2014年10月18日土曜日

大成功するコツ−①




平先生のセミナーがあるんだけどさ、なぜか私に「行った方がいいですか?」という問い合わせのメッセージがあったの(実際はかなり長い)。


なんでオレに聞くの?って感じなのだけど、、、
恥ずかしながら、その方は「ヒロタさんのような成功がしたい」そうです。

まあ、せっかくなので、私に分かる範囲でお答えと言うか、意見を述べてみようと思うの。
 
まず、こういう記事を書くと、「お前は平さんの弟子だからいいことしか言わないに決まっている!」と思われることが多いので、誤解がないようにお伝えしておくと、私は平先生にもおべっかは使いません。
 
数個前の記事にも書いたのだけど、死ぬまでおべっか使わないと決めてるから。
 
これは自慢話だけど、私はヨーロッパの駐日大使の公邸にお邪魔したり、メシ食わしてもらったりもするけど、おべっかは言ったことがない(そこまでの語学力もないけどね)し、日本を代表する一兆5千億円の売り上げを誇る企業の会長の家でお酒飲ませてもらったりもするけど、お世辞は言わない。近寄って何かメリットを享受しようとも思わない。
なので、そういうことはありません。
 
 
・・・
 
 
また、「アフィリみたいなもので少しお小遣いもらうんだろう」と言われることもあるけど、平先生と私の間は、数千万円のお小遣いが行ったり来たりする仲です。
一人紹介したらいくら、のような小金に興味はありません。
 
つまり、、、
記事に手心が加わらないよう、「いい、悪い」の表現や、私の主観はいれずに、物理的に数字だけ、また起こった現象だけをお伝えしていこうと思っています。
 
なので、本当かどうか、いいか悪いか、それはあなた様の方で考えてくださいね。
 
・・・
 
まず、セミナーにいけば儲かるのか?(ヒロタのように)成功するのか?という点。
答えは、イエスであり、ノーです。
 
こういうことを言うと、「やるかやらないかだろ?」と早とちりする人がいますが、そうではありません。ここで私が言いたいことは別です。
セミナーを受ければ成功するのではありません。
 
セミナーは、あくまで「きっかけ」なのです。セミナーを受ける。んで、ある程度実行する。そして、次に、というように、ステップがあるのです。
そのステップを、みなさん頭の中では分かっているかもしれないけど、、、
実際に分かっている人が少ないのです。
 
 
・・・
 
 
私の場合の例を挙げましょう。
私は、平先生と初めて出会ったのが、平先生のセミナーでした。
で、、、
 
 
面白いことに、その日、平先生がお話しされていて、最後に販売された商材(500万円)の内容は、実は私はすでに知っていたのです。
その商材の開発者は宮沢さんといって、私たちの業界の草分けの用な存在でした。 
その商材を、平先生が代わりに売っていた、という訳だったのです。
私は、以前に、宮沢さんご本人からその商材の内容を聞いており、中身を知っていたのです。
 
でも、、、
私は平先生から買いました。
その後、私が取った行動が、多分、今の私の結果をもたらしたものだったのだと思います。
 
・・・
 
 
ここで、方法の前に、ミソ、結論を言っちゃいましょう。
フツーにセミナー出て、受けて、社に帰って仕事していても、私たちのような成功は難しいかと思います。頭をふたつも三つも抜けるためには、ひとつのポイントがあるのです。
 
それは、「成功者の横にいさせてもらう」ということなのです。
少なくとも、友人レベルで。
 
・・・
 
 
成功者の横に立つ。
それができると、いろんなメリットが出てきます。
 
・身内しか知らないレベルの情報を手に入れることができる
・その成功者に「自分に何が必要か」を見てもらい、
 ピンポイントで指導してもらえる
・一挙手一投足を見ることが出来る。自分に当てはめ、
 こういうとき先生はこうするだろう、という判断が出来る
・その成功者の知り合いや周りのブレーンからも学べる
・チャンスがあったとき、ポンっとそのチャンス自体をもらえることがある
 
などなど、、、
まあ、数え上げればキリがありません。
 
 
・・・
 
 
セミナーを受けるだけではダメ、といってる訳ではありません。
セミナーを受ければ、そしてそれを実行すれば、
必ずその「実行に合わせた結果」が出るでしょう。
しかし、さらにそれを抜けていく結果(平先生の実績レベルの結果)を出そうと思えば、この「成功者の横に立つ」ことが必要です。
だから、「セミナーはそのためのきっかけ」とお話ししている訳です。
 
・・・
 
 
平先生は、今アメリカに行かれていますが、数名、同行されてます。
また、よく記事の写真にも出てくる、七星さんや伊勢さん村上さん、彼らもそう。
 
ああいう面々たちこそ「横に立っている(もしくは立っていた)」者たちです。
 
実際、七星さんや村上さん、伊勢さん達も、師匠レベルの成功を収めたと言って過言ではないでしょう。
 
そして、今同行している若い人たちも、すぐにそのレベルにいくことでしょう。
 
ここが大切なところですが、七星さんたちは、成功したから「横にいる」わけではありません。「横にいた」からあのレベルの成功をしたのです。
あなたが彼らのいる成功レベルに到達したいとしたら、
同じことをすることが必要だということなのです。
 
さて、、、
では、どうすれば良いか?
成功者の横に、友人として立つことが出来るのか?
同行している彼らや、七星さんたちのような立場になれるのか?
そして、数限りないメリットを享受して、
それを糧にし、師匠レベルの成功を収めることが出来るのか?
 
を次に詳しく書いてみましょう。
 
・・・
  
写真は、ちょっと前になるけど、神田先生の上海セミナーのときだよ。このように、横にいると、、、
違う世界に突入するんだよ。



0 件のコメント:

コメントを投稿