2012年1月10日火曜日

「彼女の両親に気に入られる方法」録音



今日の録音は、なぜか青山表参道の
オシャレなオープンカフェで
撮っています。

フナの新婚旅行にちなんで
2回連続で結婚ネタだよ!



・・・



少子高齢化が叫ばれてます。

このままでは日本の人口は減り、
景気は下がる一方。

もう、移民しかないのでは?と
私も思います。

でも、日本は、元々島国で、
移民文化がない。

どうも移民にはアレルギーがあるように思います。



・・・



で、、、

どうすればいいか?

別にどうもしないのだけど、、、
出来れば、
結婚する人を増やしたいものです。


んで、、、

子供をどんどん増やしてもらえるよう、、、
こんな録音をしてみました。

名付けて、
結婚する前に親御さんと挨拶して
気に入ってもらえる方法。

なんじゃそれ。



・・・



これは、以前、フナが、
奥さんの親御さんとお会いするとき、
事前に私の質問した内容です。


今を去る事3年前くらいだったかな。


「会長、今度彼女の親御さんとお会いするのです」


ふーん、よかったじゃん。


「緊張します」


そだね。


「何を言えばいいのでしょう」


ラテン語の呪文でも唱えればいいんじゃないの?
エコエコアザラクとか・・・


「私は真面目に相談しているのです」


すみません。



・・・



ということで、こんなアドバイスをしました。
それの再現です。


今度、というか、いつか彼女の親御さんに挨拶するとき、
(めっちゃ限られたパターンだね)
こんな風に気をつけてください。


あなたは会話をとぎらせる事なく、
彼女の両親に気に入られ、、、

ご結婚の運びとなる事でしょう。

めでたしめでたし。

こんな話です。

彼女の両親にご挨拶で気に入られる方法(約15分)


まあ、入り口は「気に入られたい」。

でも、本当にしたい事は、、、
別のところにあるのです。

それを実感していただきたいと思います。

この方法は、あなたを、

「別のモノ」

「モノが違う」

と思わせることでしょう。



これは、ビジネスでも何でも同じです。



・・・



え?その前に、彼女を作る方法を教えろ?

うーん、、、
それは私の得意分野ではないので、
アドバンスの2、0でも聞いてみたらどうでしょう?

8 件のコメント:

  1. いやー、考えてみたら、
    これこそ親御さんに
    安心してもらえるお話でした。
    私も結婚する前に聞きたかったです。(汗)

    でも、最初に
    仏壇に手を合わるのだけやってました。

    だから、かみさんのお父さん、お母さんと
    うまくやっていけてるのかな、と思います。

    今度会ったときは、
    アルバムをさかのぼって
    みようかと思います。

    ありがとうございました。

    返信削除
  2. 竹下さま、コメントありがとうございます!

    >これこそ

    はい、実際、すべてのパターンに置いて、「自分が好かれるかどうか」という観点ではなく、「相手が安心できるかどうか」こそがポイントだと思います!そうすれば自動的に好かれるものですね!ビジネスでも同じです!

    >仏壇に

    竹下さまもそうされたのですね、素晴らしいと思います。
    お仏壇に手を合わせるのは「相手に取って大切なものをそれ以上に大切に扱う」という気遣いですね。娘さんに対しても同じ。目の中に入れても痛くない、そんな人をそれ以上に大切にする、そんな人間である事、それこそが一番重要なのだと思います!

    また是非覗いてくださいませ!

    返信削除
  3. 廣田会長へ

    ためになるお話ありがとうございます。

    会長は、なんでも色々なことを知っているんですね。

    ビジネスを行う上でも同じことなんですね。

    毎度、非常に頭に残りやすいお話なので、ますます

    尊敬してしまいます。

    いちごポッキーより

    返信削除
  4. いちごポッキーさま、コメントありがとうございます!

    >会長は、なんでも

    はい、ある程度とし食ってますから(笑)

    >ビジネスでも

    そうですね!基本は全く同じです!人と相対するときの絶対的なものだと思います!

    >尊敬

    ありがとうございます!素直に嬉しいです!これからもどうぞよろしくお願いいたします!また覗いてくださいませ!

    返信削除
  5. 廣田会長・船川様、こんばんは。

    とても勉強になりました!
    もっと早くこの事を知っていたら、僕もビシッと
    決められたのかなと・・・(笑)

    僕も幼い娘がいますが、そんな男性をつれてこられたら、
    やっぱり任せられる気持ちになると思います。

    ビジネスとは違う観点でしたが、どんな場面でも
    相手は人なので、想いを共有するという事が大切なんだ
    という事を教えて頂きました。

    コヤシブログで学ばせて頂いている事がいっぱい
    で本当に感謝しています。

    返信削除
  6. 龍さま、コメントありがとうございます!

    >とても勉強に

    ありがとうございます!でも龍さまもちゃんとビシッと決められたのではないでしょうか。

    >僕も幼い娘

    おおー、娘さんをもたれる親御さんのお気持ち、お察しいたします!目に入れても痛くないほどかわいい娘さん、やはり「いい男」にもらってほしいですね!きっとそうなると思います!

    >どんな場面でも

    はい、どんな場面でも同じですね!相手の想いを共有する事のみが、人間関係の極意であると思います!

    また是非覗いてくださいませ!

    返信削除
  7. 廣田会長 こんにちは
    飯田です。

    親(相手)を安心させる精神ですね。
    勉強になりました。

    ありがとうございます。

    返信削除
  8. 飯田さま、コメントありがとうございます!

    >勉強に

    こちらこそ、いつも応援くださってありがとうございます!彼女の親御さんも、お客さまも、友人も、皆同じですね!自分のためでなく、相手のためにこそ安心をしてもらう、言ってみれば思いやり。そのひと言につきますね!
    是非また覗いてくださいませ!

    返信削除