2023年1月21日土曜日

NO.1305 コロナ5類

 さあ、春節が始まるよ。

シンニェンクワイラー(新年快楽)。
 
テレビではチュウ国から21億人が移動する、と感染の危険を伝えてる。21億って、延べ人数ってことなのかなあ。
 
それに比べて、日本はコロナを2類から5類にするって言ってる。
 
さあ、どうなるんだろうねえ。
 
・・・
 
マスク撤去、五類化自体は大賛成なんなけどさ、、、
 
日本は47からの入国をシャットダウンしないって言ってるからねえ。
 
まあ、私は入れ替わりに春節が終わるまで海外に潜伏することにしました。
 
帰ってきたら日本がゾンビだらけになってたりしてね。
 
・・・
 
5類にするってのに、医師会は「補助金を続けろ」とか言ってるらしい。
 
いやもう潰したれやこんな団体、と個人的に思う。あいつら、医者の特権確保以外に存在意義あるんだろうか?(知ってる人教えて)
 
病院を土日休みにしやがってよ。日本だけだぜ、そんな国。
 
あいつら、病人が日祭日休むって思ってやがる。
 
私は医者(の偉い人)がどれだけ良いこと言っても、上辺にしか聞こえない。
 
もし本当に人のために仁術を尽くす、と考えているから、365日24時間営業にするべきだよ。交代で休めばいいだけの話。
 
あ、話がずれた。  
 
まあ、医は算術だからね。まだまだコロナで儲けたいのかも知れない。
 
・・・
 
マスクも、やっと外せるかな。
 
私アレ大っ嫌いで、外したくて仕方ないんだけどさ、、、
 
少しだけマスクの良いところもあると思う。
 
・・・
 
まず、屋外では外せばいいけどさ、飛行機や新幹線などの乗り物と、料理屋さんはマスクあってもいいと思う。
 
私は風邪もらうのが大嫌い(好きな奴はいない)で、新幹線でゴホゴホしてるやつを見ると、ハッキリ言って殴りたくなる。
 
お前は俺に風邪うつすのね?それは傷害行為だよね?じゃあ俺もお前を傷つけてあげるよ?
 
てな感じ。
 
だってさ、風邪うつされるのも、殴って怪我するのも同じやん!と思わない?
 
やっぱり捕まるのだろうな😊
 
・・・
 
あと、料理屋さんはマスクするのがいいね。これからは気になると思うわ。
 
昔は板さんでも平気で食物の前で唾を飛ばしてた。まるかめさんのような客が並ぶところもそう。
 
ブッフェスタイルとかね。
 
ああいうところもマスクあると安心だよね。
 
こういうところは「進化」という意味で、残ってほしいと思う。
 
・・・
 
さあ、春節で世界中にもう一度武漢肺炎がばら撒かれるのか?
 
オミクロンの感染力とデルタの破壊力。
 
新型兵器が世界を席巻するのかしないのか、リアルな映画見てるみたいなもんだね。
 
皆さん体を自愛くださいね〜


2023年1月17日火曜日

NO.1304 かわかつ

 かわかつとかいう、釣具屋さんのような名前の静岡県のトップがいるらしい。

なんでも「湧水がどうとか、環境がヘチマ」とか言ってリニアに反対して、メガソーラーを推進してるとか。
 
メガソーラーは、全回一致で反対だったのに、がまかつは強行するらしい。  
 
誰得?
 
・・・
 
リニアは、日本の財産。
 
2027年に開通の予定。それが、かわかつの反対で工期が間に合わなくなる、と。
 
これは大きな国益を損じることになる。
 
・・・
 
リニアが開通すると、名古屋は首都から1時間以内の通勤圏になる。
 
これは、世界の主要都市てとして、最大の経済圏。
 
日本にお金が集まる一つの大きな要因となる。
 
大阪も然り、各地の土地の価値は変わる可能性も充分ある。
 
・・・
 
かてて加えて、リニアを世界に輸出することもできる。
 
ライバルは、チュウ国。
 
このかわかつは、どうもチュウ国がリニアを成功させるまで粘っているようにしか思えない。  
 
・・・
 
私は静岡県にも会社があるので、もちろん多額の納税をしてる。
 
許せないことだよ。
 
JR東海には「環境」を理由に工事の邪魔をし、同じく県民が猛反対してるメガソーラーは強硬に進めた。
 
誰得?
 
一人(国)しかいないじゃん。
 
・・・
 
早くスパイ防止法を制定してほしい。そして、反日行為を罪に問うてほしい。
 
国の価値を上げ、国民の生活を良くする方向のものは、超法的にでも進めるべきだ。リニアは間違いなくその一つであろう。
 
たかが一知事ごときが邪魔するべきものではない。
 
・・・
 
国益を損じる人間が裁量を持つのは国民みんなの損。静岡県民はこんな奴の何を支持して選んだのだろう?
 
片山さつき議員が立ち上がった。
 
どうか、頑張ってほしい。
 
・・・
 
私は極右だけれど、右も左も同じなのは(たぶん)国民みなの生活が良くなること。
 
それに反対する意見なんて無いと思う。反日主義以外は。


2023年1月16日月曜日

NO.1303 ある団体の真実

 「家出少女などの貧困女性を助ける」という団体がある

いろいろ問題あるという噂(関係者?の元ヤクザ牧師による保護未成年シャブ漬けウリ春、団体による金銭不正使用など)

Twitterの大物暇空茜氏など、有志が追求

団体は弁護団を結成し即応戦

そんな中、そこにいた女性が「生活保護受給等で不正してたよ」とTwitterで告白

22000人が閲覧、告白者は執拗な攻撃を受け、身の危険を感じる
↓ 
政治家の先生に救いを求める

小坪先生が真相解明に動く

イマココ(これらの流れは私の解釈なので間違ってたらごめん)
 
私はこのコラボ何某が良いのか悪いのかわからない。貧困女性を救うならそれは素晴らしい。しかし、貧困ビジネスとして不正をしてるなら許せない。
 
何より、事実と、真実を知りたい(小坪先生もそうおっしゃってみえる)。
 
なぜかマスコミが報道しない、この問題の真実を知りたい方は、ぜひお読みください。

2023年1月14日土曜日

NO.1302 岸田さん

 岸田、今回頑張ったやん!

今日だけは岸田さんと呼ぶことにしよう。
 
日英同盟を結んだ。前回の日英同盟は日露の時だね。あの時、イギリスはかなり頑張ってくれた。  
 
日露戦争の勝利(勝利と呼ばない人もいるが、あれを勝利とせず何をするか)の一因は間違いなくイギリスのおかげであったと言っていい。
 
ロシェストウィンスキー率いるバルチック艦隊の石炭調達を邪魔し、回航速度を著しく遅らせ、航行能力と戦意を落とすことに成功した。
 
おかげで日本海海戦では100:0という世界海戦史上例のない戦果を残すことができた。
 
国の形も似てる。歴史を持った王朝のある、武士道、騎士道を携え、海に囲まれた島国同士。
 
まさに縁起の良い同盟でもある。
 
・・・
 
さらに、日米同盟も大きく強化された。
 
宇宙空間についても日米安保を維持すること、日本が反撃能力を持つことへの協力など、かなり大きく進歩している。
 
・・・
 
このようなことがあると、頭の悪い反日左翼は「戦争が始まる」とか騒ぐ。
 
阿呆ウ、ロスケやチュウ国に言えよ。
 
これらは全て彼の国への対抗策。
 
攻めてくるやつがいなければ、こんなこと必要ねえんだよ。
 
100年近く前の帝国主義を復活させようとしてる、侵略国家に文句言え。
 
・・・
 
泥棒は、警備の厳しいところには入らない。強いやつは絡まれない。
 
そして、厳重な経費をする家が悪いわけではない。
 
あくまで、悪いのは「泥棒」なのだ。他所の敷地に攻め入ろうとするやつが悪い。
 
違うというなら、ドアを開けっぱなしにして、お金を見えるところにおいておけ。この世に警察がいなけりゃどうなるか考えてみろよ。銀行にアルソックがいなければどうなるか。
 
・・・
 
まあ、何にしても、今回は岸田さんよくやった、と言いたいね。
 
私は極右だけど、戦争礼賛ではない。はばかりながら、お金のある人は戦争起こらない方がいいからさ。
 
平和が続いてほしい。
 
そのためにこそ、武力が必要。
 
力があってこそ、対話は可能になる。力を均衡させ、対等に話ができるようにして、戦争が起こらないように外交してほしい。
 
あ、余談だけど、武力強化に反対する人って、戦争賛成ってことなんだよねー。


2023年1月11日水曜日

NO.1301 仕事の選び方

 先日、「日本人は働かなきゃ」という記事を書いたら、

ある経営者さん(めちゃんこ優秀。名前言えば皆知ってる人)から「内容よかったので社員皆に読ませたよ」と教えてくれました。
 
嬉しいねえ。
 
それとは別に、逆の意見も。
 
ある人(多分どこかのエンプロイーさん)から「あなたは会社を経営してるから『働け』というのだろう。自分が儲かるから」とも言われました。そりゃそう思うわな。わかる。
 
というわけで、少し補足してみようかな(ウチの若い子らにもいつも言ってることだよ)。
 
・・・
 
まず大前提として、私は今引退おじさんなので、従業員なんていません。
 
私の直属の部下は、数人の秘書だけです。彼らが私のお世話をしてくれてます(私は彼ら秘書室の連中がいないと生きていけません)。
 
だから、べつだん誰かに「働け」という必要もありません。
 
なのでお門違い。
 
・・・
 
直属の部下はほぼ存在しませんが、もちろんグループのスタッフたちはおりますし、その彼らを統べる社長たちは存在しております。
 
彼らにはいちいち「働け」という必要もありません。たまには休んだらー?と私が心配して言うくらいです。私の口癖は「飯いこー」「海外いこー」です。
 
・・・
 
さて、本題に戻りましょう。
 
私は「働いた方が得」だと思っています。
 
いま現在の給料がどう、とかではなく、将来の自分自身のために。
 
私が儲けたいからこういう記事を書いてるのではないことは、既に説明済みですね。 
 
で、なぜ自分自身のためなのか?を説明させてください。
 
・・・
 
私は拙著「敗者復活力(買ってくれたら嬉しいな)」にも書いたのですが、若い頃、全く働かない阿呆でした。
 
中卒、元プロキックボクサー崩れ、12種類の職を転々としたまあ、控えめに言ってろくでなし。   
 
深夜喫茶のウエイターや、S川急便ですら就職を断られた(これなかなか聞かないっすよ)経験があります。職場の物を盗みそうな顔をしてたのかも知れません。
 
そんな若い衆でした。
 
それが、なんの因果か、年間50億企業を作り、10年以上連続年収一億二千万を超え、多分生涯で1000億円くらいは売り上げると思います。今はホールディングカンパニーを二代目に渡して、引退してます。(今はそこまで給料もらってないよ。引退ジジイだからね)
 
・・・
 
これ、なんでそうなったか?
 
ちょっとしたきっかけで、仕事を一生懸命するようになったから。それだけです。
 
別に特別なことをしたわけではありません。
 
・・・
 
ただ、一時期、非常なほど仕事をしました。質、量共に、チャンピオン目指すボクサー以上に。
 
私だけでなく、仲間も同じように仕事をしました。24時間、仕事のことを考え、どうすればうまくいくかを話し合い、工夫し、最大の努力をしました。
 
(仲間と師匠にはものすごく恵まれました)
 
当時の私と仲間は「趣味=仕事」「特技=仕事」「生まれ変わってもやりたいこと=仕事」「休日に何する?=仕事」でした。
 
夜も寝ずに(全く寝ないわけではないけど)、休まずに。事務所に寝袋を持ってくる仲間もいました(風呂入れよ)。大晦日の鐘の音は仕事中に聴きました。
 
あの頃のハードワークが、いまの自分たちを作ったと思っています。
 
・・・
 
余談ですが、「そんな好きになれる仕事を見つけてラッキーですね」と言われることがあります。違います。好きな仕事をするのではありません。仕事がうまくいくと、得意になるので「好きになる」のです。
   
「好きだからやる」のではなく「やるから好きになる」のです。
 
・・・
 
話を戻します。誰でも同じだけやれば、50億の企業ができるとは言いません。もっと上も下もあるでしょう。
 
また、私が生まれ変わったとして、もう一度同じ努力をしたとしても、同じ結果が出るとは思いません。
 
ただ、もしあの頃の努力がなかったら?
 
今は絶対ない。それだけは言えます。
 
・・・
 
あの頃、死に物狂いで仕事して、よかったなあ、と心から思います。私も仲間の社長も同じでしょう。
 
ちなみに、昔、学校の教師は、生徒みんなの前で私に「お前は社会の寄生虫にしかならない」と(本当に)そう言いました。
 
ひどいこと言うなあ、と思いますが、こういう時に話のタネにできるのでよかったです。
 
ちなみに、その先生が一生かけて払う税金を、私は毎年払っています。
 
少しは胸を張れるかもしれませんね。
 
・・・
 
 
戻ります。
 
いまの若い子が仕事を探すポイントは「職場が近いか?」「給与は?」「手当があるか?」「休暇があるか?」だと聞きます。
 
わからなくはありません。
 
私も過去、「仕事は自分の時間を切り売りするもの」「就業時間中は我慢の時間」と思っていましたから。
 
・・・
 
でもそれは、非常にもったいない考え方です。
 
たまたまうまく行っただけの私からのアドバイスがあるとしたら、、、
 
「身になる仕事を探せ」です。
 
営業とかでもいいでしょう。技術職もいいですね。手に職をつける、と考えてもいいかもしれません。頭か身体に積み上がっていくもの。どこに行っても雇ってくれる、どこに行っても食える。それが後に自分を助けます。
 
・・・
 
若い時期に必要なこと。それは生きるための糧を得ることのできるスキルを学べる仕事を探し、身につけることです。
 
スキルを学び、向上させるための、言わばトレーニングとしての仕事をするのです。
 
ハードワークすべきです。誰にも負けないチャンピオンになるための、ハードなトレーニングを自分に課すのです。
 
そうして「あなたの価値」を上げましょう。そうすればあなたの値段は上がり、のちの人生に大きく影響してくるのです。  
 
・・・
 
できればハードワークは若い時期にした方がいいです(もしお若くなくても、常に今この時だけが分岐点)。
 
たとえばいまの私が同じことをやったら、間違いなく神に召されますから。
 
しかも、仕事のトレーニングを、給料もらいながらできるのです。こんないいことはありません。
 
・・・
 
もしあの頃の私が「時間切り売り・1日8時間週5日」でイヤイヤ仕事をやっていたら?
  
今頃、私が今もらってる月の給料より、低い年収で生活していたでしょう。年収一億二千万?いや時給いくらの計算をしていたでしょう。
 
休暇?私はその気になれば一年で365日までは休むことが可能です(うるう年除く)。
 
どっちがよいかな?
 
・・・
 
いまの手取りが一万二万多い?少ない?家から近い?休暇があるない?
 
そんなことに気をとらわれていてはいけません。
 
それよりも、自分の値打ちを上げるトレーニングの場として、後々自分が食えるスキルを身につけられる職場かどうか?
 
今の「ほんのちょっとの楽」と、将来の「大きな得」とどちらが良いか?
 
今の十万円と将来の一億円。
 
お金に困らず、時間を自由に使え、将来の不安のない生活。それを手に入れられるのは、若いうちのトレーニングなのです。
 
そう考えて仕事の種類や取り組み方を選ぶと、概ね間違いない、と引退ジジイは思うのでありますよ。