2013年6月10日月曜日

ナダル優勝おめでとう

私は、テニス観戦が好きで、よく大会を見に行きます。(プレーはできない)

毎年、この時期はフランスで行われるローランギャロス(全仏オープン)を見に行くのだけど、今年は忙しくて行けなかったの。なので、TVで見ました。

結果、、、

ラファエル・ナダルが優勝しました。これで8度目の全仏制覇。

全仏は、赤土のコートを使います。有名なウィンブルドン(全英)は芝生、他のふたつ、全豪と全米はハードコート(緑色のアスファルトみたいな感じ)。

ナダルという選手は、赤土の帝王と呼ばれ、このコートで無敵を誇っています。9年間で、負けたのはただの一回だけ。たまたま、その一回も会場で見たよ。連続でチケット取っていたので、ナダルが敗退してその後見れなくなるので泣けて来た。

・・・

ナダルには、ひとつの哲学というか、自分自身で決めていることがあります。

「常に、一球一球、全力で球を追う」ことです。

テニスの選手は、ツアーが多いせいで、トップ選手であればあるほど身体を酷使します(毎回決勝まで行ったらすごい試合数)。なので、引退が早いんだ。皆身体を壊しちゃうの。ナダルも、膝の故障で、一時は引退説もあったの。

なので、全部の球を全力で追っていては、身体が持ったものじゃない。

でも、ナダルという選手は、全てのプレーで全力を出してきました。その結果、選手生命を短くするけど、決して手を抜きませんでした。

その結果が、今の8度目の優勝につながったのでしょう。

オレも手を抜いたらあかんなー
一秒一秒、全力で生きて行かなきゃなー

と思わされるね。
さあ、バイオハザード(ゲーム。念のため)でもやーろっと。

・・・

写真は去年のローランギャロス。ナダルさんの試合だよ。

このように、テニスファンを公言してたら、FB友達の山口さんというテニス選手が、ナダルの直筆のサインをもらって来てくれたよ!ナダルのマヨルカ島(スペイン)にある自宅へ行ってのサインなので、価値が高いよ!



0 件のコメント:

コメントを投稿