2018年10月26日金曜日

人質解放

伝説のエロ系マンガ、「俺の空」の主人公、安田一平みたいな名前の人が解放されたね。

自己責任だ、いや英雄だ、いやいやプロ人質だといろんな論があるそうだけど、

私も自己責任だと思う。


誰かが助ける必要?それ期待してないから行ったんじゃねえの?


・・・


とまあ、でも、死ななくてよかったね。死んだらやっぱかわいそうだもん。家族も喜んだだろう。


それ自体はいい。


ここで重要なのは、自己責任か英雄かではなく、どうしたら再発を止められるか?なんだよね。


・・・


仕事でも同じ。終わったミスをほじくり返しても仕方がない。(それでも怒ったりするけどね)ひとしきり怒られたり叱られたりしたら、次を考えるべき。


同じミスを繰り返さないために、何をするか?が問題なんだ。


でないと、ミスはミスで終わるのよ。


解決策、再発防止策を作れたら、そのミスは経験値に変わるんだ。


・・・


かつてロシアは、人質を取られた時に、テロ組織の身内を捉え、処刑した。


さすがKGB上がりのプーチンだよ。テロ屋が一番嫌なことを知っている。


テロ実行犯となんの関係もない身内を処刑するのが良いか悪いかは別として、、、


それ以降、テロによるロシア人の誘拐は発生していない。


理想論じゃなく、現実なんだ。


・・・


なので、私は今回の経験をもとに、こういうルールにしたら良いんじゃないか?と思う。


まず、外務省の海外危険情報に、レベル5を設定する。


レベル4が「退避勧告」だったかな。その上を作るんだ。


「絶対退避指令」だね。


・・・


レベル5にはこういう注釈をつける。


「これらの国に渡航、滞在した国民に対し、政府は一切の保護機能を発動しない」


つまり、今回のシリア、行きたけりゃ行け。国は絶対守らんぞ、というルール。


・・・


そうすると、どうなるか?


今回のバカみたいな奴は必ず出てくるだろう。それに対して日本国が全く動かなければ、そのバカは酷い目にあうだろう。


しかし、、、


日本国政府が動かないことを見せつけたら、、、


その後、一切、誘拐はなくなる。


メリットがなくなるからさ。


・・・


この案、どーかなー?


危険地域に自分から進んで行って誘拐されたバカを助けると、また次が誘拐される。


その身代金はテロ組織の資金源になり、次の誰かが殺されるんだ。


こういった連鎖は止めなければならない。


・・・


あと、私は思う。


行くなと言われて何度も捕まり、テロ組織の運営に寄与しておきながら、国の悪口ばかりをいうウマルをいちいち話題にするなら、、、


何も悪いことをしてないのにいきなりさらわれて、何十年も祖国に帰ることのできない拉致被害者、こちらを助けろよ。


・・・


マスコミも、食いつきの良いオマルの話題でなく、拉致被害者の話題を絶やさないようにしてほしい。


好きで行ったオマルとは違う。彼らは好きで行ったわけじゃないんだよ。せめて横田さんご夫妻のご存命なうちに、返してやってほしい。そのことをもっともっと報道してほしい。


心からそう思うよね。

0 件のコメント:

コメントを投稿