2019年11月2日土曜日

ビルダーズ総会直前 No.0971

日本ビルダーズの総会が迫ってきたよ。11/6に行います。興味のあるかた、ぜひ見にきてね。

で、うちの木越が少しお話しするのですが、ちょっとここでネタバラシというか、、、


少し現地でセールスさせていただきますので、そのお話を。


・・・


「なんじゃ、やっぱりセールスするのか!やっぱりタダより高いものはないな!」と思われる方もおられるかもです。


はい、タダより高いものはありません。でも、タダより安いものもまたありません。


少し説明させてください。


・・・


今回、木越の出演料の話になった時、私はこう言いました。


「出演料は一切必要ないし、電車代すら自分達で持ちます。配るノベルティも自分らで出します。(ウチで出してる漫画の単行本を人数分配る)その代わり、コンサルを三社だけ受付させてください」


というものです。


・・・


なので、ビルダーズの名誉のために言いますと、ビルダーズには一銭も入りません。(他になんか売るかは知りません)


ウチは、ウチの連中の指導力アップのためだけの、コンサル受付を会場でさせてもらう許可をもらっただけです。


(しかも三社のみ。それ以上は現役の仕事に差し障ります)


・・・


んで、何をコンサルするかというと、こんな感じです。会場で説明する前に少しお話ししちゃいます。同業者の方、ご参考になれば。


1、会社診断を行います

徹底的にヒヤリングし、その会社さんの強み、弱みを見つけます。この分野において、私は間違いなく業界トップです。で、どこをどうすれば良いか?を徹底的に考察します。決算書は、見なくて構いません。含み損がどうこうではなく、現状を上げることだけが目的だからです。(決算書は抵抗がある方が見えるので一応書いた)これを定期的に繰り返し、身体を治すように、会社の体質を直していきます。私と、本社社長の小林がこれにあたります。


2、営業をアップさせます

会社の強み弱みがどうであれ、営業をアップさせます。年間に一棟の受注が増えれば、その利益だけでウチの指導料なんてチャラですから。元が取れます。一棟の売り上げではなく、利益だけで、です。そして、ここを上げれば、ほとんどの会社さんの収益は格段にアップします。これは、現役の木越が、直接触れ合いながら教えます。勝手に上がります。


3、原価のダウン

原価を、当グループの値段と比べ、下げます。これだけでも、元は取れます。そして、この抑えた原価をどう守るか?も直接、久保のナンバーツー、木村が行います。必要な場合は、御社に伺って、監督さん達を指導します。


4、新商品の提供
この先の厳しい現実を乗り切るため、当グループも、新商品を開発しています。エアコン一台で、夏涼しく、冬暖かい家を、据え置き価格で販売します。その商品、方法、ミソ、原価、営業のトークスクリプトまで全て提供します。参加された方はそのまま使えば、次の日から販売が可能です。寺田の秘蔵っ子、佐藤が指導を行います。


5、キリがないので、総則ですが、税務、法務においても、当グループの顧問に相談が可能です。また、こういった経営全般において、寺田が指導致します。


・・・


コンサル受付は3社のみなので、あまりに数が少ないということで、「1の診断」とのみ、一切無料で、10社を受付をさせていただくつもりです。


繰り返しますが、一切無料で、ステップ1の、診断をさせていただきます。


(診断もしくは、こういうのどうしたらいい?というご相談にお答えします。最適なアドバイスをさせていただきます。なお、お申込みが10社を超えた場合は抽選にさせていただきます)


・・・


無料診断をされたからといって、コンサルを受けなければならないというわけではありません。


診断は名古屋のJPタワーのSHG本部で行います。(日程は互いに擦り合わせます)


あなた様に必要なのは名古屋までの交通費だけです。


基本的に火曜日に行いますが、火曜日は毎週社内セミナーや、営業会議をしておりますので、それを見られるだけでも、交通費の価値はあると思います。


・・・


ということで、一切無料の診断、会場でお受付致しますので、興味あられる方はお申込みください。


というわけで、今日はセールスのお話でした〜


会場でもなんかサプライズできるといいなあ、ないかもなあ。


・・・


あ、コンサル実績だよ。会場ではもう少し詳しく説明するよ。


A社さん
年間12棟から四年(スタッフ同数)で70棟へ(現在も継続中、コンサル開始後累計709棟)


B社さん
年間20棟から5年で50棟へ(スタッフ同数)現在も継続中、コンサル開始後累計325棟


C社さん
年間15棟から33棟へ(一年)
異業種から来た未経験営業を年間15棟受注の営業マンに(木越指導)


だよーん。


・・・


あ、コンサルを受けさせていただいた場合、売り上げ2億円増えなきゃお金返すからねー


うーんやっぱ1億円増えなきゃ、に変えとこかなー


写真はなんだっけかなービルダーズかなー違うかなー

2019年10月31日木曜日

ハロウィン No.0970

ハロウィンだね。まあ、私たちが小さい頃はハロウィンなんで誰も言わなかった。

今は仮装大会になっていて、本来のトリックアンドトリートとは違う「日本式ハロウィン」になっちゃってる気がするね。


で、それはアカンのか?
というと、そうは思わない。


浮かれて、みんなでワイワイやればいいんだよ。日本は沈みすぎだからね。


・・・


若いガキンチョが暴走して車をひっくり返したりするのは良くない。そんなのはちゃんと捕まえればいいだけ。


昔から、お祭りとケンカはつきものだから、フツーに取り締まればいい。


・・・


渋谷区が、ハロウィン取り締まりに1億使うらしい。まあ、1億円必要かどうかは知らんが、その分、ガキたちから金取ればいい(使わせる工夫をすればいい)。


どこかの知識人が、そんな金あるんなら被災地に、とか言ってたらしいけど、お門違い。


ハロウィンを日本で盛り上げることで実際かなりな収入があるはず(渋谷区だけでも、かなりお金が動くと思う)。


だから、どんどん盛り上げて、税収をふやし、それで被災地を助けた方が、効率がいいよ。


批判ばかりして、あれもダメ、これもダメってどんどんスケールが小さくなっていくから、日本は貧民国に成り下がってきたんだよ。


なんでも批判するんじゃなく、もうひとつスケール大きく考えてほしい。


・・・


ちなみに、基本私はハロウィンであれなんであれ、人の多いところは好きではないので、あまり行かないの。


でも、今年はプロのダンサーやってる友人に渋谷のクラブに連れていかれて(ちょっと前だよ)、ハロウィンイベント(?)にいってきたの。すごく面白かったよ。


クラブみたいなところで、ステージではハードロックもやっていてさ、みんな盛り上がってた。


で、その友人が、ステージに引っ張りあげられて、踊り出したんだけど(みんながプロって知ってるから)、やはり視線釘付けになるね。


軽く踊り出した瞬間、オーラが変わるんだ。光出す、と言っていい。


・・・


プロ技術というものは素晴らしい。


例えば、プロのボクサーが、スッとファイティングポーズをとっただけで、オーラって変わるんだ。


取り巻く空気が一瞬にして変わるのよ。


それまでの蓄積してきたモノが、垣間見えるからなんだよね。


・・・


ちなみに、英語で「タレント」というと「才能、素質、技量」のことを言う。


私はこのタレントという意味が好きなんだ。


培ってきた技量、そして、人を凌駕する才能、素質。


男女に関わらず、そういうものを持っている人が好きなんだよね。


例えば、平先生も「タレント」を持っている。人並み外れた素質と、それを磨き上げてきた技量。


プロボクサーたちもそう。彼らが練り上げてきた技量に、とてつもなく魅力を感じるよ。


・・・


ウチは「才」を持つ人間が集まってる。


私がタレント、いわば「才」が好きなので、そういう仲間が集まってくるのかもしれない。


人たらしの小林、久保、客観視とバランス感覚に優れた寺田、彼らは皆そのジャンルで日本一になってる。また、全てオールマイティにこなせる増田、ひねらずすぐに行動できる一尾、スケール感のある木越、統率に優れた船川など。


私のみならず、ウチの連中たちはみな、才能や素質を磨いて技量を上げていく行為自体が好きなのかもしれない。


おかげで、とても助かってる。


・・・


人生は一度きり。


自分にどんな才能や素質があるか、自分自身ではなかなかわからないもの。


しかし、それを磨き上げていくことで、技量が増えていく。今まで知らなかった才能にも気づいたりする。


そんな風に、人生を送っていきたいものだね。


・・・


「せっかくのハロウィンなら浮かれちまおうよ」ってことを書きたかったのだけど、なんかズレてった。


まあそれはそれでいいよね。


本当のハロウィンが今日かな?みなさん、浮かれてお金使って、日本にお金を回しましょうね。


2019年10月25日金曜日

確実に成長する方法 No.0969

《絶対に、簡単に、確実に成長する方法》

まあ、やけに大げさなタイトルだけど、間違いなく、絶対に、しかも、自分が意識しなくても、、、

自分が目指すそのジャンルで、確実に成長する方法があるの。


今日はそこに行こうかな。


・・・


この方法は、スポーツにおいて特に顕著でわかりやすく、目に見えて結果がわかる。例を上げるに枚挙に暇がない。


ひとことで言うよ。


環境を選ぶの。


言い換えようかな?
強いやつと過ごすのよ。


・・・


例えば、ボクシングでいうと、帝拳ジムというジムがある。ここは世界チャンピオン製造工場と言っていい。


たしかに、素質としても強い人が集まるんだけど、それよりも、「普通の人でも」世界チャンピオンたちと毎日練習することで、勝手に強くなるのよ。


・・・


理由は二つある。


ひとつが、やはり、練習方法や、ノウハウ的なもの。


こうやってパンチを打つと、いいんだよとか、こういう技があるよ、という方法、ノウハウのレベルが違う。


一人でどれだけ調べてもわからないことが、先輩に一言聞いただけで解決するんだ。


・・・


もうひとつは、意識の問題。


勝って当たり前、倒して当たり前、チャンピオンになって当たり前、という「意識」に自分も染まるのよ。


そうすることで、内面が変わって、自信が出て、、、


実際に、勝てるようになるんだ。


・・・


ゴルフで例えてみようか。


ゴルフをやってる人で、70台で回ってくる人って、全体の何%かしら。


ゴルフ人口の1%以下じゃないのかな?つまり、ほとんどのゴルファーが、生涯一度も70台で回れなかったりする。


さて、これが、大学のゴルフ部だと?多分、一年も経たないうちに、70台で回ってくるようになるんだ。


・・・


かたや、仕事が終わって毎日打ちっ放しに通い、ものすごいお金と時間をかけて、生涯一度もなし得ないことを、、、


環境を変えただけで、いともたやすく叶えてしまう。


ホントに、そういうもんなんだ。


・・・


ゴルフは特に自己流が難しい。正しいスイング理論と、、、そして何より、メンタル。


特にこの「メンタル」、意識というものが大きく影響してくる。


だから、顕著に表れるんだ。


・・・


さて、ここで手前ミソ。


前回の動画でお話ししたように(見てなかったら見てね。四分だけだよ)、ウチの営業連中が「一人当たり平均値15.67棟/年間」を叩き出せるのは、この「環境」がいいからなんだ。


日本チャンピオンがたくさんいるジムと同じだからね。意識が勝手に上がる。


・・・


例えば、ウチの場合は、コンサルを(特に営業)する際、何も変わったことはしなくていい。


まず、コンサル先の営業マンを一週間預かる。


ウチの営業たちと、一週間いっしょに過ごさせるんだ。


これで、ほとんど、変わるよ。


・・・


その後、月一回、ウチの合同営業会議に出てもらう。


これだけ。


これだけで、前職で年間数棟しか受注できなかった営業マンが、20棟バッターに早変わりする。


実際に、なってしまう。


自信がつくんだね。
オーラ、全く変わっちゃうよ。


・・・


まあ、今度の総会で、三社だけコンサルを新たに募集させていただくので、はっきり言って、今日の記事は宣伝だよ。


でも、ホントに真実であり、間違いなくこういう法則なんだ。 


・・・ 


平先生の直弟子グループとか、川島塾とか、絶対効果あるさ。


成功してる連中とともに過ごすんだもん。勝手に引っ張られるのよ。


同じジャンルが一番効果的なのは、間違い無いけどね。


・・・ 


というわけで、宣伝はさせてもらったけど、ウチのコンサルに来なくても「強い人」といっしょに過ごすことで、手に入るからね。


同じジャンルの、チャンピオンと過ごそう。同じ空気を吸おう。


勝手に、、、その人のオーラが、伝染するから。


・・・ 


逆にいうと、不良と付き合うと染まっていったりするよね。あれの反対だね。


環境を変えよう。最高の環境に触れてみよう。そうすると、人生が変わるよ。


・・・


写真は元世界チャンピオンと元東洋太平洋チャンピオン。


佐々木さんの紹介で、比嘉大吾選手の復帰お祝いをさせていただいた。この2人も、やはり環境の良いところで鍛えたからこそ今がある。 


比嘉選手、復帰戦頑張れ〜

2019年10月22日火曜日

木越メソッド No.0968

今度の11月6日に日本ビルダーズの総会があるのよね。

で、今回は、ウチの木越が出ます。


木越は、現在、年間の受注棟数が34棟なんだけど、その秘密を話してくれないか?と平先生に頼まれたのよ。


・・・


私は、基本的にはウチの連中のセミナー活動やコンサル活動を制限してる。


なぜか?


私は「最強は現役」と考えていて、現役を離れると、理論や内容は錆びついて行く、と考える1人なの。


強ければ現役で戦え、という感じかな。


なので、基本的にはお断りをしてる。


・・・


ただ、木越は10年前に平先生から預かった若い衆なので、やはり恩返しとともに、晴れ姿を見せたいな、とも思いました。


なので、今回のみ、お受けすることにしたのです。


・・・


それに、実際のところ、人前で話すことや、誰かに指導することは、それも成長の糧になるしね。


これからウチのグループを背負って立つ若い衆に、そのような経験を積ませることもまた、よかろう、と。


・・・


というわけで、総会で少しお話しさせてもらうよ。


木越メソッドで、ウチの平均値も上がった。営業マンの上から下まで、ぜーんぶ足して人数で割って、掛け値無し、天ぷら無しで、、、


15.67棟/営業マン一人当たりの年間受注棟数


なんだ。多分、少人数のところ以外では、ほぼ日本一じゃないかな?と思ってるよ。


・・・


詳しくは下の動画を見てね。んで、良かったら見に来てね。この講演の出演料は一切もらってないの。


その代わりに、これまた木越たちの経験のために、限定三社だけ、コンサルをお受けさせてほしい、とお願いしてる。


それも会場で話すよ。


・・・


では、動画見てね。

添付のは写真だから押しても見れないよ。リンクはここからだよ。


2019年10月19日土曜日

川崎の九龍城 No.0967

友人の谷口さんも住んでいた、香港の魔窟、九龍城砦に来ましたよ。


すでにバックパッカーに汚染されて、骨抜きになったチョンキンマンションとはやはり一線を画すね。 


(だいたい、バックパッカーとか、あいつらウロウロすると、すぐ観光地になってしまって、面白みがなくなる)


殺人街と呼ばれたマラボン、クロントイのスラム、トンドやプノンペンのスモーキーマウンテンも行ったけど、九龍城砦にはロマンがあるね。


11月17日までなら見れるよ!みんな川崎にゴー!