2018年2月17日土曜日

サラリーマン

サラリーマンさんについてのコメントいただいたので、すこし書いてみよっかな。

個人事業主から見て、サラリーマンあがりの経営者を低く見る人がいるそうな。


確かに「サラリーマンやってる奴はバカだ」的な煽りマーケティング、よく見かけるよね。


そんなわけで、私の思う、サラリーマンについての考察。


・・・


まずですね、私の場合は、スポーツに例えることが多いのですよ。で、今回もそれで行くね。


私は格闘技のプロでした。


大した選手ではないんだけど、一応スポンサーもついてくれたし、職業だったと言っていいかと思います。


まあそんなわけで、

スポーツ選手だから、運動能力とか、凄そうでしょ?


でも、もし、私が野球やってたら、、、


多分、高校野球のレギュラーにもなれなかったんじゃないかな?


・・・


何が言いたいかというと、日本って、野球の競技人口ってすごいのよ。


次にサッカーだね。


これらで勝とうと思うと、やはり、人並外れた素質が必要。


でも、格闘技って、そこまで人口多くない。(もちろん、格闘家に超絶に運動神経が高い人もいるよ)


でも、例えば野球の松井とか、イチローとか、松坂とか。あの辺が最初から格闘技やってたら、、、


ものすごい選手になったと思う。


つまり、選手層の厚さは、上位においてそのレベルの高さを示すと言っていい。


千人のトップより、10万人のトップの方が、レベル高い(可能性がある)のは確かだと思う。


・・・


さて、日本のビジネスシーンで、最も選手層の高いフィールドは?


やっぱサラリーマンでしょ。


・・・


小さい頃から真面目に勉強し、受験戦争を勝ち残って、そして就職戦争を勝ち残り、一流企業に入る。


その勝ち残った勝者は、そりゃレベル高いって。


サラリーマン、恐るべしだよ。


・・・


私などは、経営者って威張ってるけど、サラリーマンになれなかった人間。


これは「俺はサラリーマンなんてアホらしくてやってられんわ」というのではなく、単に、雇ってもらえなかっただけ。


運良く、その後の人生がいい方に行っただけなんだもん。


・・・


日本は、サラリーマンが支えてる。日本のサラリーマンは世界最高だよ。この連中が優秀だったからこそ、日本はここまできたんだ。


決して侮れたもんじゃないよ。


・・・


余談になるけど、私たちの業界に、バリバリの一流企業のサラリーマンクラスの素質を持った人間が来たら、一世を風靡すること間違い無いと思うよ。


今の私たちは、強敵のいないところでブイブイ言ってるだけの、チンピラでしかないんだもん。


項羽のいないところで勝ち続けた韓信みたいなもんだよ。


・・・


当然ながら、一流企業のエリートサラリーマンだけが偉いんじゃないよ。


ひとつのところにきちんと勤めて、生涯働き続ける。これはとてもすごいこと。


今は「会社にしがみつくのはアホ」みたいな風潮があるけど、それこそアホというか、カスの意見。


とても尊いことだよ。


・・・


自分の勤めるところに誇りを持って、(仲間もいるだろうし、支えてくれる上の人も下の人もいるだろう)、一途に頑張っている人をバカにする権利など、どこの誰にもない。


転職というのはあくまで家族を巻き込むリスクを持った行動なんだ。私のように12種類転職するなんてのはただの無責任だよ。


・・・


ひとつの会社に勤めあげ、家族を大切にし、家なりを建て、子供を育て、次世代に残していく。


これは、本当の意味で、すごい事なんだ。一見普通に見えるかもしれないけど、本当に大変な努力がそこにある。誰にもバカにされる筋合いはない。


まごう事なき、人生の勝者だよ。


・・・


最後に、このことを書きたい。私のFBでいくつか前の「四年前記事」にもあった、アルジェ人質事件。


10人もの、日揮の社員が犠牲になった。


行く前、家族の人たちも反対したことは想像に難くない。


アルジェリアという国は人質もろともテロリストを排除する国。そんなところ、誰も損得で行きたくないって。


会社のため、そして、アルジェの人たちのために、スタッフは行くことを決意したのだろう。


アルジェの現地作業員たちの、彼らへの信頼は、とても厚いものだった、と聞いてる。


サラリーマンだって、文字通り、命がけで働いてるんだ。


・・・


今日はジョーク落ちは無しだよ。サラリーマンって、偉いんだよ。


・・・


写真は、事件当時、日揮本社に掲げられた、弔意を示す半期。


私は、とび職時代、日揮さんの仕事をさせてもらった事がある。犠牲者の方々に心より追悼の意を表しますと共に、アルジェの心ある人々の中に皆様への感謝の気持ちがあり続けることを信じております。

2018年2月16日金曜日

あり方

こんなネット記事を見た。丸亀製麺に行った親子の会話。二人で2つのライス(百円)を頼み、天かす(無料)を山ほど乗せ、ネギ(無料)を山ほど乗せ、天丼タレ(無料)をダバダバっとかけ、食べたとか。


そして一言。


「どうだ、儲かっただろう、(これを考えた)パパは偉いだろう」


一食、一人当たり百円で済ませた。その記事の記者は「こんなことでは子供は上を望まない。向上心が芽生えない」だから、日本の行く末が心配、という記事だった。


・・・


前の記事で教育の話になったので、ちょっと続きというか。今の日本人の、“あり方”にいってみたいと思う。


・・・


先述の話、丸亀ではむしろ推奨してる。ぜひ、そうして格安天丼を召し上がってください、と。


一人当たり百円じゃ店は成り立たない。でも、店に来てくれてさえいれば、いつかはうどんを食べてくれる。だから、赤字でも推奨してるんだ。


丸亀は、返報性のルール、人間の善意を信じてる。


・・・


記事の主のように「こんな飯で喜んでたんじゃ、決して上昇志向にはならない。だから、この子供が将来伸びることは考えにくい」というの、私も同意見。


価値観がショボすぎる。


そして何より、自分はこうも思う。 



おいオヤジ、お前なあ、
カッコ悪いよ。


男の子にはなあ、、、
美学ってもんがいるんだよ。


・・・


してもらったら返す。


この、チャルディーニの返報性の原理は、マーケッターの常識であり、何より、生き物の本能。


それのない(という前提の記事)、この親に、おぞましいものを感じる。


・・・


余談になるけど、コウモリでさえ、返報性のルールを守ってる。(トリヴァースの互恵的利他主義)


血を吸うと、他のコウモリに分けるんだって。そして、分けてもらったコウモリは必ずそれを覚えていて、次自分が血をゲットした時、返すんだ。互助行為だね。


人間が、それを忘れてるんじゃないだろうか。


トリヴァースによると、誰かの施しには、提供者の犠牲が伴う。よって時期を変えその犠牲を返し合うことをコウモリでさえ知っている、ということなんだ。


コウモリですら、だよ。
いわんや、人間をや。


・・・


この親子の会話記事は端的なものであろうし、実際に存在したのかどうかもわからない。また後々、たっぷりとうどんを頼んでくれて、丸亀を潤してくれるかもしれない。


あくまで今回の例の1つとして参照しているに過ぎない。


でも、こういった例をむしろ奇貨として、子供達に教えていくべきだと思う。でなければ、、、


「百円でネギ天丼食べれたね、トクしちゃったね、しめしめ」


そうやって物事を捉える子供が、本当に増えてしまうかもしれない。


・・・


トクしたんじゃないんだ。相手の好意に乗っかって、お返しを考えてないだけなんだ。


そのことを教えてあげるべき。


もし、相手の好意に乗っかって恩返しを考えないならば、そして、それをトクと考えるなら、それはとても、心の貧しい行為でしかない。


・・・


本来ならば、親は子に、、、


「考えられないくらいお値打ちに食べれたね。嬉しいね」


に加え、 


「でも、これは、お店の好意と努力の結晶なんだよ。いつか、たっぷりと頼んであげようね」


と教えるべきなんだ。


・・・


日本には宗教がない。だからこそ、モラル教育が必須。


かつては、恥ずかしいことをするくらいなら自ら命を絶つ、武士道という美学があった。それが今はどんどんなくなりつつある。


もしこのまま、人としてこうあるべきだとか、そういう教育が皆無だったとすると、、、


近いうちに国は潰れてしまうだろうね。


・・・


会社に例えたらわかりやすい。


「他の社員が働いてるから、俺は楽をして給料もらう。トクしちゃったわ。しめしめ」


というのと何も変わらないんだもん。


そんなスタッフばかりの会社、潰れるっしょ?


・・・


今の日本はこういう「あり方」を教えてないのかもしれない。


学校でそれを教えてほしいけど、すぐに左翼が騒ぐだろうね。左翼は国を弱体化するのが目的だからさ。


言いかえれば、本当の国の強さは国民の情緒教育にあると言っていい。 


会社も同じ。


情緒教育のない会社、美学のない会社は決して栄えない。常に練り上げなきゃならない。


ウチも、気をつけてるよ。


・・・


ウチで一番「あり方」にうるさいのはNo.2の小林。


月に一回、幹部が集まって「あり方」だけについてガンガン説教(?)する、そんな社内会議がある。


小林の説教を聞く会議。


いわば、寺の坊主の説法を聞くようなものだ、ということで、この会議は、、、


「小林寺」


と名付けられている。
「しょうりんじ」ではない。


あくまで、「こばやしでら」なのである。


・・・


少林寺(しょうりんじ)から「ノ」を取った感じだな。結局オチはこれか。ビミョーだねえ。


写真は小林寺の様子。「ノ」がない。小林は自虐ネタでノーなしとか言ってる。


・・・


まあ、とにかく、日本人のモラル教育の低下、心配だね。どうあるべきか?をあまたの親御さんは教えてあげてほしい。それがこれからの日本を作るんだから。


そして、男の子は自分なりの「美学」を追求したい。でないと、カッコ悪いもんねえ。

2018年2月14日水曜日

格差社会

銀座の小学校で制服をアルマーニにしたからどーしたこーした、という話題で騒いでるね。
八万円するらしい。

なんか、校長さんは「間違ってない」と言ってるとか言ってないとか。


まあ、そのうちいつものように世論が寄ってたかってイジメて、このアルマーニ制服案を潰すだろう。


・・・


最初に言っとくと、基本的に私も反対派。


ガキなんぞ、すぐ背が伸びるんだから、全員伸びるジャージにしとけや!って思う。


と思うのだけれど、、、

なんだかなー、というのも本音。


・・・


正味の個人的感想を言うならば、べっつにどーでもえーんじゃない?


アルマーニだろーがなんだろーが、ちょっと変わった学校があってもいい。


なんでも画一的に、かつ「差別が生まれるからダメ」という考え方の方が、気持ち悪いんだよね。


・・・


しかも、マスコミまで寄ってたかってテレビでガンガンやる。


「これは高いですねえ」


お前らもっとやることあるやろ!銀座という特殊な場所の、しかも選択制の学校の服のひとつなんぞほっとけよ。


もっと大きな国難報道、山ほどあるやろ、と思う。


・・・


現実として、格差社会はある。実際のところ、お金持ちの子供は有利。いい環境で勉強できる。


服にしても、9万円?ふーん、それが何か?という保護者も多いんじゃないかな。


むしろ「ああ、そんな程度の金額払えない人は来てもらわない方が風紀が乱れずいいわ」と思ってる保護者もいるかもしれない。


だってさ、金銭感覚が違う。銀座や六本木にある月極め駐車場代でも、平置きなら一ヶ月10万超えるんだもん。


だいたい、銀座なんて、八丁目あたりで五分座ったら10万円の場所なんだからね!チーズひと皿1万円だよ!なんであんなに高いんだ!二人で二時間飲んで50万円ってどういうことだよ!くっそ!って、少し話がズレてきた。いかん。


・・・


日本は、画一的な教育で、国民を機械化することに成功してきた。


みんなが文句を言わずコツコツ、上から言われたことをやる。真面目な国民性と相まって、いいモノを作り続け、奇跡的な経済成長を遂げた。高度経済成長時代はそれでいい。


でも、その結果、個性がない。天才を許さない環境ができてしまった。ホリエモンなんて、国の宝だよ。でも犯罪者にされちゃった。(東芝も捕まえろや)


だから、今の日本の窮状を救えるような天才が出ないよね。


・・・


銀座の学校の校長が正しいとは言わない。


でも、すぐ人のやることに目くじら立てて、特殊であることを否とする風潮をなんとかしてほしいわ。


・・・


アメリカでは、エリートの学校と公立では全く教育が違う。


公立はほぼタダ。銃や薬を校内に持ち込み(聞いた話だよ)、勉強なんてしない。だから、一般的なアメリカ人は引き算すらできない。


比べて、エリートの行く学校は月謝30万円以上、送り迎え必須。教える内容も桁違い。小学校四年生では、もうディベートを完璧にこなす。


エリートが、一般の連中をコントロールしやすくするために、わざと教育に差をつけてるんだ。


・・・


アメリカの学習レベルは世界的に見て低い。26位だったかな?


これ、国策なんだよね。


アメリカのやり方は未だに植民地思想だよ。「国内で搾取できる対象」を育ててるんだ。勉強の機会を与えずにね。


だからこのシステムを良しとは思わない。よくできてはいるけど。


・・・


日本人はすべからく勤勉で、今の段階でも教育レベルが平均して高い。(あくまで平均値。トップは他国に押されてる)


だから、このレベルを守りながら、個性を発揮できるように、あまり細かいことをグチグチ言わない社会にしなきゃならないと思う。


多様性。


これを認めていくべきだよね。


・・・


制服みたいほっとけよ。それに憧れて行く子もいるぜ。そうしてその学校の文化ができていく。


学校や世間が今のままの、無個性ロボット製造工場では、この先、日本は生き残っていけないんじゃないかな。


も少し日本人も懐深くいきたいものですね。器を大きく持たなきゃだよ。


・・・


ちなみに、個性あふれる写真。この際、あまねくあまたの制服をすべてこれにするのもまた一興であることは否定できません。


結局イカがわ系やん。
大きな器で受け止めて〜
(о´∀`о)

2018年2月12日月曜日

那須川天心

すごい!天心、スアキムに勝った!女性の方、格闘技の話題でゴメンね。天心ファン集まれ〜(天津飯?)

那須川天心というキックボクサーがいます。16歳でプロデビュー、チャンピオンに。そして、プロ戦績負けなしで、敵なしの状態で、大晦日総合格闘技にも出て、それも勝って、、、
ムエタイのチャンピオンに勝ってしまった。


・・・


ムエタイに勝った、勝ったと言っても、だいたい、タイ側がロートル(お年寄り)だったり、小さかったり。(それでもすごいんだけど)ルールが違うとか、とにかくムエタイ側に不利なことが多かった。


今回は層の厚い階級の、一線級のバリバリで、かつ、通常体重が向こうが上。価値は高いね。


・・・


ある程度穴も見られた。かなりミドル効いてたね。日本だから勝てた、という側面もある。もし、タイでやれば首相撲のブレイクはもっと長いし、ミドルのポイントは高い。展開も変わってくるだろう。


次にどうなるかはわからない。


でも、、、

今の所は素直にこの快挙を喜ぼう。文句なしの勝ち方だったよ。


・・・


那須川天心選手、素晴らしい。おめでとうございます


彼なら、できるかもしれない。ルンピニーの軽量級タイトル。これが真のムエタイのタイトルなんだから。梅野選手とどっちが先に取るかしら。


・・・


でも、UFC狙ってほしい気もするな。今から寝技覚えて、数年かけてもまだ25だもんなー


ちなみに私は30年以上前に、タイでルンピニーのチャンピオンとスパーしてオモチャにされていた。そして今はマルモリと呼ばれている。


写真はビフォーアフターだよ!ちょっと太っちゃったんだよ!

2018年2月10日土曜日

キレイなもののお話

平先生が「ヒロタさんがウ◯コの話を・・・」とシェアくださいました。

師匠に褒められるのはとても嬉しいのですが、「シモ」の話より綺麗なものの方がいいな、と、今日はキレイなもののお話。


・・・


で、まあ、キレイなものは何かというと、やはり女性。


私が別に助平なわけでなくて(多少はすけべい)、男性にとっての究極の美は、やはり女性だと思う次第でございますよ。


あまねくあまたの女性は、すべからく男性にとってこの世で最もキレイな存在なのよね。


というわけで、最近ちょっとご縁で招待してもらったパーティーがあるの。その会場で、上戸さんと菜々緒さんがいたので載せます。


キレイですねえ。
細いですねえ。


もう、ミドルキック蹴ったら、受けた腕が折れそうなくらい細いですねえ。


も少し太くてもいいな。


・・・


上戸さんは、新幹線に乗っても決してグリーンには乗らす、自由席なんだって。昔テレビでゆってた。今もそうかは知らない。


それって、なんか偉いよね。


・・・


でもさ、新幹線の自由席に乗って、たまたま横を見たら上戸さんだったら、すごいビックリするよね。すぐさまスマホで「おい、今横に上戸彩さんがいる!」なんてラインするんだろうね。 


私はたまたまチェ・ホンマンさんの横に座ったことがある。大きくて可愛かった。


歩くと、飛行機のボーディングブリッジの通路の天井にパーカーの先が擦ってたんだ。電車の、パンタグラフみたいだったよ。


・・・


話を戻すと、男性は視覚で反応するんだよね。なのでエロ本がある。女性は違う、とモノの本に書いてある。


でも、男前を見た女性が「目の保養だね」的な意見を聞くけど、実際のところどーなんだろ?


私はあまり女心に詳しくないのでよくわからん。よく知ってる人がいたら教えてください
m(_ _)m


お礼と言ってはなんですが、世の女性さま向けサービスとして、福士くんの写真も載せときます。やっぱ、おとこまいだったよ。


福士くんの僕明日、すごいよかった。七回くらい見たよ。


今日も全く学びはないよ!もし僕明日見てない人は絶対見てね!必ず二回以上見るよ!