2015年6月18日木曜日

長崎いいよねー




長崎へ行ってきたよ。社員旅行なんだ。私の会社がたくさんあるせいで、社員旅行ばかりしてるんだけどね。今回は久保ちゃんの会社だよ。
 
で、ハウステンボスへ行ってきた。ご存知な方も多いかと思うけど、開園以来18年間赤字だったこのテーマパークを、HISの澤田会長がたった一年で黒字にした、というところなんだ。
 
澤田会長は、私が入れてもらっている経済塾のふたつのうち、ひとつほうの名誉会長をされてるんだ。なので、多少ご縁があるのよ。
 
ちなみに、こないだの会長のお誕生日は隣のテーブルでハッピーバースデーを歌ったよ。まあ、澤田会長は私のこと認識してないと思うけどね。でも、本当に尊敬するべき経営者です。
 
まあ、何が言いたいかというと、思い入れを持って見てきたってことなんだけどさ。
 
・・・
 
私が澤田会長のファンだからという訳ではないけどさ、いいねー、ハウステンボス。とっても楽しかった。
 
赤字を脱出するために、澤田会長がしたことはたった三つなんだって。
 
掃除をする。
挨拶をする。
2割速く動く。(2割原価を下げ、2割売り上げを増やす)
 
だけなんだってさ。
 
・・・
 
あと、ディズニーランドの真似はしない。資金がないのだから、お金をかけずに工夫しよう、ということで、随所に工夫がされてるのさ。
 
どこいっても、音楽がかかってて、歌を歌ってる。イルミネーションをガンガン使って、拾い敷地のどこに行っても楽しめる。なんか、ずっと夏祭りをしてるみたいなイメージ。でもって、すんごいお金がかかってるかというとそうでもない。
 
例えば、ステージでダンサーが踊ってる。
それを見て広場でお客さんたちが踊るの。
 
70年代のディスコの曲。踊りやすいし、多少年齢がいってる人でも楽しめる。振り付けをわざと簡単にして、ステージを見てればすぐ真似が出来る感じ。お客さんたちにも、仮面やマントを貸し出してて、それをめいめい付けて、仮面舞踏会のようにして、みんなで踊るのさ。
 
どこいっても、イルミネーションショーをやってて、それも楽しい。こちらが終わったら次ここ、みたいな感じで場所も変わってく。
 
んで、とにかく食べ物屋さんが多い。
ディズニーみたいに、何十分も並ばなくていい。すぐ食べられるし、けっこう真っ当な(失礼)食べ物が多い。食べながら歩くのもまたいい。
 
とにかく、楽しい。
 
年齢別で、どの年齢でも楽しめるイベントが用意してあるのよ。
 
・・・
 
何十億円も借金していても、18年間赤字でも、経営者がしっかりしていれば優良企業に早変わりできる。
 
お金をかけずに、工夫と努力でいくらでも手はあるんだ。
学ばされるね。
 
・・・
 
JALの稲盛さんもそうだったように、澤田会長たった一人の力で、企業というのはこうも変わるもんだよね。やはりさすがの経営力だね。余談ながら、再生に乗り気ではなかった澤田会長、依頼されて実際に経営に乗り込むまでに、ほとんど全ての改革は終わってたらしいのね。
 
たとえば、以前の債券もカットしたりいろんな交渉をしてた。乗り込む前にだよ。やっぱり、戦う前に勝ってるね。
 
やっぱ、こういったお遊び旅行でも、ためになることはたくさんあるね。また改めてゆっくり来ようかな、そう思わせる場所だったよ。ハウステンボス、お勧めだよ。
 
写真はハウステンボスの様子。なんか怪しいオッサンたちがビール飲んでるでしょ。まあ、仲間たちとこうやって過ごせる時間が宝物だよね!

0 件のコメント:

コメントを投稿