2015年6月5日金曜日

公益財団法人、認定おりましたよ。





今日は右寄りじゃなくて、いつもの自慢話だよ!偽善シリーズ!
私は何をかくそう(別にかくしてないけど)、偽善者なんだ。何をするかというと、寄付とかいろいろして「いい人だなあ」と思わせて、実は全て自分のためにやっているという、イヤらしい成金小デブだよ!
 
ということで、日夜、偽善活動をしております。人によっては、慈善活動という表現もあるけど、まあ、音が似てるからいいじゃん。
 
でさ、偽善ここに極まれり、で、ついに(というか実はちょっと前のことだけど)公益財団の認可が下りたんだよ!
 
今日はそのお話。
  
・・・
 
実はさ、私の会社は結構数が多くて、いろんな県にまたがってるのさ。で、それぞれがお世話になってる県に、なにかできることはないか?とまあ、おのおの、地元の孤児院に寄付をしてたのさ。
 
単なる自己満足で、売名行為の、偽善なんだけどね。
 
ユニ◯フとか、◯十字とか、なんか税金の控除できるところって、実際に寄付先にはほとんどお金が行かないらしい(ホントかどうかは知らない)。
 
そこで、自分たちで自分たちのやりたいところに寄付をすると、当然、税金取られちゃう。
  
自分たちの好きなところに寄付をして、かつ、税金の控除も受けようと思ったら、、、
 
公益財団をつくるしかない。
 
・・・
 
でもさ、やっぱり、税額の控除がある訳だから、審査が厳しいのよ。言ってみれば、脱税の温床になっちゃう。なかなか認定が下りないんだよ。
 
一部上場企業でも、公益財団法人を持ってると、ちょっとカッコがつくの。「ああ、公益持ってるんですか(さすが)」みたいな。でも、私たちのような中小企業は、ほとんど公益は持ってない。また、取れない。
持ってるの、ウチくらいじゃないかな。
 
東京で、誰でも知ってる超有名企業の創業者が、公益財団を持ってる。で、お話ししたときに「ウチも最近公益おりまして」と話したら、「ヒロタさん、かなりお金かかったでしょ?」といわれたのさ。その方は、公益財団を作るコンサルに一億近く払ったそうな。
 
で、私が「いえいえ、所定の手続き金額だけですよ」と話したら、、、
ちょっとムッとしてた。
 
それは、とても考えられない話なんだって。
 
 
・・・
  
実は、ウチも、審査の際に「怪しい」とかいろいろ言われたんだ。どうせ、節税の隠れ蓑にするんだろうって。
  
なんで、私は、「いえいえ、理事、評議員共々、一切の給料を出しません、顧問の弁護士、計理士も無償。なので悪さのしようがないですよ。孤児院はお金が足りてない。そこに寄付するだけです」と言ったの。
 
そしたら、「カネだけ人にやるって、そんな奇特な人間がいる訳ない」との反応。
 
まあ、審査自体、おかしなヤツをふるい分けるのが目的だからね。仕方ない。
一時は、もうやめようか?とも思ったんだけど、、、
 
違う展開になったのさ。
 
・・・
 
一人の主幹さんの存在が、全てを変えちゃったの。
 
その、審査を行う係の人の一番偉い主幹さんが、事情を調べるために、孤児院さんに電話して回ったそうなの。そしたら、孤児院さんたちが、「あ、あの方々は、かれこれ十年近く、毎年寄付をくれています」と言ってくれたらしい。
 
一件一件はわずかな金額なんだけどさ、県内で、必要そうな(スポンサーのいない)孤児院さんたち全てに、毎年お金を届けてた。それが、主幹さんの心を動かしたらしい。
 
主幹さんが言うには、「県内ほとんどの孤児院さんが口を揃えて言ってた」と教えてくれた。
 
「あなたたちは、毎年、寄付をしてくれていたんですね」
って。
 
で、この人たちは本物だ、と思ってくださったらしいの。

「私が責任を持って、任期中に、通します」と断言してくれた。その主幹さんは移動間際だったんだ。
 
ちょっと泣けてきたよ。
 
・・・
 
もとより、ミスターX(今は、仙人さんだね)に言われ、「どこにも内緒が条件」
とはじめた寄付。そのまま内緒でずっと進めていっても良かった。でも、次のステージに進もうと思ったんだ。
 
今後も、組織として続けていってほしいから、公益財団にしようと考えたのがきっかけだったの。私の持っている株も、ここに寄付するつもりだからさ。
 
そうすれば、ひょっとして、私たちが死んだ後でも、続いていくかもしれない。そう思った。
 
で、本来なら、全く認定が通らない(通りにくい)ところを、
今まで自分たちが陰ながら応援してた孤児院さんたちが、、、
 
みんな、今度は応援してくれたんだよ。
そのおかげで、公益財団が実現した。
 
これからも、たぶん、ずっと、続けていくよ。
やっと、その体制ができたのだからね。
 
・・・
 
別に、寄付したからって偉くない。何かを得るためにやるものじゃない。自分が自分で胸を張れて、仲間のモチベーションが上がる。全て自分のため。自分たちが成功すると、助かる人がいる。これで胸を張れるのさ。力が出るんだ。
 
自己満足で、、、
こうやって自慢してるんだから、売名行為で、、、
偽善。
 
慈善家じゃなくて、偽善家。
 
それでいいと思ってる。
 
・・・
 
偽善、気持ちいいよ。
 
それに、ひょっとしたら、寄付されたほうは、嬉しかったりするよ。
だれも損しない。皆さんもぜひやろうよ!
 
レッツ偽善!
 
・・・
 
写真は、海外で偽善してるとこだよ。
 
上の話は日本のお話なんだけどさ、
日本の孤児院さんの写真は出せないんだ。
(顔が写っちゃうからね)
 
まあ、どうみても、人身売買組織のオヤジだね!
  
怖くないからねー、オジさんねー。
お菓子あげるからー。
(怪しいちゅうの)

2 件のコメント:

  1. どうやったら廣田さんの財団に
    寄付できますか?

    返信削除
  2. 保良さま、コメントありがとうございます!

    寄付、ありがとうございます!ただ、私たちは、自分たちがお世話になっている地域に限って寄付をしております。ですので、保良さまのご縁のあるところにされるのも宜しいかと思います!

    どうしても、ということでございましたら、ありがたく浄財としてお預かりさせていただきます!

    返信削除