2012年5月12日土曜日

富士山噴火


先日、地震予知の第一人者、長尾先生とお会いしました。

長尾先年恭教授は、
東洋大学海洋研究所地震予知センターのトップです。

で、、、

まあ、何でお会いしたかというと、
例の経済塾(塾生全員で1兆8千億円)で、
経営に一番影響するであろう、
これからの地震災害に付いて話を伺おう、
そういった趣旨です。


・・・


いたずらに不安を煽るつもりはないけど、
この耳で聞いた話なので、
シェアしますね。


・・・


まあ、とにかく、驚く事が多かったです。

特に、心に残ったのが、

「富士山の噴火を私が行きているときに見る事が出来る、
その事を皆さんにお約束しましょう」

という言葉です。

非公式の場なので、雑誌やインタヴューには載せられない、
ずばっとした事をおっしゃってました。


①東京直下型地震、東海地震は必ず来る

これも、富士山の噴火と共に
ご自身が生きているうち、とおっしゃってたので、
かなり近い未来のようです。

富士山の年齢は、火山としては20歳になったばかりとか。
本来、活動はまだまだこれからだとも。


②福嶋4号機にある、未処理状態の放射能の驚くべき量

実際、表で見せてもらったのですが、
福嶋4号機の中に存在する放射能の量が
例えば弁当箱とするとしましょう。

既に漏れた放射能の量は小豆大。

ちなみにチェルノブイリは空豆くらい。

これがうまく処理できずに漏れたとしたら、
日本列島どころか、太平洋まで全部汚染されるとのこと。

アメリカも、アウターライズ地震でそれが漏れないか
とても心配しているようだね。


③地震予知については、国は本腰を入れてない

地震の予知は不可能、という考え方から、
地震の予知にまったく予算を割こうとしない。

本来なら十分予知は可能なのに、悔しい限り。


というお話でした。


・・・


本当かどうか、私にはわかりません。

でも、もし、マーケティングに詳しい人が
マーケの話をしたら「正しいのかな」とも思いますね。

なので、専門家が言う事なので、
一理あるのだろう、そう思っています。


・・・


では、地震が来たらどうするのか? 

現在の建築基準法に則って建てられた建物は、
基本倒壊の心配はない、というお話です。

それよりも、ライフラインの確保などの
お話をされていました。

まあ、あまりたくさん書いてもなんなので、
記憶に残った事は、「水ためなさい」ということ。

停電して、断水して、一番困るのは、
トイレの水が流せないということ。

なので、お風呂に水貯めて、というお話。

(まあ、何かの本にも載ってそうだね)


・・・


まあ、地震が来るかどうかはわからない。
たぶん来るとしても、いつくるのかわからない。

なので、必要以上に怖がって
生活を変えるのもなんだし。

「来たときにはこう動く」

といつも心構えを持つくらいかな。


でも、、、

あの原発、早く何とかならんかね・・・

この国の政治、しょぼい・・・


・・・


これはふじさん。

世界一綺麗な山だと思う・・・


ふじさん君、おとなしくしててね。


10 件のコメント:

  1. 厨子 浩二2012年5月12日 16:00

    廣田会長
    ご無沙汰しています。

    私も東京へ行くときには、いつも窓側に座って
    富士山を眺めています。

    ホンマに綺麗です。
    出来ることなら欲しいですが・・・。

                    厨子

    返信削除
  2. 廣田会長ご無沙汰です。

    久々にこういう事を聞くと身が引き締まりますね。

    震災から時間が経ち、忘れかけて来てた自分がいたので

    シャキッと出来ました。

    改めて、震災グッズを確認しようと思いました!

    三田

    返信削除
  3. 厨子さま、コメントありがとうございます!

    >ご無沙汰

    ホントですね(笑)でも、厨子さんの活躍は聞き及んでいますよ!

    >ホンマに綺麗

    そうですよ、日本のシンボルですよね。外人さんが日本に来たときも、いつも一番行きたがるのが富士山です。二番目は「赤い・大きい」浅草の提灯ですね。

    また覗いてくださいね!

    返信削除
  4. 三田さま、コメントありがとうございます!

    お久しぶりです!

    >忘れかけて

    どうしても時間が経つと忘れがちですよね!でも、まだ地震は終わっていない、そう思います!いつでもそのときの準備を怠らずいきたいですね!

    >震災グッズ

    はい(笑)まずは、ご自身やご家族の住まれる部屋の、家具の固定を一番先にされてくださいね!それこそが一番優先事項だと思います!


    また覗いてくださいませ!

    返信削除
  5. 私の実家は富士山の近くです!

    やだな〜。灰が降って来るのでしょうか。

    東海大地震にもやられてしまいそうです。

    津波も来てしまうのかな・・・。

    帰省中に何かあったら、
    山の方にダッシュしなければ・・・。

    返信削除
  6. 廣田会長、

    浦上です。  

    平先生にも渡したのですが、
    災害時に気をつけるべき事は

    「水をためる」

    だけではないようです。

    長尾先生のお話は、神田先生のお話にも
    出てきたので、私も調べてみましたが
    非常に興味深いです。

    以下に地震の際の注意点をまとめました。
    コヤシにしていただければと思います。


    http://ameblo.jp/yadonashishachou/entry-11211092075.html⇒【緊急1】地震発生!まずコレをしろ!

    http://ameblo.jp/yadonashishachou/entry-11211193757.html ⇒【緊急2】地震前に出来る9つの準備

    返信削除
  7. 廣田先生、こんばんは。
    はのつきでございます。

    富士山、とってもキレイですね!
    富士山の噴火が、こんなにも近い未来であるということにとても驚きました!それだけのデーターが既にあるんですね!!

    確かに生き方はかえられませんが、
    起こったときに今までの生き方を後悔しない様、
    普段の選択を大事にしたいと思います!

    それいしても本当に日本の政治家はしょぼいですね・・・(泣)

    返信削除
  8. Mさま、コメントありがとうございます!

    >実家は

    そうですか、心配ですね・・・まあ、実際ドコにいても大地震の可能性もあって、心配しすぎる必要もないかもしれませんが、何かあったときの準備はしておいても良いでしょうね!

    >山の方に

    避難経路は見つけておいた方がいいですね!

    また覗いてくださいね!

    返信削除
  9. 浦上さま、コメントありがとうございます!

    「むつねぐ」はいつも見て笑ってしまいます(^^;

    >以下に

    ありがとうございます!拝見しておきます!

    >長尾先生

    地震予知に対して国はまったく本腰を入れていない、ちゃんと研究すればじゅうぶん予知できるのに、と嘆かれていました!国も、変な事ばっかりにお金使わず、こういう事に研究費さいてほしいですね。

    また覗いてくださいね!

    返信削除
  10. はのつきさま、コメントありがとうございます!

    >こんなにも近い

    ほんとです、出来ればおとなしくしていてほしいものです!

    >普段の選択を

    素晴らしいですね!実際、何かがおこる起らないではなく、人はいつドコでどうなるかわからないので、普段を一生懸命生きる。これこそが人生を生きる一番大切な事だと思います!
    常にそうありたいですね!

    また覗いてくださいませ!

    返信削除