2015年7月30日木曜日

チベットの現実「ルンタ」

「ルンタ」という映画を見てきたよ。チベットのお話。チベットは、中国に侵略され、国自体がなかったものにされかけようとしている。そんな中、亡命したチベット人を助けてる日本人の人がいるんだよ。その、ドキュメントの映画なんだ。

 
数年前、パリの第八区のカフェでコーヒーを飲んでたら、大規模なデモに遭遇したの。少ない白人と、多くのチベット民族。「チベットに自由を」「中国の横暴を止めてくれ」と叫びながら、行進してた。

 
それまで、私は全然そのことについて知らなかった。

 
「チベットって、山の中のヤギと暮らしてるような国だよね?」くらいにしか思ってなかった。ダライラマさんがいるんだよねー、のような。
で、少し興味を持って、調べてみたのさ。

 
驚いた。というより、戦慄した。
ググったらいくらでも出てくる。

 
・・・

 
ちなみに、私は中国の友人がたくさんいます。みな、素晴らしい人格と、義理を絶対忘れない、約束に堅く、私が困ったら助けてくれる、尊敬するべき人間たちです。

 
でも、中国という国、共産党というものは大嫌いです。
現在、この世界に存在する、数少ない侵略国家じゃないですか。

 
中国は、チベットにおいて・・・

 
チベット語を禁止し、チベット人より多い中国人を移民させ、ダライラマさんのことを批判させ、批判しない人間は拷問して殺し、男性を去勢したり、女性を強姦し漢民族の子供を産ませたり、(書いててイヤになってきた)虫けらのように殺しまくり、600万人の人口のうち、1/4にあたる120〜15万人を殺した。

 
民族を消滅させようとしてるんだよ。

 
・・・

 
「中国が、日本に戦争を仕掛けることはない。そんなことをすると国際的に生きて行けないから。中国が戦争をして侵略するというのは都市伝説だ」と言う人もいる。いやいや、戦争しなくても、侵略は出来るよ。されてるじゃん。

 
「憲法9条が日本の平和を守っている」という人もいる。でもさ、チベットなんて、絶対に戦わない、と宣言していることでは日本以上だよ?
平和を謳っても、抵抗する力がないがゆえに、民族ごと消されかけてるじゃん。

 
・・・

 
実際のところ、チベットの人は、非暴力で抵抗している。何をしてるか?というと、自分の身に火をつけて、焼身自殺し、世界中に向けてメッセージを送ってる。

 
でも、それで中国がやめるか?チベット民族浄化作戦をやめてくれるのか?この民族浄化が終わるのは、純粋なチベット人がゼロになったときではないのだろうか?

 
・・・

 
安保法制が良いか悪いか?別に、どちらがいいと言いたい訳じゃないんだ。メリットもデメリットもあるので、100%の答えなんてない。政治は、あまりにも多くのファクターが絡み合うので、決して完璧な答えなんてないんだ。

 
でも、憲法が国を守ってるという人、中国の侵略何てありえない、という人、この「ルンタ」を見てほしい。実際に、この世界で、今現在も起こっていることなんだ。

 
・・・

 
安保法制が賛成?反対?どちらでもいい。でも、チベットでは、その意見を言うと中国兵に連行され、拷問され、家族は犯され、 −『チベットでは、全員がそろってる家族は存在しない』といわれてる− 蹂躙される。

 
そんな国になりたい?

 
賛成でも、反対でも、どちらでも口に出来る、そんな素晴らしい日本という国を守って行きたいと私は思うのです。

 
・・・

 
もし、沖縄が、米軍を閉め出し、独立を宣言したら、独立を支援するといって多くの中国人を移民させるだろう。チベットでは、既にチベット人よりも中国人の方が多いんだ。
結果、チベットやウイグルと同じ結果になるのは目に見えてる、そう思うのは普通だと思う。

 
このFBでも沖縄の友達がたくさんいる。昔からのブログからの読者さんも多く住んでる。本当に沖縄の人たちは「アメリカ出てけ」なんだろうか?あの、髪の毛で嘘をついてる知事の意見に賛成してるんだろうか?

 
今の日本なら、アメリカが守ってくれなきゃ、チベットと変わらないのに。

 
・・・

 
最後に、どうでもいいと思うけど、私個人の意見です。
勝手な独り言です。いいも悪いもない、私だけの考えです。

 
いつか、日本がちゃんとした軍備を持って、核を保有し、ハリネズミのような国にする。そして、仕掛けてきたら相打ちには出来る、そんな国になった上で、高らかに平和を叫ぶ。それがいいと思う。軍備にお金かかるけど、日本民族は勤勉だから、乗り切って行けると信じてる。

 
実現は難しいだろうけどね。
繰り返すけど、あくまで私の独り言なんでツッコまないでよね。

 
・・・

 
「ルンタ」、ぜひ見てみてね。

小さな映画館でやってるよ。

http://lung-ta.net

0 件のコメント:

コメントを投稿