2013年7月18日木曜日

日本人唯一のカジノオーナーの話

私が入会している経済塾の集まりに、なんと、日本人唯一のカジノオーナーであり「勝つまでやめるな」の著者、和田さんが来てくれました。

和田さんのプロフィール、これメッチャすごくてさ、、、

元柔道のオリンピック強化選手で、身長193センチの巨漢。日本人最強のバカラプレーヤーとして、カジノで20年間勝ち続け、数百億円を稼いだ。一回のカジノ旅行で勝った最高額は30億円。現在、日本人初、かつ唯一のカジノオーナー。また他にも十数社の会長として、要人警護の会社なども所有してる。


まあ、私と一緒なのが十数社所有というくらいなんだけど、まあ、私と違ってすごいお金持ちだわー。


なんたって、ちゃんとしたカジノは、実際買おうと思ったら百億円以上する。ホテルもついてるしね。

しかも、大体にしてそういうのって、キャッシュなの。売り主がお金が欲しいから。で、もし融資うけて、正式に「買い」に行ったら、多分、倍は言われる。


ちなみにこの人、現金数百億持ってるね。

ちょっと桁が違うわ。


余談だけど、この経済塾にはこのクラスの人がごろごろいる。現金を数百億持ってるという人。私たちのような、年収一億だとか、二億だとかそんなレベルはハナクソ。


実際、表に出ない人の方がすごいんだよねー。


・・・


まあ、せっかく話を聞いたので、これ言っていいかどうか知らんけど、本には書いてない話を少し書こうかな。

カジノオーナーとして、キャッシュで百億円以上払ったのは書いたよね?でさ、そのカジノの売り上げってさ、、、

年間700億円以上あるらしいよ。

カジノってさ、原価かからないよね。
固定費がかかるだけでさ。いくら賭けてもらっても、必要なのは、カジノの設備とディーラーだけ。

いくらの利益、収入か、考えてみてちょんまげ・・・

恐ろしいわ。


・・・


ここで教訓。

和田さんが、「このカジノを買う?」ってオファーが来たときにさ、みんなが反対したんだって。

奥さんも、仲間も、誰も彼もが反対したそう。でも、和田さんは「アホ、買うんじゃ!」とかいって、自分が忙しいのですぐに行けないからって、秘書にまず10億を持たせて、飛行機に乗せたの。

10億円の現金をどうやって通関するんだろう?と怖くなるけどね。

ちなみに、まだそのときには、和田さんはそのカジノ自体を見てもいなかったらしいよ。


で、成功だったかどうか?すでに結果は出てるよね。
百億の投資、一年のリターンが数倍。

すげー。
こわー。

和田さんは言います。

「何かをやろ、と思ったとき、周りみんなが反対したら、チャンスやで!」


・・・


最後に、和田さんの必勝法を書いておきましょう。
いちいち言わなくても、本のタイトルでわかっちゃうんだけどね。

「勝つまでやめるな」

なんだよね。


実際、和田さんは、数日寝なくても勝つまでやめないそうだよ。まあ、所持金の多寡もあるんだろうけどね。

これ、応用するとしたらさ、私たちも、いったん戦ったら、勝つまで頑張ればいい。ギャンブルじゃないから、所持金は、、、

自分の、努力の量だから。


みんな、「自分にとっての何か」を勝ち取るまで、あきらめずに、がんばろうね。


・・・


まあ、和田さんの場合、異様なほどの「引きの強さ」があるよね。

「引きが強くなる」、つまり強運になるコツも、実際あるよ。
長くなったから、また書くね。

でわー


あ、にんにく食べたら強運になる、というオチではないよ!

2 件のコメント:

  1. 初めてコメントさせていただきます。カジノでそこまで勝つのは相当な資金と引きが要求されますね。ところで、廣田会長にお伺いしたいのですが、パチンコ、パチスロの事はどう思われていますでしょうか?上記のカジノに比べれば、最高でも1日20万ほどしか勝てませんが・・・・・宜しければ、上記のカジノと比べたパチンコ、パチスロに対する廣田会長の見解をよろしくお願い致します。

    返信削除
  2. とくまるさま、コメントありがとうございます!
    ネタありがとうございます、また記事にてお書きしますね!
    ぜひまた覗いてくださいませ!

    返信削除