2011年8月6日土曜日

「社員を助けるべきか?その判断は?」録音

下記のコメントを頂きました。
芝さま、ネタのご提供ありがとうございます!

***

廣田相談室に相談させてください。
社員でどうも固定資産税を払いかねる社員がいます。
住宅営業 50歳 年3棟程度の受注しかありません。
月30万の固定給はあります。奥さんもパートしてます。
もちろん成績が上がれば収入も上がるシステムになっていますが、一旦借金をこちらで面倒みてやって、生活を安定させてやったほうがよろしいでしょうか?
本人から生活が苦しいとの訴え、または借金の申し込みはまったくありません。会長の「あげる」気持ちはこういうところでは出さないほうがよろしいでしょうか?
また「あげる」?「貸す」?としたら「うらぎられても
いい相手」とおっしゃられましたがなかなかそんな相手はいません。具体的な人選法(好ききらい以外)があるでしょうか?よろしくお願いします。

***



ではお答えしてみましょう!

このお答えは、あくまで私の「個人意見」です。
なので、すべてがこれに当てはまるかどうかは責任は持てません。


あくまで、「ああ、廣田はこう考えるのか」と
捉えていただければ幸いです!



・・・



さて、このお話のポイントは、

・「助ける助ける」というが、「どんな人」を「何処まで」、
 そして「どのように判断して」助けるのか?

・誰かにお金を貸すときの廣田の基本姿勢

・この例題の「彼」に対しての廣田の考え方

・廣田は「彼」にまず何をさせ、どう導くのか?

をお答えしています。

これです。

社員を助けるべきか?その判断は?(約11分)



*繰り返しますが、あくまで私廣田の「個人的考え方」です。
住宅会社の方なので、自分たちが判断基準になり、
そのために「数字的にきつい」話もでます。

あくまで「廣田ならこう考える」とだけ、判断ください。


でも、この録音の通りにやったとしたら、
また、その結果が出たとしたら、、、

「彼」にとってそれこそが一番救われる道なのではないでしょうか。

8 件のコメント:

  1. 芝です。とりあげていただいてありがとうございます。
    情報が少なくすみません。彼はもう10年になりますが
    ここ3年ぐらいは年2、3棟程度粗利で1500万程度の
    売り上げです。家族は妻、高校生、小学生の4人。キッチンやクロスの打ち合わせやアフターも一人で担当します。
    小さな会社なので私の受注でなんとかやってますが集客数をあげて年8棟ペースにはあげさせるよう努力します。アドバイスありがとうございました。

    返信削除
  2. 厨子 浩二2011年8月6日 17:33

    廣田様
    さすがです。私も同意見です。冷たいようですが、いくら助けたいと思う社員でも、まずはそれならもっと売るべきであって、年間3棟で、もしその会社さんが集客がちゃんと出来ているのであれば、ほんまに一生懸命努力してないやん?って思ってしまいます。会社が全然集客が出来ていないのであれば、これは会社の責任かもしれませんが・・・。きついようですが、私ならクビにしてしまいます。他のチームのメンバーにも示しが付きませんので。でも、ほんまに廣田会長はあったかい人ですね!!

    返信削除
  3. 芝さま、コメントありがとうございます!

    >とりあげていただいて

    こちらこそありがとうございます!記事ができましたし、同じ環境の方々への参考になれば、とてもありがたいことです!

    >彼は

    そうですね、もう少し頑張って、成績を上げてほしいですね!そうすれば、彼も彼の家族も社長もみんなが嬉しいです!また、その道しか選ぶべきではないと思うのです!

    >キッチンやクロスの

    確かに、仕事量はそれぞれ違いますから、単純に数字を比べることはできませんね!

    >年8棟ペース

    いいですね!給料も上がるし、皆が幸せになることです!ぜひ頑張ってくださいませ!何かまたできることがあればお教えくださいませ!

    記事にさせていただいたお礼と、エールを含め、前回の営業セミナーのDVDをプレゼントさせていただきますので、よろしければ前の投稿などの廣田アドレスか、船川アドレスにご一報ください!

    是非また覗いてくださいね!

    返信削除
  4. 厨子さま、コメントありがとうございます!

    >それならもっと

    はい、それこそが八方丸く収まり、なにより本人が胸を張れる最高の流れですよね!

    >会社の責任

    まずは、この場合の情報量は少ないですから、実際はもっと2、3時間聞いてみないとわからないものです。ひょっとするともっといろんな事情があるかもしれません!なので、「あくまで廣田の個人意見」としたのはそういう意味でもあります!

    >あったかい

    ありがとうございます!でも厨子さまもあったかいですよ!我々は、若い人から「うざい」と言われるかもしれないけど、アツく行きましょうね!

    是非また覗いてくださいませ!

    返信削除
  5. こんにちは。

    その社員の方が社長さんのために働き、
    その社長さんが社員の方のためにも頑張る、
    という感じになるといいですね!

    私もがんばります!

    返信削除
  6. ありがとうございます。会長、厨子様。
    ちなみに1件受注するのにどれくらいの
    新規客(土地なしもふくめ?)がなければ
    いけませんでしょうか?平均で結構です。
    よろしくお願いします。

    返信削除
  7. 山田さま、コメントありがとうございます!

    >その社員の方が

    はい、そうですね!互いにそうなることが、人間関係の理想です!なかなか難しいですが、常にそれを実現させるよう、頑張って行かねばなりませんね!

    >私も

    はい、お互い頑張りましょう!

    また覗いてくださいませ!

    返信削除
  8. 芝さま、コメントありがとうございます!

    >ちなみに

    一概には言えませんが、私たちの様な形態の場合、新規のお客様は、一件の受注に対して逆算すると4組くらいの方がお見えになるといいですね。

    商品力もあればいろんなファクターがあると思います、でも、芝さまが社長業をやりながら受注されている数を、まずは目標になさるのもいいでしょう。営業オンリーの営業マンのほうが動ける時間は多いのですから。
    後はスキルとやる気の問題かと思います!

    ぜひ良い方向に導いてあげてくださいませ!

    返信削除