2014年1月30日木曜日

人生で一番最初に認めてくれた人 (カラテパート②)

続きだよ。ここから見る人は、良ければ前の記事から見てね。

入院されてるH師範。実は、私には忘れられない人なの。ホントかわいがってくれてた。




そして、師範は、私にとって、、、
全く他の人と違う、特殊な人だったのさ。


昔、私がガキの頃、私はあまり人に褒められたことがなかったの。まあ、褒められるようなこともしてないしね。仕方ないと思う。ホント、いつも悪く言われてた。


学校の先生からは「お前は将来、社会のダニにしかならない」とか言われたし、実のオヤジも、「この屑が」とか「皆が陰でお前を嫌っている(しかしこれはひどいな)」といつも言ってた。グスン。


最近は人がましく、人様に褒められたり、認められたりする。でも、これって、ホント最近20年くらいのことなんだ。


そんな中、H師範だけは、子供の頃からずっと褒めてくれてたの。なぜかは知らない。H師範は空手の先生でありながら、大学の教授でもあったの。


現役時代、剣道の胴を拳で叩き割った、と言われた大きなごつい手で私の頭をくしゃくしゃになでながら、「こいつは大物になる」って、ずっと言ってくれてた。一回だけじゃない。いつも、いつも言ってくれてた。


中学校のころ、大学の空手部の合宿に参加したときがあったの。そのとき道場で正座中に居眠りして、こっぴどく叱られようとしたときも「こいつは大物だからいいんだ」と怒る大学生たちを止めてくれた。そのときも、頭をくしゃくしゃなでてくれたなあ。


私が多少大きくなってからも、会う機会があるとそう言ってくれてたんだ。「これはお前にやる」といって、自分が胸に付けてた団体のバッジをくれたりもしたよ。シンボルだからね、大切なものだったと思う。

ひょっとしたら、、、
人生で、一番最初に、私、という人間を認め、信じてくれた人なのかもしれない。



先輩、教えてくれてありがとう。
俺、H師範、大好きだったの。
お見舞い行ってくるよ、押忍。



H師範、あなたが褒めてくれてたあの悪ガキ、少しは偉くなったかな?師範の思った、大物になったんだろうか?また頭をくしゃくしゃなでて、褒めてくれるかな・・・


もう高齢なので、大丈夫なのだろうか、という心配とともに、会えるのが嬉しい、という複雑な気持ちも混ざっています。ひょっとしたら病身の師範を見て、とてもこんな甘えた記事を書く気にならないかもしれない。なので、今、新幹線の中でこれを書いてます。



写真は、10代中頃の空手時代のものだよ。昔の写真を引っ張りだしてみた。細いねー

さあ、駅に着く時間だ、師範のところに向かおう。



空手の道は人の道

私は、あまり携帯の番号を人に言いません。親しい人にしか、教えてないのです。理由は二つ、バンバンかかってくると嫌だなあ、というのと、かかってきても、まず私は出ないから意味がない、ということです。なので、ほとんど鳴りません。

そんな私の携帯が鳴りました。

知らない番号です。しかも、たまたま電話を手にしてた。出ないわけにはいかない。めんどうだな、と思って出てみると、、、

「廣田さんの携帯ですか?あの、Hですが」
「Hってだ〜れ〜?」
「覚えてますかね、Hです・・・」
「だ、だ〜れ〜?」
「あの、空手のHです」
「あ!H先輩!(シャキーン)押忍!何十年ぶりっすね!お元気っすか?」

てな感じでさ、昔の、空手の先輩だったの。

うちの親父は空手大好きで、私と弟を、小学校の頃から道場に行かせてた(なので、私は空手の歴が一番長いの。試合数も、空手の方が多い。だいたいキックボクサーって、空手上がりが多いからね)。

そんなころから道場にいた、当時少年部のリーダーだった人、それがH先輩だった。4つ5つ年上だったかな。もう40年近くも前の話だね。

聞くと、当時の道場の先生、これまたH師範がお病気になられたとか(そいえば平先生もHだし、私もHだし、Hに縁があるなあ)。師範はあの頃50くらいだったと思うので、もう90歳近いと思う。

なので、思い当たるところに電話しまくってるのだそうな。私の携帯番号も、結構苦労して調べてくれたらしいの。

で、H先輩は私にいろんなことを説明してくれます。

自分は当時の流派から独立して道場を持っていること、でも、師範から教わったことは忘れていないこと、一週間に一回くらいしかお見舞いには行けないけど、できる限り顔を出していることなどなど・・・。

空手って、宗教チックなところがあって、流派を出るのがタブーっぽいところあるのさ。なので、申し訳なさそうに話してくれてた。

いえいえ、H先輩、私なんて空手じゃなくキックへ行ったんだからさ、先輩は何も悪くないよ、それより、毎週お見舞いに行って、すごいね、偉いね、と、そう思ったの。

なんか、いいなあ、って思った。

独立し、自分の流派を持った今でも、40年前の師範を敬愛して、今も支えようとしてる。いいねえ。素晴らしい。武道。武士の道だね。

でさ、ここからが本題なんだけど、、、

入院されてるH師範は、実は私も大好きな人なの。私にとって、ある意味、とても特殊な人だったの。で、長いから二つに分けようかな。

続くよ。良かったら次も見てね。

写真は、コロラドだったかで小さなショーをやったときのものだよ。まあ空手着だから載せてみたよ。

パート2でね。



2014年1月29日水曜日

一度見てみてね。

以前、私が出版のときにお世話になったカカトコリ師匠が新刊を出されましたよ。29日までキャンペーンをされてます。

で、キャンペーン特典に対談をさせてもらったんだ。
新刊、拝見したけど、とても読みやすいし、ゆるゆるって幸せになる、ほんわかした本だよ。

すでに、 アマゾンでも総合一位をとってるよ。

これ見てみてね。

「幸せな人にとっては当たり前なのに、多くの人がやっていないこと」

http://www.bookcampaign.com/cacatokori2/vip.php

2014年1月15日水曜日

病院に行こう②

腰が痛くてなにもできないので、FB連投だよ。よかったら前の二つも見てね。続いてるよ。今回は文句ばかりだよ。


今日もすごく思ったけど、日本の医療は、レベルにおいて最先端かもしれないけど、サービス業としては最低ですね。


だいたい、土日診療休みって、ありえないと思う。
タイ人に話したら、「なんで土日が休みなの?」と理解してもらえなかった。


まあ、病院関係者さんに言わせば、いろいろ理由はあるのだろうけど、他の業種では考えられないことだよね。


どんな業種でもさ、お客様の都合に合わせるのが、当たり前のことだよ。サラリーマンや、学生さんなんて、平日休めるかよ!って言いたくなる。彼らがどんな思いで会社や学校に休みの許可を取って、病院に来てると思ってるんだろう?


しかもさ、大病院って、待ってるだけで半日かかるんだ。これまた考えられないよね。でも、みんなどうしようもないから我慢してる。


以前、大阪のホテルで倒れて、救急車を呼ばず、朝がた淀川キリスト病院に自力で行ったら、257番という札を渡されて、こりゃいかん、と意識を失った記憶があるよ。そのときは優しい看護婦さんが助けてくれた。意識がうつろだったので顔は思い出せないけど、天使に見えた。


日本も、もっと医療環境を選べるよう、いろんな選択肢があってもいいよね。


会員制の高級な(というか、めちゃ高い)ところはある程度融通が利くけど、でも限界があるし、そもそも入会費だけで数百万だから、そんな誰でもって訳じゃない。


住宅だって、いろんな選択肢があるじゃん。しかもそれはお客様の好みや、スタイルによって合わせてるからそうなる訳だよね。業界の側の論理で仕事してるところなんてないよ。


他の業種なら、間違いなくつぶれちゃうよね。というか、企業努力してるところに全部持ってかれちゃう。もし、不動産屋が5時終わり土日祝日休みだったら、いったい誰が部屋を借りにくる?他の店が休日に営業して、そこに全部、お客様を取られるだけだよね。


土日祝日休みって、しかも、他にライバルがないのだからさ、ディズニーランドが土日祝日休みのようなもんだよね。誰も文句は言えないけど、考えられないこと。極端な話だけど、同じことだと思う。


交代交代で休みゃいいじゃん。民間企業は皆そうしてるよね。まあ、病院も民間企業なんだろうけどさ。徐々に休日診療やってるお医者さんも増えてきたけどさ、もっともっとそうなるべきだよね。


ちなみに、もし平先生が病院ビジネスをやってたら、そこを糾弾して、業界に旋風を巻き起こしていくと思う。業界の「間違った常識と戦う」姿勢を前面に出していく。そうすると一人勝ちするよ。病院は広告を打てない(らしい)としても、何らかのムーブメントは起こしていくだろうね。


自分の業界で、「こんなのおかしい」というところに気づいたら、大成功するよね。旅行業界に革命を起こしたHISとかもしかり。一世を風靡するよね。


さて、今回は文句ばっかり書いたので、とりあえず、私も文句言われないよう、まじめに、かつ安静にして寝ておりますよ。


まずは、一人前の患者にならなきゃね。


体は大事だね。
まあ、入院態度もね。





病院に行こう①

デモに参加して、調子に乗って騒いで、腰をさらに悪くしたまるもりです。

その続きなんだけどさ、公害で背骨が曲がった魚みたいになってしまって、歩けなくなっちゃった。

これはいかん、と思って病院に来た訳です。
海外で病院に行くのって、なんかイヤですよね。なんか日本に比べてレベルが低そうで、特にタイとかって聞くと、注射針でエイズが移りそうな。

・・・ってさ、思ったりしません?

それがね、きれいなの。
全く、高級ホテルみたい。

しかも、深夜でも対応してくれる。
サービス、最高。本当に、最高。

日本でこれと対抗しようと思ったら、ハイメディックの山中スタイルくらいしか難しい。ミッドタウンクリニックでもどうかなー。

まずさ、すぐ診てくれる。

というか、まあ友人のトンちゃんの奥さんが事務長やってるから、ということもあると思うんだけど、多分、他のお客さんもほぼ同じだと思う。

んで、腰が痛い、と話したらすぐに車いすを用意してくれたです。待たせないように、そのまま血圧はかってくれて、で、とにかく誰かが押してくれるです。

看護婦さん、みんな優しいです。かわいいです。まるもり、嬉しいです。

まあ、とにかく何から何まで至れり尽くせりなのです。

ロビーは高級ホテルみたい、待ち合いは同じくホテルの一室っぽく清潔で、ソファーも高級、どこにでもカップの飲み物や袋入りのストローが常備され、しかも全てのスペースが広い。

ちなみに、タイ語は日常会話程度は少しわかるんだけど、やはり医療用語や説明は無理だなあ、と思ってたら、日本人の通訳も常駐していて、呼ぶまでもなく準備してくれてた。

言葉使いも、皆本当に丁寧。

日本だとさ、なんか看護婦さんが怖かったり、お医者が高飛車だったりすることもあるけど、ここは違う。本当にていねい。

治療もそうだけど、すごく気分が良くなった。

まあ、タイでは高い病院らしいけど、レントゲンとって、注射して、薬もらって、あれやこれやして、一万円でお釣りが来た。

「サービスいいね、本当に」と話したら、「もし、ちょっとでもサービスが悪いと、お客様からすぐに苦情がくるの。だからすごく気をつけている」と言ってたよ。日本とえらい違いだね。

まあ、そんなことでパート②に続くよ。










デモに参加したよ


まるもり、タイにおります。で、お正月太りしたからさあ、痩せなければと思ってさ、ガンガン、トレーニングしたら、ゴキッと腰を痛めてしまった。キックボクサーにとって、腰痛は持病みたいなもの。もう、癖になってる。

でさ、今回は、デモがあるので、楽しみにしていたの。日本でもかなりTVなんかで報道してるらしいね。

まるもりは反政府側のアピシット前首相の秘書さん(男前)に面識があるので、もともと行こうと思ってたのさ。彼がルンピニーで演説してたので、旗ふりまくり、笛を吹きまくったよ。まあ、お祭りみたいなものだね。

一応、腰が痛いのでコルセットはめていったんだけど、どうもダメで、ひどくなってしまった。やはり無理はダメだね。

まあ、そんな訳で、タイのデモ、参加してきたんだけど・・・今日は病院。腰が痛くて歩けない・・・

んなわけで、何の学びもないけど、タイムリーな話題なので、デモ写真載せたかったの。

みんなも体の無理には気をつけてねー

でわー




2014年1月8日水曜日

新春社内セミナー

まるまるもりもりみんな食べるよ〜♩という歌があるらしい。まるもり会長としては、この歌は無視できない。

というか、お正月って、太るよね。トレーニングジムはお休みだし、なんか、とにかく食って寝るという習慣になってしまう。

かくいう私も、できればダイエットしたいと思っているのだけど、なかなかそうはいかないんだよね。

大体さ、お正月の、ある一日の食事を列記すると、朝起きて、10時頃に肉そばと豚肉そば(かぶるなあ)を食べて、昼過ぎに串揚げ屋に入り、ビール3ばいと串揚げを20本くらい食べて、それからその足で金竜ラーメン食べて、夜にお好み焼き食べて、酒飲んで、それからまた夜食にラーメン食べてもうた。まるまる、もりもり食ってしまった。当たり前なのだけど、、、


太った。


お正月はダメだね。みなさんもそういう経験があるのではないかな?


ということで、悪夢の正月も終わり、そろそろいつもの生活に戻らなきゃ。ちなみに、おとついあたりからウチのグループも仕事始めが多いのさ。みんなめいめい、各会社で初詣に行くんだ。普通の企業はどうなのかわからないけど、ウチはなぜか恒例で、みんな地元の神社に行くのさ。


でさ、その後、昨日と今日と、グループ共同社内セミナーやってるよ。まあ、一年の最初にまず勉強っていうのもなんだけどね。


刺激になるから、定期的に、社内セミナーするといいよ。講師は、社長だったり、外部から呼んだり。仲間内で、交代交代で互いに講師をやりあいっこしてもいいね。今回は、昔から仲良くさせてもらっている、森下さんが来てくれたよ。正月早々、ありがたいね。


森下さんは、平先生と同居していたこともあって、先生のパンツを盗んだとか、歯ブラシを使ったとか、ホモ説もあるけど、とても優秀な経営者なんだ。我々の仲間の中で、一番経営経験が長いの。もう30年近いんじゃないかな?


森下さんがサラリーマンだった20代の後半、新婚旅行から帰ってきたら、会社をやっていたお父さんが亡くなっていて、そのまま準備もなしに跡を継いだんだ。


想像を絶する苦労があったろうね。今は、モリシタハウスグループの総帥で、日本ビルダーズという会社の社長もやってくれてる。こちらは会員数が日本最大級の住宅団体だよ。


3兄弟なんだけど、それぞれ同じグループの経営者で、兄を見習って頑張ってる。それぞれみな優秀だよ。んで、仲がいい。毛利の三本の矢のような兄弟なんだ。


森下さんには公私ともにいつもお世話になってるので、せっかくだから夜は焼き肉をたらふく食べてもらって、お太りになっていただけるよう、若い連中に言っておこうと思う。ダイエットしてるようだけど、関係ないさ。俺も太ったし。仲間を増やそう。森下さん、大きくなあれ。


もしくは地元のきれいなおねいたまのいるお店にお連れして、ふにゃふにゃに骨抜きしてしまうというのもありだな。なんか目的がずれてきたぞ。まあいいか。


でわー


写真はウチの本社セミナールームで話してくれてる森下さんだよ!夜のお写真もあるのだけど、それは伏せておくよ!



2014年1月7日火曜日

対談動画みてね(シェア)




先日、伊勢さんとこの若い子、伊藤聡くんから「会長と対談録りたい」と言われて、どうせなら皆ですし食べようよ、と私のビルにあるお寿司屋さんで対談しました。で、伊勢さん、村上さん、七星さんも参加することになってさ、みんなと飲んだよ。で、その録画ができたらしい。これから登録すると見れるようだよ。まあ、ヒゲはえた怪しいおっさんが飲んでクダ巻いてるだけだけどね。良ければ登録して見てね!

『秘密の対談動画をバラまきます』

ついに編集が終わりました。
チェックも終わり、完成です。

グループ18社 年商60億円をまとめる
超大物経営者『廣田 康之』さま

ネットビジネス業界の総元締め
6,000人セミナー開催、エキスパートメール運営
『七星 明』さま

24時間で最低1億円を売り上げる文章を書く男
『村上 宗嗣』さま

12時間で5億円を売り上げるマーケッター
『伊勢 隆一郎』さま

という凄いお方々との対談という形で
勉強させて頂きながらお話させて頂きました。

一生分の運を使い果たしてしまった
かも知れません。。。

その当日の動画の編集が
すべて完了しました。

すでに稼いでいる方にとっても
これから一旗挙げてやろう
という方にとっても

とても役に立つものになっている
かと思います。

内容をちょっとだけ公開すると

・いくらノウハウを学んでも教材を買っても
 稼げるようにならない本当の理由

・女性が本能的に魅力を感じ
 濡れてしまう『ある1つの要素』

・信頼できる仲間、
 ビジネスパートナーの作り方

・18社もの企業を同時に経営し
 かつ、売上が右肩上がりになる
 隠された秘訣

・サラリーマンを辞め、独立する
 時期の見極め方

・表には出せないウラ話

などなど、かなり興味深い話に
なっております。

『お年玉』ということで明日お届けします。

見たい方はこちらから
登録しておいてくださいね。

登録してくださった方にのみ
お送りします。

http://www.satosi0197.com/mas/magalp/001.html

ぜひ、楽しみにしていてください。

シェアやイイネをして
拡散して頂けると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします。

2014年1月2日木曜日

あけましておめでとうございます。




あけましておめでとうございます!本年もよろしくね。

去年はいろんなことがありましたが、なんか国のムードとして、いろんなことが良くなっていく、そんな印象がありますね。

富士山も世界遺産になったし、めでたいので写真を富士山にしてみた。でさ、なんとなく、世界遺産になってから、富士山ってきれいに見える気がするんだよね。

Mtフジ君、世界遺産になったから張り切ってるのかしら?って感じ。

実際のところ、晴天率は(偶然ながら)上がってるように思いますね。単に天気のせいだけど。ヒルズのベランダからも、毎朝富士山が見えるのよ。しかも、前よりずっと、きれいに見える。

まあ、当然ながら偶然なんだけどねー。

でも、現実の人間社会ではこういうことって結構あるの。

何かの「肩書き」がつくと、急にレベルが上がるって状態。たとえば、部長になると急に自覚ができて仕事に精を出すようになり、実際の数字が上がったり。社長になったら人格が上がったり。

スポーツでもそうだよ。チャンピオンになると、さらに強さが増す、と言ったことは多々あります。

ちなみに、ウチは社長がどんどん育つ会社だから、よくわかるのさ。肩書き、立場が人を作っていくといいうのはよくあることなんだ。

ということは、、、

自分の肩書きを付ければ、自分がかわる、ということでもある。部下を育てたければ、まずは昇進させてみよう。変わるかもよ。


自分を昇進させたいけど、自分で自分を昇進させることはできないからどうすればいい?という人にはもっと簡単な方法があるよ。


自分で、自分の肩書き、つまり「異名」を付けてみるんだ。

よくあるじゃん、ボクサーとかで、「KOアーティスト」とか。マイクタイソンは、アイアンマンだったね。小さな巨人とか、なんとかの守護神とかよくあるじゃん。

私の友人は、とにかくバットを振る(バットを振らなきゃあたらない、つまりとにかく何でもやってみる)ということで自分にバットマンという異名を付けてるよ。

まあ、どんなでもいいんだけど、自分に異名を付けるの。自分のなりたい自分、そうでありたい自分を表現した、そんな異名。

そうすると、その異名に恥じない自分になろうとして、、、

自動的に自分が伸びるよ。


紙に書いて、財布にでも入れておけばいいよ。そうすると忘れないから。

これからみんな今年の目標をたてるよね。そのとき、ついでに異名も付けてみたらどうかな?


私も、自分の異名を持ってるよ。恥ずかしいから、あまり人には言いたくないけどね。溝口先生が私のことをそう呼んでくれたので、それから自分の中でその名に恥じないようにがんばろう、と気をつけてる。


すべてはセルフイメージから始まるよ!今年の一年は、まずワンステップ高いイメージを持って進めていこうね!

では、みなさん、今年もよろしくお願いします!



追伸

書こうかどうか迷ったんだけど、一応、自分で決めてる自分の異名は「常勝将軍」なの。溝口先生が以前にそう言ってくれたから、それにしてる。

“私は私の率いる部隊を、常に、勝たせることができる。その力も、経験も、その知恵も持っている。だから、私の部隊にいれば、必ず勝つ。”

できうるなら、そういう将軍、リーダーでありたいと思ってるよ。

自分のためというより、自分についてきてくれる若い連中のためにね。だってさ、失敗も成功のうち、というけど、私の作戦で失敗して若い連中が困ったら、かわいそうじゃん。私のところに来た者は、みんながみんな、良くなって欲しいのよ。


ちなみに、こんな異名、自分で言うの、ちょっち恥ずかしいね。(^^;新年だから許してね。