2019年1月29日火曜日

交渉術

「韓国人の交渉術」とフジがやったらしいね、しかもそれをヘイトだと。

何でもかんでもヘイトかよ?言葉狩りだぜ、こんなの。意図的なもんを感じるわ。


・・・


まず、「韓国人の〜」というのが悪い、と言うけど、こんなこと言ってたら民族学はもう終わりだよね。


「大阪人はボケにツッコむ!」


って、これもヘイトになる。


ヘイト、ヘイト、うるせーんだよ。いい加減にしやがれ、と思うよね。(なんか前回から言葉が汚い)


・・・


LGBTはヘイト?ほっとけや。本人たちはそんなに思ってねーよ。好きなもんは好きでいーじゃねえかよ。周りがガタガタ言うから余計問題になるんだよ。


昔ホモスナックでバーテンやってたから、私は言ってもいいだろうよ。元関係者だからねえ(女好きです)。


だいたい、尻の穴狙われたこともない奴らがいちいちうるせーんだよ。(ちなみに私、まだバージンです)話がそれたぞ。


・・・


逆に、中韓に行って、テレビ見てみなよ。すげーぞ。安倍さんなんか、ヒトラーだぜ?小日本鬼子って知ってるか?そこでもヘイトって叫んでこいよ。反日教育してる教室に入って、どんなものが本当のヘイトか見てこいよ。


だいたい、ヘイトヘイト言う奴こそ、概ね、この「韓国人の交渉術」のまんまじゃねーかよ。


・・・


どうも言葉が下品でいけない。では、ここからは汚い言葉はやめて、上品に攻めますね。


「韓国の方々」でも「韓国の政府」でもよろしいのですけれど、この交渉術は、概ね、アウトローの方々もよくお使いになられます。


世間を渡るご職業であられるアウトローの方々のお仕事は、決して暴力ではありません。基本、交渉でございます。ですので、とてもお上手に、話を自分のペースにお運びされます。


こちらのお話の筋が通っていればスジ論で、通ってなければ論点を変え、最後には力を背景に、より有利なゴールを目指されるのです。


・・・


逆に言えば、国と国も同じ。外交にも、交渉術が必要にございます。


今回日本がやることは、相手の「論点ずらし」をそのままにせず、論点をずらしておられた韓国の方々の非を捕まえて逃がさす、むしろこちらから周りにアピールさせていただくべきなのです。


・・・


交渉術は、外交において非常に大切なスキルでございます。


日本の方々は、昔から概ね交渉術がヘボくございます。そこは韓国の方々を真似るべきなのです。比べれば日本の外交、交渉はベイビーのクソでございます。


比較させていただきますと、韓国の北に鎮座まします将軍様におられましては外交、交渉術の天才でございます。


都合の悪いことは全て無視し、かつ、自分のところが食うや食わずでも決して引きません。


覚せい剤の製造販売、誘拐拉致、武器を背景とした脅し、まさに将軍様は、周辺諸国と渡り合い、まさに悪の本道を邁進されておられます。大国すらも、その御掌の上で弄ばれておられるのです。


そう、今こそ半島の方々に学ぶべきなのです。


・・・


「日本は、国外に広報する機関が弱い。国際通信社を作り、日本の情報を大きく発信しなければならない」


と、落合なんとかさんという頭の良いヒョロっとされた方のお父様であられます、落合信彦さまが40年も前から申されております。しかしながら、未だ、進歩はございません。


韓国の方々が汚いのではなく、日本の方々が何もせずモヘーっとボケているだけのチンカスなのでございます。


・・・


そこで、この、韓国人の交渉術に、もうひとつ、付け加えさせてくださいませ。


「力を背景にする」


でございます。これが最も重要な、交渉のポイントです。(この書き方面倒くさくなってきた。フツーに行きます)


・・・


例えば、組と組のケンカがあるとしますよね。


謝る場合でも、強い方は、自分が悪くてもこんな攻め方ができます。


「おお、そうか、ここまで謝ってるのに許さんと言うことは、喧嘩したいってことか?ウチと構えるっちゅうんやな?」


力を背景として、居直る。


アメリカも中国も、いつも使ってるじゃないですか。


・・・


交渉術、外交は戦いです。


やられた場合は、同じことを報復しなければ、いつまでも相手は図に乗ります。


ファーウエイの件もそう。中国はカナダに報復しました。それで人の命まで奪っています。いわれのない殺人です。フランスは、ゴーン君の仕返しをしてきましたよね。


みんな、使っているのです。


・・・


日本がやるべきことは、ヘイトがどーたらではなく、


韓国の政府の方々の非、落ち度を高らかに国際的にアピールし、日本の味方を増やすべきなのです。


論点をずらそうとしたら、逃さず世論を煽るのです。


あとは、「ガタガタ言うならやったろやないか」という強さを背景に持つべきなのです。


・・・


そうして、明確に韓国の政府の方々に謝罪をさせ、記録に残すのです。


そうすれば、この国にとって、相手がヘマしたから揚げ足とったったわ、と国益に結べるのです。


・・・


せっかくですから、私ならこの機会に、韓国の政府の方々を嘘つき呼ばわりし、そして、二国間の歴史を再検証いたします。レーダーで嘘、慰安婦で約束破り。今がチャンスなのです。


実際今の言われてる歴史は確実に捏造されたものです。


(ア◯ヒ新聞の捏造なんかも、もっと大きく報道するのです。NHKなどの国有放送で、毎時行っても構いません。お隣はそれをやってるのですから)


南京大虐殺の嘘、731部隊、慰安婦、侵略戦争に至るまで、全て再検討するべきです。


そして、本当の歴史、それをもう一度検証し、国際的に声を上げて、世界史に記録されるべき本当の歴史を取り返す機会にするのです。


それが、相手から見たら、一番嫌な行動なのですから。


・・・


この際、約束破った慰安婦問題と絡め、韓国の方々に、正しい歴史認識をお持ちいただくのです。


彼らはいつも言うじゃないですか。歴史を直視しろと。してやりましょうではないですか。


・・・


そんなことしたら戦争になる?だから力をつけんだよ。刈り上げはあれだけ無茶やっても核持ってるから迂闊に手を出せねーんだよ。奴は相手を相打ちにできるんだよ。


「おお、いつでもやったろやないか。こっちは弱いかも知れんけど、お前もただでは済まさんぞ。覚悟してから来いよ」


と言えるんだよ、刈り上げは。


・・・


「力」を持つ。そして、それを「使うかも」と思わせる。


これがないと話なんてできない。


もしこれが日本でなく、相手が中国かアメリカなら韓国は絶対こんなことしねーよ。


力があるからケンカを売られない。戦争にしないために、力つけるんだよ。力がないと、どんな話も通らねーんだよ。

2019年1月26日土曜日

体罰の話

《今回は汚い言葉が使われております。クソとかガキ、アホ、バカとか、気になられる方はご注意を》

学校暴行挑発事件、いまさら記事にするまでもないんだけど、、、

炎上してるね。

殴った先生が悪い、挑発したクソガキが悪い、いろんな意見があるけどさ、まあ、炎上する事で話題になってるから、まだマシだったんじゃないかな。


今までなら単なる暴力教師退職で終わり。ガキの思い通りになるだけだもんね。ガキにとっては、ただのゲームだから。


まあ、ガキも今回はペナルティを食うよ。あれだけ拡散されたら多少のお灸にはなるだろう。


・・・


さて、今では「先生を許せ」と運動が始まってるらしいね。いいことだよ。


ちなみに私は基本、体罰賛成派。


言うこと聞かないクソガキなんて、動物と一緒だよ。殴られて、怖いから言うこと聞くんだよ。そうでなきゃ、聞かないよ。(いい子は別だよ、いい子はすでに言うこと聞いてるもんね)


・・・


青少年の更生とかよく聞くけどさ、反省?更生?そんなことしねーって。今度はどうバレないようにするか、それしか考えてねーよ。


「悪意のあったクソガキ」だった自分が言うんだから、間違いないよ。年少上がりに匿名でアンケート取ったらわかるよ。


反省、更生するのは、自分にとって守るべき大切なものが出来てからだよ。


結婚したり子供ができたり、責任ある仕事を持ったり。それまでわかんないよ。


・・・


体罰もいいけど、今の時代はそうはいかない。暴力に過敏になってる。ホントは言葉の暴力も暴力なんだけどさ。


散々罵るより、ちょっと小突いた方が悪いんだもんね。確かにあれだけ言われたら、クビ覚悟でやっちゃうのもしゃーないわなあ、「オレも殴りてー」とみんな思っちゃったと思う。


ビデオ見ててスカッとした人、多かったんじゃない?


・・・


先生擁護が増えると、今度は頭の良い(?)アホな知識人がマスコミでこう騒ぐ。


「なんだかんだ言っても、暴力はいけない」


いやいや、そんなことわかってるって。その前の「言葉の暴力、ハメようとする悪意」は無罪放免なのか?を問うてるんだよ。知識人たちよ、お前にも同じことやったろうか?小さい脳みそで、よーく考えてみろや。


・・・


こういう時いつも思うんだけど、大学の教授とか、高学歴のバカは世間を知らねーから、解決策は絶対わからない。


なぜなら、悪いことするやつの頭ん中がわからないから。


経験も、見たことも触れたことすらない、モノ知らんおぼっちゃま達(私より年上でも)は黙ってろ。こういう奴らが甘やかすから、ああいうガキになることがわかんねーのかよ。話がズレてきた。


・・・


さて、こういった論点で最も大切なのは、再発防止。


ビジネスでも同じだよ。


問題があったときは「次起こらないようにするには?」を考えなきゃ、なんの意味もない。


・・・


で、再発防止策を考えてみた。冗談半分で飛躍してるけどね。でも、オレが王様で全て決めれるなら採用するかも。


まず、教師の頭にビデオカメラをつける。そして、生徒には「教師不敬の禁止」を校則にする。王室不敬罪の国があるようにさ。授業を邪魔した者には公務執行妨害。公務だもんよ。


学校のいたるところにもカメラをバンバンつける。これ、イジメも少なくなるよ。んで、生徒の親はいつでもアクセス可能にする。


逆に、アホな先生すらも見張れるよ。生徒のパンツ盗撮したりする奴も多いんだもんね。


先生や生徒のプライバシー?そんなのねーよ。学校は公共の場なんだから。それがダメだってんなら街中のカメラ外せよ。あと、Nシステムもオービスも。


・・・


まあ、でも、トイレと更衣室で全ての事件は行われるだろうけどね。私ならそうしたもん。ガキってしたたかなんだよ。


でも、少なくとも、多少は減るって。


・・・


あと、学校に来たくない奴、何度言ってもルールを守らない奴は、トーゼン退学。


別に義務教育じゃないんだから、教師にああいう言い方する奴は来なくていいって。


会社で社長にあんなこと言ってみろや?ニコニコしながら「はい、では今月いっぱいで」と返されるって。


・・・


(その代わり、服装なんかは言わない。別段自由だし。ピアス?どーぞ。髪の色?ファッションで食べたい子にはむしろ必要じゃね?世間に受け入れられないカッコの場合、内申書が悪くなるだけ。良いことも悪いことも、全て自分に帰ることを教えればいい。


酒タバコ、売春、万引き、外でのケンカ、そんなもん先生は知らん。勉強教えるのが先生ならカンケーねーよ。些細なものなら親、犯罪レベルならケーサツに任せろよ。万引きは窃盗罪、イジメは傷害罪。ちなみにイジメを黙認したら先生や生徒もまとめて罪に問う、傍観罪も採用。先生の給料は学業の結果のみで決める歩合制。学業の中には当然道徳の科目もあり。でもこれ、真面目な生徒や、先生から見たら、むしろ魅力的なんじゃね?)


・・・


話戻すけど、あのガキの態度、あれが許されるのは、学校だけだよ。学校以外では絶対通用しないもん。友達同士ですら許されない。


つまり、あの態度が許される環境を我々大人が「用意してる」のが最大の問題だよ。


何やっても、手も出せない、何もできやしないと思ってるから、ああいうことをするんだぜ?


反社の事務所行って同じことやらせてみるといい。道場でもえーわ。絶対しねーから。


・・・


昔は地回りの親分たちが、そういう誰の言うことも聞かない悪ガキを預かって、礼儀を教育したもんだよ。


これで「力」があの世代のアホ達を抑えるのに最も効果的なことが理解できると思う。他に抑えられるものがあれば教えてほしい。例えば、軍隊なら可能。お寺の坊さんや、神父じゃ無理だぜ。


・・・


まあなんにしても、以前は親や周りの大人が、ゲンコツで人の道を教えた(また体罰に戻ってる(・・;)まあその代わり、守りもした)。


本来、学校が学びの場所なら「生活態度」「他人との互いに敬意を持った関わり」を教えるべきじゃんね。


それがないのが、全ての原因。


・・・


だから、まあカメラは冗談として(やってもいいとは思うけど)、こういう事件をきっかけに「人としての道」を教える、そんな国に戻らなきゃいけないと思う。


戦後、日本の力を削ぐために共産主義的考え方を日本に植えつけた、それが根本の悪因だよ。当のアメリカは、共産主義は違法なんだもん。


今回の一件で、根本から変えるべきは日教組だよ。ワザと、日本の教育の良いところを消したんだ。


・・・


まとめとして、この件について、再発防止のためにも「日本人としてどうあるか?」という教育を学校でも行っていくようにしなきゃね。


元々、日本には薩摩の郷中教育など、素晴らしい教育システムがあった。勉学の中に、いわば「人間性という科目」があった。


物事は常に進化しなければならない。それが自然の摂理。教育も、いろいろ変化し、進化すべきなんだ。


だから、いつまでも進化しない日本の教育システムは害悪でしかない。一度壊す必要があるよ。


まあ、実際のところ、現実問題として、かなり難しいだろうけどねえ。まだまだ頻発するよ。気分の悪い事件だよねえ。 


・・・


今回の記事、どーも口が悪い。言葉が汚い。腹を立ててるんだと思う。あのビデオ、あのクソガキの顔に。ムカッ。



2019年1月25日金曜日

サンプラザ中野くん

今回、サンプラザ中野くんさん(以下サンプラザさん)に出場してもらったんだけどさ、実はひとつ裏話があってさ。聞いてもらえるかしら。

私は38年前、デビュー前のサンプラザさんに出会ってるのよ。


・・・


その日は、ヤマハEASTWESTのアマチュアバンドコンテスト。そこで準グランプリを取ったのが、サンプラザ中野さん率いる、スーパースランプ。


すごいインパクトだった。


・・・


浴衣姿で出てきて、歌った歌詞が


「尻の穴から〜出たい〜‼️

「痒いぞ‼️痒いぞー!尻の穴が痒いぞー‼️


という、とても言葉にできないようなフレーズ。度肝を抜かれた。


・・・


そして、次の歌「ミミズのバラード」を歌う前に、頭の黒髪をムシャクシャ!とつかみ、ステージに投げ捨てた。


まあ、つまり、今と同じ、ピカピカあたま。


会場の空気、全て掴んでたよ。


・・・


その時のコンテストで、グランプリだった、「爆風銃(バップガン)」とミックスしたバンドでデビュー。互いにライトミュージックコンテストの常連だからね。


だから「爆風スランプ」なんだ。


・・・


その日は当たり年で、チェッカーズも出てたよ。


チェッカーズは、九州地区代表。もともとシャネルズのコピーバンドっぽい感じで、リーゼントに黒のタキシードだったんだ。


まだチェックの服は着ていなかったよ。だから、チェッカーズという名は服装から取ったんじゃないんだよね。


・・・


あれから、40年近く経った。


爆風スランプや、チェッカーズたちは大ブレイクし、プロのシンガー、グループとして超有名人になった。


それはとても嬉しいことで、陰ながら、応援してたんだ。


・・・


サンプラザ中野くんさんに、そのことをお話ししたんだ。


「あの時の、カツラを取った瞬間のこと、今でも目に焼き付いてますよ」


そうそう、あの時はチヨンワカン(コンテストに出ていたグループ)がさ、とか、当時の話に花が咲いた。


・・・


時代の流れはすごい。


あの時、早稲田を出たばかりのサンプラザ中野さんは、プロの歌い手になり、誰もが知ってる存在になった。


そして、あの日、ステージの下からそれを見てた、ただのクズ人間だった私は、中野さんをお呼びして歌を歌ってもらえる機会を得た。


・・


私にとって、サンプラザ中野さんをお呼びする、ということは当時の自分と今の自分を比べる機会、という大きな意味も持ち合わせていたんだ。


ああ、ここまで来れたんだな、という実感。


だってさ、社会の寄生虫みたいなチンピラが、38年後、ゲストにサンプラザ中野さん呼ぶんだぜ?タイムマシンで過去に行き、その頃の私にこの話をしても、絶対に信じないって。


まあ、今のどの部分を取り上げて話しても、信じないだろうけどね。


考えてみれば、これも平先生のおかげだな。


・・・


みなさん、人生は面白いよ。どんなサイコロの目が出るかなんて、誰にもわからない。


時にそれは、自分の想像する最高よりも、さらにもっと上だったりもするんだ。


サイコロの目を変えるのは、今日一日の自分の行動だけなんだけどね。まあ、人生楽しみに生きていこうよ。

写真はアルバムのだから、載せてもいいよねー