2015年6月21日日曜日

メーソンから時計届いたよー





また久しぶりの投稿になってしまったよ。最近忙しくて、各地を転々としていて、久しぶりに部屋に戻ったら、小包が届いているとのこと。
 
でさ、包みを開けたら、時計が二つ入ってた。んで、手紙に、
 
「公益財団認可おめでとう。記念といっては何だが、プレゼントがある。この時計は世界で100本しかない限定品。君に10番を用意しておいた。二つ並べて写真を撮ったら、ひとつは私に送り返しなさい。 フリーメーソン〇〇〇〇プレジデント 〇〇〇〇」
 
と書いてあった。
 
FB、わりと見てるんだね、メーソン。
 
・・・
 
よく見たら、時計のもひとつは12番だった。なんで二本送ってくれたんだろう?
 
というわけで、余ったもう一本を、
な、な、なんと!!!!
 
この読者さんにプレゼント!
フリーメーソン限定100本のナンバリング入り時計!
ナンバ−12、一本限り!(10番は私のだよ)
滅多にない逸品だよ!
ふるって応募してね!
 
というのは嘘です。そんなことしたら怒られるから、できないねえ。ひとつは送り返せって書いてあるしねえ。
 
なので、ちゃんとクロネコヤマトの宅急便で送り返すのさ。
 
・・・
 
でも、不思議だ。
何でワザワザ?
送り返す手間が余分ではないか?
  
あまりに不思議なので、いろいろ考えてみた。
ひょっとしたら、これもメーソンの陰謀なのかもしれないからね。


 
でも考えてみれば、ちゃんとFB(もしくはブログ)チェックしてくれてるんだな。意外にヒマだぞ、フリーメーソン。

そういえば、以前、『アイアンマンは、まいまそまそ』という記事を載せたら、すぐにプレジデントから「アベンジャーズごっこするなら、アイアンマンはやっちゃんにやらせてあげよう。私は言わずと知れたマイティソーだ。ソーの持つ、あのトンカチはメーソンから来ているのだから」とメールが来た。

やっぱり、ヒマなんだな。だいたい、この年になって、アベンジャーズごっこするつもりも予定もない。でも、もし、あくまでもしもだが、もしするなら私はやはりマイマソマソがいい。今度またアベンジャーズ2が封切りされたら、またメールが来るかもしれないな・・・
 


などと下らぬことを考えていたら、、、
 
長くなってしまった。
 
今日はここまでだよ!
何にも学びはないよ!
 
指示通りに写真を撮ったよ!
時計だけじゃ寂しいから、ブルーロッジの写真も載せとくね!
 
では、いまからフロントに行って宅急便出してくるよ!

2015年6月18日木曜日

長崎いいよねー




長崎へ行ってきたよ。社員旅行なんだ。私の会社がたくさんあるせいで、社員旅行ばかりしてるんだけどね。今回は久保ちゃんの会社だよ。
 
で、ハウステンボスへ行ってきた。ご存知な方も多いかと思うけど、開園以来18年間赤字だったこのテーマパークを、HISの澤田会長がたった一年で黒字にした、というところなんだ。
 
澤田会長は、私が入れてもらっている経済塾のふたつのうち、ひとつほうの名誉会長をされてるんだ。なので、多少ご縁があるのよ。
 
ちなみに、こないだの会長のお誕生日は隣のテーブルでハッピーバースデーを歌ったよ。まあ、澤田会長は私のこと認識してないと思うけどね。でも、本当に尊敬するべき経営者です。
 
まあ、何が言いたいかというと、思い入れを持って見てきたってことなんだけどさ。
 
・・・
 
私が澤田会長のファンだからという訳ではないけどさ、いいねー、ハウステンボス。とっても楽しかった。
 
赤字を脱出するために、澤田会長がしたことはたった三つなんだって。
 
掃除をする。
挨拶をする。
2割速く動く。(2割原価を下げ、2割売り上げを増やす)
 
だけなんだってさ。
 
・・・
 
あと、ディズニーランドの真似はしない。資金がないのだから、お金をかけずに工夫しよう、ということで、随所に工夫がされてるのさ。
 
どこいっても、音楽がかかってて、歌を歌ってる。イルミネーションをガンガン使って、拾い敷地のどこに行っても楽しめる。なんか、ずっと夏祭りをしてるみたいなイメージ。でもって、すんごいお金がかかってるかというとそうでもない。
 
例えば、ステージでダンサーが踊ってる。
それを見て広場でお客さんたちが踊るの。
 
70年代のディスコの曲。踊りやすいし、多少年齢がいってる人でも楽しめる。振り付けをわざと簡単にして、ステージを見てればすぐ真似が出来る感じ。お客さんたちにも、仮面やマントを貸し出してて、それをめいめい付けて、仮面舞踏会のようにして、みんなで踊るのさ。
 
どこいっても、イルミネーションショーをやってて、それも楽しい。こちらが終わったら次ここ、みたいな感じで場所も変わってく。
 
んで、とにかく食べ物屋さんが多い。
ディズニーみたいに、何十分も並ばなくていい。すぐ食べられるし、けっこう真っ当な(失礼)食べ物が多い。食べながら歩くのもまたいい。
 
とにかく、楽しい。
 
年齢別で、どの年齢でも楽しめるイベントが用意してあるのよ。
 
・・・
 
何十億円も借金していても、18年間赤字でも、経営者がしっかりしていれば優良企業に早変わりできる。
 
お金をかけずに、工夫と努力でいくらでも手はあるんだ。
学ばされるね。
 
・・・
 
JALの稲盛さんもそうだったように、澤田会長たった一人の力で、企業というのはこうも変わるもんだよね。やはりさすがの経営力だね。余談ながら、再生に乗り気ではなかった澤田会長、依頼されて実際に経営に乗り込むまでに、ほとんど全ての改革は終わってたらしいのね。
 
たとえば、以前の債券もカットしたりいろんな交渉をしてた。乗り込む前にだよ。やっぱり、戦う前に勝ってるね。
 
やっぱ、こういったお遊び旅行でも、ためになることはたくさんあるね。また改めてゆっくり来ようかな、そう思わせる場所だったよ。ハウステンボス、お勧めだよ。
 
写真はハウステンボスの様子。なんか怪しいオッサンたちがビール飲んでるでしょ。まあ、仲間たちとこうやって過ごせる時間が宝物だよね!

2015年6月5日金曜日

公益財団法人、認定おりましたよ。





今日は右寄りじゃなくて、いつもの自慢話だよ!偽善シリーズ!
私は何をかくそう(別にかくしてないけど)、偽善者なんだ。何をするかというと、寄付とかいろいろして「いい人だなあ」と思わせて、実は全て自分のためにやっているという、イヤらしい成金小デブだよ!
 
ということで、日夜、偽善活動をしております。人によっては、慈善活動という表現もあるけど、まあ、音が似てるからいいじゃん。
 
でさ、偽善ここに極まれり、で、ついに(というか実はちょっと前のことだけど)公益財団の認可が下りたんだよ!
 
今日はそのお話。
  
・・・
 
実はさ、私の会社は結構数が多くて、いろんな県にまたがってるのさ。で、それぞれがお世話になってる県に、なにかできることはないか?とまあ、おのおの、地元の孤児院に寄付をしてたのさ。
 
単なる自己満足で、売名行為の、偽善なんだけどね。
 
ユニ◯フとか、◯十字とか、なんか税金の控除できるところって、実際に寄付先にはほとんどお金が行かないらしい(ホントかどうかは知らない)。
 
そこで、自分たちで自分たちのやりたいところに寄付をすると、当然、税金取られちゃう。
  
自分たちの好きなところに寄付をして、かつ、税金の控除も受けようと思ったら、、、
 
公益財団をつくるしかない。
 
・・・
 
でもさ、やっぱり、税額の控除がある訳だから、審査が厳しいのよ。言ってみれば、脱税の温床になっちゃう。なかなか認定が下りないんだよ。
 
一部上場企業でも、公益財団法人を持ってると、ちょっとカッコがつくの。「ああ、公益持ってるんですか(さすが)」みたいな。でも、私たちのような中小企業は、ほとんど公益は持ってない。また、取れない。
持ってるの、ウチくらいじゃないかな。
 
東京で、誰でも知ってる超有名企業の創業者が、公益財団を持ってる。で、お話ししたときに「ウチも最近公益おりまして」と話したら、「ヒロタさん、かなりお金かかったでしょ?」といわれたのさ。その方は、公益財団を作るコンサルに一億近く払ったそうな。
 
で、私が「いえいえ、所定の手続き金額だけですよ」と話したら、、、
ちょっとムッとしてた。
 
それは、とても考えられない話なんだって。
 
 
・・・
  
実は、ウチも、審査の際に「怪しい」とかいろいろ言われたんだ。どうせ、節税の隠れ蓑にするんだろうって。
  
なんで、私は、「いえいえ、理事、評議員共々、一切の給料を出しません、顧問の弁護士、計理士も無償。なので悪さのしようがないですよ。孤児院はお金が足りてない。そこに寄付するだけです」と言ったの。
 
そしたら、「カネだけ人にやるって、そんな奇特な人間がいる訳ない」との反応。
 
まあ、審査自体、おかしなヤツをふるい分けるのが目的だからね。仕方ない。
一時は、もうやめようか?とも思ったんだけど、、、
 
違う展開になったのさ。
 
・・・
 
一人の主幹さんの存在が、全てを変えちゃったの。
 
その、審査を行う係の人の一番偉い主幹さんが、事情を調べるために、孤児院さんに電話して回ったそうなの。そしたら、孤児院さんたちが、「あ、あの方々は、かれこれ十年近く、毎年寄付をくれています」と言ってくれたらしい。
 
一件一件はわずかな金額なんだけどさ、県内で、必要そうな(スポンサーのいない)孤児院さんたち全てに、毎年お金を届けてた。それが、主幹さんの心を動かしたらしい。
 
主幹さんが言うには、「県内ほとんどの孤児院さんが口を揃えて言ってた」と教えてくれた。
 
「あなたたちは、毎年、寄付をしてくれていたんですね」
って。
 
で、この人たちは本物だ、と思ってくださったらしいの。

「私が責任を持って、任期中に、通します」と断言してくれた。その主幹さんは移動間際だったんだ。
 
ちょっと泣けてきたよ。
 
・・・
 
もとより、ミスターX(今は、仙人さんだね)に言われ、「どこにも内緒が条件」
とはじめた寄付。そのまま内緒でずっと進めていっても良かった。でも、次のステージに進もうと思ったんだ。
 
今後も、組織として続けていってほしいから、公益財団にしようと考えたのがきっかけだったの。私の持っている株も、ここに寄付するつもりだからさ。
 
そうすれば、ひょっとして、私たちが死んだ後でも、続いていくかもしれない。そう思った。
 
で、本来なら、全く認定が通らない(通りにくい)ところを、
今まで自分たちが陰ながら応援してた孤児院さんたちが、、、
 
みんな、今度は応援してくれたんだよ。
そのおかげで、公益財団が実現した。
 
これからも、たぶん、ずっと、続けていくよ。
やっと、その体制ができたのだからね。
 
・・・
 
別に、寄付したからって偉くない。何かを得るためにやるものじゃない。自分が自分で胸を張れて、仲間のモチベーションが上がる。全て自分のため。自分たちが成功すると、助かる人がいる。これで胸を張れるのさ。力が出るんだ。
 
自己満足で、、、
こうやって自慢してるんだから、売名行為で、、、
偽善。
 
慈善家じゃなくて、偽善家。
 
それでいいと思ってる。
 
・・・
 
偽善、気持ちいいよ。
 
それに、ひょっとしたら、寄付されたほうは、嬉しかったりするよ。
だれも損しない。皆さんもぜひやろうよ!
 
レッツ偽善!
 
・・・
 
写真は、海外で偽善してるとこだよ。
 
上の話は日本のお話なんだけどさ、
日本の孤児院さんの写真は出せないんだ。
(顔が写っちゃうからね)
 
まあ、どうみても、人身売買組織のオヤジだね!
  
怖くないからねー、オジさんねー。
お菓子あげるからー。
(怪しいちゅうの)