2018年9月9日日曜日

サザエさん

お魚くわえた野良猫〜♪
追ーっかけて〜♪

を、

お腹を空かせた野良猫〜♪
追ーっかけて〜♪


と歌う友人がいる。単に間違ってるだけなのだけど、猫狩りしてる三味線屋(笑うせぇるすまんみたいな)を思い出してしまう。三味線には猫の皮が最高、と言われてるからね。


今日は、貝類と畜類にについての、ちょっと怖いというか、少しゾッとする話だよ。


・・・


まず、貝類。冒頭にもあったけど、サザエさんの歌って、なんかおかしい。


買い物しようと街まで〜♪で〜か〜けたら〜♪財布を忘れて〜♪


というくだりがあるが、どうにも引っかかる。


一介の主婦が財布を忘れて買い物に来てしまったことが、そんなに面白いのか?困ってるんだぜ?それを街中のみんなが、嘲り笑うのか?


それってどうなんだろう?


みんなが笑ってる〜♪


なんだもん。街の人たち、人間性どうよ?


子犬も笑ってる〜♪


って、犬畜生にまで笑われるんだよ?人間としての尊厳はどこに行ったんだろう?しかも、


愉快〜なサザエさん♪


その状況で愉快ということは、サザエさんの脳に障害がある可能性も決して否定できない。


いろんな意味で怖い。


・・・


とまあ、サザエは置いといて、畜類の話に移ろう。猫だ。


昔、マクドナルドは都市伝説で「ネコドナルド」と呼ばれていた。


あのハンバーグは、牛ではなくて、ネコだと。ニャーニャーいう猫を山ほど入れた袋を持ったオヤジが、マクドナルドの裏口から出入りしてるのを見た、という話があった。怖い。


当たり前だけど、嘘。


猫の方が高いやろって。メリットないじゃん。食用ミミズもよく言われた。でも、これまた、ミミズの方が高いらしい。


・・・


続いてネコ話。


私が子供の頃、ひいおじいさんから聞いた話。


ひいおじいさんは、日露戦争で秋山好古さんの部下だったと聞いてる。凍てつく奉天の荒野を馬で走り回っていた。


でも、それは関係ない。


・・・


「猫とか犬とか、動物はな、人間の言葉がわかるんやで。お前たちも、犬や猫に、優しい言葉をかけてあげなきゃあかんよ」


そうなん、おじいちゃん、動物も、言葉がわかるの?と、幼いころの私。


「うん、動物は言葉がわかるよ。昔な、うちにいた三毛猫がおったんよ。でな、三味線屋が家に来て、この猫綺麗やな、三味線の皮に最高やな、って言ったん」


うんそれで?


「そしたら、次の日、危険を感じたんやな、猫はどこかに逃げて行ったんよ」


へー、そうなん、おじいちゃん、猫はみんなの話してることがわかったんやね。皮にされるといけないと思って、逃げちゃったんやね。言葉がわかるなら、動物にも優しい言葉をかけてあげなきゃあかんね。ボクも気をつけるわ。


「そうしなさい、動物は賢いからね」


と、騎兵隊時代に、「騎馬の極意は、馬のおかげと常に感謝すること」という言葉を残したひいおじいさんは言ってた。


私は、友達たちにも、この話をして、動物は賢いんやでー、皮にされる前に逃げたんやでー、賢いやろーとか言って、知識を自慢(?)したりしてた。


・・・


後になって、ふと思った。


猫は本当に逃げたのか?


その、三味線屋が、こっそり、ひいおじいさん達の目を盗んで、猫を連れて行ってしまったんじゃないのか?


つまり、その猫は、、、 


今ごろ、音色を奏でてるのではないか?


怖。


ゾッとしない?


・・・


サザエさんの歌からその話を思い出して、つらつら書いてしまった。おそまつ。なんの学びもない。写真は天才サザエボン。どこか天才なのだろう?


・・・


とかって、こんなアホみたいな記事を書いてるけど、嬉しいことがあった。


大坂なおみ選手が全米オープンで優勝した。考えられない快挙。災害続きの日本に、元気を与えてくれた。日本人に見えない、という意見もあるが、そんなこと言ったら生粋のアメリカ人なんて存在しない。大坂なおみ選手、おめでとう。そして、ありがとう。

0 件のコメント:

コメントを投稿