2015年5月31日日曜日

日本海海戦110年記念だよー






前回の記事、なんだかすごい反応だった。以前に「保証人制度廃止」の記事以来の多さだったよ。みなさん、ありがとう。
なので、あまりにも反応が多かったので、今回、もいっかいだけ「面舵いっぱい(右よりってことね)」の記事を。明日から、いつものビジネスネタに戻るからね〜
 
5月27日。昨日は、日本海海戦の日だったんだ。私は、戦艦三笠保存会の終身会員なのさ。で、ご案内を頂いたので記念式典に行ってきたよ。(会員は簡単になれるよ。みんなで三笠を後世に残していこうね)
 
110年前のこの日は、日露戦争の山場で、ロシアのバルチック艦隊が世界を一周してこの日本海に来た。それを日本の連合艦隊が打ち破ったんだ。一隻でも残したら負け、という厳しい条件の中、100対0に近い、海戦史上例のない完勝を納めたんだ。
 
黒鉄ヒロシ先生の言葉を借りると、、、
 
「よくぞ、勝ってくださった」
 
なのさ。もし、110年前のこの日に負けてたら、今頃私たちはこのFBをロシア語で書いてたかもしれないよ。
 
・・・
 
本当にありがたい。こんなちっぽけな国が、黒船を見て、このままではいけない、植民地にされてしまう、と立ち上がり、国の体制を変え、国民全員が食うや食わずで軍艦を作り、そして、たった50年で(300年以上の差を埋めて)自分たちの何倍も大きな国に勝ったんだ。本当に、ものすごいことだと思う。日本人全員の心がひとつになってたんだね。
 
軍人さんだけでなく、農民さんを含めた全ての先人たちに、感謝しか出てこない。おかげで、今も、日本は、日本でいられるのだから。
  
・・・
 
戦争についての記事や、意見を言うと、よく、戦いは何も生まない、話せばわかる、なんて言う人がいるよね。
そりゃまあ、理想だよね。でも、現実は違う。
そんなこと言ってたら、この国は違う国になってたよ。
 
実際、日露戦争の際、「戦争はダメだよ〜、話せばわかるよ〜」って言ってロシアと対話して、何とかなったか?なる訳ないじゃん、向こうは攻めたくて仕方ないんだから。それが彼らには必要なことだし。感情的なケンカをしてんじゃないんだって。
 
ウラジオストックという地名自体が、「ウラジ(東を)ヴォストーク(征服しろ)」なんだからさ。もしあのとき、日本が立ち向かわなければ、半島はロシアのものになったし、その後、日本は攻められてただろうね。
 
これは悲しいことだけど、事実なんだ。
この世の中には、、、
 
理不尽な暴力は存在する。
 
・・・
 
理不尽な暴力に対抗するのは、「拮抗できる力」だけだよ。
戦えといってる訳じゃないよ。
戦える力があるかどうかだよ。
 
また、たとえ話になるけど、先日もいじめっ子が集団で一人の少年を殺した事件とかあるよね。あれ、話せばわかるとでも?
昔、何の罪もない女子高生が拉致されて、無惨な殺され方をしたよね?
話せばわかるのか?
 
でも、もし、殺されそうな側の子供に、プロ格闘家レベルのパンチと蹴りがあれば、殺されることはなかったと断言できるよ。チンピラなんて、腕振ったら飛んでくんだもん。カンタンに手篭めにされることはないよ。
  
(よく、誰かに相談すれば、というけど、それは、大人とか警察とか、もっと大きな力で抑えるだけのこと。同じだよね)
 
今、いじめにあってる子でも、そう。
もし相手をねじ伏せる力があって、かつ、それを使う精神力を持っていたら、
 
ここが大事なんだけど、、、
使わなくても、いじめられない。
 
無抵抗で、かつ抵抗できる力がないゆえに、相手は好き勝手できちゃうんだ。
 
・・・
 
平和のためには、力が必要なんだ。
カンタンに手を出させないように。
話し合いも、バックにある力関係で変わるんだよ。
弱者の言うことなんて、強者には通らない。
歴史が証明してるよね。
 
ビジネスの交渉でも、やはり下請けさんは弱い。お仕事もらう立場だからさ。私も昔下請けをやっていたので、その苦労はよくわかる。生殺与奪の権は、、、元請けさん、つまり、強い側が持つんだ。これは、今この瞬間もフツーに世間のどこでも行われていることだよ。話せばわかる?それなら下請けは苦労しないよ。
 
下請けが、自社だけの強みを持ってたとしようよ。そしたら、それから初めて五分の対話が出来るんだ。
 
ビジネスの交渉も、
いじめっ子といじめられる側も、
国と国も、
 
同じなんだ。
 
・・・
 
いじめられたくなければ、強くならなきゃ仕方がない。好むと好まざるに関わらず、それが現実だよね。
 
ちなみに、スイスは永世中立国だから戦争はしないけど、強いよ。国民の10%が軍人なんだからね。

力なき正義は無力だよ。
(正義なき力はただの暴力なんだけどね)

・・・
 
この日本は、先人たちが守ってくださった。このことに素直に感謝するよ。これからは私たちがしっかりしていかないとね!
 
意見はいろいろあると思うよ。こんな限られたスペースで書けることも知れてるし。これは私の意見。誰のものでもないし、押し付ける気もないよ。
 
でも、改めて、いろんなことを考えるのはとてもいいんじゃないかな。
 
・・・
   
写真は、三笠の記念式典の準備の様子だよ!
保存会の皆さん、ご苦労さまだよ!
写真の絵は、黒鉄ヒロシさんの「千思万考」東郷閣下の原画だよ!平先生にもらったよ!
あと黒鉄ヒロシ先生の個展の際の写真だよ!文中に黒金先生のお言葉借りたからね!新刊「本能寺の変の変」絶賛発売中だよ!

2015年5月28日木曜日

FBで一番反応の多かった記事 ポツダム宣言




 最近、右傾化してるとか、キナ臭い話が多いですね。なんかポツダム宣言が正しかったかどうか論争してみたり。賛否両論あるようです。
で、こういうのって、政治っぽいからわかりにくいけど、普通の話に置き換えてみたらわりとわかりやすいのよね。
 
日本が世界制覇をしようとしていたとかって言うけど、江戸時代、この国は農業一本でどこにも出て行かずに、また入って来させずに、のんびりしてた訳ですよ。
 
言ってみれば、多少オタクっぽい人間がいたとしましょうよ。家から出ずに、一人でゲームしながら部屋で遊んでいた訳。そこへ、いじめっ子が来た訳ですよね?黒船で。
 
そのいじめっ子は、ウチの家に押し入って来るまでに、、、隣の家(中国)の家族を麻薬漬けにして、文句を言った父親を半殺しにして、娘(香港)を奪い、次は隣の家ーってウチの家の前で虎視眈々と狙ってたんだよね。
 
実際は、隣の家にくるまでにも、向こう三軒両隣、みんな家のものを奪い、強姦し、殺戮し、ここまで来た訳ですよ。アジアの国々は殺戮しまくられてきたんだから。
 
しかも、隣村(アフリカ)の人たちは、すでに家畜同然の奴隷にされ、人間扱いされなかった。
 
それで、最後に、ウチの家に来た。地理的に、一番遠かったから。
で、オタクは驚いて、隣の家の惨状を見て、これはまずい、と。
 
身体の大きな、格闘技をやっているいじめっ子軍団(白人社会)に対抗するために、自分も格闘技をはじめ、鍛えて、強くなって、、、
 
いじめっ子たちに立ち向かおうとしたんだよね。
 
・・・
 
それまでは「猿」と思われてた(正式な文書にも猿って書かれてた)いじめられっこ達の中で、ひとり日本くんだけが歯向かったんだ。小さな身体で、覚えたての格闘技で、いじめっ子たちに立ち向かった。
 
そしたら、ロシアくんに勝っちゃった。いじめっ子の中でも身体の大きなロシアくんが日本くんに負けちゃったせいで、いじめっ子軍団にも危機感がでたんだ。
 
だって、日本くんは猿なんだもん。
学校でいじめられて、「おい、猿、飛んで回ってみろ」とはやし立てられる対象だったんだもん。
 
人間扱いされてなかったんだから。
 
で、基本的に許せない。
いじめられっ子が歯向かったことが。
で、放っておくともっと強くなるってんで、、、
 
日本くんがまたさらに大きなケンカしなけりゃならないように追いこんで、、、
みんなでボコボコにしちゃった。
 
・・・
 
人類は、太古の昔からいろんな残虐な行為を行ってきた。アウシュビッツもひどい。インデアンもかわいそうなものだよね。
 
でもさ、みんな考えてみてよ。
 
この日本は、アメリカから、、、
 
全ての家々を焼かれてホームレスにされ、
新型爆弾の –決して白人には使わない− 実験場にされたんだよ。
非戦闘員まで皆殺しにされたんだ。
 
おいこれ、無差別殺戮でしょう。
 
歴史上最もひどい残虐な行為じゃないか?
民族が消滅しそうなほどやられたんだよ。
 
・・・
 
さて、日本くんは、半殺しにされた。身体の大きな、いじめっ子軍団の中でも一番強かったアメリカくんに死ぬ一歩手前まで殴られた。そしたら、ソ連くんが身体の端っこを切って持って行った。ソ連くんは「お互い俺たちは仲良くしようね」と言ってたのに。まあ、あの子はいつも嘘つくんだけど。
 
で、動けない、もう息も絶え絶えな日本くんに、、、
 
いじめっ子軍団が言ったんだよ。
「これを受け入れなければ本当に殺す」と。
 
それがポツダム宣言だよ!
 
・・・
 
いじめっ子軍団は、その後、自分たちが「世界制覇をして、色のついた人間を奴隷として使い、いかにも非人道的な行いをしてきたことを隠すために」自分たちに歯向かった日本くんが、、、
 
「世界制覇しようとした」
 
と書いたんじゃん。
 
日本くんが悪いんだ。だから懲らしめたんだ。
俺たちは悪くない。
日本くんが悪い、悪い、悪い・・・
でないと自分たちの都合が悪いもん。
 
・・・
 
アメリカ人は、最初自分たちを助けた先住民族インデアンたちを皆殺しにし、彼らの土地を奪い、しかも西部劇という映画で彼らを悪者にし –頭の皮を剥ぐ悪い民族− みたいに吹聴し、正当化してきたじゃんね。
 
インデアン=残虐な未開民族
白人=正義のヒーロー
 
って。笑えるわ。
 
アレと寸分違わない。
 
・・・
 
ポツダム宣言を認める、認めないはいいさ。調印しちゃったんだから、今から違うというなら武力行使できるようにならないと難しい。
(本当は脅迫による契約は無効なんだけどね)
 
でもさ、普通に、フラットに考えて、世界制覇しようとしてたのは白人だよ。
 
実際やってたじゃん。まして、「帝国主義が悪いことではない」とされていた当時の世界の常識の中で、私たち黄色人種という「猿」が自分たちと同じことしようとしたのが許せなかったんだよね。
 
力づくでねじ伏せられ、調印させられただけじゃん。
ポツダム宣言を受諾しなきゃ、今頃日本は存在しないんだもん。
 
ネット見てて、つい書いちゃったよ。
私は極右の人間なので、偏ってるのは自分でわかってるからね、文句は無しだよ〜
 
・・・
 
ちなみに、ハワイでヘリなんか乗ったら、必ずルートの最後に戦艦アリゾナの上を飛ぶ。今でも言ってるんだ。俺たちは正しいんだぜって。正義なんだって。星条旗が何たらいうような映画の音楽とともに近づいていくんだよ。
 
ケンカの場合、それがどんなケンカであろうと、お互いにいい分はある。
片側から見た真実が、もう片側の真実とは限らない。
 
白人には白人の正義があるのだろう。
 
でも、日本人も、自分たちの論理の中で、自分たちの思う正しさを見つけてもいいと思う。
 
アジアの国々は、二カ国を除き、みんな感謝してるよ。日本くんがいじめっ子に命がけで立ち向かったおかげで、、、
自分自身は死にかけたけど、、、
 
この地球という星から、植民地は全て無くなったんだからね。
 
・・・
  
私たちのおじいさん、ひいおじいさんは命をかけて、彼らを奴隷から解放したんだよ。これが白人のやったことなら、今ごろ、「世界史における最高の行動」として語られてたはずだよ。
 
私の意見が正しいかどうかは知らない。
私の意見は私の意見であって、他人の意見ではない。
 
でもさ、周囲からの「意図のある情報」に振り回されずに、自分たちの頭で考えたいものですね。
日本のみんな、誇りを持とうよ。

2015年5月23日土曜日

久しぶりの黒王降臨



久しぶりの登場なのだけど、「黒王さま」という友人というか、私が尊敬する人がいます。なんか、日本の黒幕の末裔、というウワサを持つ、何をしているかわからないおじさん。私など及びもつかない金持ちであることだけは確かです。
  
日本ではほとんど会ったことはないんだけど、なぜか海外の歓楽街に行くと必ず見かけます。いつもお相撲さんやプロレスラーみたいな取り巻きを連れてます。まあ、水戸黄門みたいな感じを想像してもらったら、おおむね間違いないです。
 
さて、ちょうどタイから戻ってハワイに行くまでの間に、その黒王さまから、久しぶりに連絡がありました。
 
「ヒロタ君」
「あ、黒王さま」
 
「声だけで朕とわかるのかね、感心だねえ、キミは」
「着歴に黒王って出てます」
 
「朕は用事があるので相伴つかまつりなさい」
「いえ、私は仕事が」
 
「その仕事はもういいのだよ」
「(なぜ?)いえでも、すぐフライトだし」
 
「朕は銀座に出向くのだよ」
「はあ」
 
「行きたいマイ?(なぜか外語まじり)」
「はい」
 
ということで、つい、銀座という言葉に反応してしまい、黒王さまとご一緒させていただきました。そのときのお話。
 
・・・
 
まあ、今回は黒王の事じゃなくてさ、黒王の仲のよい銀座の元ママさんのお話なんだけどさ。
 
我々にもすごく参考になることがあったので記事にするよ。
 
そのママさんは、黒王さまがかわいがっている(変な意味ではなく)方で、現役時代もちょこっとお店に連れて行ってもらった事があるのさ。まあそのときもさすがだなあ、と思ったのだけど・・・
今回も思った。
 
・・・
 
銀座並木通り八丁目。
日本で一番席料の高いところ。座って、アハハと笑ったら10万。チーズ盛り合わせ一万円。市価数万円のワインは30万円。一回のお支払いで数百万、数千万(これはかなり少数だが)がバンバン飛び交う場所。
 
そこのママを張ってた人間なので、そこらの男性経営者なんて勝てないよ。何が勝てないかっていうと、、、
 
「お客さまに尽くす覚悟」なんだ。
 
・・・
 
水商売の人って、当然ながらお客さん(男性)に「気があるのかな」なんて思わせたりします。「下心のない男はいない」といいますが、まあ、多少はねえ、やっぱり男はねえ。男性だからねえ。
 
ということで、普段男性に優しく接するのは(もしくは気にいられてると誤解させるのは)お仕事でもある訳です。
 
つまり、引退した後、、、
ハッキリいって、お客さんと会う必要はない訳です。
メリットだけをいえばね。
 
そしたらさ、そのママさんは違ったの。
 
・・・
 
「お店やめたんですね、最近はどうされてるのですか?」
 
と聞く私に、、、
 
「え?前と変わらないわよ。毎日、お客さんとご飯食べてるわ」
 
このママさん、現役時代も「さすが」と思う事が多かったんだけど、今回も、さすが!と思ったねえ。
 
・・・
 
お店をやめた今もお客さんたちと「お店があったときと同じ頻度で」お会いして、食事して、一緒に過ごしているという事は・・・
 
ここが大切な事なんだけど、
「お仕事抜きであなた様(お客さま)と会ってて楽しいのですよ」
と、引退した今になったからこそ、、、
 
証明しているのです。
 
こりゃ、お客さんは嬉しいわ。
なんでって?今までの自分のお付き合いは、「仕事抜きだったんだな」と思えるもの。
 
「あなたの選択(お仕事抜きで付き合いしてくれてるという判断)は正しかったのよ。だって今でもこうやって一緒に会ってるんだから」という事なのです。
 
・・・
  
営業マンは、お客さまに、いい事を言います。
「あなた様とおつきあいがしたいのです」
 
でも?お仕事が終わったら?本当に同じお付き合いをするでしょうか?お仕事抜きで、お客さまのことを好きでしょうか?尽くすでしょうか?
 
もし、本当にそうであれば、
またはその姿勢を持っていたとしたら、
お客さまも敏感にその営業マンの真心、
姿勢というより至誠を感じ取り、
気に入って、、、
 
お仕事をくださるでしょう。
 
・・・
 
そのママさんは既に引退し、ある程度お金も貯めて、投資などで食べていけるようです。まあ、この辺りもさすがなんですが。儲からないからやめた訳ではないのです。もう銀座には戻らないかもしれません。
 
でも、今もお付き合いしている人たちは、
そのママさんが何をしようが、、、
 
喜んで協力してくれるのではないでしょうか。
 
・・・
 
本当の営業マンは、お仕事をくれるからとか、買ってくれるからとかでなく、この人と(ビジネスなり何らかの)お付き合いがしたい、と心から思うこと。それをお客さまが感じ取ってくれたら、、、
 
売れる。そう思います。
 
また、買ってくださったお客さまに、「あ、ここで買ってよかった。選択は間違ってなかった」とそう思わせること。それは営業マンの義務であり、絶対にやるべきことなんですよね。
 
我々(売る側)としても、お仕事くれるから頭を下げるというのはカッコわるい。心からお客さまを気に入り、そして気に入ってもらい、そのやり取りの仲で仕事が生まれる。それを理想としたいよね。
 
このママさんのようにね。
 
・・・
 
銀座並木通り八丁目。座るだけで10万。スーパーで数百円のチーズが1万円。日本で一番高い座席。そこでしのぎを削って生き残ってきた人間は、やはり違うね。表面だけじゃないや。
 
余談だけど、、、「ママさん、何食べたいですか?何でも言ってください」と言ったら、「ここにしましょう」といって回転寿司に入ったよ。これまた、さすがだわ。まあ、実際に払ったのはオレじゃなくて黒王さまなんだけどさ。
 
あ、今回、黒王さま、べつだん話の筋に関係なかったなあ・・・黒王の素性を知ってる人、知ってても「だれ」とか言っちゃダメだからね!
 
写真は一年くらい前のものだよ!運転してるのはフナだよ!他に銀座の写真がなかったんだよ!

2015年5月21日木曜日

大阪もったいなかったね



ハワイに来ておりますよ。これも不動産回りだよ。そろそろ税金だ保険だなんだかんだの切り替えで、ちょろりと顔を出しにきました。
 
GW明けという事もあって、日本人少ないねー。アジア人見ると、ほとんど中国人、そして韓国人。日本人ホントに見ないな。あの「日本人御用達デパート」の免税店ですら、10人見たかしら。
 
私は1ドルが70円台後半のとき、トランプタワーを二つ買った。今は120円だからね。けっこう得してる。でも、まあ、売らなきゃ一緒なんだけど。
 
こんなこというと、「儲けた話ばかり」に思われるけど、損もしてるよ。そのちょっと前に、ファンドでマカオに投資してたんだ。一億円を120円のときに投資して、75円になっちゃって・・・
 
まあ、数千万円損したの。
 
私は、今円に戻したら損だと思い、解散したファンドのお金をそのままドルで保有したんだ。なので、今やっと120円に戻ったって感じだよ。
 
やったあ、もどったあ、と、もし今円に戻したら・・・今度は税金で半分取られるよ。泣けるよ。だから、そのままドルでも持ってる。
 
つまり、、、
円に替えない限り、儲かった訳じゃないってことだよ。しくしく。
 
・・・
 
まあ、つまりこういう事なんだ。
もし上がっても、売らなきゃ一緒。
逆にいえば、下がっても、売らなきゃ一緒。
 
ひとつ言えるのは、、、
売り時は自分で自由に、決められるって事なんだ。
 
もし、円が暴落したらとか、日本が破産するような事があったら、外貨を持っていると強い。その逆もある。そのときそのときで、、、タイミング見て動けばいいよね。
 
「持ちつづけていても問題ないように」するのが、私の投資ポリシーだよ。なので、信用取り引きなんかはやんない。
 
自分のビジネスでお金を儲けて、それを投資し、「大きく儲ける」というよりも、「堅く儲ける」につなげていく。それがいいんじゃないかなーと思うよ。
 
ネットビジネスなんかで儲けた人たちって、結構使っちゃうけど、もったいないなーと思う。こういった形で保全したり、勝手にお金を増やしてくれるものにどんどん変えていけば、そのうち仕事しなくてよくなるのになー。ま、人の事だからいいっか。
 
・・・
 
ネット見てたら、大阪都構想がダメになった、って出てた。
 
もったいないね。都構想がいいか悪いか、私は政治に全く興味がないからどうでもいいんだけど、少なくとも、もし都構想が通ったら、、、
 
外部から、大阪にはかなりな額のお金が入ったと思う。私も、都構想が決まったら土地建物を買いまくろう、と思ってた。
 
新しい事がおこると、期待感でお金は集まるよ。

その効果だけでもすごい。ちょうど今は中国から東京にものすごいお金が入ってる。おかげで東京の地価は倍近くになったところもある。大阪にも入っているけどほんのわずか。なので、今回は、海外から見て「大阪が東京のようになるのでは?」と思われ、投資を呼び込む大きなチャンスになる可能性があったよ。
 
既得権益を壊すチャンスでもあった、と思う。社会が良くならないのは概ね既得権益が邪魔するからだからね。

だいたい、会社でも同じなんだけど、何かを新しく変えるときっておおかた反対するんだよね。変わるの怖いから。で、会社なら、変わらないとつぶれてしまう。

企業において、「変わらないという選択」は、緩慢な自殺なんだ。
  
でもまあ、私は大阪府民でもないし、選挙にも行ってないから、言う資格はないけどね。まあ、ロコモコ食ってゴロゴロするよ〜

2015年5月14日木曜日

「貧しい感」から脱出しよう〜




アジアの国、というと、貧しいというイメージがありますね。タイとかフィリピンとか、日本に出稼ぎに来て、貧しいから身体を売るとか、そんな感じ。人身売買とかよくいわれてたよね。
 
最近は、むしろ逆でさ、日本人の方が貧しくなっちゃった感があるよ。中国の人は日本でガンガン買い物してくれて、年間2兆円使ってくれてるらしいね。タイの人たちもそう。私の知ってるタイ人はよく日本に来てペニンシュラのスイートに泊まり、銀座で爆買いしてるよ。
 
実際のところ、日本人はまだまだお金持ちなんだけどさ、貧しい感が強いのよね。アジアの人たちは、「明日はもっと良くなる」と思って行動してる。だから、お金も使うし、回るんだ。日本の人たちは先行きを心配してお金を使わない。余計、差が広がっていく気がするよね。
 
こういうものの原因って、ホント、気分だけのような気がするよ。
 
・・・
 
今、東京はバブルで、1〜2ヶ月で家賃や不動産の売買価格が変わってる。去年の末に2億円だったマンションは、2億5千万円になった。まあ、これも中国人が爆買いしてくれてるからなんだけどさ、でも、上がり方はすごいし、六本木のマンションなんて、坪1千万円を超えてる。
 
やはり、土地が値上がりすると、景気が上がるよ。
お金を借りて家を買って、次売るときに高くなってたら、誰でも買いたいよね。そうなると、どんどんお金が動くんだ。
 
今まで20年以上、日本人には「土地は上がらない」という刷り込みがなされてきたよ。でも、そろそろそういう呪縛から解放されてほしいよね。
 
日本にも、やっと、、、
健全なインフレが、目の前に迫ってきてるのかもよ。
 
このインフレが日本国民の心の中にしっかりと認知されたら、
「お金を持っていても価値が下がる」と思って、皆がお金を使い、、、
 
やっと日本にも景気がよみがえってくるかもね。
 
だってさ、景気が悪いとかいいとかいうけど、それを作るのは国民であり、基本的にはお金が回りさえすれば景気は良くなるんだもん。全ては人々の心の中から出てるんだ。
 
だからみんな、お金使え!とはいわないけど、「明日はもっと良くなる。きっと良くなる」と思おうね!
 
それが、日本を救う道だよ。
 
・・・
 
まずは、私たち一人一人が、未来に希望を持って、行動していこうよ。そうする事によって、回りにどんどん伝播して、いつか世間が変わるんだ。日本は、というか日本人は世界で最も優秀で、各国からリスペクトされてる。(ホントに、世界中で好かれてるよ。尊敬されてる。日本を嫌ってるのは二カ国だけなんだよ。それも政治的思惑からだしね。交流のある個人同士では決してそんな事ないよ)
 
日本人は本当に素晴らしい民族なんだ。
そして、当たり前にもっともっと実力があるんだよ。
みんな元気を出そうね!
豊かな心を持とう!
 
・・・
 
まあ、ということで、日本人よりも貧しい感が少ないタイの友人たちと、屋台でメシを食ってる。ちなみに私の着ている服はバイクタクシーのライセンスジャケットだよ。一日働いて3000円くらいになるよ。
 
まあ、貧しい日本人を代表して、出稼ぎしていると思ってもらえばいいよ。ひょっとしたら日本人初のバイクタクシー屋かも知れないね。
 
サトーン20番なので、タイに来たら私を使ってね!
近ければ30円で行ってあげる。
 
まあ、日本人同士ならタダにしろよって感じだけどね、、、
お断りだよ!
 
一番心が貧しいのは私かも知れないよ!

2015年5月12日火曜日

一人で立つ




海外で不動産回りをしてるよ。GWも終わったので、日本人が少ないよ。まあ、もうこれだけ円安になるとうまみは少ないね。一時期のほぼ倍になっちゃったよ。東京も超バブルだし、不動産の投資はしっかり見極めなきゃね。
 
一応、私は年間売り上げ50億円ほどの組織をもってるんだけど、自分でも稼がなきゃ、ということで、なんだかんだやってる。不動産投資もそのうちのひとつだよ。
 
組織をもっていて思うんだけど、チームっていうのは楽しい。一人で達成するより、みんなで達成した方が面白いし、何より助け合えるよね。力も1+1=2じゃなく、3にも4にもなる。
 
でもさ、大切なことがひとつあるよ。
 
どれだけ優秀なチームをもってようが、強い組織をもってようが、
そのリーダーは、、、
 
たった一人でも立ち続ける強さがいるってことなんだ。
 
「最後はオレ一人でもやってやる」という覚悟が必要。
仲間がいなければ食っていけない、続けていけない、というのじゃダメなんだ。
 
・・・
 
平先生は、優れたチームを持っているし、仲間にも頼るけど、「いつでも自分ひとりで食っていく力と覚悟」を持ってるよ。私も、常にそうありたいと思ってる。
 
どんな軍のトップでも、たとえば反社会勢力の偉い親分でも、「最後は一兵卒として銃を担いで自分が行く」と思ってる。
でないと、だれもそのリーダーについていかないよ。
 
これが必要だし、、、
これさえあれば、逆に、怖いものなんかないんだよ。
 
・・・
 
これから独立する人、会社をやる人、いろんなリスクを考えるかもしれないけど、、、
  
最後は一人になってもやってやる、と思えば、覚悟が出来るよ。
そして、それは絶対に、リーダーに必要なモノなんだ。
 
まあ、かといってアジアのどこかでタオルかぶって裸でウロウロしているようなヤツがこんなこと言ってもダメだよね。
 
もうすでに日本人捨ててる気がする。ただの変態だな。現地の不動産屋も怪訝な顔してた。だってさあ、めちゃんこ暑いんだもん・・・
いまごろ日本はさわやかな天気だろうね(泣)