2011年9月19日月曜日

幽霊ホテル事件~前半編~と質問回答音声2

もうあと少しで27歳になりそうな船川です。

前回に引き続き、質問の返答録音を
公開させていただきます。

記事の最後に公開させていただきました。


ところで、

27歳になっても、怖いものがあります。

それは「幽霊」です。

なので、恐怖映像やおばけ屋敷には、
一切近寄りません。

霊感は一切ありませんが・・


ところが、社会人になると、
心霊関係から避けられない事が
たまにあります。


それは、先日の長野での事です。


前回の記事の勉強会が終わった後の
飲み屋さんで、廣田会長の横に付いた女性が、
その私が泊まるホテルが、

“幽霊が出る”と有名なホテル

であると私に言って来たのです。


もちろん、私はビビりまくります。

せっかく宿泊を取ってもらったのですが、
キャンセルしたいぐらい、嫌な気持ちになりました。


そして、会も終了し、一同はホテルへ。


そして、ホテルへの宿泊が嫌そうな私に、
廣田会長が、


会長「あぁ、あの幽霊ホテル話、全く嘘やで」

ふな「え?なんで分かるんですか?」

会長「だって、俺が隣の女の子に、そうやって、フナに言えって言ったもん」


ふな「・・・」


どうやら、廣田会長から仕組まれた嘘だったのです。


ところが・・・


部屋のキーを渡されたのですが、
部屋番号が「606」号室。


「6」という数字は、一般的にはあまりよくない数字であると
私は勝手に認識しており、ちょっと気味が悪くなりました。


そして、やっぱり?このあと、私に恐怖体験が起こるのですが、
それは次回の記事でお伝えさせていただきます。

■第2部録音内容■


それでは、お聞きくださいませ。

第2部録音内容



ご質問をいただいた皆様、ありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿