2013年10月25日金曜日

米軍の施設にいってきますた。

渋谷の広尾に、ニュー山王ホテルというところがあるのです。で、ここ、前から一度行ってみたかったの。ここは、米軍の施設なんだよね。なので、日本人はもちろん、アメリカ人でも一般の人は入れない。米軍関係者と大使館員しか入れないし、中では英語しか使えないし、支払いは米ドル。入り口にはマシンガンを持った兵士が立ってる。面白そうでしょ?


なぜ行ってみたいのか?というと、男の子なので、「軍関係」と聞くと、どうもロマンを感じるの。それに、入れないって聞くと、無性に入りたくなるとかあるよね。


ということで、行ってきました。


別段、写真のせちゃいけないって聞いてないし、他人さまの顔にはレタッチしたからいいだろう。クレーム来たら削除しよう。


というか、まあ見ての通り、、、
別に普通だった。


ちょっと変わってるのは、カジノっぽいスロットとかがあったり、お土産に浮世絵Tシャツ(日本人だったら絶対に買わない)があったりとか。そんな感じ。


まあ、こんなものなのだろうね。でも、行ってみたかったから満足満足。誰とは言えないけど、連れてってくれた人に感謝だね。


・・・


昔は、こんなとこやあんなとこ、行ってみたいな、と思うことがたくさんあった。海外でも、とにかく行ったことがないところへ行きたい、と思ってた。


で、いろいろ行ってみた。
いろんなこともやってみた。


すべて自分のコヤシになると信じてた。実際、なってきたと思う。


でも、最近は、辺境の地へ行くより、温泉でも行ってのんびりしたいな、などと思うことがあるね。外へ出かけるより、家でコタツ、みたいな。歳なのかな。


どうでもいいことだけど、私は六本木ヒルズのリビングにコタツを入れています。手放せない必需品です。ちなみに通販で9800円。2800円の座椅子もあるよ。


昔は「六本木ヒルズに住むってすごいんだろうな」と思ってた。でも、実際に住んだら、コタツ生活。


フェラーリとかも、小さい頃からすごく憧れた。でも、手に入ってみると、別段どうということもない。ロールスロイス?はっきり言って、ベルファイアとかのバンみたいな日本車のほうが楽。手に入れたらそんなもん。


格闘技のプロにも憧れた。でも、なったら、こんなもんかーって感じ。海外に家を持つ?いざ買ったら、なんか遠いし管理面倒だなあ、ホテルの方が便利だったな、とか。なんでもそうだよね。


・・・


誰にでも、手に入れたい夢があります。やりたかったこと、手に入れてみたいもの、大なり小なり、誰にでもそれはあるでしょう。


それは、実現すると、意外に大したことなかったりします。
でも、そうであったとしても、、、


努力して、手に入れてみよう。
一度やってみて、実感してみよう。


そっちのほうが、人生楽しいからさ。


さあ、今日も一日頑張ろうね。



2013年10月19日土曜日

横にいる人を大切にしよう

毎月、一度は地方周りをして・・・いくつかの会社に顔を出すようにしてます。で、今回、ちょっと回ってる途中で、実家によって母親の顔を見てきたの。

話題は地元の話。最近、どこどこの所で誰々が、、、という話題。でもそんな人、俺は知らん、と思いながら聞いてた。

と、その中での話。近所で、おじいさんが亡くなったらしい。そのおじいさんは、孫が大好きで、孫の方も、おじいさんが大好きで、、、ずっとずーっと一緒に過ごしていたそうな。

おじいさんは、お百姓さんをやっていて、毎日田んぼや畑に出かけていまたそうです。孫は、いつもおじいさんと一緒に朝から田んぼや畑に出かけ、それから学校へ行き、学校が終わるとおじいさんと一緒に耕耘機に乗っていました。ひときわ体が小さかったその孫は、草刈りから何から何までおじいさんに教わりました。中学校一年生の彼は、すべてうまくこなせるようになっていたといいます。

「学校行くより、友達と遊ぶより、おじいちゃんと一緒がいい!」といつも言ってたそうです。よほど大好きだったのでしょう。


亡くなったのは、そのおじいさんだったそうです。孫は、おじいさんの棺から離れず、泣きながらこう叫び続けていたそうです。「おじいちゃん、ありがとう、ありがとう」


昔は大家族で、先人は自分の死をもって子供や孫に「命の大切さ」を教えていました。今は希薄になったとよく耳にしますが、そうでもないね。田舎はいいね。


ひときわ体が小さく、小学生と見間違うような中学校一年生の彼。おじいさんがなくなった次の日から、毎日おじいさんと一緒に行ってた田んぼのあぜ道の草刈りをしているそうです。彼は今もおじいさんと一緒に過ごしているのでしょう。よかったね、おじいさん。

たぶん、そのおじいさんは、天国かどこかで、本当に喜んでるだろうね。


また今度実家に寄ったら、ひょっとして、草刈りをしてる小さな少年を見かけることができるかもしれないね。楽しみだな。


今生きている人、元気な人も、いつかはいなくなる。大事にしようね。思い残すことがないよう、大切にしよう。


今日はビジネスの話とは全く関係ないなー
でわー

写真は仲間と各会社回ってるときの感じだよー
カタギに見えない気がするよー



2013年10月13日日曜日

ビジネスで最も大切なこと

うちのグループの社長であるひとりが「会長、今月から毎月200万円入れますね」と言ってきてくれた。私へのお手当をさらに増やしてくれるらしい。「お金はたくさんあるからいらないよ」と答えたら「それでは、こっちがカッコつかんのですわ」と。

嬉しいね。金額どうこうより、こちらが全く気にしていないのに、向こうからそういうことを言ってきてくれることが無性にありがたい。

まあ、でもこれでまた勝手に年収が2400万円増えるわけだから・・・なんかすごいことだなあ、と思う。


自分で言うのも変なのだけど、「あなたの売りってなあに?」と聞かれたら、即座に「私のために必死に頑張ってくれる仲間の存在」と答える。ここだけは絶対に負けない。


うちのリーダー連中は、ほとんどその業界、ジャンルにおいて日本一で、、、

かつ、私のことを考えてくれていることについて、これ以上の連中はいないんだ。


よく世間で、やれマーケティングだとか、やれ儲かる方法だとか、そんなことばっか言ってるけど、所詮小手先の技だよね。(まあ、私もたまに言うけど)


優秀で信頼できる仲間に勝る財産はないよ。


・・・


お金を稼いでくれる仲間だから尊い、という訳じゃないの。

私は、不労所得が年間3億円を超えているけど、実を言うと、このうち、たった1円でも、グループの各社長に「くれ」と言ったことがないの。


今回もそう。「俺はいらないよ、お金たくさんあるから」と断ったのだけど、彼らから「払わせろ」と言ってくれる。これが嬉しいんだ。


もう一つ、さらに大きな自慢があるの。


うちの社長連中は、これまた「いくらくれ」と言った人間は過去に一人もいない。

つまり、新しく会社を作る際、私は彼らの給料の心配をし、自分の心配は一切しない。そして彼らは、私に渡す報酬を一生懸命考え、自分の給料は一切見ない。ウチの奴らは、相手のことしか心配してないの。


ここが、ウチのグループがうまく行ってる一番の理由なんだ。


こういった仲間と仕事して、また、人生の同じ時期をともに過ごせることこそ、儲かるとか儲からないとかより、ずっとありがたいことだと思うよ。神様に感謝だね。


仲間を大切にする。そして仲間から大切にされる。こういった仲間を捜そう。そして、こういった関係を育てていこうね。ビジネスにおいて、絶対的な一番の要素だよ。そして、これこそが人生において最高の宝だと思う。


・・・


はばかりながら、こういった仲間を作るには、やはり、自分のことより、仲間の「得」を考えて生きるべきだと思う。目先の得じゃなくて、視点の長い、本当の得をね。

そして、お互いそういう人間が集まってくるのが理想。


とくに、人の上に立つ人間は、自分の取り分なんて言ってたらだめだよ。
組織がよくなれば、リーダーの収入なんて勝手にあがるのだからさ。自分より下の、仲間の取り分をこそ、気にしてあげるべき。


ぽつりと自分が一人になる時間、そのとき、何が一番最初に頭をよぎるか?「仲間が、困ってないか?何かしてほしいことはないだろうか?病気してないかな?幸せに生きているかなあ?」と考える、そんなリーダーでありたいね。


そうすれば、仲間はこれ以上ないほど仕事してくれて、あなたを幸せにしてくれるよ。裏切るなんて絶対にない。


人間、必ず、、、

投げたボールが自分に返ってくるんだ。


最高のボールを投げよう。大切な仲間のために、あなたを取り巻くすべての人たちのために、そして、あなた自身のために。


自分自身も、常にそうありたいと願う。




2013年10月11日金曜日

スポーツマンとビジネス

剛柔流空手のチャンピオン、牛島選手と飲み食いしてました。
やっぱスポーツマンはいいね。

実際のところ、うちのグループも、リーダーたちはスポーツマン(特に格闘技)上がりが多いのよ。小林は元空手チャンピオンだし、寺田お父ちゃんは柔道の選手で、相撲部屋からスカウトがきたこともある。増ダーリンはラグビーの主将で、いっちんは極真会などなど。浜松の木越も元日本チャンピオンだし。ちなみに久保ちゃんは元歌手(関係ないか)。


まあ、自分が学歴がないせいか、学歴よりスポーツ歴の方が重要に思えてしまう。


将来、ビジネスをするとか、社会で役に立つためには、スポーツは非常に有効です。なにが有効か?と考えたら、やはり「努力が身になることを肌で知っている」ことだと思う。


社会に出たとして、仕事が大変だったとする。それは喜ぶべきなんだよね。


古い言い方になるけど、仕事するのは「給料をもらう」ためではなく、「自分のトレーニング」のためだととらえるべきなんだ。


自分の身を痛めて努力すると、何が得するかといったら、自分の経験値とか、レベルが上がるんだ。

それを知っていて「もっと難しい仕事を」と求めていく人と、「給料分だけ仕事すればいいや」と思う人とは違う。


若い頃は、自分の経験値を上げるため、レベルをあげるため、トレーニングと思ってガンガン仕事するべきだよね。給料もらえなくてもかまわないと思う。若い頃の給料なんてたかが知れてる。それよりも、身になることを覚えた方がずっといい。


だって、私の若い頃で考えてみたら、時給が1割上がったところで何も変わんないよ。月に1万円とか2万円だよ。それよりも、今の私にとって役に立つ事柄を知ったとすると、1億にも2億にでもなるよね。


なので、就職したら、社長にいうといい。

「残業代いりませんので、自分の身になる仕事を与えてください」


いいことあると思うよ。
多分、目をかけてもらえるだろうし。


余談だけど、もし就職のために学生時代なにをする?と問われたら、やっぱ居酒屋とかかな。やっぱお客商売の厳しいところにいくね。


しっかりしたお店は、本当にお客様のためにと気をつけている。それが学びになるね。居酒屋に行くと、大学生とかでも店長のような人なんかすごくしっかりしてる。大声出して、いい意味で、お客様あしらいもうまい。そういったところにバイトに行くといい。絶対役に立つ。


給料が高いかどうかそんなもの知らん。

若い頃から細かい計算するより、後々の大きな果実を狙うべきだね。


どうやら、私もかなりオッさんになってきた気がする。どうも説教臭くてだめだな。こんなんじゃモテないな。鼻もニンニクみたいだしな。


でわー



2013年10月4日金曜日

ビル名を統一するんだ〜

まためっちゃ久しぶりになってしまった。もうみんな見てくれないかなー
最近ちょっと日本におります。またビル買っちゃっいました。

これで、日本の主要都市、地元など、ウチのグループ会社の所在地の6カ所ほどに、自社ビルがあることになります。なので、おのおの自社ビルに事務所をおいてさ、そんで、ビルの名前を統一するのだ。

例えば、SHG新宿タワーとか、SHG渋谷ビルとかのビル名にするの。(SHGはサティス=ホールディングス=グループだよ)で、各事務所の冠にグループ名入れるのさ。

そうすると、事務所名とビル名が同じになる。なんとなく、かっこよくない?それが各都市にある感じ。

で、、、それでどうなるか?

別に何もない。かっこいいだけ。


でもさ、これから作るんだけど、名刺の中身考えただけでウキウキするよ。だって、事務所のほとんどが自社ビルの中に入ってんだもん。住所のほとんどが統一されたビル名がついてる。えへへ、むふふ。もしも、おねいたまのお店でそんな名刺を出したら、ああ、あんなことやこんなことに・・・むふふ。(店で名刺なんて出さないか)


まあ、ただの自己満足なんだけど、嬉しい。
人生、こういうことって必要だよね。


べつだん何のトクでもないけど、自分はかっこいいと思う。こだわりっちゅうか、自己マンっちゅうか。


みんな自分だけの自己満足やってます?ぜひやってね。
人生を生きていく上での潤いになるよ。


今回は、通販大家さんの瀬古さんに大変お世話になったよ。私と人間の匂いが似てるんだよね。ちょっとヤンチャなんだ。でもさ、すごく親切丁寧にやってくれた。こういった仕事が元で、いろんな人と仲良くなる。それも人生の楽しみのひとつだね。


写真は、東京の芝公園の近くにある事務所のひとつだよ。朝寄ったら、みんな仕事してたよ。偉いよ!(別にフツーか)


でわー



友人の結婚式だよー

友人の、瀬川さんの結婚式があったので、日本に戻ってきましたよ。向こうでネット環境が悪く全然投稿できなくてごめんね。

瀬川さんは、私たちの仲間の中でも、
・男前で
・オシャレで
・めっちゃ稼ぐし
・優しいし
・頭いいし
・長身で
・声を荒げたところを見たことがない
・英語ペラペラ

という、そんな人です。その瀬川さんがついに結婚ということで、綱町の三井倶楽部に行ってきました。


まー、綺麗な奥さんで、さすが瀬川さんって感じでしたね。


私は乾杯の音頭を仰せつかり、スピーチはジェームズスキナーさんというめっちゃ日本語がうまい人がやっていました。

うーん、いい結婚式だった。


お隣に座ったのが世野さんといって、アメリカの不動産投資をしている人。資産が百億円で、不労所得が3億円だそうです。

実のところ、私、自分以外で不労所得3億円って、初めて見たかも。

で、この人がまたいい人で、いろいろ教えてくれたよ。


今度アメリカ本土でも不動産買ってみようかなって思った。遊びにお邪魔する約束しちゃったよ。


ちなみに、瀬川さんもニューヨーク生まれなんだって。10年おつき合いさせてもらってるけど、初めて知った。世野さんはスコッツデールに住んでる、もうすでにアメリカ人みたいな感じ。


私も昔、ニューヨークに部屋を借りていたけど、英語はそんなペラペラという感じではないの。「ぺ」に行くか行かないか。なので、お二人に助けてもらおっと!


こういう、結婚式とかでも、いろんな出会いがあっていいね。わざと隣にしてくれたんだと思うんだけど、瀬川さんに感謝だね。瀬川さんも株の専門家なんだけど、「不動産王にオレはなる」って言ってた。海賊王じゃなきゃいいと思う。


まあ実は日本でもそうなんだけど、不動産投資って、実はファイナンスが一番重要なんだよねー。またいいネタあったらシェアするね!


でわー


写真は、三井倶楽部
庭園だよ!新郎新婦の写真、美男美女なので載せたかったのだけど、勝手に載せるとまずいかなあって。美男美女の代わりに鼻ニンニクでも見といてチョ!