2011年8月31日水曜日

決戦は水曜日

鬼門の3日目を迎えた船川です。

廣田会長が解説してくれた音声が好評です。

今日も3つアップしました。

廣田会長が直接解説をしてくれた音声はコチラ



そして、約束の3日目なので、
特典についてですが、、

結果的にすごい特典にしました!
(あくまで、私的にです)

「それではお伝えします!」

と、

いきたいところですが、
一番大事なところは、記事の最後で!


まずは、昨日のブラックカードホルダーだけに
送られるカタログの当選者発表を!

じゃららら~

じゃららら~

じゃららら~

一呼吸おいて~

どんっ!!


「林さま」に決定いたしました!

林さまは、おてすうですが、
私のメールアドレスに、
お名前、郵便番号、住所、電話番号を記載の上、
下記のメールアドレスにお送りくださいませ!

メルアドはこちら




ところで、、


天下をとって3日目。


今日は私にとって鬼門の日。


なぜなら、

・もし、私の天下が「三日天下」なら今日が最終日

・今日は水曜日

だからです。

なぜ、水曜日が「鬼門」なのかというと、

かずある廣田会長グループの会社の中で、
数社は水曜日がお休みだからです。


廣田会長のグループ会社の
各社長さん達は、廣田会長との強い結束で、
結ばれています。


廣田会長を三国志の「劉備」に例えるなら、
各社長さん達は、関羽、張飛のような感じです。


なので、


もし、仮に、この数日間の好き勝手した
ブログが読まれているとしたら、、、


きっと黙っているワケがありません!

刺客を送り込んできます!

もし、来るとしたら今日しかありません!


きっとそうに違いありません!


というワケで、

私も対抗します。






そして、武器も少々。





でも、よくよく考えてみると、
廣田会長の会社の方は、

廣田会長自身がプロ格闘家だっただけに、
武道の有段者とか、スポーツでも県の選抜チームだったとか、
やたらと、肉体のポテンシャルの高い人が多かった記憶が・・・


一方、私は平凡。残念。


そんな私1人が、勝てるワケがありません。

でも、せっかくの天下、譲りたくありません!


で、、いい事を思いつきました。

ヒントはこれです。





そうです。

誰もが逆らえない紋所です。

刺客が
絶対に逆らえない紋所を持てばいいのです。


で、


早速、作成。


こんな感じに。





ちょっとうさん臭さがありますが、
ご愛嬌ということで。。。
(もちろん、拇印「ぼいん」は私の指です)

きっとこれを見せれば、

私の首を狙ってきた刺客も
何もできずにこうなるはずです。





武器を使わずに、とてもスマートな解決策です。


名付けて、「虎の威を借る狐作戦」です。


あとは、刺客を待つだけです。






3時、4時、5時・・・


時間は刻々と過ぎます。


と、その時っ!!


ピンポーン!


そおーと、事務所のドアを開けると、、、


宅配便でした!

「あれ!?今日は雰囲気違いますね」なんて言われて、
我を見返って、


むっちゃ恥ずかしい・・・。


「でも荷物は爆発物かもしれない!?」


と思って、
配達スタッフさんに開けてもらいます。


もちろん、何もありません。


サービス外の事をしてくれたスタッフさんに、
飲み物を片手にお詫び。

(結局、どこまでもお詫びをしているような・・・)


そんなこんなで、今日一日が過ぎそうなので、
大丈夫だと思います。

よくよく考えると、
廣田会長の各会社とも、とても忙しいので、
私なんかを構っている暇はないのでしょう。

心の広い対応に感謝しながら、今日の記事はここまです。


そういえば、廣田会長から全く連絡がないのですが、
いつ戻られるんでしょうか??

・・・

そして、もう一つの決戦。
(これが私の食いブチなので、力が入ります)

アドバンスマインドの教材の紹介特典を発表します!!
(代表の後藤からは、許可済み)

「本当にすごいんです!」


といっている、セールスがありますが、
これから具体的に言います。


「今後、廣田会長のブログから
 アドバンスマインドの教材を購入されるお客さまは、
 全品、50%オフで購入できます」


さらに、、、
(お約束)


9月1日の夕方18時~3日昼12時までに、
教材を一個でも、購入していただいた方へ、
下記の特典CDの中から、好きなCD2枚をプレゼント!

CDは無くなり次第、終了となりますが、
別のCDをお送りさせていただきます。


本音を言いますと、


本当にお得なので、興味がある方は、
1つでも買ってください。

お願いします。


下記が特典CDです。
(昨年のブログクリスマスプレゼントにも出しました)

NYセミナーCDは在庫が数少ないので、
もし、ご希望の方は、早めにご注文をお願いします!


・・・

■特典CD■




魅力的な男性になるための会話術

Mr.XVS佐々木智美先生対談CDシリーズ第3弾

魅力的な男性になるための会話術

どんな男性から話ӂ�されると、女性は興味をもち、

どんな話をされると、全く興味をもたれないのか。

佐々木先生の女性の視点から、
魅力的な男性になるための会話術を話した内容となっています。





こんな男性は嫌われる!!

声を聴いただけで、うっとりしてしまう声の持ち主、佐々木智美先生とMr.Xが対談したCD。

タイトルは、ずばり、「こんな男性は嫌われる!」

男性には、必聴の対談内容です。





Mr.Xテレセミナー全収録CD

Mr.Xへ電話相談があった内容をすべて収録。

内容もさることながら、Mr.Xのステータスを感じ取ってください。

女性に対して、ステータスが弱くなってしまい悩んでいるなら、このCDをお聞きください。






Mr.Xテレセミナー全収録CD

Mr.Xへ電話相談があった内容をすべて収録。

内容もさることながら、Mr.Xのステータスを感じ取ってください。

女性に対して、ステータスが弱くなってしまい悩んでいるなら、このCDをお聞きください。





Mr.X幻のニューヨークセミナー

Mr.Xがニューヨークで行った幻のセミナーを収録したCD。

アドバンスクラブを最後まで続けた方のみ、公開が許されたこのCD。

CDの枚数は、5枚。
収録時間は約4時間30分。

女性にモテる話ではなく、当時、最新の心理学をくしして、かたられた内容は、現在でも、ビジネス、人間関係に十分に応用できます。


・・・


それでは、明日、お知らせさせていただきますので、
解説音声を聞きながら、お待ちくださいませ。

廣田会長が直接解説をしてくれた音声はコチラ




ここまでお読みいただき、
ありがとうございました。

アドバンスマインド船川

2011年8月30日火曜日

愛人生活とプレゼントの追加

天下をとって2日目の船川です。

昨日のベントレーのカタログの当選者を発表したいと思います!


とその前に、


たくさんの方にご応募いただき、
本当にありがとうございました。

私の記事だったので、不安だったのですが、
とてもうれしかったです。


なので、今日もプレゼントを追加させていただきました!


気になる当選者発表はブログの最後に記載させていただきます。

そして、アドバンスクラブの解説音声も
新しい音声を2つアップさせていただきました。

違った視点で廣田会長が解説していただいて、
かなり面白い音声になっています!

廣田会長が直接解説をしてくれた音声はコチラ



明日は、特典の発表もしますので、お楽しみにしてください!


ところで、


天下をとってから2日目。

「今日は何にしようかな~」と殿様気分で言ってみる。
(お仕事中の方、申し訳ございません)



天下太平時代の殿様はこんな感じだったのかもしれません。
(バカ殿が生まれて仕方ないかもしれません)




でも、せっかく私の天下なので、
ブログ読者さまにも少しでもお返しができるような事を
ひらめきました。

これです。





そうです。

鍵です。


でも、


普通の鍵ではありません。


これは廣田会長の六本木ヒルズの部屋の合鍵です。


いつも私が預かっています。

一見、普通のキーに見えますが、
この黒い部分にICチップのようなものが入っていて、
センサーが反応して、ドアが開くというシステムになっています。

ヒルズに入る為には、2か所の厳重な警備を抜ける必要があります。

もちろん、このキーがないと入れません。

もし、ない場合は、
いつも立っているガードマンさんに止められてしまいます。


そのような合鍵を預かっている私ですが、

よくよく考えてみると私は、廣田会長から、


・おこずかいをもらう。

・ほぼ1日中、一緒にいる。

・ときどき、服を買ってもらったり、色々なものを頂く。

・しかも、合鍵を持っている


つまり、これは、、、、


“愛人”と言っても過言ではありません。
(もちろん、肉体関係は一切ございません。)


私の夢「愛人を作る」が、
いつの間にか、自分が愛人状態になっている事に気が付きました。

まさに、東京愛人生活。


せっかくなので、“愛人特典”を使おうと思いました。


車に乗り、ヒルズへ向かいます。

入り口のフロントで、
いつもお世話になっているポーターさんに挨拶。


ですが、


ついつい、“天下気分が抜けず”に片手をあげ、挨拶。

とてもえらそうな態度をとってしまいました。

よくありません。

(画像参照)





当然、ポーターさんへの飲み物を片手にお詫び。
すいませんでした。

まだまだ天下には程遠い私です。。。





余談ですが、このポーターさんは、
いつも廣田会長がヒルズに着くと、
ドアを開けてくれ、こんな私にも
いつも優しく挨拶をしてくれるポーターの高林さん。

実は、なんでもコヤシの読者でもあります。

写真までご協力いただきました。
ありがとうございます。


そして、廣田会長の部屋から、プレゼント品を拝借。

プレゼント品第二弾がこれ。



廣田会長が以前に、ベントレーカタログ同様、
ダイナースのブラックカードホルダーだけに届く、
ブラックカード特別の食事のお店のカタログ。

以前、廣田会長が読者さんへ、と言っていた(ような気がする)のを思い出して、部屋からとってきました。


事務所へ戻って、中を開くと、

高そうなお店がいっぱいでビックリ!





「紙で書いた事は実現する!」という言葉を思い出し、
早速、廣田会長に連れてってもらえるように、
お店の名前をメモに書きまくる。





言葉だけでなく、イラストでイメージするとより実現する可能性が高くなるので、
こういったカタログを目にするもの良いかもしれません。

ブラックカードホルダーだけが触れられるこのカタログを
今日はプレゼントにしたいと思います。

イメージに役立てたい方は、ぜひ、お応募くださいませ。

応募方法は、今回もブログのコメントから抽選させていただきます。

コメントの期限は明日の31日夕方18時までで、
1名の方にプレゼントさせていただきます。

お題は、

「もし、あなた様が船川の立場なら、
 廣田会長の元で何をするか?」

です。

どんな事でも結構ですので、
コメントをください。


それでは、ベントレーのカタログプレゼントの発表を行います!

今回の当選された方は、


ジャラララ~


ジャラララ~


ジャラララ~


ドン!!


「龍さま」に決定いたしました!


龍さまはおてすうですが、下記のメールアドレスに、
お名前、郵便番号、住所、電話番号を記載して
送信くださいませ。

メルアドはこちら



おめでとうございます!

また、応募いただきました皆様、
本当にありがとうございました!

それでは、今後とも廣田会長のブログを
よろしくお願い申し上げます。

アドバンスマインド船川

2011年8月29日月曜日

社長のセルフイメージと1名のみプレゼント

廣田会長が出かけています。

どこの国かはわかりませんが、
また危険な地域に行かれたようです。

ネットがつながらない為、私に、


「しばらくブログ貸してあげるから、
 アドバンスの紹介させてもらったら~??」


と廣田会長から嬉しい言葉を
おっしゃっていただきました。


私も一応、アドバンスマインドの社員をしています。


せっかくブログをお借りしているので、
何もしないのは、会社にとって、
“ただの役立たず”になります。

少しは役に立とうと思います。


これから3日間、
廣田会長が直接、アドバンスの教材の
解説をしてくれた音声をアップします。


紹介最後日には、
ブログ読者さま“だけ”の特典がありますので、
お楽しみにお待ちください。


廣田会長不在の間、ブログに音声を毎回、
ご紹介をさせていただきます。

*購入されてない方も、参考になられるかと思いますが、
それよりも、すでに購入された方こそ、
「そういう使い方があるのか」と
新鮮な驚きがあるのではないかと思います。

廣田会長が直接解説をしてくれた音声はコチラ



ミスターXのセールスレター解説まで、
会長がしてくれています。

さすがの解説です。


ところで、


今、私は事務所で一人ぼっちです。

アドバンス代表の後藤も、

廣田会長もいません。

つまり、


私が現在、実質のトップ。


会社で言えば、「社長さま」です。

いわば、私の天下です。


こんな事をしていても、、、





こんな●なサイトを見てても、、





“できる男のフリ”をしてヒゲを書いて遊んでも、、、





誰にも怒られません。







すいません。

やり過ぎました。

出来れば最後まで読んでください。お願いします。
(「嫌なら読まないで結構です。」と言う勇気は全くありません)

まだまだ社長の器ではないようです。

社長のセルフイメージすら足りないみたいです。


そういえば、20歳くらいの時に、

「成功者になりたければ、
 成功者のように振る舞え!
 同じものを触れれるように心がけろ!」

と本で読んだ事があります。

成功者は、
どんなものに触れ、どんなものを見ているのか、
を想像してイメージする事は大事だと思います。

そして、今回のプレゼントというのが、コレです。




廣田会長のヒルズの部屋に置いてあった
ベントレーオーナーにしか届かないカタログです。

つまり、ベントレーの所有者にならないともらえない物です。


以前、廣田会長が、
「ほしい読者さんにプレゼントするのも有りやな」
と言っていました。


このベントレーカタログは英語版なのですが、
中身には、見たこともない、

・プライベートジェット機、

・金額の丸の数が2つぐらい多そうな時計、

・ジェットクルーザー、

・高そうな何かの金庫、

の写真が色々と掲載してあります。


やはり、成功者が目にしているのは、
カタログの広告からして違います。


このカタログから新しい刺激やイメージを
もらえるかもしれません。

このベントレーカタログを1名の方に、
プレゼントさせていただきます。

カタログの大きさはA4サイズよりやや大きいぐらいで、
ページは100ページくらいあるカタログです。


応募方法ですが、


1、廣田会長に聞いてみたい質問1つ

2、ブログへの応援のメッセージ


の2つをブログのコメントに記載してください。
(ありがとうございます。コメントの受付を終了とさせていただきました。)


私、船川が勝手ながら選考させていただきます。


期限は、明日、30日の夕方18時までと
させていただきます。


それではコメントをお待ちしております。

ここまでお読みいただきまして、
ありがとうございました。

アドバンスマインド船川

2011年8月26日金曜日

とっておきの親友の話「ものの価値観②、③」録音 《本編》

さて、私の親友の話、本題に入りましょう。

詳しいことは録音を聞いてほしいので、
ここでは言わないでおきましょう。

面白くなくなってしまうもんね。

(録音聞かずに読むだけの人もおられるのよ、
 できたら聞いてね、情報量が多いから)


・・・


さわりだけ言いましょう。

この親友は、、、

・14歳の頃、万札を中学校の焼却場で燃やした
 (他人から聞いた話)

・アメリカに油田を二つ持っている
(15年前くらい。今はもっとあるか?)

・大きな自社ビルを現金(しかも前金)
 一括払いで建てた

・私より桁違いのお金持ち

・資産がどうとか、でなく、
 実際の「現金」をうなるほど持っている、本当の金持ち

・無駄と思うものに一切お金を使わないが、
 必要なもには一切躊躇しない
 (お金に感情を入れていない)

・15、6のころ、私と一緒にふらふら遊んでいたのに、
 大学落ちて浪人時代に急に勉強しだし、
 一年で凄くできる人になった
 (私の友人の中で一番勉強ができる人間)

・予備校時代に、慶大模試(というのがあるらしい)で
 全国一位をとっている

・中央大学法学部卒業、東大の大学院
 (よくわからないがそう聞いた)で法律専攻

・国家上級公務員(一種?)を一発合格、
 司法書士試験、宅建などあらゆる資格を持ち、
 全て使っていない。趣味でとったらしい

・司法試験も趣味で受け、最終で落ちてやめた

・でもクルマの免許がない

・家業を継いだ(最初からキャリア、資格、全く関係ない)

・スーパーカブでふらふら運転している。危ないシーンを偶然みた

・若い頃私と一緒に女湯に忍び込み、おばさん軍団が入ってきて
 慰みものになった(私も)

・同じく若い頃、私とオナニー勝負をしたことがある。
 「早いもの勝ち」のルールだったと思う。
 どっちが勝ったかは忘れた

・でも下ネタは嫌い。聞いたことがない

・私がお茶を入れてあげたら、
 「お前ツバ入れてへんやろな?」と飲まなかった

・うちに遊びにきたとき、母親が
 「ご飯食べて行きな」と言ったら、
 「人の施しは受けん」と断った。(当時15歳)
 母親は目を丸くしていた

・逆に、私は彼の施しを長年に渡りずいぶん受けた

・髪型ぼさぼさ

・ズボンの裾をまくり上げている

・どうでもいいことだけど、私よりも運動神経がずっと上

・私の将来を真剣に心配してくれた人の一人

・絶対に嘘をつかない人間。おべっかも使わない。
 誰かに遠慮したり、機嫌を取るところをみたことがない

・腹が据わっている。慌てふためいたことがない

・大学時代、入院した先の看護婦さんと結婚した。
 間違いなく、一度も浮気していない


などなど。

まだいろんな話があります、
彼を育てたお父さんの育て方について、
今回はお話ししていきましょう。

今回のお話が、彼の人間性の全てを作った訳ではありません。

でも、彼の金銭感覚についての一端にはなっていると思います。

言うのは簡単、でもやった人間をみたことないです。
(実際真似できるものではないかも)


・・・


シリーズ本題だよ。

言っておきますが、、、

当然ながら、全て、実話です。

(だいたいコヤしブログ、全部実話だし)

シリーズ②
「ものの価値観④」(約12分)


途中でバッテリー切れたので、
続けて③

「ものの価値観③」(約7分)


ちょっと長いけど、興味深いと思います。
まあ、参考になるかならないかは知らないけど。
(というか、参考になりにくいと思う)

こんな育て方があるのですね。

「変わってますねー」とフナが連呼しています。

返信できないかもしれないけど、コメントくれたらうれしいです。
帰ってきてからみるの楽しみです。

とっておきの、親友の話「ものの価値観①」録音

またすぐフライトです。
荷造りしています。

日本にあまりいないので、いるうちに連投しておきますね。


・・・


とっておきの友人を紹介しましょう。

今まで公共の場所で話したことはない親友です。
その彼は、アメリカに油田を持っています。

その彼を育てた、オヤジの、「育て方」の話です。
耳を疑うかと思います、が、、、

全て実話です。

とっておきなので、
シリーズでお送りします。
まずは前編。

全く友人の話はまだ出てきません。
でも、先もって聞いておいてほしい話です。


・・・


始まりは、、、

「お盆なんですけども・・・」

という、

フナからの話です。
前回の録音はこの後に録ったので、すこし冒頭が重複しています。

でも、今回はテーマが違います。



・・・



最初、、、

フナの親戚の雑談。

で、若い頃から、上の世界、というか
背伸びした世界を経験していていいのか?
ということに答えています。

3分過ぎた頃、そこから、、、

本題に入っていきます。



・・・



シリーズ2、3は、
私の友人の話です。

この友人を育てた、お父さんの話ですが、
驚くべき話だと思っています。

明日からちょうど私がいないので、
今のうちに下書き投稿しておいて、フナが出します。



・・・



今回の録音、シリーズ1、
前編はこんな感じです。


①飢餓感がおそボケを生むという話

②まんじゅうを盗み食いしないようになる話

まずはここまで。

シリーズ2に行く前に、
必ず前編として、聞いておいてください。

「ものの価値観シリーズ①録音(約7分)



あくまでこれは前フリ。


・・・


この「友人の話」は、
今までしたことはありません。

期待しておいてね。



・・・



冒頭でも書きましたが、
ちょっとネットの入らない場所に行きます。


後で読みますので、すぐはお返事できないけど、
コメント楽しみにお待ちしております!

2011年8月25日木曜日

「フナ川、お前はいいな」と思う、そんな若い人たち(いるのだろうか?)に 録音

一時帰国しました。
またすぐ出るのですが、、、

フナがお盆に実家へ帰ったそうです。

私のベンツのSに乗り、ブルガリの時計をはめ、
アルマーニのクロスを光らせ、
ドルガバのシャツに身を包み、

いつのまにやら太ってしまった体躯をゆらしながら、、、

(まあ、成金ですな)


友人達に会ったそうです。




・・・



「お前はいいな」

と、友人は口々にフナにそう言ったそうです。

何処がいいかというと、、、


・何か、花のお江戸で六本木や赤坂で豪遊しているように見える

・ベンツに乗って帰ってきた

・ブルガリの時計に、アルマーニのクロスをはめている(成金)

・影響してくれる上司(ワタシ?)がいる

・これから、いろんな職種を選べ、協力してくれる人がいる

そうです。



・・・



どこまでが虚像で何処までが実像なのか?

フナの友達が信じる姿がどっちかは置いておいて、
なんか路線の決まった人から見ると、
羨ましいそうです。



・・・



「お前(フナ)みたいに・・・」、

と友人は言うそうです。


お前みたいに、

・会長みたいな人も知らんし

・新しい環境へ飛び込む勇気もないし

それに比べコッチは、

・何の変化もない毎日やし

・もうすぐ子供の作ろうかと思ってるし・・・

「夢がない」と思うそうです。



・・・



で、、、

10、20.30代のテーマで来たので、
そんな感じで、今の職種に悩んでいる人、
また、仕事ないし、と思われる人、、、

それも若い人に、

おっさんからの、、、

まあ、世間話的な意見です。

あまり大した話ではないし、
学びもないと思います。



・・・



動きたいけど動けない、そんな人へ。

おっさんの昔話とよもやまな話を。

ふな友達相談的録音(約10分)




若い人が・・・

もし方向性に悩んだら?
独立できるかどうかで判断するものひとつだよ。

20、30代テーマの補足だね。

男の子は、、、

自分の志で身を立ててみたいと思っているものです。

2011年8月22日月曜日

「30代でやっておくべきこと」録音

ソウルでチゲ鍋を食べておなかが膨らんでしまっている廣田です。
せっかくトレーニングしたのに(涙)



今日は、30代にやるべきことだよ。

ちなみに、余談ですが、
私には、昔から、夢がありました。


こんな夢です。



****************



クリスマスイブの夜。



(ネットから頂きました。まずければ教えてね)


場所は銀座か青山あたり。


夕方前からパラパラ降り出した雪。


街にはイルミネーションが輝き、
どこからともなく聞こえてくる、
ジングルベルの音色。


都会の雑踏を行き交う人たちも、
すれ違うクルマのヘッドライトも、
まして肩寄せ二人して歩いて行くカップルも・・・

どこか幸せそう。



・・・



大企業に勤める私は、その日、彼女と待ち合わせしています。
クリスマスの夕食を一緒に食べよう、と約束しているのです。


上司に残業を手伝わされ、断りきれず、
私は待ち合わせに遅れそうになります。


時間を30分ほど遅れ、
地下鉄を降りた私。


安物で、でもさっぱりとした黒のコートを着て、
ビジネスバッグを片手に、白い息を吐き出しながら、
私は待ち合わせ場所に走ります。


綺麗な飾り付けのあるお店の前で、
かわいいマフラーを口まで巻いて、
寒そうに、でもちゃんとうつむかず前を向いてまっている彼女。


「ごめん、待たせたよね」


「ううん、今来たところ」


にっこりと微笑む彼女の足下は、
その一部だけ雪がつもっていません。


その分の雪は、彼女の肩の上。


ずっと待ったんだろうな、予定よりかなり早く来たんだろうな、、、

そう想いながら、手を引いて、お店に入ろうとする私・・・




・・・




ん?




何の話だ?


いったいオレは、、、



何を言ってるんだろう?


「ヒゲはやした下品なゲイの様なオヤジが、
 いったい何を血迷ってんだろう?」



とお思いかもしれませんが、
これは私の夢だったのです。

なぜ夢なのか?

手に入らないからです。

まあ、「課長 島耕作」の世界ですね。



・・・



で、、、

本題とあまり関係ないようなのですが、
録音の中で話したので、
つい書いてしまいました。


ちなみに、私のささやかな夢に、
フナがナイスなというかきついツッコミを入れてくれています。


なんちゅうヤツや。



・・・



では、10代、20代に続いて・・・

「30代にやっておくこと」
録音をお出ししましょう。

ちょっと前、私がゲームしているときに
フナが邪魔して録音とったものです。



で、、、


このブログをお読みの方は、すでに成功しているか、
いつか成功してやると思っている人が圧倒的に多いと思います。

なので、その方がた向けにお伝えしています。



・・・



もし、あなたが金銭的に成功したいと思うなら、
「経営」をしなければなりません。

サラリーマンで一年で100億円稼いだ人もいますが、
圧倒的に少数です。

経営者なら、100億円なんて、
ザラにいるのです。
給料として、表面に出してないだけのこと。


つまり、あなたは、経営者に
自分を向けて行かなければならないのです。

(ちなみに、うちのグループでは、
 力のあるスタッフたちはもれなく経営者になれる、
 もしくはそれよりももっと有利なかたちになれる、
 そんなスタイルをとっています。本にも書いたけど、
 いつかそのシステムのメカニズムも公開しますね)


自分が進路を決めて、
その方向へ走りだすべきなのです。

「経営」にむいて、進んでいるか?

「30代でやっておくこと」




30代でやっておくべきことは、ズバリ、
「経営の準備に入っているか?」
ということです。


自分は、正しい道に進んでいるか、
それをチェックしてみてください。

まあ、深い話でもないし、
ぶっちゃけ、このブログの読者さまは、
すでにわかりきっている録音の内容なんですけどね・・・



・・・



私は、サラリーマンを悪いとは全く思いません。


私にはできなかったこと。
何を言っても、私はドロップアウト組なのですから。

ただ、あなたが金銭的に成功したいとしたら、
経営した方が有利、ということです。



・・・



課長だった島耕作は今社長になりました。

あんなサラリーマンならいいですね。


行く先々で女性にモテモテ、
たまたま出会ったルンペンは買収先の会長、
異国の仮面舞踏会でらんちき騒ぎ、
ほとんど女と遊んでいて、
仕事しているところ見たこと無いのに
出世街道まっしぐら・・・


まあ、男の夢、すでにSF漫画ですね。

男性版「花より男子」ってな感じ。



・・・



余談ですが、「課長島耕作」って、
つい「はだか長島 耕作」って読んでしまうのです・・・

って誰か言ってたな。



・・・



ちなみにソウルのメシはうまいなあ・・・

昔、ミスターXが
「ご飯がうまくて韓国から出国できない」と
もらしていたことを思い出します。

太ってしまう・・・(泣)

2011年8月20日土曜日

「10代、20代にしておくべきこと」録音

こんにちは。

筋肉痛でビッコ引きながら
老人のように歩いている廣田です。


年か。


もうすでに、人生の折り返し期間をすぎた私。

で、、、

人生の、大きなポイント。

無理が利くうちに、無理なことをやっておく。
それは大切なことです。
なぜなら、人間は、年を取るからです。


今から私は、20代の現役時代のトレーニングはできません。
なので、どう転んでも、これから先、
現役時代よりも強くなることはできません。


これは、動物である限り、基本、不可能に近いことなのです。


年をとればとるほど強くなる、達人の話も耳にします。
でも、それは漫画の話。

やはり、現役のチャンピオンこそが
当たり前に一番強いものです。

なので、私がキックで強くなりたかったら、やはりあの時代、
10代、20代のあの時点でやっておくべきなのです。


・・・


人生50年。
信長の好きだった幸若舞の敦盛で、そのフレーズが出てきます。

今の日本人は、平均年齢で80歳前後のようです。

村上春樹さんの短編小説、「プールサイド」の中で、
自分の人生の寿命を水泳にたとえ、70歳をゴールとし、
35歳を人生の半分の折り返し地点にする、
そう決めた人の話が出てきます。

自分のやっていたスポーツになぞらえ、
自分の人生のペースをつかんで行く、そう言う話です。


・・・


私はキックボクサーだったので、
自分の人生をラウンド制にして
考えてみたりします。

今、何ラウンド。

そのラウンドごとに、自分で自分をジャッジして
採点し、勝っているかどうか?

自分の判定基準で、判定勝ちしているかどうか?

それを見るように心がけています。

そうすることで、自分のやってきたことを客観的に見、
人生のペーシングができるからです。


・・・


余談ですが、
ご存知の通り、
私は若い頃、勉強していません。

学生時代、努力のかけらもしていません。

でも、、、

何とかなりました。



・・・



今日の録音は、決して深いものではありません。

でも、、、

・10代で出遅れた人(少なくともそう思っている人)
・今20代の人

に聞いてほしいと思います。

むしろ・・・
以前の私のような人にこそ。


・・・


まあ、正直言って、
少々、、、

・勉強ができた人(もしくはしてきた人)
・学生の頃優秀だった人

に対して、私からのねたみ、やっかみが
入っているかもしれないけどね。


・・・


今日の録音は、
10代、20代にしておくこと。

なんかこんなタイトルの本あったなあ。
読んでないけど。

ちょっと前にとった録音ですが、
これを行ってみましょう。

若い人に聞いてほしい。

まあ、まったく個人的な意見から出る
経験論として聞いてください。

あくびしながら話しているし、
例外も確実にあるからね。

10代、20代でやっておくこと



現実的で、一般的で浅い内容だよ。

さて、じゃあ韓国行ってきまうす。
サムゲタン食べよっと。

また30代にやるべきことも出すね。

2011年8月18日木曜日

今回は運動三昧してみました




こんにちは。
一時帰国して、タイの方が涼しかったなあ、と
日本の暑さに悩んでいる廣田です。

今回は特に、、、

体力トレーニングというか、
体の洗浄をしようと、
毎日ハードに動いてみました。

まあ、いつも適当には動くのですが、
今回は毎日フルセットやってみようと。



・・・



朝起きる。









煙草を吸う。
トイレに行く。

んで、クルマに乗ります。
朝一番の涼しいときに、
ゴルフ場へ行きます。





ひとりで1R回ります。
ラウンド後、2〜300球打ち込みます。





タイとか、アジアでは、キャディーさんが一人一人付きます。
わりとよくラインとか知っている人だったので、
毎日指名してあげました。
変なことはしてないよ(当たり前か)。

そいえば、「犬はおいしい」と言ってた。
東北タイでは食べるらしい。





午前中には終わるので、
行きつけの屋台でご飯食べます。





そして、ジムへ行きます。
会員なので、タダなのです。





体の状態を記録する為、
毎度写真を撮るようにしています。
ナルシストなホモみたいです。





1時間半ほどジムワークやって、
プールに行きます。


柔軟運動がてら、軽く泳ぎます。
ちなみに、私はあまり水泳が得意ではないので、
「背面ワニ泳ぎ」をしています。


終わったら、軽くひなたぼっこして、
一服し、小説とかを読みます。


多少仕事も。
店舗の物件を見に行ったりします。


ちなみに、、、

これはタイのパイナップルです。





これも、パイナップルです。





これこそ、パイナップルです。






まあ、どうでもいいんですけど。



・・・


で、、、
何が言いたいかというと、
今回は意識して、、、

毎日、運動ざんまいしてみました。

必ず、

・ゴルフ1R
・打ち込み
・ジムワーク1時間〜1、5時間
・水泳

一日も休まず、一週間やってみました。
これを続けてみて、ひとつわかったことがあります。

昔と、違うということです。
何が違うかというと、

痛いのです。

体が。

手首が痛い(腱鞘炎?)。
腰が痛い(キックボクサーは職業病みたいなもの)。
あれも痛い、ここも痛い。

体じゅう、痛いのです。

しょぼいです。
すでに、老化が始まっています。



・・・



この年になると、
無理はきかないのです。


若い頃は、ジムワーク3〜4時間、朝晩のロードワーク、
まあ、さぼるときもあったけど、
毎日続けていました。

一晩寝たら、全ての疲れは取れていました。



・・・



あれから20数年。

当時の倍近くの年齢になった今・・・

あの頃のようにはいきません。

筋肉痛は、2〜3日後にやってきます。

なので、日本に帰った今こそ、、、

体じゅう、痛いのです。



・・・



人間は、いつのときでも、
どんなことでもできると信じています。

でも、、、

悲しいかな、物理的に、
老化は進んで行きます。

人間の寿命には、限りがあるのです。



・・・



なので、10代、20代でできること、と
30代、40代でできることは自ずと違ってきます。

最近、20代でやっておくべきこと的な本が
たくさんあるようです(なのかな?)
私なりの、「各年齢でやっておくこと」の録音をとりました。
長くなってしまったので、次回お出ししますね。



・・・



ちなみに、宝くじを3枚買って
友達のお母さんにあげたら、
そのうちの一枚が当たってたらしく、
すごく喜ばれました。





これ宝くじ。何処でも売ってるよ。
一枚300円くらい。


でも、まさか当たっているとは・・・
あげるべきではなかったかも。
まあいっか。

2011年8月13日土曜日

お盆なので、実録タンブン(*カエルとか嫌いな人、絶対見ないでね。)

こんにちは。
いつの間にか、もうお盆ですね。
そろそろお盆休みに入ってのんびりしている人も、
お休みなんて関係ないや、という人もいるかと思います。

私はバンコクでタンブンしております。



・・・



タイでは、タンブン、という習慣があります。

施し、と訳せばいいのでしょうか。
寄付のこともタンブンと言います。

タンブンの過去記事



全てのものは生まれ変わる、という考え方。

ひょっとすると、市場でこれから捌かれる魚は、、、
昔、友達か、家族だったかもしれない。

その考え方が元になっています。



・・・



馬が合う、という相手がいます。

なぜか、初めて会ったときから親しみを感じる相手。

ひょっとしてその人は、
昔、前世で、、、

あなたの家族か恋人だったのかもしれません。



・・・



さて、今回も、タンブンしております。
で、、、お盆なので、

”実録!これがタンブンだ”

を画像付きでお送りしましょう。

*ただ、ひとつご注意。

カエルとか、そういうのが嫌いな人は見ない方がいいです。

直接的な画像があります。




・・・


<正しいタンブンのやり方>

①市場へ行く


好きな市場へ行こう!どこでもいいよ。







決して自家用車で行くのはやめよう。
汚れるぞ!







「クルマ置いていきます」







さあ、探検だ!
前世での家族や友人は見つかるかなあ?







市場の中はこんな感じ。








②前世で仲の良かった人(現在は食材になろうとしている)を探す


さあ、ふ、っと目が合った食材を探すのだ!
というか、、、
何となく、マリックさんに見えなくもないな。






ハンドパワー、ないです。
ちなみに魚さんたちは
こんな風にイケスみたいなところにいたりします。







「これか?」どう見ても魚にしか見えません。
声をかけてみましょう。

「お前たちは昔オレと人間関係を結んでいたのか?本当か?」







おいしそうです。







カエルくんもいます。







これも食材なのだろうか?人間の子供にしか見えない。







オバはん、起きろ。仕事だ。








③選んだ食材(元友人)を袋に入れます。


目が合ったものが、昔関係のあった人(現在魚介類等)だそうです。
たくさんあるので、運んでもらいます。







袋の中には魚とか、カ●ルとか。








④トゥクトゥクに積みます。


自分のクルマは汚れるから、
三輪車を借りた方がいいです。







積んで積んでつーんで。
ちなみに私は生臭いのイヤなので積んでもらいます。






どう見ても、ゴミ出しにしか見えない。








⑤川へ行く。


さあ、頃合いのいい川を探そう!何処でもいいんだよ!
今回はお寺の横の川に到着。







さあ、投げるぞ。
みんな、待っててね!








⑥川に放す。

みんな、良かったね!
もう食材になることは無いよ!
自由を謳歌してくださいね!







さあ、出番だよ!







ナマズ君、いくのだ!







カエル君もだよ!(おげ)







かえる、嬉しい。







タンブン、完了。







ラーメンでも食べるか。
うまいよ。







全て終わって、一服しています。







何となく今回は写真でごまかした様な気もしないではないけど、
いつか自分がナマズとかカエルに生まれ変わったとき、
誰か助けてくれるかも。


そう言えば、うちの寺田お父ちゃんが
「会長が生まれ変わったらメンタイコにして食べたいです」
とか言ってたのを思い出した。


やはり私は食われるのかも。

でも、なぜメンタイコなのだろう?



・・・



もし、全てのものが生まれ変わるなら、、、

人間の命は無限ということ。
それはそれで素敵なことですね。



「また生まれ変わっても、もう一度一緒にいてください」


そう、大切な人に伝えてあげてくださいね!


ではみなさん、良いお盆を!