2014年10月12日日曜日

K1タイ興行




KMAXの興行をブアカーオがプロモート手伝ってやるって話でさ、せっかくだから見てきたって訳なんだけど、、、

やっぱタイだわ。

まず、選手が渋滞で到着せず、開始が3時間遅れた。だいたい、パタヤでやるってんでバンコクから車で2時間半かけてパタヤに行ったのだけど。逆に言えば、バンコクからでも3時間以内につく。

選手達って、いったいどこから来て3時間遅れるんだろう?

結局終わったのは夜中の一時。

その日は朝からジムでガンガン追い込んでから行ったのさ。

なので、まー、身体がヘロヘロになってしまった。しかも、バンコクまで戻るつもりでいたからホテルとってないし、用意もしてきてない。なので、また夜中の一時から車を飛ばして帰ることになってしまった。地獄だった。

しかも、メインイベントのブアカーオの試合が、3ラウンド終わって判定になったとき、なぜかブアカーオが判定聞かずに帰ってしまったの。

後ろのカップルの声が聞こえてくる。

「あれ?ブアカーオ帰っちゃった?」
すると、解説役の彼氏が、(だいたい、格闘技のカップルは、彼氏が解説する)
「あれはトイレに行ったのだ」。

「えー?そんな、こんなときにトイレに行く?」
「多分、ピッピーなのだ」

嘘付け、と思って聞いてた。だいたい、カップルというのはええかげんなものなのだ。まあいい。

結局、ブアカーオは帰ってこず、試合はそれで終わっちゃった。後で「あんな程度の相手、倒せなかったから、こっちが悪い。ベルトなんてくれてやる!」とか言ってたとか言ってないとか。

何でもいいんだけどさー、遠いところから来たこっちの身になってよねー。

まあ、べつだん学びもないけどさ、K1ファンには響くかな、と思ってとりあえずご報告したよ。

実際のところ、自分でプロモート手伝いながら試合するって大変なんだよね。私の頃は、試合のこと以外、なーんもする気がしなかったよ。

自演乙選手や須藤元気選手みたいに、入場を凝ったりするのって、すごいな、と思ってた。ホント試合以外のことに気を使うのって、大変だったろうなあ、と思っちゃうね。

まあ、ブアカーオ、これからも頑張ってチョ。

写真は、会場の様子たちだよ。K1だけに、日本的なグレードで興行したんだけど、時間はタイ的だったね。
あと、ブアカーオが帰ったので、CM用の撮影は私が代わりに出ておいたよ(嘘)。


明日からはビジネスの話題にするよ。でわー


0 件のコメント:

コメントを投稿