2013年3月22日金曜日

メーソンのタグまた作るよ!

フリーメーソンの儀式があったので、帰国してお邪魔してきました。

で、、、

以前、このブログで、、、

東北大震災のボランテイアをかねて、フリーメーソンのキーホルダーをお分けしたことがあります。

今年も、作ってるんだけど、欲しい方って、いるかなあ。

もしいたら、いくつか持ってきますので、教えてください。
(ちゃんとお金はもらうよ)

ちなみにこれは商売ではないので、別に買ってもらわなくっていいですからね。

実は、前回のときは、記事でご紹介させていただいているうちに、予約段階で予定数がいっぱいになって、皆様に当たらなかったのです。

まあ、今回も作ることになったので、欲しい方がいれば言ってね、ということです。

でも、数の問題等があるので、お分けできるかどうかは約束できないよ。

写真は、東京タワーの横の地下にある、東京グランドロッジ内、スコティッシュライトの部屋。


儀式中の内部写真って、なかなか見られないと思う。


ちなみに、写真出して良いか悪いかわからん。なので、クレームついたら削除するよ。


メーソンって何ぞや?という人は下を見てね。長いよ。
私のブログ、前回のキーホルダーの過去記事です↓


*********


「フリーメーソンのメダルタグって欲しいっすか?」


都市伝説、面白いですね。

人工地震とか、だれだれ暗殺とか、911は仕組まれていたとか、なんとかの陰謀とか・・・

いかにもこの世界は誰かの意識によって動かされているかのようです。

ホンマかいな。


・・・


どうでもいいことですが、、、

私には、フリーメイスンの友人がいます。

名前は伏せますが、わりと、というか、かなり上のほうの人間です。

べつだん自慢する訳ではないのですが、その彼は、フリーメイスン内にあるクラブのプレジデントの地位にいます。



・・・



フリーメイスン。

(メーソンとかメイソンとかいわれているけど、ロッジにはカタカナで「メイスン」ってかいてあったのでメイスンでいきます。まあメルセデスとメルツェデスの違いだね。どっちゃでもいーけど)

秘密結社だとか、謎の組織というイメージが強いです。


そのシンボルマーク、全てを俯瞰する「全能の目」は1ドル札のデザインに使われていると言われ、その影響力のすごさを知る事ができます。


都市伝説かもしれませんが、日本の千円札の野口英世(メーソンリーだったといわれている、はっきりはわからない)の片目もメイスンのシンボル、「全能の目」で書かれているとか。


千円札を透かすと、ピラミッドを模した富士山の真ん中に、野口英世の左目がぴしゃっと収まる。

その目は「全能の目、全てを俯瞰する目」で描かれている、、、

という話。
千円札持ってたら試してみてちょ。



・・・



歴代アメリカ大統領を始め、ベートーベンやモーツアルト、はては誰それ・・・

アメリカ独立戦争を仕掛け、明治維新もメイスンが関与していた。

ちなみに坂本龍馬の家紋は六芒星(ダビデの星)で、グラバーもメーソンリーだった、という書籍も出ているようです。

映画、ダヴィンチコードなどでも出てますね。

実際のところはともかく、「世界を陰で操っている」、そんな噂がある団体。



・・・



で、、、

ちなみに、私はその会員が持つキーホルダーを使っています。

これはロッジマスターが自分で使っているものを直接もらったもので、ネットとかで販売されているものではなく、由緒正しい逸品です。


さて、、、

本題です。


今日は、何が言いたいかというと、

・こんなの、欲しいですか?

(転載終わり)

*********


という記事だったのです。


ブログ読者さまにお分けしようと思ったのですが、予約で完売になって、予約の方にも半分くらいしか当たらなかったの。なので、またご案内しています。


興味ある方は、こちらを見てね(ブログ過去記事です、セールスではありませんのでご心配なく)


http://yasuyuki-h.blogspot.jp/search/label/フリーメーソン

ページの下の記事が古い記事です。
なので、下の古い記事から読んでいただくとわかりやすいです。




2 件のコメント:

  1. 廣田様

    こんばんわ。

    メイスン欲しいです!!

    是非よろしくお願いします。

    どのような手続きにすれば良いかまた教えてください。

    返信削除
    返信
    1. 塩井さま、コメントありがとうございます!
      はい、確保しますね!
      今度はデザインも全く新しいものに変わるので、写真をアップしますから、その写真を見て決めてもらっていいですよ!

      また記事に載せますので、楽しみにお待ちくださいませ!

      削除