2018年9月12日水曜日

災害からの復興

道頓堀も、ススキノも、インバウンド客が激減してるらしいね。気の毒でならない。

北海道も大阪も、どんどん復旧してる。災害からの立ち直りにおいて、日本の右に出る国は全くないと言っていい。


・・・


諸外国なら、災害直後は略奪と盗難の嵐になる可能性も強い。でも日本人はそれをしない。


配給には列を守って並び、個人のコンビニは「腐るならタダで配れ!」、ソー○ランドでさえ、「浴場として解放」ってやってる。


自分よりも、他人の幸せの優先と、ルールを遵守し、譲り合い、助け合う。


本当に素晴らしい。世界的に、かつ歴史的に見ても稀有な民族だよね。誇りに思う。


・・・


それに比べ、電気が足らない中で、いくつかの○ちん子屋は煌煌と電気を使ってるとネットにあった。震災2、3日目だよ?


あくまでネット情報で、事実かどうかはわからないけれど、東北震災の時も同じようなことがあったからね。デマとは思えない。


それに比べて、良心的なパチンコ店はお店を無料開放して、地域住民に尽くしたとか。いろんな連中がいる。


店名を覚えておくべきだよ。


復興後、地域住民で、行く店を選ぶべきだと思う。


・・・


いいこと、悪いこと。


許せない気持ちになることも多いけどさ、自分のできることをやりたいもんだね。


・・・


飛行機が、道民の方々にとって問題なく復旧したら、すぐ北海道に飛ぼうと思う。


札幌でカニ食いまくって、ススキノで飲みまくって、お金使いまくってやる。


大阪はさらに近い。日本人だけになった道頓堀で、たこ焼き(安すぎるか?)を食べよう。新地やミナミで飲み明かそう。


それが、彼らを応援することになるんだもん。


・・・


だってさ、災害で凹んで困ってるところに、山ほどのキャンセル。


これって、ほぼ、二次災害だぜ?海外の人たちが来ないなら、俺たちの出番だよ。


応援してあげようよ、みんな。


・・・


札幌には所有ビルもあるからね、見に行かなきゃだよ。仕事だからしゃあないよ、なんちゃってね。


(震災2日目、停電が復旧せず、移動もままならない中、管理屋さんはちゃんと見に行ってくれた。ありがたいね)


・・・


北海道、大阪をはじめ、この地震と台風で被害を被った方々、どうか頑張ってください。


そんな中、インバウンド客の減少は、弱り目に祟り目。とても大変だと思います。


せめて、無事だった私たちが、応援させてもらえたら、と思います。


・・・


みんな、カニだよ!札幌ラーメンだよ!イモにバターにスープカレー!たこ焼き、お好み焼き、焼きそば(粉もんばかりやな)!USJなんて、狙い目じゃん!


食べに行こうぜ!
遊びに行こうよ!


応援しよーね!!

2018年9月10日月曜日

スポーツ選手のセカンドキャリア

ボクサーとか、スポーツ選手のセカンドキャリアについて、考えることがよくある。

スポーツで上を目指そうと思ったら、やはり、ある程度人生をかける決断が必要になる。


でも、ピークは早い。そして、ここで重要なことは、、、


引退後の人生のほうが、圧倒的に長い、ということだ。


・・・


友人に佐々木基樹という人がいる。東洋太平洋チャンピオンで、現役最高齢のボクサーとして、マスコミに取り上げられていた。


そのプロ現役生活は、20年の長きにわたったのではないだろうか。


多分、考えうる限り、日本では最長記録レベルだろう。


・・・


さて、ここからが本題なんだけど、この佐々木選手、引退後も、不動産投資や民泊なんかで、結構バリバリやられてる。


佐々木さんから紹介してもらったこれまたチャンピオン、木村悠選手も、同じく。


引退後も、講演活動なんかで走り回ってる。うちのグループも、二百人の前で講演してもらった。


お二人とも、ビジネスセンスがとてもいい。


・・・


やはり、これらのお二人、現役中も、自分でチケット売ったり、後援会とちゃんとお付き合いしたり、木村さんに至ってはサラリーマンも続けていたり。


ボクシング一筋なんだけど、そのボクシングを続けるためにこそ、幾らかの仕事をしてたという経歴がある。(通常はその場しのぎのバイトが多い)


だから、社会に出ても、通用するんだね。


・・・


彼らにとっては当たり前のことであるかもしれないけれど、、、


例えば、チケットを売るには、自分の情報なども開示して、人気を得ておかなければならないし、広告的な行為も必要になる。


どんな言葉が響くか?どんな行動を取るべきか?マーケティング的に必要なことは何か?


などをちゃんとやってないと、ボクシング自体に影響が出るもん。


しっかりと練習や試合に打ち込むためには、経済的な安定が必要。


それを得るために、必須な努力であり、ゆえに自動的に身につくってわけだね。


・・・


佐々木さんたち、そういったことがわかってる人たちが、現役のボクサーたちにやり方を伝えていってあげるといいね。


本当に基本的なことでいいと思う。


情報の発信の仕方、内容、どこまで追求してどんなレベルで話して行くか?どんな媒体に?


後援会との付き合いの仕方。試合で応援してくれた人への気遣い、お礼の言葉、飲み会にはどこまで付き合うか?


などなど、先輩連中から見たらフツーのことでも、知らない人は多いからさ。


佐々木さんや木村さんなんかはこういったこと、全部ちゃんとできてるもんね。


・・・


バイトしながらリングに上がる格闘家は多いけど、なんとか自分で生活費を稼げたらさらに練習しやすい環境になる。


引退後も、人脈やマーケティングの入り口などがわかってるので、生活もしやすい。


バイトがダメだとは言わない。でも、蓄積しないタイプの仕事するよりずっといい。


そんな感じでカンタンなセミナーやったら面白いと思う。


・・・


ボクシングに限らず、格闘技全体がそういった形で「安心して現役を送れ、引退してからも何とかなる」という感じになったら、私たちはさらに観戦の楽しみが増える。


格闘技の興行が、毎日あったらなあ。ムエタイや、野球みたいに。


楽しいだろうなあ。


・・・


下は佐々木さんの記事だよ。シェアするね。

2018年9月9日日曜日

サザエさん

お魚くわえた野良猫〜♪
追ーっかけて〜♪

を、

お腹を空かせた野良猫〜♪
追ーっかけて〜♪


と歌う友人がいる。単に間違ってるだけなのだけど、猫狩りしてる三味線屋(笑うせぇるすまんみたいな)を思い出してしまう。三味線には猫の皮が最高、と言われてるからね。


今日は、貝類と畜類にについての、ちょっと怖いというか、少しゾッとする話だよ。


・・・


まず、貝類。冒頭にもあったけど、サザエさんの歌って、なんかおかしい。


買い物しようと街まで〜♪で〜か〜けたら〜♪財布を忘れて〜♪


というくだりがあるが、どうにも引っかかる。


一介の主婦が財布を忘れて買い物に来てしまったことが、そんなに面白いのか?困ってるんだぜ?それを街中のみんなが、嘲り笑うのか?


それってどうなんだろう?


みんなが笑ってる〜♪


なんだもん。街の人たち、人間性どうよ?


子犬も笑ってる〜♪


って、犬畜生にまで笑われるんだよ?人間としての尊厳はどこに行ったんだろう?しかも、


愉快〜なサザエさん♪


その状況で愉快ということは、サザエさんの脳に障害がある可能性も決して否定できない。


いろんな意味で怖い。


・・・


とまあ、サザエは置いといて、畜類の話に移ろう。猫だ。


昔、マクドナルドは都市伝説で「ネコドナルド」と呼ばれていた。


あのハンバーグは、牛ではなくて、ネコだと。ニャーニャーいう猫を山ほど入れた袋を持ったオヤジが、マクドナルドの裏口から出入りしてるのを見た、という話があった。怖い。


当たり前だけど、嘘。


猫の方が高いやろって。メリットないじゃん。食用ミミズもよく言われた。でも、これまた、ミミズの方が高いらしい。


・・・


続いてネコ話。


私が子供の頃、ひいおじいさんから聞いた話。


ひいおじいさんは、日露戦争で秋山好古さんの部下だったと聞いてる。凍てつく奉天の荒野を馬で走り回っていた。


でも、それは関係ない。


・・・


「猫とか犬とか、動物はな、人間の言葉がわかるんやで。お前たちも、犬や猫に、優しい言葉をかけてあげなきゃあかんよ」


そうなん、おじいちゃん、動物も、言葉がわかるの?と、幼いころの私。


「うん、動物は言葉がわかるよ。昔な、うちにいた三毛猫がおったんよ。でな、三味線屋が家に来て、この猫綺麗やな、三味線の皮に最高やな、って言ったん」


うんそれで?


「そしたら、次の日、危険を感じたんやな、猫はどこかに逃げて行ったんよ」


へー、そうなん、おじいちゃん、猫はみんなの話してることがわかったんやね。皮にされるといけないと思って、逃げちゃったんやね。言葉がわかるなら、動物にも優しい言葉をかけてあげなきゃあかんね。ボクも気をつけるわ。


「そうしなさい、動物は賢いからね」


と、騎兵隊時代に、「騎馬の極意は、馬のおかげと常に感謝すること」という言葉を残したひいおじいさんは言ってた。


私は、友達たちにも、この話をして、動物は賢いんやでー、皮にされる前に逃げたんやでー、賢いやろーとか言って、知識を自慢(?)したりしてた。


・・・


後になって、ふと思った。


猫は本当に逃げたのか?


その、三味線屋が、こっそり、ひいおじいさん達の目を盗んで、猫を連れて行ってしまったんじゃないのか?


つまり、その猫は、、、 


今ごろ、音色を奏でてるのではないか?


怖。


ゾッとしない?


・・・


サザエさんの歌からその話を思い出して、つらつら書いてしまった。おそまつ。なんの学びもない。写真は天才サザエボン。どこか天才なのだろう?


・・・


とかって、こんなアホみたいな記事を書いてるけど、嬉しいことがあった。


大坂なおみ選手が全米オープンで優勝した。考えられない快挙。災害続きの日本に、元気を与えてくれた。日本人に見えない、という意見もあるが、そんなこと言ったら生粋のアメリカ人なんて存在しない。大坂なおみ選手、おめでとう。そして、ありがとう。

2018年9月6日木曜日

北海道地震

北海道の方々にお見舞い申し上げます。

たまたま、平先生も北海道に入られていて、朝から「こりゃ大変」とあれこれ、んで、やっと帰途のフライトに乗られました。


よかった〜


・・・


んでもって、


「せっかく師匠が死地を脱出したのに、炭水化物ダイエットなんぞやっていられるか!」


と言って(よくわからん)、ラーメンパーティーを行いました。


もちろん、行き先は我らが青葉。んで、浮かれて大盛り二杯づつ頼んで食べた。苦しい。


アホや・・・


今日はそれだけ。


・・・


依然停電は続いてる。


安否のわからない人もまだ多い。被害の大きさ、その全貌はまだまだ分からない。 


北海道の方々、どうか頑張ってください。被害に遭われた方のご無事を祈ります。


2018年8月25日土曜日

宇宙一のうなぎ

うなぎの美味しい季節ですね。最近稚魚がいないってんで、値段がメチャ高くなっちゃったけど、日本の美味いものの代表みたいなもんだし。

ちなみに、いつも行くうなぎ屋さんがあるの。


サミュエル・L・ジャクソンにソックリなオヤジがうなぎを焼いていた。このオヤジ、とてもうるさく厳しい。


煙モクモクで、ちょっと窓を開けると「開けるな!温度が変わる!」と客にキレるんだよね。


その代わり、見事なうなぎを焼いていた。


・・・


関西系、特に名古屋(あつた蓬莱軒とか)はうなぎの脂を飛ばして焼く。まあ、言い換えると、パリパリになるまで焼く。


かたや、東京のうなぎは、蒸してから軽く焼く。


私は関西系に慣れてるので、東京のうなぎはちょっと苦手。


クドくなっちゃうんだよね。


・・・


さてこの、サミュエル・L・ジャクソンの焼くうなぎは、外側がパリパリ。中はジューシー。


抜群に美味しかったのよ。


ちょうど、位置的にも東西の中間にある、うなぎの本場、浜松にあって、サイコーだった。「オヤジさん、このうなぎ、宇宙一美味いわ!」といつも褒めてた。


(まあ、日本一イコール世界一、また、宇宙でうなぎ屋さんは無いと思うので宇宙一でもよかろう)


・・・


「焼いていた」などと全て過去形なのは、ある日、その店行ったら、閉まってたの。


「すわ!潰れたか!まさか!」


と調べてみたら、サミュエル・L・ジャクソン親父、お亡くなりになってたそうな。


・・・


「もう、あそこのうなぎは食えないんだな」と落胆してたの。


仲間内で、伝説のうなぎ屋さんになりかけてた。


そしたら、、、


「どうしてもあのうなぎを残したい」


と、どこかの若いお兄ちゃんが、お店の権利とタレを買ったらしい。


・・・


今、その若い人が二人で、お店をやってる。


今はまだサミュエルにはかなわないけど、美味しい。


炭火の照り返しで顔を真っ赤っかにして、丹念に焼いてるんだ。


・・・


捌き三年、串打ち五年。
焼きは一生。


そう呼ばれるうなぎの世界。


いつか、サミュエルを超える日が来るかもしれない。


その時こそ、真の後継者になるんだろうね。


・・・


商売をして、お客様から人気をいただく。それはとても楽しく素晴らしいこと。


しかし、人間の寿命はいつか尽きる。永遠には続かない。


ビジネスを志す者として、私たちは常に、後継者を育てることを忘れてはいけない。


サミュエルのように、向こうから来てくれたらいいけどね。


・・・


ウチも優秀な若い衆たちがいる。


彼らを、自分たちに代わるリーダーに育て、それで初めて私たちはお役御免、になるのだと思う。


今までに私たちの会社を選んでくださったお客様たちのために、また、勤めてくれてる従業員たちのために。


次の代まで続く、そんな組織づくりをしていきたいと思う。


・・・


写真はうなぎ。食べてるのは秘書のウナ川さん。寺田父ちゃんにおごってもらった。明日も食べたい。さらにまた明後日も食べたい。