2017年12月29日金曜日

人間を磨く

私の知っている中で一番二番にお金持ちの、経営者の方の家にお招きされたんだけどさ。
みんなで忘年会しようということで、その方の家にお邪魔させていただいたの。
で、まあちょっと驚きの連続でさ。

場所は、都内一等地の、ある大使館の隣の高級マンションなんだけど、ペントハウスで、百坪。お部屋の周りにあるバルコニーから、ぐるっと360度、東京の夜景が見渡せる。その部屋のためだけの専用エレベーターがある。

多分、あくまでいま売ればだけど、値段にして20億はすると思う。この方は超のつく大富豪だから(ロスチャイルド家と飯食える人)、当たり前っちゃあ当たり前なんだけど。

驚くのはそこからなんだよね。

・・・

ご自宅にお邪魔して、お食事を出してもらったの。

だいたいさ、よくテレビで見る大富豪とか、寿司職人とかを家に呼んだりとかしてさ、金余ってる!みたいなことやってるじゃんね。

そこの御宅は違ったのよ。

最高の食器に(テーブルとかの家具しつらえだけで一億円弱だからね。食器も最高のものだった)、先付けと前菜、八寸が陶器の三段のお重に盛られてた。

三段の中にも10種類以上のお料理。

で、あまりにも美味しいし、盛り付けも綺麗だったので、料亭から取ってくださったのかな、と思ったの。

そしたら、全て奥様の手料理だったのよ。

・・・

その日のお料理、お刺身、炊き合わせ、蒸し物など、全て奥様が手料理で作ってくださってた。

さらに、感動したのが、炊き込みご飯。奈良漬を細かく切ったものを玄米で炊き込んでた。ご主人の体調を気遣って、野菜中心の中にも少しお酒の雰囲気を。で、止め椀は、ご主人やお酒好きな私たちを気遣ってしじみの味噌汁。しかも塩は薄めにして。

香の物も、細かく刻まれ(京都の懐石は皆そうなのよ)、塩気を減らして、まあ、とにかく全てお気遣いいただいた、素敵な食卓だったの。

京都の料亭でいただいたような気分になったよ。まるで吉兆。

・・・

「奥さま、こんな美味しいお料理をご家庭でって食べたことがありません。アマチュアのレベルを超えてると思うのですが」とお聞きしたら、、、

「単に料理が好きなのよ」と謙遜されてた。

でも、お話を伺うと、築地まで行って食材を仕入れて来てくださったらしい。

私たちのような小僧っ子のために。

・・・

大富豪の奥様。

別段、ご自身でしなくても、なんとでもなるのに。

でもそうやって、仕入れ、仕込みから何から私たちのために振舞ってくださったのよ。

とてもお綺麗で聡明で上品。飾らない中に気品がある。その上で、このお人柄。

素敵、この上ない。

・・・

世の中で、お金持ちをアピールする人間は多い。

私もそのうちの一人かもしれない。派手な生活、いくら使った、何飲んだ、いくら儲けた!というアピール。

でも、本当のお金持ちはそんなことしないよね。

謙虚で、控えめで、決して押し付けがましくなく、そして、人のために優しい。そこに、しっかりと手間と気持ちを込める。

尊敬するね。

・・・

お金を儲けるのも大切。

やはり、困ってたら誰かに迷惑かけるからさ。あった方がいい。

でも、もし、お金持ちになったら、、、

実るほどこうべを垂れ、そして人に優しい人間になりたいな、と思う。

本当の上品さ、っていうのかな。

・・・

この大富豪の方には、いつもいろいろとご教授をいただいてる。

私の経営的、また、政治的な観点は、ほとんどこの方からの受け売りが多い。

今回はちょっとご体調を崩されてる中、このようにおもてなしくださり、深夜までお付き合いくださった。

ホント、いろいろ学ばせていただいてるのよ。

・・・

こういう人たちに会えて、いろんな経験させてもらえるのも、友人の武内さんのおかげなんだ。

いつも、いろんな方を紹介してくださる。

私はけっこう人見知りなので、とてもありがたいよ。

武内さんは、知り合いの方がが入院すると、近くの神社に毎日お祈りしに行くような人。

全米一の数学の高校、ロスの大学を卒業し、コンピューターなみの頭で、周りの人に気遣いをする。

なので、武内さんに何か困ったことがあっても、周りがほっとかないだろうね。

人間性が抜群なのよ。

・・・

私も、頑張って人間を磨こう。

人に優しく、謙虚に、感謝を忘れず、そして、他人のためになる、そんな人に少しでも近づけたら、と思いますね。

お金儲けるのもいいけど。それも大切だけど。

・・・

その大富豪の方が言ってた。

「お金は後から付いてくるよ」

よく、どこでも聞く言葉。
でも、重みが違うわ。

語られる言葉より、語るものこそ、だね。

・・・

むうすぐ大晦日ですね。

明日も投稿できるかどうかわからないけど、みなさん、来年もよろしくお願いします。来年も、皆様にとって最高の一年になりますように。

良いお年をね。

2017年12月24日日曜日

サンタ作戦2017

毎年、この時期に同じ記事を書く。あまり同じのもなぁ、と思いながら、また書いてる。
もう20年近くになるんだろうか?今年も、まだやってるんだ。
・・・

最初は軽い気持ちだった。当時まだ社員は数名で、一台の車で事足りた。

「サンタの格好で、お客様の家にプレゼントを届けたら、喜んでもらえるんじゃないかしら?」

そんな、ふとした、、、
ただの思いつきだったんだ。

・・・

初年度、私はトナカイの服を着た。朝から晩まで廻った。クタクタになった。

「すごく喜んでもらえた。とても気持ちよかったね。でも、大変だったから、来年はやめようか」
みな、口々にそう言った。

でも、次の年もやった。毎年「そろそろ最後にしよう。あまりに大変だから」と言いながら、結局、今も続いてる。

・・・

今年も、過去最大の動員数、200人以上のサンタ達が30台の車に手分けし、お客様の家にプレゼントを届ける。1日で廻れないことろはイブだけでなく、イブイブ(?)も使って廻ったりもする。

彼らスタッフ達は、彼女彼氏、家族と過ごす時間よりも、お客様の笑顔を求めて、この日のスケジュールを、ずっと、毎年、年明けのその日から、、、

空けているんだ。

・・・

今は全国の工務店仲間も、同じことをして、お客様に喜んでもらってる。

サンタ作戦。

ある意味、この業界では、一つの社会運動に近い。想像だけど、全国で、千人以上、サンタさんが増えているはず。

そして、間違いなく、その分の笑顔も。私たちの知らない人が、知らないところで、サンタの格好して、お客様の家にプレゼントを届けてる。

とても、素敵なことだと思う。

・・・

私の住む六本木では、この時期、けやき坂というヒルズ前の通りにイルミネーションがつくんだ。

とても綺麗で、行き交うカップルはとても楽しそうに、そして、幸せそうに写真を撮ったりしてる。

みな、幸せオーラ満載だよ。

・・・

ウチの子らには、そんな、自分たちのクリスマスイブはないかもしれない。

まだ若い子らなんて、遊びに行きたいだろうに。今年は特にクリスマス連休。家族とディナー、彼氏や彼女とデートの一つもしたいだろう。サンタ作戦なんて嫌だな、と思う子もいるかもしれない。

でも、参加してくれる。
一生懸命、プレゼントを届けてくれる。

そして、、、
多分だけどほぼ間違いなく、、、

「お客様の笑顔こそが自分たちへの最高のプレゼント」と信じ、この日を作ってくれてる。

・・・

この日は、私のところにいつも、各社から報告の写真を送ってくれるんだ。みな、幸せそうな笑顔で。

そんな、ウチの子らへ。

君たちは宝です。私の自慢です。君たちを誇りに思います。ビジネスをやっていてよかった、心からそう思う瞬間です。

ウチのみんな、ありがとう。そして、君たちにとっても、素敵なイブになりますように。

・・・

毎年、この時期この日に、同じ記事を書く。

でも、やはり、今年もこのことを伝えたい。

ウチのみんな、そして、フェイスブックで友達になってくれてるみなさま、メリークリスマス。

素敵な、最高のイブをね。












2017年12月14日木曜日

ニュース女子

ニュース女子って番組知ってますか?東京MXで放送していて、あのDHCがスポンサーなんだけどさ、、、
最高なのよ。
とにかく左翼だらけのマスコミの中、私から言えば中道の、真っ当な番組。
あの、水戸大家さんと仲の良い、杉原杏璃さんも出てる。私の好きな西川先生も。最近痩せすぎで心配。まあそれはいいか。
・・・

その「ニュース女子」が、まあ端的にいうと、
「沖縄の基地の運動家はお金もらってるのではないか?」と問題提起したわけ。

そしたらBPOが、放送倫理違反だって、クレームつけてきた。

「事実に基づかない」「ちゃんとした裏付けがない」が理由だって。

でもさ、もともと疑問文だよ?なんの問題があるんだよ。どこの国の手先だよ。

・・・

だいたい、それまでのアカヒ新聞は?どんだけ捏造してきたの?慰安婦は?偏向報道は?森友の「安倍晋三小学校捏造事件」は?裏付けなんてなかったし、何より、全くのウソじゃんか。

BPOに、通常では考えられない圧力があったようにしか思えない。

いっそのこと、AHOという名前に変えて欲しい。

・・・

でもさ、ニュース女子側は、「中傷に屈しない」と、意見を変えない姿勢でいるんだって。

すげー。

頑張れ、ニュース女子。頑張れDHC。男だよね!(女子か)

アパホテルの会長といい、今回のニュース女子といい、とにかくあっぱれだよ!

・・・

いっそ高須先生あたりにもスポンサーしていただいて、全国キー局でも放送して欲しい。

でもまあ、今の時点で私たちにやれることは、できる限りこの放送を見ることだと思う。

・・・

関東地方の放送だと思うので、もしテレビで見れないならネットで。

ホント、一度見て欲しい。溜飲下がりまくりだから。

何度も、テレビの前で「そうだよ!そうなんだよ!」と手を打つこと請け合いだよ。

これから日本を担っていく若い子達にこそ、ぜひ見て欲しいな。

・・・

ニュース女子でも言ってたんだけどさ、まあ、大手マスコミが、左翼側の放送したけりゃそれはいいさ。マスコミは反体制なんだから。

でも、すべて左というのは良くない。右も左も、旗幟を鮮明にして好きなことを言えばいい。

どちらか一方というのは、仮にそれが右であったとしても、決して健全ではないんだ。戦時中がそうだよね。

・・・

今、正しい歴史がどんどん表に出てきてる。

今までの、アメリカが極東の力を削ごうとして日中韓の中を割くために作った歴史がウソだと証明されつつある。(向こうはそれを利用して、お金せびってくるかも知れんけど)

あと10年もしたら、慰安婦は職業売春婦、南京大虐殺はなかった、太平洋戦争は戦わされた、など、今と全く違う歴史認識が一般になってるかもしれないね。

まあ、あくまで可能性の話だけれどもね。

・・・

でも、このように、圧力をかけてくるということは、ニュース女子たちの事を無視できなくなってきてるんだよね。あながち、絵空事ではないかもしれない。

まあとにかく見てちょ。

・・・

写真は、ニュースおやじ。
本文と全く関係ない。

2017年12月10日日曜日

談合

大林組が不正入札とかって。リニア工事でね。
なーんか驚くねえ。業界の人間からいうと、談合なんて当たり前。
何を今さら?って感じなんだよね。
しかも、スーパーゼネコンがやられちゃった。こんな大きなプロジェクトで。

・・・

私の会社は入札や公共工事は一切やってない。ただ、昔勤めてたゼネコンで、よく入札に行ったことがある。

当時、談合なんて、公然の秘密。

速度違反みたいなもの。誰も40キロで走ってないって。みんな5〜60キロで走るじゃん。速度違反したことないドライバーは皆無だと思う。あれくらい、公然とやってた。

「おい、今日は〇〇からいくらダウンで!××が落とすのでよろしく」

と、入札室で、役所の職員の前で大きな声で堂々と話してたんだ。

あくまで昔の話だけど、これは私が直接みた話だから、間違いなく事実。今もそうかどうかは知らん。

・・・

ただ、仕組みとして、談合というより、どこが落とすか決まってないと入札自体が進んで行かない理由があるらしいのよ。

以下は、昔、知り合いの役所の人から聞いた話。ホントかどうか?は保証できないよ。
(多分ホントだと思う。今もそうかは知らない)

・・・

まず、入札しようと思うと、その工事の積算(価格)を弾かなきゃいけない。

値段を出そうと思うと、図面作成から工法決定から、調査から、全てをやらなきゃいけないよね。

これを役所の人間がやるわけだよね。で、簡単な工事ならなんでもないけどさ、、、

今回みたいな、国を縦断するリニアの工事なんて、役所だけじゃ難しいのよ。

そんな技術なんてあるわけない。労力だけでもかなりなものになる。

この段階で「どの業者にそれを手伝ってもらうか?」が決まってないと、かなり難しいらしいのよ。事前相談から業者が必要なの。

自由入札は当然理想だし、談合は犯罪。でも、本来、この決め事自体が不自然というか無理があるんだって。

入札自体が、役所だけでは不可能なんだもん。

「だから、仕方ないんだよね」って言ってた。

・・・

まあ、これを聞いたのもかなり昔のこただし、今もそうか?ホントにそうか?は責任持てないけどさ、まあ一理あるよね。

・・・

我々、公共工事に関わっていない者たちは「不正入札、許せん!」ってなるけどさ、まあいろいろあんだね。

私的には何より、ここで摘発来るかよ!って腹立たしい気持ちになるな。

リニアができれば、日本の各地はさらに人の移動が容易になり、景気が上がる。そしてその技術は海外に輸出できる。すんごい国益だよ。

日本再生の、大きな要素の一つ。

談合潰したけりゃ、他のとこでやれ。よりによってリニアでやるな。

「日本の発展の足を引っ張るなよ」って思う。

・・・

でも、この工事、実績としても大林組しか無理だろ。

工事止めないで欲しい。

いっときも早く、リニアを実現してほしい。リニア開通が1日遅れたら、それだけで国益は大きく毀損するんだ。

不正入札は犯罪。確かに悪い。
でも、大局的にみて、国の利益になる方向性を選ぶ、そういう見方をして欲しいよ。

*追記、関東経済圏は四千万人弱で、実は世界一の大都市。リニアが開通したら、通勤一時間圏内に7000万人近くという、二位を倍以上話した空前の大都市が誕生することになる。この国益ってすごいよ。

・・・

まあこんなこと言うのも、私がいきているうちにリニアに乗りたいからなんだけどね。国益というより、私事だね!恥ずかしいよ!

写真は新幹線だよ!毎月移動費で2〜30マソ使ってる。JRの職員かよ(;ω;)

2017年12月2日土曜日

Mr.X

Mr.X。今は仙人さんかな?本名、国籍、年齢不詳、性別と声しか公表されてない、謎の人。
顔はイ・ビョンホンをさらに男前にした感じ。日系アメリカ人か南米系にも見える。

20代の頃はリュックひとつで世界を放浪し、その資産は軽く百億円を超えるといわれた。

背は高く、ビルドアップされた体を持ち(腕なんて私の倍くらい太い)、MMA(州チャンピオン)、空手、ボクシング、ムエタイ、柔術に通じ、8ヶ国語を操る。そして何より、気遣いがすごく、とにかく優しい。(当たり前だがめっちゃモテる)

・・・

平先生の年収を瞬く間に1億から5億にし、伊勢さん、村上さん、神崎さんなど、多くのマーケッターを育て、日本にコピーライティングを広めた。

一枚ぺらのセールスレターにランディングページ、プロダクトローンチなど、日本に現存するほとんど全てのマーケティングは彼が最初。

現在のネットマーケッターはほとんどの人が彼の知識の恩恵を受けているといっても過言ではない。

・・・

私は平先生と共に、日本人で一番Mr.X(仙人さん)とのお付き合いが古い。

15年以上も前かな、ロンドンのケンジントンで初めて会って、それが最初だった。(とにかく笑顔が可愛い、なんちゅう男前や!というのが第一印象)

アラスカに始まり、ヨーロッパ、アジアに中東、もちろんアメリカ各地と、多くの国を共に旅した。

最近、お会いしてない。最後は数年前の香港だったかな。

・・・

仙人さんとして、教育プログラムがあるらしい。

「らしい」というのは、実は、私は仙人さんになってからのMr.Xの教えをあまり知らない。

むしろ、他の人の方が詳しいくらいかもしれない。

・・・

平先生は今、南極に行ってる。いつも、奇想天外な人生を歩んでる。

それに比べ私はというと、グループ各社を周り、ちょこまかといろんな問題や毎日の仕事に忙殺されてる。

売上は過去最高に上がってるし、未来に夢もある。金融機関からは上場のお話が来るし、新しい業態も進めてる。

確かに、着実な進歩と幸せはある。

ただ、なんとなく、閉塞感があるんだ。

・・・
なんといっていいのか、よくわからない感覚が自分の中にあるのよ。

「なーんか、フツーやな」

という閉塞感。

なんちゅうか、今の俺みたいなの、経済界では掃いて捨てるほどいるのよね。ゴミみたいなもん。珍しくもない。

・・・

Mr.Xはいつも予想の外を生きてた。Xといると、そんな高揚感があったんだ。

「別の世界」のね。

・・・

Mr.X。仙人さん。

私が紹介せずとも、すでに平先生のページでみんな見てると思う。でも、紹介させていただきますね。

(私は基本SNSで宣伝しない。でもXと平先生は別)

このプログラムは新しいのかな?前からあるのかな?どんな中身なのかな?

私も知らない。

・・・

昔、アドバンスマインドを手伝わせてもらってた時があった。ナンパ商材と銘打って、実は心理学を教えるノウハウ。その中で出てくる名前がある。

芦原達也。

その頃、「Mr.Xは芦原達也という名古屋のおっさんだ!」みたいな書き込みも目立った。

いや、違うし。

芦原達也は昔実在した伝説のホストの源氏名で、私の友人だし。ゴロが良かったので名前を借りただけ。

なんで名古屋か?
私の持ってた、使ってない名古屋のマンションを事務所にしただけ。

なんてこともあった。
(まあ、ネットの書き込みもええ加減なもんやなあ、と思った)

あの頃は「これから何が始まるんだろう」「どんな新しい知識に出会えるんだろう」という、恐れにも似たドキドキ感があったなあ。

・・・

あの高揚感、広がり感を久しぶりに感じたいな。

アドレス貼るけど、どんな内容かは知らない。私もまだ見てないからね。

でも、ちょっと覗いてみようという人、閉塞感に戸惑ってる人、私と一緒にクリックしてみようよ。

新しい知識や、世界に出会えるかもしれない。そして、何かが変わるかもしれないよ。

・・・

新しい知識を得よう。それによる力を得よう。自分をどんどん高めていこう。

そして、それをどう使うかはその人の人生観や人格によると思う。

私は広がり感を仲間と共有でもするかな。俺だけ広がっても面白くないしな。

そのほうが俺っぽいな。

あー、でも、久しぶりに、Mr.Xに会いたいな、元気にされてるかな。

・・・

写真はNY。
Mr.Xと一番過ごした場所だよ。

P.S.私も今無料録音聴いてるけど、やっぱいい話されるなあ。流石やなあ。