2014年10月18日土曜日

大成功するコツ−②



続きだよ。

出来れば前の記事から読んでね。さて、物理的な数字で言うと、私の今の年商がだいたい60億円弱、給与所得が年収1億2千万円、不動産その他の実質収入でおおむね3億円。これが数字です。主観も何も入っていない、物理的なものです。


そして、もうひとつ物理的なことをお伝えします。
私のビジネスの師匠は昔も今も平秀信ただ一人です。
 
神田先生や溝口先生や、お世話になったり、影響を頂いた人は数多くあります。でも、師匠は一人。
 
平先生は、いってみれば担任の先生、神田先生は校長先生みたいなイメージでしょうか?実際の指導はやはり担任の先生なのです。そして、その人はひとりがいいです。
 
一人の先生にしぼることが良いか否か?
 
私が言い切れるのは、物理的に、数字的に、私の数字くらいまでは、「一人の師匠で可能」であるということ。
 
そして、、
 
私が浮気しなかったからこそ、この数字になった、ということです。
(スポーツになぞらえれば簡単なのですが、説明が長くなるので避けます)
 
・・・
 
前の記事で、成功者の横に立つ事が大切というお話をしました。
 
今回は、その「横に立つ方法」をお伝えするのでしたね。
 
これは、平先生が神田先生に対して行った方法であり、、、
私が平先生に対して行った方法です。
 
また、今の若い人たちが平先生に対して行っている方法でもあります。
 
意識しているしていないは別として。
 
・・・
  
簡単に結論を言いましょう。
「結果を出し、報告する」
これだけです。
 
 
私の場合、私自身が、「誰よりも平メソッドをうまく使いこなすことが出来るという証明」をしていったのです。
 
平先生も、神田先生にそれを行っていました。私も、それをまねただけのことなのです。
 
実際のところ、、、
 
私の持ち会社のひとつは、毎年全国最大規模の住宅団体のトップに君臨しています。グループの中の住宅会社は5社。それを合わせるのではなく、単体でトップです。5社合わせて出せば、2位以下に数倍の差をひらけることでしょう。
 
これが、平メソッドの体現、証明です。
 
私が、誰よりも「平メソッドが正しいこと」を証明してきた、ということなのです。
 
そして何より、冒頭に書いた私の自慢話(というか単なる数字)が、
 
“平秀信という指導者が作った
 ヒロタという作品” の結果なのです。
 
こういう人間なら、横において、「新しいメソッドをヒロタで試してみたい」と思っても不思議ではないでしょう。
 
余談になりますが、ミスターXが、平先生や村上さんを通じてマーケティングを行っているのはまさにこれじゃないですか?
 
・・・
 
横にいる友人を選ぶのは、もちろん、結果ではないです。人間の好き嫌いも当然あると思います。そこに話を持っていくと主観になるのでやめますが、大原則があります。
 
人間というものは、「自分が好きなら相手も好き」なのです。
 
なので、私も、「私を好いてくれる人のことは大好き」です。この記事を見てくれている人、フォローしてくれたり、FBで友人になってくれてる人たちのことを当然ながら大好きです。
 
師匠、成功者と呼ばれる人たちも、人間です。
全く同じだと思います。
 
師匠を一人にする意味が、ここにもあります。
 
(実際に師匠が複数だと物理的デメリットが多く、あまり結果は出ない。けど、その理由はまた別の機会に)
 
この人一人についていく!と決めた弟子をこそ、信頼し、自分もいろんなものを預け、パートナーとして認めていくのではないでしょうか。
 
・・・
 
簡単に、乱暴に、言い切ってしまいます。
 
もし、あなた様が七星さんや伊勢さん村上さん、また、今渡米している若い子達のような「師匠レベルの成功」を手に入れたいとしたら、、、
 
学んだことを実行し、報告し、認められてください。
 
・・・
 
「そんな、報告できるくらい成功できれば苦労はしないよ」という人もいるかもしれません。
 
でも、今は日本を代表するネットマーケッター七星さんも、長い間結果は出していませんでした。友人マーケッターの手伝いばかりで、「日本一の器用貧乏」と自分で言っていました。(まあ、自ら金銭以外のもの、つまり経験を積み上げていこうとしていたからでもあるけど)
 
伊勢さん、村上さんも、昔は苦しかった、とレターの中でも告白しています。
 
ここでのポイントは、その時期、必ずしも彼らが儲かっていた訳ではないということです。でも、彼らはその時期から、横にいることが出来ました。
 
伊勢さんが「くりたま」というお菓子のページを作っていた頃、一生懸命平先生に報告を続けていたことを思い出します。ページを作った、こんな反応があった。でも契約フィーが安く全くお金にならない、、、
 
そんな伊勢さんは今、ギネスホルダーのマーケッターです。
 
その伊勢さんの「いつも横にいた」パートナーの村上さんは、多分日本最高のコピーライターであり、現在、最も稼ぐコピーライターでもあるでしょう。
 
結果報告。
 
コツコツとそれをやってください。そうすれば、いつか先生の目に止まって、、、
あなたに驚くほどの環境か、情報、またはチャンスがやってくるでしょう。
 
そのための入り口、きっかけとして、セミナーは存在するのです。セミナーを受けたら、そのセミナーの内容を行い、結果を報告するのです。
 
私自身もそうだったのですから。
 
・・・
 
よく、セミナーの内容をハスに見て「知ってるぜ」などといってる人がいます。
 
私はセミナーを行う立場ではないので言いますが、そんなことどうでもいいのです。お門違いなのです。
 
私自身、一番最初の平先生のセミナーの内容について、既に知っていたことは言いましたよね?
 
でも、その後、平先生と直接プライベートでお会いしてから聞いた話は、、、
 
 
それこそが、私の人生を変えた、
最大のインパクトでした。
 
 
横に立つ。
 
 
それで得られるものこそが、私をここへ導いてきたのです。
 
 
これを読んでくださっている方と、いつか、同じテーブルで、同じ視点で、シャンパンでも飲める、そんな時が来ることを楽しみにしています。
  
 
・・・ 
 
写真は、ある国の大使とのツーショットだよ。
一国の大使と差し向かいでディナーする。
昔の私じゃ考えられない。
これも、「成功したから」ゆえの出来事だと思うよ。
 
まあ、前の記事が嘘じゃないことを言いたくて載せたんだけど、この写真まずいかもしれない。ぼかし入れようかしら。消すべきかな・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿