2019年1月11日金曜日

祝 平先生還暦

今日は平先生の誕生日。実は、それに加えて、還暦の日でもあるんだよ。

誕生日は毎年来るけど、還暦のお祝いは一回だけだからねえ。

で、やはり、経営者としては、還暦は一つの節目でもあるの。


・・・


長く経営してきて、しかも60歳といえば、ひとつの「結果を問われる年齢」でもあるわけ。


だから、従業員たちは、社長の還暦に、ある程度のお祝いをするのが財界では当たり前のこと。


「うちの社長に恥をかかせるな」というものだね。


言い換えれば、この還暦のチャンスに「社長に対して自分たちがどう考えてるか?」を見てもらえる機会でもある。


・・・


私は言うまでもなく、世間の多くの人が平先生に人生を変えてもらいました。


その会員さん(?以下、お弟子さんたち)が集まって、平先生の還暦のお祝いをします。


お誕生日は、本当は今日なのですが、その日は大切な人とゆっくり過ごしていただけば、と、日にちを少しズラして、行うことにしました。


1月23日。東京ベイコート倶楽部にて、弟子たち一同の気持ちを込めて、平先生のお祝いを行います。


・・・


なぜこのような記事を書いているかというと、まだご存知ない方がお見えになることが判明したからです。


元より、このイベントは半年前から予定をしていたので、これまで、主だった方々(ネット系RN、住宅系ビルターズから)にはお声がけはしたつもりでおりました。


不行き届きで申し訳ありません。


ですので「知らなかった!でも行きたい」という方がお見えになれば、わずかですが、スタッフ席を交換いたしますので、ご連絡いただければと思います。


・・・


パーティーの概要はこんな感じです。


・期日は今年の1月23日
AM11:30〜14:30

・東京ベイコート倶楽部の、一番広いホールを使います。なお、参加者は(別途有料ですが)ベイコート倶楽部の宿泊が可能です。

・参加者はスタッフ含め約120名(会場マックス)。このうちの、スタッフ席を少しお譲りします。

・総予算は1000万円。会費と、有志たちの寄付で、現在すでに、これだけの金額が集まりました。すげー

・ご来賓は、ここでは書けませんが、普段このような席には絶対に出ない方々が来られます。必ず驚かれると思います。あ〜、言いたい、言いたい。

・また、ゲストも、秘密。

・参加者として、ネット系で言えば七星さんをはじめ、伊勢さん村上さん、神崎さんなど、今をときめく高弟たちは全て来られます。

・住宅系では安倍さん森下さんをはじめとして、全国で地域トップの人たちが来られます。

・あとは、いくつかサプライズがありますが、来てのお楽しみ。

・会費は一律3万円です。もちろん、私や、多額の寄付をされた方、また、準備を手伝ったスタッフも、寄付とは別に全員が支払っています。


(すでに席次表の印刷は終了しているため、お名前を載せることはできません。この点のみご容赦ください)


・・・


ひょっとして、

「俺んとこにまだ連絡きてない!」「知らなかった」

と思われる方、是非ご連絡くださいませ。


その際のお申し込み、ご相談はコメント欄でなく、私のFBのDMに直接いただければと思います。


すでに、会場は満席です。


ですが、スタッフ席から、3名分ほど、お席を回させていただくよう、ご準備をすることが可能です。


・・・


尚、参加資格は「何らかの形で平先生にお世話になった方」のみです。先生の本を読んで人生が変わった、ネットのレポートを読んでとても助かった、でも構いません。


お祝いをするお気持ちを持たれた方であれば、他は問いません。


・・・


人間の価値というのは、誰でも平等で、差などない、とモノの本でもよくいわれます。


しかし「他人をどれだけ多く幸せにしたか?」というものは間違いなく、人間の価値として意味のあるものです。


平先生は、多くの人間の人生に影響を与え、多くの人を幸せにしてきました。私もその一人であり、そして、他の人たちが同じく感謝の思いを持っています。


それは、平先生の生きてきた人生の結果、言わば生き様の形であり、先生の人間としての価値を証明するものだと思います。


「平先生がどれだけの人間から慕われているか?」それを見にきてください。そして、一緒にお祝いしましょう。


あなた様に、ご連絡が遅れたことをお詫び申し上げます。失礼いたしました。


廣田康之


・・・


追伸


実を言うと、平先生は、このような催しがハッキリ言ってとても嫌いです。すごい照れ屋さんで、このように人から祝われるのは、好きではないことも、私を含め、もちろん高弟みんなが知っています。


なので、


「こういうのは、私たち、弟子のために行うものですから、1日だけ、どうか我慢なされてください。

お嫌いなのはじゅうじゅう分かっておりますが、私たちのために。私たちの顔を立ててください」

と平先生にはお願いしました。


でないと、私たち、何かの恩返しするときなんて、ないもんね。私を含めた弟子たちのためにこそ、このお祝いは行います。


では、「俺まだ聞いてなかったよ」と思われる方、ご連絡お待ちしております。

2019年1月4日金曜日

メイウェザー天心戦2

くどいようなんだけど、メイと天心パート2。今度は短くするよ。

なんかヤフーの記事みてたらさ、200年に一人の天才だったか、変態だったかの元ボクサーの記事があって、ボロカス言ってた。


ザマアミロ、ボクシングをなめるな、キックなんて見世物、見世物とボクシングは違う、ボクシングに敵うわけがない、メイは遊んでただけ、天心なんて全然ダメ、みたいな。


ど素人がアンチをいうなら許せる。しかし、プロが言うのはアカン。


ヤフーの記事にコメント出来たらそこでいうんだけど、出来ないからここで反論したい。


・・・


まず、今回の試合の不公平さ。これは前の記事で書いたのだけど、考えてみ?


メイと天心の試合、逆に返せば、階級差6は、メイから見たらヘビー級、クルーザー級とやるようなもんだよ?


ピーターアーツやアリスターと、キックルールでやってみな?クルーザーならロブカーマンでもいい。


どうなるか?語るまでもない。


・・・


かてて加えていうと、ボクシングの攻撃は、キックのルール内にすべて収まる。一応、メイは全て持ってる攻撃は可能。


逆に天心の場合は違う。


パンチ、キック、ヒジ、ヒザ、その中で、パンチしかできないんだぜ?4分の1なんだよ。多く見積もっても、3分の1。(ヒジはあまり上手くないからね)


これ、言ってみれば、極真ルール(顔面パンチなし)で、フランシスコフイリョとメイがやるようなもんだよ。


メイウェザーは、素手でボディしか叩けない。


そして、フイリョの、バット5本をまとめて叩き折るローキック、たったの一発で試合は終わるって。多分、折れると思う。


それをみて、「メイウェザーなんて弱いぜ」と言ってるのと同じだよ。


・・・


誤解なきように言うけど、ボクシングとメイウェザーを低く言うつもりは全くない。


メイはすでに芸術品。人間の持つ能力、そしてそれを磨きこんだ、言わば人間の到達する究極の姿だよ。


そして、ボクシングは格闘技の中で最もレベルが高く、優れたもののひとつ。


競技の強さの要素は三つ。ルール、レベル、歴史。あらゆるスポーツの中で最も長い歴史の中で磨かれてきたから、ボクシングの技術、科学は、他の追随を許さない。その緻密さも。


ビッグマネーが動くから、レベルも高い。


ルールは限定的だから異種格闘技戦は不利だけど、格闘技界で最も地位が高いのはボクシングだよ。


また、ボクシングを外して、格闘技は成り立たない。まず、手で殴るのが先だもん。UFCでも、テイクダウンをかわせるボクシング強者が一番強い。


(それこそ、キックやUFCのヘビーとやるとして、タイソンならパンチだけでも勝つかもしれない。少なくとも、防御だけでも覚えたら無敵だろう)


・・・


だから、いちいち他の競技を揶揄する必要なんて本来全くない。


それが、素人ならともかく、ある程度やってた人間が言うのは、どうも許せないんだ。


どんな競技も、人生をかけて一生懸命やってる。みな、金のためにやってない(特に日本人)。強くなりたい、自分を高みに持っていきたい、と人生をかけて毎日苦しいトレーニングをする。


それをわかっているはずなのに、他競技だからと、よく馬鹿にしたもんだよ。


キックは見世物だって?よくそんなこと言えるな。公共の紙面で。大人として恥ずかしいと思わないのかよ。


200年に一人の変態か何か知らんけど、寂しいやつだぜ。チ○コでも握って寝てろや。


・・・


私の知ってるボクサーは、他競技のことを悪くなんて言わない。かたや、その時の記事ランキング一位になった木村さんの記事は、ちゃんと選手たちをリスペクトして書いてる。佐々木さんもそう。どちらの選手の苦しさ、辛さも知ってるもん。


ボクシングの技術は、当然ボクサーの方が上。蹴りのあるなしで違うからね。でも、バカにするのは違う。


ボクシングでも、キックでも、総合でも、みんな、命削ってやってるんだ。そのこと自体をリスペクトするべきだよ。勝った時の嬉しさ、負けた時の辛さ。いろんな同じ気持ちを経験してきたはずじゃん。


・・・


ということで、少し感情的に書いてしまった。努力をしたこともない、アンチファンが言うのはまだ許せる。「ああ、死に物狂いで何かをやったことない人間なんだな、まあ、しゃあないな」と思える。


でも、プロでやってた人間はそんなこと言っちゃダメだよ。


さっきの話、メイに「極真ルールでフイリョとやってくれ。契約体重はヘビー級で」と言ったら、受けるか?を考えて欲しい。


天心はそれを受けたんだぜ?


それはとてつもなく高い山へのチャレンジなんだ。そこを称えず、何を見てるんだ?ってとこだよ。


・・・


追伸になるけど、メイは、決して遊んでないよ。


あの条件を作り上げた時点で、すでに、メイの勝ち。それを全身全霊で取りに来たんだもん。一切の妥協なしに。どこが遊びだよ。試合前から必死に本気で戦ったのは、メイの方じゃん。必死じゃないなら、公平なルールにしろよ。


試合当日ですら、遅れてきてハラハラさせたり、バンテージ巻き直させたり、天心のペース乱すために必死のパッチで頑張ってたんだ。


最も勝利に貪欲だったのはメイだぜ。それが強さでもあるけどね。遊びじゃねーって。


・・・


結局長くなってしまった。ごめんなさい

2019年1月2日水曜日

メイウェザー天心戦

《メチャ長い。メイウェザー天心戦》

メイと天心終わったね。ボクシングルールなら、触れることすらできないだろう、と予想していたけど、まあそらそうやわな。

友人知人から、「おかしくない?なんであんなこと(試合、ルール)になったの?」とよく聞かれる。ライジンに聞いてよ、という感じなんだけど、ちょっと解説してみよう。


・・・


ボクシングデビューの20歳と、5階級制覇の世界史上最高のスーパーチャンピオン。しかも、実際の体格はジュニアフェザー級対スーパーウエルター級。ジュニア入れて6階級差だよ。

(テレビで四キロ差とか言ってたけと、あれは計量時の体重。実際の体格差は12キロ以上。それと、メイウェザー、ホントに計量うけたのか?なぜそのシーンを非公開にした?)


それで、そのスーパーチャンピオン側の一方的な条件を飲んだ。それがおかしいと。逆じゃないの?なんで格下が全て歩み寄らなきゃなんないの?というもの。


・・・


その前に、賛否両論あるけれど、まあ、よく頑張ったじゃん。


勝ち負けは元々論外、触れるか?本気にさせれるか?を問うていた試合。(絶対勝ちます、は必ず誰でも言うからね)


その観点からいくと、十分だろうよ。メイが本気になったかどうかは別として、倒しには来た。


そして、倒されても、前に出た。一度グラブを合わせた状態で、これはどうしようもない、とわかったはず。でも、前に出た。逃げなかった。


なので、大成功ですよ、天心。


・・・


ここからが本題。


非難の一番大きなものに、「この試合を組むべきだったのか?」がある。


組まないほうがよかった、と言うのは簡単。では、なぜそうなったのか?を主催者側に立って考えてみたい。


こういう話、主催者は言えないから、代わりに言う。想像も入ってるから、事実と合ってるかどうか、責任は持てない。


・・・


さて、まず、この試合のきっかけ。最初メイから打診があったそうだが、それはどうでもいい。多分「ライジンと何かやれたらいいね」くらいのものだったのだろう。


でも、ライジンは食いついた。何故なら?メイを呼べるなんて、考えられないことだから。


折しも、ライジンの視聴率低迷で「10%取れなきゃ地上波終了」的な状況だったらしい。なので、本来は年末に行おうと思っていた堀口天心戦を9月に早倒しした。


そんな中の、メイウェザー。これに飛びつくのは至極当然だった。


そんな背景がある。


・・・


よく、「受けた天心側も悪い」的な意見も多い。勝てるわけがない、ナンセンスだと。


しかし、受けた当初は、ルールは決まっていなかった。キックボクサーとやるのだから、当然ミックスはあり得る、と主催者側も考えていた。


ボクシング初心者と、歴史上ナンバーワンのボクサーと、しかも6階級体重が上で、多少は譲歩してくれるだろう、と。


で、受けた、という次第がある。これは決しておかしくない。


キックありなら勝てるか?はわからない。しかし、内容と可能性は確実に変わる。


・・・


天心側から見たら、とにかく格闘技を盛り上げたい。そのために自分が犠牲になり、礎になる覚悟は持っている。


しかも、相手はメイウェザー。やれるだけでも光栄。これは、誰でも受ける。仮に堀口にオファーが来ても受けただろう。


堀口天心戦でもわかるように、今の選手たちは、自分の勝ち負けよりも、格闘技界全体のために頑張ってる。


・・・


次に、メイはいつもの揺さぶりをかけて来た。「俺は試合って言ってない」的な。これはいつもの同じ手。自分を有利に持っていこうとすることに長けている。ここから勝負は始まってるんだ。武田信玄の「戦う前に勝て」だよね。


で、ライジン側は「とにかく実現することのみが目的」になった。


なので、この後、メイウェザーからの一方的な交渉を通さざるを得なくなった。


・・・


その結果、あまりに一方的なルール、条件になった。一切蹴りなしのボクシングルール、体重はメイに合わせ、グローブハンデもなし。


一番最初からこの条件だったら?ひょっとしたらジム側は受けなかったかもしれない。冗談じゃねえよ、ってとこだろう。


しかし、実現に向けて一生懸命努力してる主催者を見たら、途中からやめるという選択肢は無かったろう。


・・・


改めて考えてみよう。


かたや世界史上最高のボクサー。5階級制覇、一度の試合で330億円を稼ぐ選手。


かたや、20歳の、キックボクサー。そして、プロアマ通じてボクシングデビュー戦の選手。


体重は、馬鹿げた(ジュニア挟んで)6階級差。しかも、逆ならともかく、デビュー戦の選手が6階級小さい。


その上、ボクシングルール、グラブハンデなし。(なぜか、グラブハンデを最終的に受け入れた。これ、計量時に超過してたからではないのか?と思ってしまう)


本来、試合にならないものを、さらにかけ離れたものにした。


これ、ラスベガスで賭けたら、オッズは千倍以上離れるだろう。


・・・


ではなぜ、最終的にもこれを受け入れ進めたのか?(受け入れ進めた時点で文句は言えない、との意見もあるだろうが、本人たちは文句言ってない。私が言ってるだけ)


これは、アレコレ言うとメイが試合をしない、という心配があった(事実、主催者へのリスペクトはなく、全て好き勝手やっていた)のと、


もうひとつは、、、


罪といえばこれが罪なんだけど、、、


天心なら何かやってくれるかも、という期待は確かにあった。


・・・


本来、勝ち負けなんぞ論外、という試合。勝てるわけがない。当の本人もセコンドも、分かりすぎるくらい分かっている。


(試合前の天心のSNS煽りコメント、あれは、試合前の選手ならみんな言うこと。まして、挑発しないと、メイが試合しないという心配もあった)


勝てるわけないにしても、いくつかのパンチを当ててくれて、3ラウンドのゴングを立ったまま聞く、というのが主催者の最高のシナリオだっただろう。


ただ、あそこまで一方的になるとは、というのが誤算だったと思う。メイが多少手加減するだろう、というのもあったはず。


多少なり本気にさせた天心が偉かったというところか。その意味では、当初の目的はちゃんと果たしたと言っていい。


(改めて、ボクシングの真のチャンピオンの技術も垣間見た。この辺りは佐々木選手が解説されてるので見てほしい)


・・・ 


こんなところが舞台裏ではないだろうか。


ボクシングルールなら触ることもできない、との予想どおりにしても、やはり結果には様々なものがつく。団体への批判もそのひとつ。


そして、今回の興行で、(視聴率にもよるが)ライジンの地上波は最後になる可能性も十分ある。


せっかく盛り上がって来た格闘技が下火になってほしくない。こんな時こそ、ファンたちの出番だと思う。


私たちが支えていかなきゃならない。


・・・


ちなみに、ヤフーニュースのコメントなどを見てると、アレだコレだ、アンチ的なコメントが多い。


しかし、コメントしてるということは、多少なり格闘技が好きなのだろう。


批判をするのも勝手だが、この先、地上波が去って、以前の氷河期に戻らないよう、できることなら選手たちを励ます、支える方向に変えて欲しい。


でないと、もう見れなくなってしまう。


・・・


アンチを語るのは簡単。しかし、また格闘技が下火になったら、そのアンチコメントすらもできなくなってしまう。


なので、応援してやって欲しい。それが、私たちファンのためでもあるんだ。


・・・


余談ながら今回の試合、興行主やジムオーナーが金のためにやった、なんてコメントあるけど、お門違い。


昔から、財界では、格闘技やると破産するって言われてんだよね。格闘技は儲かんないよ。


ライジンは、団体の生命をかけて、この試合を組んだ。その分、儲かるか?全くそんなことない。存続を賭けて、望んだんだ。だからこそ、メイのすべての条件を受け入れる他なかった。


・・・


何よりとんでもない条件を受けて、戦った、天心に、心から祝福を送りたい。


最後まで逃げずに前に出たよ。素晴らしい。K1の皇治がコメントしてた。


「誰がなんぬかそうが、相手のブっ飛んだ条件でド付き合った天心君はイケとるやん」


・・・


ライジンさん、お金をすっからかんにしてまで、この試合を実現させてくれてありがとう。


天心くん、選手生命を賭けて、考えられない格上からの、言いたい放題の条件を全て受け入れて、文句も言わず戦ってくれてありがとう。


しかも、その中で、終始前に出た。我々ファンは心から感謝します。


どうか、格闘技の火が消えませんよう。ファンの一員として、支えていきたいと思います。

2019年1月1日火曜日

2019年

あけましておめでとうございます!本年も何卒よろしくお願いいたします!

今年も靖国さんにはたくさんの方がお参りくださったよ!

年号が変わるこの年、今年も最高の一年にしていきましょーね!

2018年12月24日月曜日

サンタ大作戦

みんなからサンタの写真がどんどん送られてくるよ。

24日の夜は、自分たちも家族、彼氏彼女とクリスマスを過ごしたいだろうに。

みんな、ご苦労さま。

何もできないけど、せめて写真をシェアさせてくださいね。

みなさんに、スタッフたちに、山ほど良いことがありますように。

素敵な夜を。