2015年10月20日火曜日

マンハッタンと英語とブルックリン橋





もう15年ほど前になるのかな。9・11からまだ半年のころだった。平先生と、安倍さん、そして私の三人で、 NYに留学したの。当時、ひとつめの会社の社長を代わろうと思っていたころ。ちょうど、いい機会だと思って、会社を離れてみた。

離れてみて、しばらく様子を見てたら、なんとかやっていけそうに見えた。なので、日本に戻ってから、社長を代わってみたんだ。身体があいた私は新しい会社を作り、それがどんどん増えて今のようになった。

平先生も言うし、私も思うよ。別に留学したからどうってこともないんだけど、ある意味、NY留学は自分たちの飛躍の、ひとつのきっかけになったんだよね。
 
あのころ、私たちにならえ、と留学した人も多かった。その人たちが変わったかどうかは知らない。でも、いい経験になったのじゃないかな。
 
 
・・・
 
 
その後、平先生とマンハッタンに会社を作り、家を借りた。部屋の中を裸足で歩けるきれいな部屋がいい。そう思って、そんな家を探すのに、三ヶ月NYに通ったよ。向こうの家はひどいもんだからね。
 
 
家は、ロウアーマンハッタンにあって、社員が住んだり、使ってないときは会員さんたちに貸したりしてたんだ。
 
 
ブルックリンブリッジに近く、天気のいい日は橋を散歩すると気持ちがよかった。5年ほど借りてたのかな。
 
 
・・・
 
 
私は英語をちょろっとだけ使えます。話せますとは言えない。まあ、ひとりで旅行して困らない程度。後はタイ語かな。これはひとり旅行で少し困る程度。ムエタイ用語だけは詳しいけどね。
 
 
実は、英語に関わったのは、留学が最初じゃないんだ。ご存知(?)のとおり私は中卒だったので、当然勉強なんてしてない。英語なんて話せるわけもない。最初に英語に関わったのは、実は、神田先生の英語セミナーだったんだ。
 
 
・・・
 
 
当時、平先生の師匠の神田先生は、私たちから見たら、先生の上の校長先生みたいな感じ。その神田先生が、英語を話せるセミナーをやるよ、ってことで、早速受けてみたの。
 
 
神田先生は、元外務省だから、英語はぺらぺら。英語話せたらカッコいいな、でも難しいよな、と思う私たちに、
 
 
「英語はカンタンなんだよ」、「君らが知ってる単語で十分話せるんだよ」
 
 
と、神田先生はひとつの例を出してくれた。ブルースリーの燃えよドラゴンで、リーが若い子に指導するシーン。
 
 
字幕では、「頭で考えるんじゃない。感じるんだ」と空に指を指し、リーは話す。でも、実際に話してるのは・・・
 
 
「Don’t think! Feel」
 
 
これだけ。この言葉は有名なので、知ってる人も多いと思う。私も、熱烈なブルースリーファンだったので、すぐピンと来た。
 
 
「あ、カンタンじゃん」
 
 
それから、なんか英語に関するイメージが変わり、楽になった。そうすると、なんか、自分からどんどん話そうとするようになるの。そうすると、スポーツと一緒で、わりと上手くなっていくものです。
 
 
自慢になるけど、神田先生と一緒にロンドンの大学で講義を受けて、少しだけスピーチしたの。なんかね、嬉しかったよ。
 
 
・・・
 
 
東京に住むようになってから、英語が上手い人をほんとによく見かける。ジムのインストラクターは、みんなぺらぺら。まあヒルズのジムなので外人さんが多いから当たり前なのかもしれないけど、やっぱカッコいいよね。
 
 
友人たちもペラペラな人が多い。改めてカッコいいなあ、と思う。私もまた頑張ろうかな、と思ったりするね。
 
 
平先生が英語の教材を出してる。実は、前からこの吉永さんの事は聞いてたの。先生の家庭教師をしてる、と。その教え方が、平先生(なり、生徒さん)が自分で話す言葉を即座に英訳し、それを覚えさせてくれるとの話だった。それ、間違いなくしゃべれるようになるね。ただ、家庭教師代は200万だって。ドヒャー
 
 
ちなみに、吉永さんが今回出してる、この教材の内容はまだ知らない。家庭教師とかの、個人対応ではないから、教え方は違うのかもしれない。初心者向け、と聞いてる。興味あるから、私もやってみようと思ってるよ。ちなみに教材はこれだよ。http://fbtw.me/wAxb1Y
 
 
・・・
 
 
写真は、よくNYに通ってたころ。ケネディ空港に迎えにきたリムジンだよ。まあ、いつもは現地の友人がトヨタで迎えにきてくれてたんだけどね。画像粗くてごめんね。
 
あと、平先生とたまに散歩してた、ブルックリン橋。ネットから頂いたよ。思い出すとたまにはNYも行きたくなるね。

0 件のコメント:

コメントを投稿