2014年7月25日金曜日

2000億円を失った人の話



私の入ってる経済塾でさ、ちょっと良い話を聞いた、というか見たの。この塾は数十人ながら、会員全部の売り上げが2兆円を超える、という会。ちなみに、私の売り上げ50億程度では誰も見向きもしない。まあ頭数で割ったら一人あたり数百億だもんね。

その会にいる人の話。なるたけ本人が特定できないよう微妙にスペックや数字をずらして書くけど、株に詳しい人にはわかるかも知れない。

株式を公開している会社だから、わかっても別に問題はないと思うのだけど、それは主旨と違うので、知ってる人もコメントに書かないでね。

・・・

さて、本題。

この人、 A さんは、数年前に東証に上場して、時価総額が約2千億円の会社になったらしいの。

私と同じように、中卒の学歴なし。若い頃はヤンチャだったらしい。まあ、ゼロからだからすごいよね。

このAさんは、バブル時にビジネスで数十億円単位の借金を抱え、しかし、それを全部返しきった、という人。マイナス数十億円から2千億円だからね。まるでジェットコースターのようだね。

でも、Aさんのジェットコースターはそれでは終わらない。

不動産関連の会社だったゆえに「地価」がモロに株価に影響してしまうの。でさ、上場して、、、

またまた、大きな波が来てしまった。
バブル崩壊の再来、リーマンショック。

当時、もっと物件を購入しろ、と外資から数百億円の融資を受けていたA さん。

持っていた資産はどんどん下がり、株価も下がりきって、、、

2000億円の価値があった株価の時価総額は、ほぼなくなってしまった。(5億円だったか?1995億円減ったことになる)

神様もひどいね。ホント、景気に翻弄された。

そんなころ、私はこのA さんの入っている、この塾に入会したんだ。

・・・

この塾のトップ、K塾長は「Aちゃんがかわいそうだ、なんとかしてやりたい」と物件の処分を手伝ったり、いろいろ奔走されてた。上場前からかわいがってた塾生だから、なんとかしてあげたかったんだろうね。

とにかく、面倒見の良い、優しい塾長なんだ。
塾長や、数名の会員さんがAさんを支えてた。

そんな中、一度だけ、塾の中で、このA さんが、塾生みんなに「お願いごとがある」と言ったことがあるの。

「みなさん、実はお願いごとがあります」

で始まったその挨拶。

いったいどんなことかなーと思って聞いてたら、こんな話だった。

このAさん、ずっと、アジアの貧しい地域から来ている留学生を支援していたの。そういう公益財団を作ってた。会社の株を譲渡して、配当で支援をしていたの。

で、株価が下がりきって、配当が出ない。

配当が出ないと、留学生達が困ってしまう。なので、「みなさん、なんとか助けて頂けないでしょうか?」と。

株買ってくれとか、物件を買ってくれとかじゃないよ。

この塾には経済界のトップが名を連ねてる(名前を書けないのが歯がゆいくらい)。

なので、そんな塾のみんなの力を持ってすれば、いろんなことができる。でも、この人の頼んだのは、留学生のことだった。

一口、3万円。
ある意味、たった、3万円。

自分は、1995億円なくしたんだよ?
(自分の持ち株だけでも半分くらいはあった)

ふつうなら、留学生どころじゃない。
なんか、すごいな、この人、と思った。

・・・

塾の多くの人が協力した。その財団は、塾生以外の多くの皆からも寄付が集い、継続ができた。

多くの留学生が、助かった。

・・・

あれから数年が経った。

アベノミクス。

賛否両論あるかも知れないけど、、、

実際に、この日本は、徐々に景気が戻ってきています。東京の地価は軒並み上がり、1、5倍以上になった物件も数多いです。景気はそのうち地方にも伝播していくでしょう。

景気が下がって、物件価値が下がり、株価が下がった。
今度は、景気が上がれば、、、逆もまたしかり。

A さんの会社、700億円まで戻った、と聞きました。

塾生達の反応は、

Aちゃん、良かったね、やっぱり、、、

「神様は見てるなあ」

というものだった。

・・・

アベノミクスもしかり、ADR その他、打った手も良かった。留学生の話だけでなく、やるべきこともちゃんとやってきた。本来ならば、当然つぶれてしまうところを、負債が大きすぎて潰せないまま、景気が上がって持ち超えた、という幸運もあったでしょう。逃げなかった、ということも大きいと思います。

それとは別に、私が聞いた話ですが、、、
ある海外の融資先がちゃんと調べ、評価していたといいます。

自分の心配よりも、アジアの留学生の心配をしていたその人間的姿勢を。

私心がない。

Aさん、とても素晴らしい。
学ばせていただきます。

ホント、神様って、いるんだね。

・・・

写真は、その塾の去年の忘年会で、最後の締めの挨拶を託かった私。

「並みいる先輩達を差し置いて、一年の最後の挨拶を仰せ付けられるとは、まことに恐縮ながら、非常な光栄ですので、記念に写真取ります」

と壇上で自我撮りしたら笑われた。

浮かれてカラオケ歌ってるようにしか見えない。

*ちなみに、文中、数字その他を意図的に変えているところがあります。主旨はちゃんと伝わると思うので、内容にツッコミはやめてね。

0 件のコメント:

コメントを投稿