2016年7月14日木曜日

日本と海外の話

ホリエモンさんの本で「君はどこにでもいける」というのがあるよね。日本は元気がない、いまやアジアでも日本は取り残されてるよ、みんな頑張ろうよ、てな感じな本なのだけどさ。ホリエモンさんは、いつもとてもいいことを言う。

手前味噌だけど、私もホリエモンさん程度には海外に行ってる。(生涯フライト時間は3千時間を超えてる)で、やはり、彼と同じことを思うよ。
...

で、いまインドネシアにいるのだけど、まあホント、元気いいよね。ここは2年ぶりなんだけど、またまた良くなってるよ。

道が新しくなって、車や若い子らの服が綺麗になって、どんどん進歩してるのが一目でわかるね。

比べて日本はやはり20年で何が変わったんだろう?ってな感じ。

もちょっと頑張らなきゃさ。

・・・

自民党が大勝したらしいね。文句しか言わない野党とか、何とかルズとか、変な連中が騒いだりもしてたけど、ああ、やはり国民の皆は、踊らされずにちゃんと見てるんだな、と安心したよ。

自分は日本にいなかったので投票してないけどさ、よかったと思う。

昔は自民党一本だったよ。何かをやろうと思っても(なかなか決められない日本ではあったけど)、それでもいろいろ決まりながら進んでた。

今後は多少スピードアップしてくれることを祈るよ。

・・・

企業でも同じで、例えば社長が「こうしよう」という。で、専務が「それはダメ」と何につけても反対意見ばかり言って決まらなければ、すぐ立ちいかなくなるんだ。

倒産しちゃうよ。

トップダウンのほうが、絶対効率はいい。合議制の会社は意思決定がうまくいかないので、実質ほぼ存在しない。潰れるからさ、勝手に淘汰されてく。

・・・

戦争になったりで「国がトップダウンだと危険」という説もあるだろうけど、それは指導者(社長)次第なだけだよね。「何も決まらない合議制」ならばどちらにしても良くはならない。

それに比べ、社長に対して「建設的な意見のみを出して反対、賛成を言う」専務なり幹部なら、会社は上手くいく。

今回も大敗した民進党なんかはそれができていない。反対意見ばかりで建設的な意見が何もないからこそ、国民のみんなは嫌気がさしたんだと思う。

何とかルズたちも同じ。私も「仕事(国を良くしていこうとする努力)の邪魔すんなや、仕事する気のない奴は引っ込んどれ」と思うもんね。

・・・

昔、日本人はアジアのヒーローだったと言っていいと思う。いまも尊敬はされてる。

マナーもいいし、過去、第二次大戦では自らの身を犠牲にして、アジアの植民地を欧米から解放した。

(中韓以外の国ではこういう認識のほうが主流だよ。侵略戦争だなんで誰も言わない。嘘だと思ったらインドネシアでも行って知識人に聞いてみたらいい)

・・・
でも、今の日本は憧れの存在から変わりつつある。元気ないからねえ。

マナーも良くて勤勉で、誠実で、自分のことより他人の幸せを願うことを当たり前と思う、こんな国民が、いまみたいに低迷してちゃ、もったいないと思うよ。

日本人のみんな、元気だしてこうよ。

これから少子高齢化だとか、国の借金がいくらあるからとか、マスコミの垂れ流すマイナスイメージに振り回されるんじゃなくてさ。希望を持ちたい。

国の借金どころか、実際は貯金もたっぷりとあるわけだし、少子高齢化っていうけど、20年後はその高齢者たちも減って、バランスは改めて整われていくよ。

なにより、世界最高のインフラが整って、マナーや勤勉さで他に類を見ない国民がいるこの国は、もっとポテンシャルがあるわけだもん。

日本と海外の国々とを「会社」と考え、仮定して比べたら、どこにも負けない会社であると思う。

あとは社長、社員次第だよね。

・・・

今度は都知事選だね。私も都民なので、これまた興味があるよ。正しく、そして有能なリーダー(社長)を選びたい、また、そういう人が選ばれてほしい、と心から思うよ。

会社は社長と社員次第。国も都も、同じだよね。リーダーも大切。チームの全員、これまた重要。私たち日本チームの国民のみんな、全ては自分たちにかえってくるんだからさ、元気出してこうね。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿