邪引いちゃったので、聞きづらいのごめんね。

年収を上げる為には嫌われるべきか?(約14分)




先日、耳にしたのですが、
録音聞かずに読むだけの人もおられるとか(涙)

どうしても話す方が情報量が多くて、
録音にしています。

できれば聞いてね。

こんな事はなしてます。

①平先生の言葉の使い方を知ろう

 なぜ言葉に迫力が出るのか?それによる弊害は何か?
 聞く我々はどう聞くようにするべきか?

②嫌われる?

 嫌われる、ということのメカニズム
 あなたはすでに嫌われている
 「嫌われる」という言葉の定義の中にあるもの
 覗くより、覗かれる人こそ

③年収が一億円レベルに上がるときに起こる現象

 なぜ年収が上がるのか
 そのような環境や弊害が怖くなくなる考え方のコツ

などなどー

これら活字にすると、すんごい長いんですよね。

なので、聞いてみてちょ。


・・・


早く風邪治らないかな(泣)

2011年6月28日火曜日

平先生セミナー2日目だよ。

2日目のセミナー、今から始まるよ。



会場の雰囲気はこんな感じ。


・・・


28日、セミナー無事終了しました、、、

って、私何もしてないけど(汗)


セミナー始まる前、平先生は控え室で

「オレ、モチベーションの話するの凄く苦手なんだよね」

と。

実際、「こうしてああして」儲ける為の
テクニック論は得意だけど、
やる気系の話は好きではないそうです。

リアリズムこそ自分の持ち味、と思われているとの事。


・・・


でも、、、

初日セミナー、すっごくよかったです。
(師匠をほめるのもおこがましいけど)

私自身も凄くインスパイアされました。


頑張ろう。
やろう。

たった一人でも、そしてわずかでも、
世界を変えてやろう。


セミナー受けられた人は
たぶん同じように思われたのじゃないかな。


・・・


明日は2日目。

会場を別にし、今度は儲ける為のテクニック論満載で行くそうです。

この日の為に用意したパワーポイントはなんと600枚。

朝から晩までそれをやるそうです。



・・・


ちなみに、私は上海で風邪引いて、
ぼーっとしています。


先生は上海帰りのままセミナー準備、
(上海でも部屋でPW作っていた)
二日れんちゃん、しかも明日は夜までずっと。

まあ、、、

タフです。


そして、コレだけ仕事すれば、
だれでもお金持ちになれる。

そこを真似すると、確実に成功するよ。


・・・


本日は、会場の都合で100名ほど入れなかったそうな。

1000人の会場でも良かったかもね。


・・・


会場でお声かけてくれた人、ありがとう!
「ブログ見てます」との一言、とても嬉しいです!


明日も船川がプレゼントもって待ってるよ。
(今日のと一緒なので、初日もらった人はごめんなさいね。
 まだもらってない人にお譲りください)





私はちょっと出たり入ったりするけど、
フナは大体いるので、
ぜひフナにお声かけてね!

平先生セミナーのメモリアルプレゼントです!

なんか毎日イベント続きでばたばたしているぞ。

今日は、、、

平先生のセミナーだよ!

会場で、船川にお声かけてくださった、
このブログを見てくれている人に、
ささやかなプレゼントがあります!

コレだああああぁぁぁ・・・





直径は2センチ、かわいいヤツです。
キーホルダーにも、バッグにつけても、
家に飾っておいても乙なヤツ。

「平秀信セミナー

 道は拓ける

 何でもコヤシ」

と書いてあります。

何処にも売ってない(当たり前か)、
ここでしか手に入らない逸品だよ!

是非ゲットしてください。



・・・



初日、つまり今日、28日限定50個、

29日は限定100個の、

計150個つくりました!


(二日目の方が多いのは、参加費用も高いから、
 その方がフェアかなと勝手に思いました)



・・・



でわでわ、、、

会場でフナにお声かけてね!


重複を避ける為に、お名刺くださいね。
名刺をお持ちでない方は、お名前教えてちょ。

2011年6月26日日曜日

上海セミナー終わりました!参加者のみなさま、ありがとうございました! 写真その1~コヤシ飲み会写真~




廣田です、
上海セミナー、というか飲み会、
無事終了いたしました!


参加してくださったみなさま、
誠にありがとうございました!


今回は、神田先生にお礼をしよう、と
平先生と計画したもので、
日本からの参加者の半数近くに及ぶ方々が、
このブログを含めた平サイトからの
ご参加になりました!

みなさまのおかげで、神田先生への面目が立ちました!

ありがとうございました!!
あらためてお礼申し上げます。



・・・



さて、初日。

実は我々にとって、一番大切な日。

コヤシブログ参加者の方々との、、、、


飲み会です。


ぶっちゃけ、この一日こそが、
私と小林、フナにとって
もっとも大切というか、
重要な日でした。



・・・



失敗するわけにはいかない。

まずは、参加者の方々が混乱しないように、
わかりやすい姿でお迎えしなければ。






こんなカッコしてホテルのロビーに行くのは
我々くらいだろう。


バスでもこんな感じ。






ひょっとしてこういうのが好きなのかもしれない。

まあ、親分が親分だからね。
かぶり物好きね。


・・・


当日、会場からバスまで全てアテンドしてくださった、
小園さま、という方が見えます。

小園さまには何から何まで、本当にお世話になりました。
全く自分自身のメリットにならないにもかかわらず、
全ての手配をしてくださいました。

小園さま、今度日本に来られたときは六本木で接待します!
ぜひご連絡くださいませ!





小園さまと2ショット。小園さまも元キックボクサー。

なので、、、
キックボクサー仲間なんです。


で、、、

当日バス時刻、
「私は神田先生と明日のセミナーの
 打ち合わせがありますので、
 当社のスタッフを行かせます」

と小園さまのスタッフの方まで手伝ってくださいました。

山田扶美子さんという、
とてもかわいいチャーミングな女性です。

中国語がべらべら。
とても助かりました。

で、、その山田さんにも、
かぶり物をかぶって頂きました。







「何でもコヤシ」カラーに染まってしまったかもしれません。



・・・



会場で参加者の方々にお配りしたメモリアルグッズだよ。





フナが一生懸命作ってくれました。

ひとつは、

”何でもコヤシ 飲み会 in 上海” キーホルダー。

絶対何処にも売っていない逸品です。


もうひとつは、

”なんでもコヤシ” フリスク。

中身を足せば永遠に食べれます。



・・・



さて、ここからフナにバトンタッチです。



・・・



船川です、上海セミナーにて、
なんでもコヤシブログからご参加いただきました方と
一緒に飲み会を開いたときの写真をアップさせて
いただきます。

また、セミナーの様子や上海の様子の写真も
アップさせていただく予定ですので、
楽しみにお待ちくださいませ。

また、飲み会に参加くださった参加者の皆様のおかげで、
初めてお会いしたとは思えないたくさんの交流があり、
笑いの絶えない本当に素晴らしい会になりました。

廣田会長もとても喜んでおりました。

また、セミナーのパネラーとして、
前日準備もあるにも関わらず、ご多忙の中、
飲み会会場の手配、バスの手配していただいた小園さま、
当日、会場までガイドをしていただきました山田さま、
本当にありがとうございました。

改めてお礼申し上げます。

ありがとうございました。


ネット業界で知らない人はいない、
川島和正さまに乾杯の音頭をとっていただき、
飲み会がスタートしました。

















とても落ち着くおしゃれな会場をお貸しいただきました、
やまとやの田口敬祐さま。

一から上海でご商売をされたお話をお聞きし、
とても勉強になりました。



黄金に輝く巨大ボクシンググローブに
参加者の皆様からメッセージを書いてもらい、
プレゼントをもらった廣田会長です。

とても喜んでいました。





プレゼントはこんな感じです。





・・・



廣田です、寄せ書きしてくださったみなさま、
ありがとうございます!

フナが計画してくれた事で、
私も驚きました!

こういうの、弱いです・・・

宝物にします!



・・・


では、また写真パート2をお楽しみに!

みなさん、またやりましょね!

2011年6月23日木曜日

お詫び申し上げます。

※アドバンスマインド佐野です。

何故か上海からブログへアクセス出来ないらしく、
記事が投稿出来ません。

帰ってからの更新なるのでお詫び申し上げて欲しいと
廣田会長からメールがありました。

代わりに投稿させて頂きます。


・・・


廣田です、上海では全くブログが開けませんでした。
ある意味中国怖いですね。

携帯から投稿できるものに変えようかな・・・
とほほ。

2011年6月21日火曜日

「今どきの若い人は・・・」についての録音

「最近の若いものは!!!」


と、、、


私は昔、上の人からよく言われました。



・・・



そのころ、同じように言われていた友人は、
今、同じことを言っています。

「最近の若い者はアカン」


これって、昔から、ずっと大昔から、
言われつづけている事ではないでしょうか?



・・・



私の意見は少し違います。


最近の若い人は、、、

・成功しよう、と頑張ってみたり

・セミナーへ行ってみたり

・本を読んで勉強したり

・情報商材買って勉強したり


うちの連中もそうなのですが、、、

・朝早くから一生懸命仕事したり

・お休みなんてかまわず仕事したり

・夜遅くまで仕事したり

・帰ってからも勉強したり


私から見ると、、、


私よりずっと、優秀なのです。



つまり、、、
私の若い頃より、

「今の若いものは・・・」

ずっと優秀です。



・・・



さて、「最近の若いもの」との付き合いに、
フナが悩んでいます。

答えになっているかどうかはわかりませんが、
適当に答えておきました。

コレを聞いてください。


今時の若いものへの接し方(約10分)




・・・



ちなみに、
今時の若い人、平先生のセミナーが6月28日からあります。

1050円で受けられるよ。


平先生のブログ見てちょ。

1050円で受けられるセミナーはこちら




・・・


最近の若い人たち、
会場で私かフナに声かけてくれたら、
なんかプレゼントしますね。


プレゼントの内容は秘密だよ。
(今作ってます)



ちなみに、タイトルの写真は、今どきの若い人たち(フナ含む)。
なんかいいなあー
うらやましーなー

2011年6月18日土曜日

フナ 村社会に生きる「ザブトンの位置」録音

*上海飲み会に、平先生が「あ、これ、カンパね」と言って
 さりげなく封筒を渡してくれました。
 中には20万円が入っていました。
 うーん、さすが師匠。


《今日の記事だよ》


フナが結婚しました。

なんて、このブログの読者さまは
皆さんご存知だとは思います。

でも、、、

その後、半年も立たないうちに赤坂で豪遊したり、、、
一時間で7人の中国人から名指しで呼ばれたりして、、、

いかがわしい行為にふけっているようです(想像)。



・・・



で、まあ、、、

フナの行動自体がいいかどうかは別として、
新婚の彼にはひとつ、仕事が残っているのです。

彼の奥さんのご近所に、、、
挨拶に行かなければならないそうです。



・・・



ご近所。

村の衆。

都会で育った人にはわかりづらいかもしれませんが、
イナカへ行くと、「結婚」は一大行事。

村の人たちが集まったり、挨拶回ったり、
おモチ配ったり。

祭りのようになる事もあるのです。

そして、フナにはまだその「挨拶回り」が残っているのです。



それに、フナは行きたくないそうなのです。
面倒くさいそうです。



・・・



フナだけではありません。

小さい頃、
私が育ったのは村でした。

街ではなく、村です。

イナカです。

田舎では、そういった
ご近所付き合いが非常に大変なのです。

なので、、、

私にはその具合がわかるのです。



・・・



せっかくだから、フナがご近所に初顔見せするときに、
ちゃんと初動の挨拶をさせたいものです。

まあ、質問自体はビジネスとは
何の関係もないかも知んないけどね。



・・・



なので、ビジネスに使えるっぽく
少し応用ヒントを書いておきましょう。


ここでのポイントは、、、

①その行動は誰の為になにになるのか。
 誰が喜ぶ為にするのか考えると、
 行動の基準は出ますよね。
 面倒とか、そういう問題ではないのです。


②初動のアピール、アウトプットこそ。
 一発目にかましましょう。
 これは集団のとき、常に必要な事です。


③最初の「座布団の位置」。
 猿山のボスは、一日というか、
 一瞬で決まるものだと思います。
 その順番は、本能的に、自動的に、
 動物的に決まるものです。



ということかな。


応用すればビジネスでも使えるよ。

フナが村の中でどう振る舞うのか?(約9分)



・・・


《結果報告》

その後、フナは私のベンツSクラスに乗って、
近所挨拶に回ったそうです。

で、、、


奥さんが一言。

「コイツのと違うんですわ、コイツ自体はたいした事ないんですわ」

んー、いい奥さんやねえー。

2011年6月15日水曜日

京都フナグル(?)& 「能力の高い部下が使いにくい」録音

京都に来ています。

「祇園で飲みたいから、会社作っちゃおう」

が始まり。


・・・


なので、、、

たまに京都に遠征して、飲みます。

こっちのスタッフ(社長と副社長)を連れて、
うだうだ飲みます。


まずはめしだあぁぁー





鴨川の納涼川床で「鳥鍋」を食べるのだ(ちょっと寒かったのさ)





フナもいるのだあぁぁー





京都の責任者、岸ポン社長と、なかじい副社長だあぁぁー





森光子さんの生家だと聞いたよ。





しまった、うちの懐刀、ますダーリンの写真も撮るの忘れた。

んでまた、料理の写真とるのも忘れた・・・


ということで、、、

フナグルにはできなかったのです。

まいっか。



・・・



うちには、優秀なスタッフが数多くいます。

小林、寺田をはじめとした社長たち、日本一の久保、30代組ですでに社長であり、これからのうちのグループを率いて行くいっちん、増だーりん、桑ちん、キシポン。20代組ですでに日本トップレベルであり、この先成功を半ば約束されているユースケ、スー、マーボ。


そしてフナ(?)。


まあ、いいのがそろっています。

コレだけが私の自慢です。


で、、、

フナから相談がありました。


・・・


自分より、能力が高い人間を雇うとき、
困ってしまう、というものです。


仮に、社長なり、リーダーが、
全てのスタッフより能力が高い、とします。


それはいい事です。



でも、、、

自分より能力が高い人間が組織に入ってくる事も多いです。
そのときに、リーダーは、こう考えるかもしれません。


「自分より能力の高い部下を使いにくいのではないか?」


そんな質問です。


・・・


能力の高い部下は自分の言う事を聞いてくれない(気がする)。

これは、ある種の「恐怖心」があるからこそ思う事です。
でも、視点を変えるだけで問題はありません。

まあ、能書きはいいかな。

コレです。

能力の高い部下が入ってきたら?(約10分)


ま、べつだん、方法論というわけではないのだけどね。

2011年6月13日月曜日

上海飲み会Q&A

神田先生の上海セミナーが近づいてきました。

現在23名と、思ったより多くの方々が
参加してくださり、嬉しい限りです!
ありがとうございます!

まあセミナーとは関係ないのですが、
コレはちゃんと段取りしないと、
みなさまにご迷惑をかけてしまうと思い、
フナとアレやコレや一生懸命準備しております!

ぱたぱた頑張るフナ




で、、、

いくつかお伝えしておいた方が良いかしら、と思い、
このブログでもお伝えさせてくださいませ!


・・・


まずは、上海セミナーの飲み会、その他について、
ミスターX式にQ&Aで行ってみましょう。

順次追加しているので、かならず最後まで読んでね。



・・・


Q、オレも上海行くけど参加資格は?

A、
基本的に、ブログ何でもコヤシから
お申し込みくださった方を対象にしています。

なぜなら、平先生共々私たちは神田先生にお世話になっており、少々でも御返しできればとの思いから、平先生のブログと私のブログでお手伝いをさせていただきました。

なので、セミナーの申し込みフォームに「□平秀信サイトから」にチェックくださり、コメント欄に「コヤシブログから」とお書きくださった方をお招きしようと思っております。

また、この従前に、このブログコメント欄、もしくはメールの方にご一報くださり、私から返信させていただいた方、その方々も参加メンバーさまです。

ひとりでも多くの方と一献傾けたいのですが、神田先生セミナーの参加者全員さまに「誰でもどうぞ」というと100名近くになると思うので、物理的に実行が難しくなります。

ブログ読者さま(上記の条件を満たした)に限定させてくださいませ。


・・・


Q、なんかくれるのか?

A、
はい、まず二つのプレゼントを用意しております。

ひとつはDVD、これは定価8万円のものです。
私のやっている会の会員さんにしか販売していないものです。





コレを差し上げます。

今急ピッチで製作中で、
19日までにはお届けできると思います。

(シュリンク包装だけは間に合わないので、
 ビニールのパッケージはないです)

もうひとつは、おかしなキーホルダーです。

バッグなどにおつけくださると、コヤシブログからの参加メンバーさま、と一目で分かるので、知らない人でも仲良くなれる可能性があります。

これ「ムエたま」





セミナーとかで知り合った人たちと、
終了後にわたってもいろんな情報のやり取りをして、
意識を高め合うのはとてもいい事です。

かっこわるいかもしれないけど、
良ければつけてきて、また、
つけている人と仲良くなってください。

なんか得するかもしれません。
しないかもしれません。


・・・


Q、DVDとキーホルダーだけか?飲ませてくれるのではないのか?

A、
はい、お酒おごります。

せっかく海外でご一緒できるので、
一杯やりましょう!という感じです。


・・・

Q、いつ飲ませてくれるんだ!

A、
スケジュールを見ると、
初日が夕食後フリーなので、
初日の夕食後にしようと思っています。

2日目は懇親会があるので、
ぜひ仲良くなった人と
商談を始めてみてください。
セミナーのメインの目的ですから。

3日目は散策になるので、皆さんバラバラになってしまう(だろう)と思っています。

なので、初日にしようと計画しています。


・・・


Q、おねいさんのいる、いかがわしい店で飲ませろ。

A、

すみません、女性の参加者さまもお見えになるし、
なにより、神田先生のセミナーが私のせいで
売春ツアーになってしまうといけないので、
おねいさまのいないお店を選びます。





こういうところへは行きません(中央は赤王さま。今回不参加)


・・・


Q、毎日飲ませろ。

A、
すみません、私もせっかくセミナーへ行くので、
商談などの話も進めて行きたいと思います。

2日目と3日目の夜は少し仕事させてください。


・・・


Q、浴びるほど飲ませろ。

A、はい、飲んでください。


・・・


Q、朝まで飲ませろ。

A、
すみません、適当に切り上げます。
翌朝、寝坊しないでくださいね。


・・・


Q、どうせマージンもらっているんだろう。高い酒飲ませろ。

A、
マージンは一円ももらっていません。
この行為は私の趣味で、全て自腹です。

なので、ルイ13世やカミュ・バカラ、
ロマネやジャイエ系などはお許しください。




ルイ13世(禁止)


・・・


Q、高級なお店なのだろうな?

A、そうでもないと思います。


・・・


Q、飯も食わせろ。

A、夕食はツアーに付いているようです。おつまみなどはどうぞ。


・・・


Q、オレは屋台でメシが食べたい。

A、どうぞ。


・・・


Q、カラオケはあるんだろうな?

A、
アジアで「カラオケ」というと売春宿と間違われます。
カラオケはないです。


・・・


Q、オレの歌を聴け。

A、どうぞ外で歌ってください。聞きます。


・・・


Q、肩とか腰を揉め

A、嫌です。


・・・


Q、では、揉ませろ。

A、それも嫌です。


・・・


Q、だいたいお前ごときと飲むのに、
  セミナー代金30万円ほどの価値があるのか?


A、ないです。


・・・


Q、マーケティングを教えろ。

A、私にわかる事であれば。


・・・


Q、恋愛について教えろ

A、私は恋愛は苦手です。


・・・


Q、中国人と仲良くなる方法が知りたい。

A、フナに聞いてもらえるといいです。


・・・


Q、彼女を紹介してほしい。

A、しかるべき機関にご依頼ください。


・・・


Q、できればお小遣いが欲しい。

A、できれば私も欲しいです。


・・・


Q、家族にお土産が欲しい。

A、どうぞ、ご自身でご自由にお買い求めください。


・・・


Q、ボクはA子さんが好きなのですが、A子さんはBくんが好きです。
  BくんはC子さんが好きで、C子さんはボクの事が好きです。
  どうしたらいいでしょう?



A、知りません。


・・・


Q、いつも誰かに見られているような気がする。

A、気のせいです。


・・・


Q、最近つらい事が多い。

A、お気の毒です。


・・・


Q、板橋区で駅近、ペット可、1LDKの格安物件を探しています。
  できれば築浅、日当りのいいところが希望です。


A、頑張ってください。


・・・


Q、原発を止めてほしい。

A、私では無理です。


・・・


Q、これもロックフェラーの陰謀なのか?

A、違うと思います。


・・・


Q、AKBの誰に投票すればいいか教えろ。

A、何のことなのか全くわかりません。


・・・


Q、「寝ているだけで毎月20万円儲かる!」
  そんな方法を知りたいとは思いませんか?


A、思いません。


・・・



Q、上海だけでなくタイでも飲ませろ。

A、是非バンコクまでおいで下さい。


・・・


Q、フナもくるのか?

A、来ます。イジってあげてください。


・・・


Q、セミナー中もなんかサービスしろ。

A、すみません、私もいち参加者なので、セミナー受けさせてください。


・・・


Q、飲み会には誰が来るのか?

A、
はい、私が従前から存じている人だけでも、平先生を始め、
川島和正さん、七里信一さん、永杉さん、安積さん、笹川さん、
櫻井さん、、、そして黒王さま、と大物勢揃いです。
豪華な飲み会になると思います。

でも、彼らも自由参加なので、もし来れなくてもお許しくださいませ。


・・・


Q、黒王の素性を教えろ。

A、
すみません、「現地で黒王と呼ぶな」と釘を刺されました。
黒王さまに逆らう事はできません。
もしポロッと言ってしまっても、
聞こえないフリをしてください。
また、もしわかってもオフレコでお願いします。 




黒王さま(想像図)


・・・


Q、まずはどうすればいい?

A、事前に、郵送にてプレゼントはお送りしますが、
当日、キーホルダーなりをお見せくださり、
船川にお声をおかけください。
ホテルにてお待ち申し上げております。

また、初日夕食時でも、船川にお声をおかけくださいませ。
首からプラカード下げてお待ちしております。





ふなかわくん「ボクにお声かけてね」


・・・


Q、せっかくブログから参加したのだ。もっとなんかくれ。

A、大した事はできませんが、なんか考えておきます。
また、少なくとも、私の「ありがとうファイル」に記録しております。


・・・


Q、他に聞きたい事があるのだが?

A、はい、コメント欄にくださるか、メールくださいませ。


・・・


という感じです!
思ったより大勢の方に参加いただく事になったので、
会場などどうしよう、と悩んでおります。

当日パネラーもされる小園さまに、
大変お世話になり、助けていただいております。

小園さまが壇上に上がられたら
みなさま、お仲間として大きな拍手をお願いいたします!

では、楽しみにしております!

廣田康之


追伸

来てくださる方が増えすぎて、飲み会の会場を探すのに、
「適当に店入ろう」とはできなくなってきております。

現在、小園さまにお世話になり、
飲み会会場と、会場までのバスを準備しております。

で、、、


申し訳ございませんが、手配の都合上、6月15日、18:30分をもって、飲み会参加受付を終了させてくださいませ。

なにとぞよろしくお願い申し上げます。

追伸2(6月16日)

小園さまのご尽力により、
人数の入れるお店を確保していただけました!

この会場、食べ物も出ますので、
夕食後ですが「もっと食べたい」と言われる方、ぜひ頼んでください。

田口さまという方が経営されておられ、
そのお話も伺う事ができるようです。

上海で苦労して店舗を立ち上げた、その実体験ですので、
大きな学びになるとお思います!

特にお店やりたい人、最高の機会になるでしょう!

「部下から飲み会を断られたら」 録音 あくまで飲み会限定バージョン




最近ブログの更新をさぼっている廣田です。


なぜなら・・・
忙しいのです。


タイトルの写真は、、、

新幹線のグリーン席で
疲れて寝ているフナと私。


毎日まいにち、殺人的なスケジュールで動いています。


どれくらい忙しいかというと、、、

こんな感じです。





フナも乗せてみました。





俺たちいったい何をしているのだろう・・・





あー忙し、いそがし。



・・・



ゆるい。

ゆるすぎる。

こんなことでは、ロクな大人にはなれません。



・・・



私の一日のスケジュールです。

朝、10時くらいにもぞもぞ起きる。
大体フナがモーニングコールをしてくれる。

10時半くらいまで、水を飲んで排泄して、
少しゲームして点数を上げる努力をし、
のっそりとジムへ行きます。


昼くらいに、フナが迎えにきます。



赤坂で、

・立ち食いそばか

・ココイチか

・サラダバイキングに

行って、ヘルシーな昼食を食べます。



・・・



お昼を食べたら、フナを少しからかって、
マッサージに行きます。

体をもまれながら2時間くらい寝ます。

夕方になります。

夕食を食べて、、、
六本木か、赤坂か、上野へ飲みに行きます。

フナも一緒です。
ヘベレケになって、寝ます。

繰り返し。



・・・



さて、、、

どうでもいいような、全くやる気のない
ただれたオヤジの人生設計はいいとして、、、



ここでのポイントは、、、

フナが毎日つきあってくれているという事です。



・・・



フナから質問が来ました。


「最近の若い子は、上の人と飲みに行ったりしないのです、
 仕事の時間とプライベートを分けているのです」


ああ、そう?


「いずれ私にも若い子が付くと思います」


そうなのかな?


「そのときに、私はどうすればいいか教えてください」



・・・



了解。

私の考える、その辺りの話、それをしてみましょう。


若い子と飲みに行く、または行った事のある上司、
連れて行かれた事のある、または行った事もない部下。


そのどちらの人も興味深いと思います。



・・・



もし、、、

あなたが上司で、

「最近の若いのは飲み会とかつきあわない」とお嘆きであったり、、、


逆にあなたが部下で、、、

「上司と飲みに行っても楽しくない、行きたくない」

と思っているのなら、、、、



コレ聞いてみてくださいね。

部下に飲みを断られたら(約12分)




たぶん、皆言わないけど。。。。

真実だと思います。



・・・



ところで、、、





これ、キノコ。


キノコ。

2011年6月10日金曜日

「決意できない心理のメカニズム」録音

*女性の読者さまがおられるかどうかは知りませんが、
 女性の方、こちらをチェック

こう書くとむしろ男性が見るんだよね、ホンマに男ってヤツは・・・



・・・

私の入会させてもらっている経済塾があります。

実名は挙げられませんが、誰を揚げても皆知っている、
現在の日本の経済界をリードしている社長たちが集まる会です。

塾生の総売上は1兆8千億円。

日本を代表する会です。

その、会のメンバーの人が、今回の上海に
参加してくれる事になりました。


その人は、永杉さんといいます。

とてもおしゃれでダンディーで、
なおかつ驚くほど腰の低い人です。

ご本人はお仲間とプライベートジェットで
旅行へ行ったりする方なのですが、
私ごときにすらも敬語で話してくれる人です。

おしゃれなお店関係も詳しく、
私も、皇太子妃さまのよく行かれるレストランとか、
連れて行ってもらったりしています(笑)


その永杉さまは、いま、G社の新しい事業、
ボディ○○の管理運営、マーケティングなどの
アドバイスもされています。

ちなみに私も今コレをはいています(笑)


これおもしろいです



今回、マーケティングをおさらいしたい、
そう思われて、参加を申し込んでくれたそうです。


G社がバックなので、資金力は豊富です。
私たちは小予算で集客する方法を行いますが、
桁が違います。

テストマーケティングに年間5億円かける、そんなスケールです。
経験談やお話を聞かれるだけでも、興味深いと思います。


と、、、

言うことで、上海飲み会、
またさらにスケールが大きくなってきました。

参加される皆さん、互いにいろんなお話をして、
意識と知識を分かち合い、さらにみんなで上に行けるよう、
高め合えたらとても素晴らしいことだと思います。



・・・



平先生のセミナー、これまたインプロさんが総出で、
「日本を活気つけたい」と頑張っています。

私も終日お伺いします!
(来るなと言われたりして(笑))

喫煙室で常にたむろしていると思いますので、
是非お声かけてくださいませ!


会場でなんか配れないかな、でも数多すぎるかな、
お声かけてくれた人だけにするかな、とか
何じゃかんじゃ考えております!


あと、夕食会に参加された人で、
その後もし予定のない人がお見えになれば、
ちょろりと飲みに行きますか。


西麻布の、暗証番号(毎日変わる)を
プッシュしないと入れない隠れ家バーに
お誘いしようかと思っています!


これまだ先生に許可いただいてないので、
相談してから決めますね!


先生のセミナーの案内はこちらだよ





・・・


ひさしぶりの録音です。

今回の、先生のセミナーは、1050円で参加できます。

そこで、先日フナと録音したのを出してみましょう。


動きたいけど動けない、行動できない人にたいして、
自己啓発本も、セミナーでも、「やるだけだ」と
いうアドバイスが多いようです。


それは分かっている、でも、できないから悩んでいるんじゃん、
やるだけだ、と決意できないから迷っているんじゃん、と
いう事なのではないでしょうか。


なぜそうなるのか?

それは、こう着状態におちいる際のメカニズムを理解していない事が原因です。

これ、聞いてみてください。

行動したいけどできない人のメカニズム(約7分)



今回、チャーシューメン大盛りくらいの値段で試せます。
ひとあて当てるには、最高の機会ではないでしょうか。

2011年6月6日月曜日

上海に、行かれる人にも、行けなかった人にも朗報です

今度の神田先生の上海ツアーに、
私の出版のときも助けてくれた、、、

あの、川島和正さんも参加してくれる事になりました。

これで“上海飲み会”がさらに豪華メンバーになってきました。


・・・


前回のご案内の後、参加表明してくださった方が、
影山さま、坂前さま、後藤さま、峯島さまと、
またまたお仲間が増えました!


また、わずかでもお返しになればと、
参加が決まられている方々の
ブログなりアドレスなりをご紹介できればと思っています。


これは別ページにまとめますね。

(現在フナがまとめ中です、せっかくだから紹介してよ、と
 おっしゃられる方、ぜひフナからのメールに返信くださいね)

お知り合いもおられるかもしれません、
アップしたら一度覗いてみてください!

アップしたよ。参加メンバーさんたちはこちら





・・・


さて、、、

「ホントなら参加したいのだけど、
 どうしても都合が・・・」

とメールをくださった方がとても多かったのですが、
またいつでも機会はありますから、と
お答えしておりました。

意識の高い、成功者たちと一緒に過ごすのは
とても大切な事です。

で、、、

「次の機会」がありましたので、
お伝えさせていただきます。


・・・


平先生が久しぶりに一般向けセミナーを行います。

その際、夕食を一緒に、という案内があります。


このブログでご紹介させていただいたので、
私も呼んでもらえるかもしれません(笑)


残りが5名だそうなので、
一度覗いてみてね。

少々値段はするけど、
外国行く事を思えばずっと安いです(笑)


先生と一緒に、飯が食べらるので、
どんな事でも相談できると思いますよ。

人数限定なので直接話せる機会です。

平先生と食事(残り5席)案内と、1050円で受けられるセミナーの案内



1050円で参加できる、そんなセミナーの案内も一緒にあるので、
長いけど、じっくり読んでみてね。

食事会の案内は中ごろ下の方にあるよ。

2011年6月4日土曜日

船川ついに遭遇 UFO 未確認飛行物体 画像あり



こんにちは、廣田です。

先日、新宿でUFOの大群が
多くの人に目撃され、
動画におさめられたそうです。

ほんとにいるのかな。

まあ、宇宙って広いらしいし、
あってもおかしくないな、、、

そんな気もいたします。


・・・


そんなある日、我らがフナが、
UFOのようなものと遭遇しました。

そうです。
未確認飛行物体。

というか、未確認浮遊物のような、、、
アレです。

で、決定的瞬間を
写真に取りました。


・・・


UFO。

ユーフォーと発音してはいけない、と外人は言います。
あれはユーエフオーであって、ユーフォーではないそうです。

どうしてもユーフォーと読みたかったら
USAをユッサーと読むべきだ、と村上春樹さんも言ってます。

まあ、どうでもいいか。

ちなみに、返還せずにUFOと打つと
「ウフォ」になる。

どうせフナが遭遇したのは、ウフォくらいなものだろう。

うふぉうふぉ。


・・・


前置きが長くなりましたが、、、

これがその写真です。


「あ、UFOだ」





「近づいてみよう」





「照明器具みたい」





「待て逃げるな」





「捕まえた」





「割とかわいい」


まあ、何でもいいんですけど。



・・・



くだらんおもちゃ買ってきて、
つまらん写真取って、、、


コイツらホンマに仕事しとるんやろか?


と、思われるかもしれません。

すいません、毎日遊んでます・・・

2011年6月3日金曜日

明日の船川を考える廣田ラジオ「理想の女性とは」

理想の女性とは?


こんにちは。

久しぶりの、ラジオの時間です。

今日は、ゲストのフナカワーノアキヒーロさんに、
理想の女性像を聞いてみました。





ゲストのフナカワーノさん。
夜の赤坂を悩ませている。


・・・


もし、、、

あなたが、神様がアダムとイブを
作ったように(作ったのかな?)のように、、、


理想の異性を作る事ができるとしたら?

どんな相手を作るのでしょうか。


・・・


まあ、全く学びはないので、
ある程度気楽に聞いてね。

ラジオ版 理想の女性像(約7分)


イジリの批判コメント受け付けるよ。

でも、正味の批判はやめてね。しょせん趣味だから。


・・・





マトリョーシカ(?)みたいな物体を持って
喜ぶフナカワーノさん。

ひょっとすると彼の理想の女性の姿は
ここにあるのかもしれません・・・

2011年6月1日水曜日

トイレの神様

こんにちは、廣田です、
歌などで聞くところによると、、、

トイレには神様がいるそうです。

常に誰かに見られている、と
いう事なのだろうか。

怖い。


・・・


トイレ。

先日、友達の家に伺っているときのこと。

トイレのほうから、

「キャー」

という叫び声が聞こえてきました。


神様かチカンでも出たのか?と思ってみて見ると、、、

周りの床が水浸し。


どうやらトイレが詰まって
水が溢れ出しているようです。

まあ、よくある事です。



・・・



「ちょっと見せて」

と私は靴下を脱ぎ、
そのトイレに近づいて行きました。

まあ、トイレの便器から神様ならぬ
水が溢れ出して、床から
ローカにまで水が出てきています。


ヤバいです。
中を見ると、水とナニが混じった水が
渦巻いています。


出番だ。

人んちのトイレだけれど、、、

出番だ。


だって、元々、、、

そういう道のプロなんだもん。



・・・



昔、現場に初めて入ったころ。

解体とか、いろんな仕事もしていました。
どんな仕事も、建築に関わるものはほぼ全て。


そのとき、便器を直す作業がありました。


当時、私は、

「便所は汚いもの」

と思っていました。


ある日、先輩職人が、

「ヒロやん、そのトイレ外してこっち持ってきてくれ」

え?これ?
う○このような黒いのがこびりついてるし、
黄色く変色してる場所は確実に目につく。
これ、手で触るの?
えええ?

「ナニしとんのや!どけ!」

私を押しのけた先輩は、
素手でそれをつかみ、
すぐ外してしまいました。


うわー、汚い・・・


初めてのとき、
私はそう思ってしまったものです。


先輩は私に言いました。

「お前、この道で食って行きたいなら、
 二度とそんなこと心にも思うな」

たぶん私が何を考えていたのか、
彼には分かったのでしょう。



・・・



私は、その友人ちのトイレに入って、、、


「あ、詰まっちゃってるね。
 直してあげるから、
 シュポシュポするヤツありますか?」


あのスポイトみたいなヤツ。
現役時代も、なぜか正式名称は使わず、
シュポシュポと呼んでいました。


「そんなのないです」


え?ないの?

しゅぽしゅぽないの?


「何を言ってるか、全く分かりません」


つまり、器具はないのね。
まあ、しゃあないな。



・・・



私はスーツの上着を脱ぎ、
シャツの袖をまくり、便器に手をつっこみ、
手をシュポシュポみたいにして、
肘まで水(ちょっとナニがまじった)に入れました。

友人は、「あ、そんな、汚い」と目を丸くしています。

数回お手てでシュポシュポしました。

ジャババー!ーボーと、音を立てて
トイレの詰まりは流れて行きました。


どんなもんだい。


素手でシュポシュポの形を作って
トイレの詰まりを流せるのはオレくらいさ。



・・・



昔、私がその業界に入って数年して、
そろそろ慣れてきた頃。

同じような修理をよく行っていました。


詰まっちゃったんですよ、困りましたよ、
そう言われるお客様の家に行き、
素手でトイレに手を突っ込み・・・


即座に直していました。


お客様たちは、一切
汚さそうな、そぶりも見せない私を見て・・・

「廣田さん、ここも頼みたいのだけど、
 見積もりしてくれる?」

そう言って、値の張る仕事を
わざわざ別に作ってくれたりしました。



・・・



トイレは汚いものかもしれません。
でも、どんな家も、その住む人にとって
本当に大切な愛着のあるものであり、
神様の住むような場所なのです。


その場所に入れてもらって、
頼りにしてもらった私たちが、「汚い」なんて
考えるだけでも失礼というものです。


大切に扱う。


たとえ便器でも。


「トイレ」という、一般的に汚い、と
言われている場所だからこそ、
綺麗なものとして扱う。


そして、そういう姿勢を見たお客様が、
「この人に頼もう」と、
わざわざ新たに仕事を作ってくださるのです。


そうして頂く仕事は、
本当にありがたく、誇らしく、そして、、、
楽しいものなのです。


喜ぶ顔が見れて、
しかも感謝され、またそれが仕事につながったりする。


こんな嬉しい、楽しい事はありません。


先輩、あんたのおかげやわ。
ありがとう。



・・・



友人の家の人は、

「あなた偉い人って聞いてますよ、
 そんな人に、こんな事させてしまって」

と申し訳なさそうに驚いています。

「消毒液持ってきたよ、廣田さん早く手洗って」

いやいや、消毒なんて大げさな。



実はね、昔から、よくやっているんですよ。
慣れてるんです。


でね、昔も今も、、、

こう思ってやっていますよ。

楽しいなあって。



・・・



ひょっとして、、、

神様いたりしてね。