2011年6月30日木曜日

ご質問お答え「年収を上げるためには嫌われる?どうすればいい?」録音

出番を待つ平先生の画像だよ。
開始2分前。



平先生のセミナー終了しました。
私は風邪で途中欠場してしまいました(ToT)

情けない・・・


・・・


で、そのセミナー内容に関して、
伊藤さまから、興味深い質問を頂いたので、
お答えします。

「年収を一億円以上レベルに上げようと思ったら、
 人に嫌われる事を覚悟するべきか」

という事に付いてです。


年収上げたい、でも嫌われたくない。
たった一人になったらどうしよう。

同じような疑問を持たれる方も
お見えになるかと思うので、
ぜひ聞いてみてくださいね。


***********************


広田会長、ふなさん
キーホルダーと名刺ありがとうございました!!
今日 秋葉原の会場で、お二人が朝一番 食べ物のショップを探しておられた時に声をかけさせて頂いた伊藤と申します。正直 緊張して何も聞けませんでした。。
情けないっす。。
あの後、自分なりに何が一番聞きたいか考えました。
やはり、質疑応答で平先生にも聞いた質問を聞きたいんです。今 自分は中途半端な2500万~3000万の年収があります。それを突き抜けるには、不道徳 非常識 波風を立てる、必要があると思います。
広田会長は今まで様々な波風を立ててきたと思います。
その決断をし、実行するぞとなった時、
中傷されるかもしれないな、1人きりになるかもな、確実に嫌われるな、などという感情は生まれないのでしょうか?
平先生には「オレはないよ!」
と怪物の回答でした。。。
広田会長も怪物ですが、同じように怖さなどと向き合う時は
ないのでしょうか。。
オレは勘はいい方だと思うので、DMR、これはちゃんとやれば
本当にオレの業界では力になるものだと分かっています。
ただ、中傷 嫌われる、なども確実にでる事も分かります。
オレは甘ちゃんなんですかね。。
他人を気にするのは稼いでからにしろですかね。。
もし何かヒントをもらえれば嬉しいです。心に刻みます。
よろしくお願い致します。



*****************************



お答え。

コレを聞いてみてください。

風邪引いちゃったので、聞きづらいのごめんね。

年収を上げる為には嫌われるべきか?(約14分)




先日、耳にしたのですが、
録音聞かずに読むだけの人もおられるとか(涙)

どうしても話す方が情報量が多くて、
録音にしています。

できれば聞いてね。

こんな事はなしてます。

①平先生の言葉の使い方を知ろう

 なぜ言葉に迫力が出るのか?それによる弊害は何か?
 聞く我々はどう聞くようにするべきか?

②嫌われる?

 嫌われる、ということのメカニズム
 あなたはすでに嫌われている
 「嫌われる」という言葉の定義の中にあるもの
 覗くより、覗かれる人こそ

③年収が一億円レベルに上がるときに起こる現象

 なぜ年収が上がるのか
 そのような環境や弊害が怖くなくなる考え方のコツ

などなどー

これら活字にすると、すんごい長いんですよね。

なので、聞いてみてちょ。


・・・


早く風邪治らないかな(泣)

8 件のコメント:

  1. 今回のセミナーに参加しました太田と言います。

    セミナーもすごかったですが、
    今回の廣田さんの録音もすごいです。

    今回の録音のように、
    ひとつひとつ、じっくり考えると
    「うん、そうそう。」とわかるのですが、

    勝手に感じてしまう
    恐怖とか不安とか目の前にしてしまうと、
    何かがわからなくなってしまうんだと思いました。

    1+3+5+7+9を暗算でやるのと

    前から一つずつ紙に書いて、
    4、9、16、25と計算するのとの違い
    (ちょっと違うかもしれないですが)
    みたいな感じがしました。

    お金稼ぐことに
    何か不安や怖さがありましたが、
    今回で気持ちが楽になりました。

    頑張ってお金を稼げる人に
    なりたいと思います!!

    返信削除
  2. 会長!ふなかわさん、昨日はありがとうございました。

    懇親会に来られなかったのは、残念ですが平先生、廣田会長に会うことがで名刺きカンゲキでした。

    懇親会のテーブルで一緒になった方は、年収1センマンと3ゼンマンの方々でした。

    この懇親会! 10まんえん払って本当に
    よかったです。

    会長のブログから行きました。

    ありがとうございました。

    大工の小松でした。
    隣のテーブルでは、2センマンの方がいました。

    僕にとってへ

    返信削除
  3. 太田さま、コメントありがとうございます!

    >今回の廣田さんの

    ありがとうございます!お喜びいただければ幸いです!

    >暗算でやるのと

    なるほど、ですね、印象で捉えすぎてしまうと、事実が見えなくなります。
    なので、分析してみると、どういう事なのかがわかるという事です。

    >今回で気持ちが

    よかったです!嫌う、という一言も、意味はかなり広義ですよね。ちゃんと分けて考えるべきですね!

    また覗いてくださいませ!

    返信削除
  4. 匿名さま、コメントありがとうございます!

    >昨日は

    こちらこそ、ご出席ありがとうございます!

    >懇親会に

    申し訳ありません!体が弱いですので(笑)

    >テーブルで

    良かったですね!みんな頑張っているんだなあ・・・年収1千万も、3千万も、凄い事ですよ!確率として、実際かなり少ないのです。

    >ブログから

    それは嬉しいです!先生、インプロさんに少しでもお返しができたのですね、ありがとうございます!

    >大工の

    ご同業ですね!職人さんは、私自身がその出自なので、凄く可能性のある業種だと思っています!ぜひ頑張ってくださいませ!

    また覗いてくださいませ!

    返信削除
  5. 野田はじめ2011年7月1日 20:33

    廣田先生、船川さん、お久しぶりです。

    野田です。

    まだ、体調は悪いですか?早く治るといいですね。

    今回の話ですが、私が現在体験している途中ですね。

    今、ひとつ前のマジェスタを買おうと探しているのですが、友人は高くてマジェスタを買えず50フーガを買ったんです。

    ですから、自分より格が上の車、自分が買えなかった車を買うので、すごい妬んできますね(笑)

    年収があろうと無かろうと自分と反対側の意見の人は自分を認めないですからね。

    Xがいつもマインドセットが大事。というのは自分で限界を作って稼げなくなる、それともう一つが魅力的な人間に成長し続けることが出来ないからだと最近は思っております。

    最後に、平先生の誤解を怖れずキッパリ言いきるところが大好きです。

    絶対、根性ナシには言えないんで男らしいなーと思います。

    返信削除
  6. 野田はじめさま、コメントありがとうございます!

    お久しぶりですね、寂しいじゃないですか。ぜひ毎日コメントくださいませ(笑)

    >自分より

    そうなんですよね、悲しい事に、人間はジェラシーというものを持っています。私もそうですが、できれば人をねたむような行動や心理はとりたくないものです!

    >自分を認めない

    そうなのですよ、どちらにしても全ての人から認められる事はあり得ません、また、そんな事を気にする必要もないという事ですね!

    >平先生の

    そうです!それが先生の魅力であり、他のものが真似をできない、「潔さ」なんですよね!男らしいと思います!

    また覗いてくださいませ!

    返信削除
  7. 廣田会長、船川様

    いつも楽しくブログ拝読させて
    いただいております。

    他人が持つ自分に対する嫉妬。
    そこから生まれる恐れ。

    聞かせて頂けば頂くほど
    自分にとって大きなテーマで
    まだ頭の中で治まりがつかないです。

    ただ1つ、気付かせて頂きました。

    自分が他人への嫉妬を抱くからこそ、
    逆の立場に立とうとするときブレーキが
    かかってしまう。

    逆論的な発想となりますが、
    物事の二面性というものでしょうか。

    グロテスクな感情が渦巻く事が分かっているから、
    嫉妬をかう、広く言えば目立つような行動が
    恐ろしい。

    他人に嫉妬する 
     → 嫉妬されるのが怖くなる
      → 嫉妬される行動を無意識に避ける
       → 無難な行動のまま一歩踏み出せない

    というサイクルでもがいてるな、
    と自分を観ていてそう思いました。

    小さいころから家庭で「出る釘は打たれるぞ」
    と言われ続けられてきた事もあると思います。

    比較的、日本人はこの刷り込みが強い方
    かもしれません。

    そして、この恐れがブレーキになって
    自分を押さえこみモンモンとしている
    人も多いのではないでしょうか。

    しかし、廣田会長がおっしゃっていた
    他人からの嫉妬は誇りに思う。

    このお言葉でかなり心が軽くなりました。

    一方で、もう少し自分の中で
    嫉妬という感情を掘りさげたいです。

    平先生のおっしゃられていた
    非常識をDo it!するにも役立つかと思います。

    と、取り留めのないコメントとなりましたが
    それでは引き続き人生のコヤシを
    楽しみにしております。

    魚谷良太

    返信削除
  8. アドバンスマインド船川2011年7月3日 21:33

    魚谷さま、

    先日はセミナーでお世話になりました。

    アドバンスマインドの船川です。

    廣田会長が海外でネット環境が悪いため、
    私が代わりにご返答させていただきます。

    >小さいころから家庭で「出る釘は打たれるぞ」
    と言われ続けられてきた事もあると思います。

    そうですね。私も魚谷さまの考えに同感しました。

    録音を聴くまでは、嫉妬されるということに、
    モンモンした気持ちを持っていました。

    >廣田会長がおっしゃっていた
    他人からの嫉妬は誇りに思う。

    このお言葉でかなり心が軽くなりました。

    >平先生のおっしゃられていた
    非常識をDo it!するにも役立つかと思います。

    この考えは、とてもいい気づきになりました。

    私も魚谷さまのように、どんどん自分の考えを
    掘り下げていきたいと思います。

    これからも廣田会長のブログをよろしくお願い申し上げます。

    返信削除