2013年8月4日日曜日

時計と付加価値の話

2、3ヶ月前の話なんだけど、ヒルズにある床屋さん(美容室?)で本を読んでたの。そしたら、ビビッと気に入った時計の写真があった。青いラバーベルトにスケルトン、ヨットをモチーフにした時計。内部にチーク材(ヨットの床の材料)も使ってるんだ。

買おっ、と思って、早速注文したの。

で、その時計が、一週間ほど前に、到着しました。

もともと私は昔、高級時計のブローカーのまねごとのようなことをしていて、時計は詳しいし、好きなのよ。わりと数も持ってます。

で、以前のルートなどから、安くも買えるんだよ。一般の人がビックリする値段で買えなくもない。でもさ、人気スジでタマがないとか、バーゼルフェアで出たばっかとかだと、そうは行かないんだ。

今回は発売前だったので、普通にブティック(路面店)で予約したというわけ。とうぜん、定価買い。

惚れた弱みだね。


・・・


でさ、ブティックに取りにいったら、、、
こう言われた。

「ヒロタさま、これ、日本入荷第一号目ですよ。ヒロタさまが日本人の中で一番早く腕にはめたことになりますよ」

むむむ。

なんか嬉しい。


・・・


付加価値。


時計は同じ。

一ミリもかわらん。

でも、なんか、日本第一本目と言われると、嬉しい。

男の子は何でも一番が好き。
そう、遺伝子に組み込まれてる(らしい)。

まあ、実際にも話のタネくらいにはなるのかな。


・・・


私たちも、いろんなビジネスをしてるけど、、、

付加価値をつけたいもんだね。

まあ、今回は時計屋さんが意識した訳ではないけど、いろんな付加価値はおのおの自由につけられるものだと思う。

うちの場合は、「お客さまへの絶対的な忠誠心」を常に付加価値として持っていたい、と思ってる。原価はタダ、心の問題。

ウチの連中は、すべからくそれに殉じてほしい。その気持ちを持った人間たちとだけ、これからも一緒に歩んでいきたいと思うね。

でわー


追伸

この時計、ちょうど海用にぴったりでしょ!トレーニング用にもカッコいいので、早速ロードワークにはめてるよ。

トライアスロンのイメージにもなってるような広告を見たこともあるし。今年はコレはめてハワイでトライアスロンしようかなー、カナヅチだから溺れるかなー、サメの餌になるかなー


追伸2

ちなみに平先生の会社、インプロビックは、、、

「付加価値」という意味なんだよ!



2 件のコメント:

  1. めちゃくちゃかっこいい時計ですね。長針が、風をうけたヨットの帆みたいな形をしていて、海を感じます。広田さんは、南の島によく行かれるようですので、イメージにぴったりです。

    ほかにも面白いコレクションがありましたら、ぜひぜひ公開してください。

    返信削除
  2. たかのさま、コメントありがとうございます!
    ヨットっぽいですよね!私は海は好きですが、泳ぎはあまり得意でなく、また船は酔ってしまいます!もっと修行しなきゃです!
    時計は大好きですので、また紹介させてくださいませ!

    返信削除