2011年9月29日木曜日

3つ目のご質問の答え「最高のパートナーを手に入れた経緯」録音



私には、最高のパートナーであり、親友であり、
部下であり、弟である・・・

小林という人間がいます。

私の成功の原因、その力は、
全て彼の存在にあると言っていいでしょう。

以前のフナ王国のときのご質問、その最後の3つ目です。


・廣田会長は、最高のパートナーであり弟である
 小林社長と、どんないきさつでそういう関係を築けたのか?

というものです。

原因は、たぶん、親父にあるでしょう。


・・・


環境。


すべてが、それを決めると言っていいと思います。

イスラム圏にうまれた人は、アラーの為に命を捨てます。
江戸時代の日本にうまれた人は、
身分制度を当たり前に受け入れます。

大戦時の日本人は、国の為に命を進んで捨てました。

今の日本で、「国を守る為に進んで命を捨てる」
という人は少ないかもしれません。


いいとか悪いとかではなく、
環境が人間を決めていきます。


・・・


では、、、

3つ目の録音、ご質問の答だよ。

なんで、私は最高のパートナー、小林という弟を手に入れられたのか?

(両親がなにがしかの行為で受胎したとかそんなんじゃないよ)

どうすれば、そんな兄弟になるのか?

そのお答えです。

質問の答え③(約12分)



私たち兄弟の、環境の話だよ。

うちの親父の育て方。

子育てするときは是非使ってね。
良い兄弟が育ちます。


・・・


うちの親父は、子供の頃の僕たちに

・散弾銃の打ち方を教えた(13歳の頃)

・クルマの運転を教えた(10歳の頃)

・人の叩き方を教えた(物心ついた頃)

なので、あまり
真似しない方がいいかもしれない。
別に深い話では無いです。

まー聞いてみて。

2011年9月25日日曜日

「友人知人から借金を申し込まれたら」録音パート①、②

「お金を貸して欲しい」

知り合いからそう言われて、困ってしまった事はありますか?

きょうは、そんなときに使えるお話です。


・・・


借金。

イヤな言葉です。

だれも、決して借金なんてしたくありません。


実際のところ、お金を貸す、借りるという行為じたいは、
非常に便利なものです。

社会の潤滑油でもあります。
そのような制度、行為自体がなければ、困る人はたくさん出てきます。

また、今は非常にお金を借りやすい社会でもあります。
電話一本で、借りる事も、誰の顔も見ずに借りる事も可能です。

でも、、、

がゆえに、その借金によって人生が変わる事も多いのです。

そして、その貸し借りで、人間関係も
いとも簡単に崩れてしまうものです。


・・・


「死ね」

珍しく、フナが友人に連呼したそうです。

「お金を貸してくれ」

そう、友人から、借金の申し込みをされたときのこと。

単に、お金を貸してくれと言われたから死ねと言った訳ではありません。
「甘えるな」と言いたかったのだと思います。

こんな話です。

まずは、パート①。

フナ、友達の借金の相談(約11分)




・・・



次に、、、

私の、経験してきた、借金(特に友人関係)についての
うんちくです。

・貸したお金は返ってこない(と思った方がいい)
・貸すくらいなら、あげられる金額を上げてしまった方がいい
・返させるなら、必ず「教育」をつける

これらがポイントです。

パート②。

友人知人から、借金を申し込まれたときどうするか?

これも聞いてください。

「借金を申し込まれたときの対応法(約8分)


そういうパターンが出たとき、
これを思い出してください。



ちなみに、保証人を頼まれたときは、こういってくださいね。

過去記事「保証人を断る方法」

2011年9月22日木曜日

幽霊ホテル事件~後半編~ 廣田フナカワ合作

船川です。
今日は廣田と二人で交互に書く事になりました。
 
幽霊ホテル話の後半です。
 
********************

タイトル《実録!幽霊ホテル》

********************

~前回のあらすじ~
 
長野のキャバクラで女の子から
船川の宿泊ホテルが「幽霊ホテル」だと教えられる。
 
船川ビビる。
 
実は、その幽霊ホテルの情報は廣田会長が
女の子に仕組ませた嘘だった。
 
その嘘をホテルに到着してから、
廣田会長に教えられる。
 
しかし、
 
ホッと一安心した船川だったが、
宿泊の部屋番号が「606」号室と
不吉な数字の部屋だった・・・

・・・
 
それでは後半のお話をさせていただきます。


************************


《本編》

第3章 「606号室の謎」



不吉な数字の部屋・606号室に
入りました。
 
ですが、部屋はとても綺麗で、
ビジネスホテルの中でも
とても清潔で新しい部屋でした。

壁に絵もなく、
(絵の裏にお札があったりするかなと心配しました)
 
こちらを眺めるような鏡もなく、
 
とてもすっきりとした部屋でした。
 
 
そして、コンビニで明日の朝食を買って、
安心して寝床に付きました。

ですが、寝床についてから、
2,3時間後に、私は起こされます。
 

部屋の壁から、

ゴーン・・

ゴーン・・・

ゴーン・・・・

壁を叩くような音が聞こえるのです。
 
 
私の部屋の真下の部屋は、廣田会長でしたが、
そんな悪質なイジワルをする方ではありません。
 
 
もしかしたら、筋トレでも始められたのかなっと
わずかな希望の選択肢を考えます。
 
ですが、幽霊の仕業かもしれません。
 
私は、もう怖くて、部屋の様子も時計の時間を
見る勇気も余裕もありません。

布団に包まり、ただただ、
その場が過ぎ去るのを待ちます。

約5分~10分ぐらいで、音は収まったのですが、
とても怖くて、布団に包まり、汗がビッチョりのまま、
夜を過ごしました。
 

翌朝、廣田会長が私に、

会長「部屋、何にもなかったやろう??」
 
ふな「それが部屋の壁がドンドンってなっていました。
   会長、筋トレを夜にされましたか?」
 
会長「そんなん真夜中に疲れてしてへんわ。
   また幻聴が聞こえてきたんやな(笑)」

とそのまま、私の勘違いで、
また、ビビリで被害妄想な船川の印象だけが
残ったまま、私の体験は流されました。
 


***********************


廣田です。

今日は合作で。


第4章「鳴り響く音の正体」




「会長、、、」

「昨日、真夜中に、エクササイズってしました?」


・・・



前の日にキャバクラでさんざん脅されて、
お泊まりした翌朝。

日差しが気持ちよく、気持ちのいい朝です。
私は一人、ホテルの朝食を食べていました。


ふと私を見つけたフナが、
「おはようございます」と挨拶をしながら、、、

私に質問を投げかけてきます。



「会長、昨日の真夜中にエクササイズしました?」


え?

きのうの夜?それって何時頃の話?


「夜の3時か4時頃です」


何で時間に幅があるの?


「怖くて布団かぶっていたので、時計を見ていないのです」


ふーん、知らないよ?
そんな夜中にエクササイズなんてする訳ねーじゃん。

なにがあったの?


「夜中に、ゴーン、ゴーン、とずっと音が続いていたんです」


だいたいだね、夜中に一生懸命聞き耳を立てているなんて、
君ぃ、そう言うのを変態と呼ぶのだよ。

君の期待どうり、となりのカップルが
いかがわしい行為に励んでいたのではないのかね?


「違います、なんか壁をたたく様な音です」


なんか奇妙な音がしていたそうです。
ボルターガイストでもいるのかな。

私はフナに答えます。

フナカワ君、ひょっとしてラップ現象?


「そうかもしれません」


そんな事言われてもなー、
前の晩に女の子を使って怖がらせた怪談話は、嘘だし。
オレが創作したんだし。

まあ、どーせ聞き違いだろう。

放っとけ。


「はいはい、フナカワ君。もういいから」



・・・



私は最初、相手にもしませんでした。

「どーせ」「またまた」
と、思っていたのです。


フナからその話を聞いた、ほんの最初のうちは。



・・・



朝食を食べ、煙草を吸いながら、
私は夕べの事を心の中で思い直していました。


なんか、思い出した気がする。

そう言えば、何かがあった様な気がする。

心のどこかに、喉にひっかかった魚の骨のように、
何かが残っています。



私は「それ」を知っている。

そんな気がする。


その後、寝入っていたので、
忘れてしまっていたのではないか?


オレも、「それ」に気づいていたのではないか?


そして何より・・・

ひょっとして、「それ」は私の方にこそ、
起こった出来事なのではないか?


記憶のページを一枚一枚めくってくと、、、

ふと、脳裏に記憶がよみがえってきたのです。

昨日の、夜の。



・・・



《「それ」降臨》



深夜3時頃。

私は、フナのワンフロアー違いの上下の部屋で、
ベッドでウトウトしていました。


私が左半身でベッドに寝転び、
何か寝苦しさを感じ始めたとき、、、

背後に、気配を感じました。


私の後ろに、人が添い寝をしようとしている。
そんな感覚に捕われました。



・・・



マッサージ師を呼んだ訳でもなければ、いかがわしいおねいたまを呼んだ訳でもありません。


私の横にいるのは、間違いなく、「あれ」です。
ひとによっては、「それ」とも言います。


「それ」が左向いて寝ている私の背後、右側にいます。


私は、そのうつつの中で、こう思いました。


「マジかよ。出るとか言って、フナを怖がらせたはいいけど、
 実際出るのかよ。あれ、オレの嘘だよ。
 でも、ほんとにいるのかよ」


私はとっさに思い出しました。


「怖い。でも怖がっている場合ではない。
 おれは、ブログでも、霊魂の存在を喜ぶ立場として記事も書いている。

(記事末にアドレスのせました、過去記事「ぞっとする話&解決法」参照) 

 ここで負けるわけにはいかない」


だいたい、なぜ霊が怖いかというと、
手が出せないからです。

コッチは生きている、実体がある、
相手は実体がない、殴れない、攻撃できない。

だから怖いのです。

でも、もし私が死んでしまったら、
条件は五分と五分。

十分、後でやり返せるのです。

私は心の中で念じました。


「お前な、オレをとり殺して見やがれ。
 絶対絶対にオレが霊になったら仕返ししてやるからな。
 お前は死んでいるからもう死なない。
 永遠にねちねちいたぶってやるからな。
 覚悟しとけよ」



これで大丈夫。
なんとかわかってくれるだろう。

わかってくれなければ、
後で仕返しするだけの事。




・・・



《幽霊VSムエタイ》


だいたい、脅せるのは霊だけの特権じゃない。
生きている人間でも、脅すことはできるのだああぁぁ

と思いながら、ハッと気づきました。



・・・



ある仮説です。

私がそのとき考えたのは、
ある「仮説」なのです。



つまり、こういう事です。

ひょっとしたら、ひょっとして、

「今の段階でも、手が出せるのではないか?」



誰も、霊を殴ったりとか、きっとしてないはず。
つまり、やってみなければわからない。

殴ってみたら、実際、効くかどうか?殴れるのかどうか?

それがわかるはず。

ひょっとしたら、すでに、立場は50:50で、
こちらも手が出せるのかもしれない。



やってみる価値はある。

やってやる。

おれは、、、

やってやる。


・・・


ゴーン、ゴーン、ゴーン・・・


私は、“霊のいる場所”を殴り続けました。

「回転バック肘」。振り返り様、肘を打ち込む技です。

額を切り裂いてやる。

そう思いながら、、、
背後の壁を、ずっと叩き続けていました。



・・・



まあ、つまり、、、

霊が出たとかではなく、、、

結局、夢を見て、、、


寝ぼけていた訳ですね。

あたしゃ。



・・・


ワンフロアー違いのフナの部屋。


ゴーン、ゴーン、と
なり続ける、ラップ音にも似た、
私の攻撃の音。

霊はいるはずもなく、

壁はたたかれ続けました。


そして、フナは、、、

布団をかぶり、震えながら夜を明かしたそうです。


・・・


しこたま壁を殴って、
気の済んだ私は、その後スッキリと眠りに就き、
気持ちのよい朝を迎え、
夕べの夢の事はすっかり、、、

フナに言われるまで、忘れていたという事です。


おそまつ。



******************


《フナカワの朝》


再び、フナカワです。

しばらくして後、会長がおもむろにこういいました。

「あっそういえば、昨日の夢で幽霊が出てきたんやわ!」

と、廣田会長が思い出したかのように話し始めました。

どうやら、廣田会長には、
夢の中で、幽霊が出たそうです。
 
しかも、眠りについて、
夜中の2,3時ごろだったようなので、
私の時間の感覚と一致します。

もしかしたら、
私の部屋と真下の部屋の廣田会長の部屋を
行き来している時の音で、
ドン、ドンっと鳴ったのかもしれません。

話は続きます。

会長「で、夢の中で、幽霊が出たんやけど、
   夢の中やから戦えると思って戦ったんやわ!」
 
と言うのです。
 
 
廣田会長の幽霊の理屈はたくさんあるのですが、
1つを抜粋すると、

・幽霊は今は触れられないが、
 幽霊同士なら五分五分でやれる。
 
 そうなったら、俺は負けない。
 
 だから、今俺をいじめていいけど、
 俺が幽霊になったら、仕返ししてやる!

という理屈を1つ持っているのです。

なので、そんな理屈を
私にも言っている手前もあり、
夢の中で戦ったみたいなのです。
 

さすが、言っている事を実践するのは尊敬します。
 

ですが、この後、衝撃の言葉を耳にします。
 

会長「それで、幽霊が俺の真横で寝てたもんやから、
   おもっきり、何回も、エルボーしてやったわ!

   何回も壁にエルボーした記憶を思い出したわ!

   わははははぁ~!!」
 
 
ん??
 
 
夜中2,3時。
 
壁のドンドンの音。
 
真下は廣田会長の部屋。
 
同時刻、廣田会長は夢の中で幽霊と格闘。
 
そして、
 
 
壁にエルボー。

 
これを照合すると・・・
 
 
「えぇ~~犯人は廣田会長やん!!!」
 

と私は心の中で叫びました。
 

あの汗びっしょりの夜は一生忘れる事はありません。
 
でも、何も言えませんでした。
 
文句を言えば、どうなるかわかりません。
 
もしかすると、
 
生身の人間の方が、怖いかもしれないと、
すこし思いました。
 
ここまでお読みいただき、
ありがとうございました。
 
 
 
 
***********************


なんでこんな書き方になったかというと、
フナも私も、同じテーマでブログを書こうとしていた、
せっかくなので両方のせた、という訳です。


録音は明日出すねー

上でも案内した過去記事はこれだよ、
怖い話が恐い人はこれ見てね。

過去記事「ぞっとする話&解決法」

 )

2011年9月21日水曜日

あやまんJAPAN の CD 無料プレゼント

船川です。

今、廣田会長は歯医者さんにいます。


痛いのか、怖いのか、いつも泣いているようです。


怖いのです。


一言でいえば、、、

痛いのが怖いのです。


普段の行いが悪いのかもしれません。
ひげを生やしているせいかも知れません。


まあ、なんにしても、、、

功徳を積むべきです。


善行を行う。


そうすれば、痛みはひきます。
怖さもなくなります。



・・・


ということで、、、



会長は
歯医者さんに行く道すがら、

「功徳(クドク)を積まなければ、
 功徳、功徳、功徳…

功徳。

なんかクドクドとつぶやきながら、去っていきました。

去り際に、

「フナ、功徳を積んどいてくれ」


なので、功徳を積むために、
皆様にCDをプレゼントいたします。


・・・


平先生のフェイスブックで
友達になられた方に、
廣田会長より、あやまんJAPANのCDを
無料でプレゼントさせていただきます。

こんなCDです。




なんであやまんJAPANかというと、
廣田会長とあやまんさんが友達のようです。

私も連れて行ってもらって「生ポイポイ」を
カラオケで歌っていただきました。

互いに「あやちゃん」「ひろぽん」と呼んでいるようです。

響きが怪しいです。


「たくさん買ってあげたい」と会長が購入したものが
200枚ほど事務所にあります。

なので、これを功徳に回しましょう。


会長も、歯医者さんの診察台の上で
喜んでくれることでしょう。



・・・


応募要項です。

平先生のフェイスブックのサイトはこちら



平先生のフェイスブックで友達登録を
された方は下記のメールアドレスに

・お名前(フルネーム)

・郵便番号と住所

・お電話番号

を書いて、お送りくださいませ。

お友達登録確認後、メールを返信、
配送の手続きに移らせていただきます。


★ご注意!! 友達登録は、「廣田会長」のではなくて、
 「平先生のフェイスブック」です!
 お間違えの無いように!!

 (廣田会長もフェイスブックやっていたのですが、
  まったく使えていません。友達登録しないようにね。
*すでにパスワードすらわからなくなってしまいました。
  友達要請してくださった人、申し訳ありません 廣田 )


メルアドはこちら



それでは、お待ちしております。

友達登録方法はひとつ前の記事を見てね。

フェイスブックで稼ぐノウハウをお伝えします! By  平先生



師匠の平先生が、フェイスブックで稼ぐノウハウを無料でお伝えしているよ。

世界はチャンスにあふれている!はこちら




・・・


フェイスブック。

最近、ツイッターとか、フェイスブックとか、
新しいソーシャルメディア(っていうのかな)がはやっていますね。

私は、ツイッターもフェイスブックも
始めるには始めたのですが、
ブログだけで手一杯で、
ほとんど更新していません。

おまけに、パスワード忘れる始末。

友達リクエストしてくれた方々、
誠に申し訳ないです。


ネットモノクサ病とでも呼んでください。



・・・



平先生が、フェイスブックの友達をたくさん作る、
そんな運動をしています。

で、、、

「いいね」をすると無料レポートがもらえて、
しかも、友達になると「フェイスブックで稼ぐ方法」のノウハウがもらえるそうです。


世界はチャンスにあふれている!はこちら



こちらからどうぞ。

友達になる方法も簡単に説明してくれているよ。



・・・



先日、ちょっとした「ソーシャルネットワークで稼いでいる人」と
お会いしました。

わたしにゃよくわからんのですが、
なんか年間一億円くらい稼いでいるそうです。

「みんなが知るまでが鍵」というその人は、
今のうち、と頑張って稼いでいるそうです。

セミナー等も全くやらず、ノウハウのシェアもしないそうです。

「みんなが知ったら終わり(本人談)」との事です。



・・・



フェイスブックも、かなり浸透したとは言え、
まだまだ出だして間がありません。


今のうちに、せっかくですから活用して、
お小遣いのひとつでも稼いでしまいましょう。

読んで、そのノウハウを使うかどうかはあなたの自由。

別に邪魔になるものでもありません。

まして、、、

ひょっとすると、あなたがフェイスブックノウハウの先駆者として
パイオニアの位置を確定できるかもしれません。

見とかないと損だよ。


・・・


平先生は、失敗、成功に関わらず、どんどんテストして、
新しい事を進めていっています。


私たちは、その、

「うまく行ったテストの結果」

だけを手に入れる事ができます。

せっかくのテスト結果をいち早くもらえるなら、
知っておかなきゃもったいないしょ。



・・・



いつか私もフェイスブック力入れてやろっかなー

ブログだけでも頑張るかなー

ツイッター落ちこぼれ組だからなー


アドレスこれね。

簡単に説明してくれているよ。

世界はチャンスにあふれている!はこちら

2011年9月19日月曜日

幽霊ホテル事件~前半編~と質問回答音声2

もうあと少しで27歳になりそうな船川です。

前回に引き続き、質問の返答録音を
公開させていただきます。

記事の最後に公開させていただきました。


ところで、

27歳になっても、怖いものがあります。

それは「幽霊」です。

なので、恐怖映像やおばけ屋敷には、
一切近寄りません。

霊感は一切ありませんが・・


ところが、社会人になると、
心霊関係から避けられない事が
たまにあります。


それは、先日の長野での事です。


前回の記事の勉強会が終わった後の
飲み屋さんで、廣田会長の横に付いた女性が、
その私が泊まるホテルが、

“幽霊が出る”と有名なホテル

であると私に言って来たのです。


もちろん、私はビビりまくります。

せっかく宿泊を取ってもらったのですが、
キャンセルしたいぐらい、嫌な気持ちになりました。


そして、会も終了し、一同はホテルへ。


そして、ホテルへの宿泊が嫌そうな私に、
廣田会長が、


会長「あぁ、あの幽霊ホテル話、全く嘘やで」

ふな「え?なんで分かるんですか?」

会長「だって、俺が隣の女の子に、そうやって、フナに言えって言ったもん」


ふな「・・・」


どうやら、廣田会長から仕組まれた嘘だったのです。


ところが・・・


部屋のキーを渡されたのですが、
部屋番号が「606」号室。


「6」という数字は、一般的にはあまりよくない数字であると
私は勝手に認識しており、ちょっと気味が悪くなりました。


そして、やっぱり?このあと、私に恐怖体験が起こるのですが、
それは次回の記事でお伝えさせていただきます。

■第2部録音内容■


それでは、お聞きくださいませ。

第2部録音内容



ご質問をいただいた皆様、ありがとうございます。

2011年9月16日金曜日

業界トップを走る社長さん、幹部さん達のすべらない話

こんにちは。

アドバンスマインド船川です。

以前、私の天下ブログで、
廣田会長への質問をいただいた録音を
アップさせていただきます。

いくつかに分けていますので、
今日は、第1部を公開させていただきます。

質問の回答録音は、ブログの最後で。


・・・


2日前に、
廣田会長に長野へ連れてっていただきました。

遊びに出かけたワケではなく、
長野に、工務店業界のトップを走る会社の
幹部の方々が集い、勉強会のような会が行われました。

そこに私も一緒に連れて行っていただきました。

勉強会はもちろんの事、
食事会でも、話題は仕事の事一色です。


さすが、各地域でナンバーワンの
会社の幹部さん達だけあります。


業務だけの話ではなく、
今後の組織の形であったり、考え方だったり、
明らかに見ている視点が違いました。

そして、

食事会も終わって、
次は、クラブのような所へ移動。


そこでは、少し皆さんもオフモード。


少しお酒も入り、それぞれが
自分の体験談を話すような流れになりました。


廣田会長はもちろん、
それぞれの会社のトップの人たちが話すのですが、
本当に面白いのです。


もちろん、体験された話の内容も面白かったのですが、
話の仕方が上手なのです。

いろんな視点から話をされるので、
オチが読めないので、オチを言われたときに、
余計に面白いのです。


要するに、話の組み立て方が上手なのです。


それで、以前、廣田会長から


「うだつを上げるには、アウトプットが大切」


と言うことを思い出しました。


何を相手に伝えたいのかが、
明確で、こちらにもイメージしながら、
それが伝わってくるのです。

きっと社長さん達は、普段から自然に
上手なアウトプット能力が身についているんだなぁと
感じました。

そして、
さすが、トップを走る会社の幹部さん達は、
アウトプットの力がプライベートな話でも
違うなぁと感じさせられました。


一方、私は途中で自分でも何を言っているのか、
分からないときがあります。

なので、私も見習って、何気ない日常で、
少し面白い事があったら、話ができるように
トレーニングしたいと思いました。


他にも、長野のホテルで、事件があったのですが、
それはもしかしたら、いつか廣田会長がブログで
話されるかもしれません。


それでは、いただいたご質問回答録音を
公開させていただきます。

■第1部録音内容■

・稼ぐ人と稼がない人の差はなんですか?

・廣田会長は毎月いくら使っていますか?

・たくさんのお金を与えられた人間が
 廣田会長の友人のようにお金に対してブレない人間になれますか?

・廣田会長が今まで一番運が良かったなぁと思った瞬間は何ですか?

・お金を稼ぐモチベーションはなんですか?


それでは、お聞きくださいませ。

第1部録音内容


ご質問をいただいた皆様、
ありがとうございました。

2011年9月14日水曜日

コメントご質問のお答え。「株主の配当・横領の防ぎ方・人物鑑定の基準」録音

ご質問の答えです。

芝さまからご質問を頂きました。

・廣田会長は、以前録音で「6千万円事業に投資して、年間100%のリターン」と言っていたが、他人に事業を任せた場合、出資者の利益はそれを目安にすればいいのか?

・人に任せた場合、横領とかが気になる。どうすればいい?

・以前録音で聞いたが、事業を任せる相手は「つぶされてもいい。そう思える相手」と。さてその選び方、人物鑑定の基準は?

というものです。

追記も頂いたので、いそいで録音とりました。


これです。

コメントご質問のお答え録音(約11分)


まあ聞いてみてチョ。


・・・


今日は、平先生始め、うちのグループや安倍さん、森下さん達の
「第二世代グループ」合同会議だよ。

長野でやりました。

シメだけ顔出して、少し飲んだです。

みんないいカオしてるね。
これからが楽しみだよ。

2011年9月12日月曜日

とにかくいまのうちにDLしておいてください

廣田です、友人の伊勢さん、村上さんが
無料でレポートを配っています。

もう少し早く皆様に紹介すれば良かったのですが、
私のご紹介が遅かったので、公開の終了まで時間がなくなってしまいました。

終了は、今日(12日月曜日)の23:59分までです。

もったいないので必ずいまのうちに
ダウンロードしてください。

富士山山頂で録画したビデオ



前の投稿にもかいた「3本目のビデオ」、
とてもいいから絶対見てね。


*終了しちゃいました。

でも、このビデオが見れるようです。

バタフライエフェクトのビデオ




・・・

船川です。

伊勢さんと村上さんの関連記事の掲載させていただきます。

何でもコヤシブログの欠点「何もない人が一から稼ぐ方法」動画



廣田の、10人ほどの女性関係のお話



人生の分岐点の捉え方

人生の分岐点の捉え方

バタフライエフェクトってご存知ですか?


先日、機内で映画を見ました。

題は、バタフライエフェクト。

バタフライエフェクトとは、
中国で蝶が羽をばたばたすると、地球の裏側のアメリカで
ハリケーンが起こる、といったカオス理論です。


・・・


過去を変える。

あのとき、この分岐点で「こっち」を選んだら、
一体いまの人生はどうなっていたのか?

それは誰もが思う事でしょう。

・初恋の人に、勇気を出して声をかけていたら?
・チャンスをもらったとき見逃してしまった、やり直したい
・あのとき、あの場所で、こう話していたら・・・

私にだってありますし、
誰でもあるのではないでしょうか。



・・・


で、、、
もし、過去を変えたらどうなるか?

主人公のほんのちょっとした言葉や行動が、
その後の人生を大きく変えてしまう。

蝶の羽ばたきが、ハリケーンになる。

なので、タイトルがバタフライエフェクトなのです。


・・・


主人公の青年は、幼なじみの初恋の女の子と
大きくなってから疎遠になってしまいます。

しかし、時折記憶が飛ぶ主人公は、
なぜ幼なじみとの関係がうまく行かなくなってしまったのかを
まったく覚えていません。

彼は、日記を残す、という作業をずっと続けていました。
日記を頼りに、彼は幼なじみの女の子を捜し、
過去を探ります。

その女の子に会って、
「俺たちにはいったい何があったの?」
と聞いた夜・・・

その幼なじみの女の子は自ら命を絶ってしまいます。


・・・


その結果に後悔した主人公は、、、
自分の過去を変えられる能力がある事を知ります。

主人公が想像の中で分岐点の行動を変えると、
現在の人生が変わっているのです。

まあ、タイムスリップ能力があると思ってください。

主人公は、過去にさかのぼり、
過去の自分の行動を変えていきます。

しかし、その結果は決して彼が望むものではありません。

彼は、何度も過去を変えようと試みます。

そして・・・

という映画です。


・・・


バタフライエフェクト。

言ってみれば私は、この理論の「わらしべ長者」側です。
私は、人生の分岐点の多くで、、、

「自分が想像するよりも」

良い結果を得続けてきました。

結果、今があります。


・・・


私の本を読んでくださった方はご存知だと思いますが、

・浮田さんに出会ってなかったら
・キックやってなかったら
・I社長に出会ってなかったら
・平先生に出会ってなかったら
・声をかけられたとき即座に答えてなかったら

間違いなく、今はないのです。

あのときのちょっとした分岐点。

ひょっとしたら見逃すかもしれないほどの、
小さなきっかけ。

それをうまく捕まえて来れたのが、
私の成功の一番の原因でしょう。


・・・


伊勢さん、村上さんの4本目のビデオ。
そこに、このバタフライエフェクトの話が出てきます。

一度、ご覧になる事をお勧めします。

あなたの、成功の分岐点になるかもしれません。

まず、下記のアドレスをクリック、富士山ビデオを見て、
アドレスを入力してください。

富士山山頂で録画したビデオ



無料レポートももらえます。
まずはもらっておいてください。

次に、

①アドレスを登録する(そのとき富士山ビデオ)
②ページが開く
③そのビデオ(二本目)は軽く見る
④そのページの中に、「次のビデオを見る」というボタンを押す

⑤メンバーズサイト「真面目な人が成功できない唯一の原因」
(つまり、最初から数えて3つ目のビデオ、
 約53分、長いけど、とてもいいよ)を見る

⑥次のビデオがブログの「次の投稿」にあります。

 これが、バタフライエフェクト(バタフライ効果)の話のビデオです。



あなたに、人生の分岐点、、、

バタフライエフェクトを。

・・・

*無料プレゼント終了したようです。

でも、このビデオが見れるようです。

バタフライエフェクトのビデオ

廣田の、10人ほどの女性関係のお話

廣田です、
今日は、私の「女性関係の秘密」を少しお話しします。


・・・


私には、
血のつながっていない「妹」と呼ばれる関係の女性が10人近くいます。

うちの親父が極道人間だったので、
たくさん子供を作った・・・

わけではありません。

「妹」と呼びながら
実は愛人だった・・・という訳でもありません。


妹のように面倒を見ている、
(肉体関係はないです、念のため)
そういう女性が10人ほどいるという事です。


つまり、、、

私は、常々、10人ほどの女性に囲まれていると思ってもらっていいです。

というと何となくかっこいい、モテそうだけど、
単にお助けおじさんなだけ。


まあ、世間ではこういうおじさんを、、、

「カモ」と呼んだりもするようです。



・・・



水鳥の話は置いといて、

なにが言いたいかというと、
毎度、彼女達から聞く話は、、、

・都内で、女性の一人暮らしは非常に難しい
・給料のいいとこ少ない
・服はネットで1〜2千円のものしか買えない
・ご飯は自炊したものを二日間に分けて食べる
・貯金なんてとてもできない
・コンパに行くのは、タダメシを食べるため
・友人の結婚式があるとぞっとする
・医者に行きたくても行けない
・借金しなければやっていけない

というものです。


・・・


その「妹分」たちは、
何らかの形で知り合った子達ですが、
どうしても困ったら、、、

まずはフナに電話があります。

「友達が結婚式で、今月ピンチ」
「今月の家賃が払えない」
「3日間、水しか飲んでない」
「医者に行きたい」

このようなSOSが来ると、
フナが、バイトの手配をします。

「こんなバイトをしてくれ」
「これを手伝え」
「ここで飯を食ってこい」

的な感じ。
で、私に報告があるというスタイルです。


・・・


彼女達はそれでピンチを脱し、
私たちは、多少いろんな作業を手伝ってもらう、という感じです。


で、、、

その「妹分」達に、ある「レポート」を読ませました。

・手に職もなく
・時間も自由にはできずに
・腕力がある訳でも、喋りがうまい訳でもなく
・在宅でできる

そんな、毎月数万円のお小遣いを増やす方法です。

その、妹分達にぴったりだからです。


・・・


こういったレポートを友人の伊勢さん、村上さんが配っています。

下記にアドレス貼付けてあるので、
そこからダウンロードしてください。


・・・


ちなみに、こういうの(マーケティング)嫌いな人もいるかもしれないけど、
損しないから無料レポートだけでももらってみてくださいね。

(ちなみに、私はアフィリエイト報酬とかは全くもらってないよ。
 伊勢さん村上さんは大切な友人だし、
 何より読者さまにとってお得だからお勧めしています)


でも、買いたくないものは買わなければいいだけです。
気に入ったら、買えばいいだけ。


なにより、この無料レポート、
他の人は情報商材として値段付けて売っている、そんな内容です。

富士山山頂で録画したビデオ



無料レポートだけでなく、
とてもためになるビデオもあります。

私のおすすめですが、

①アドレスを登録する(そのとき富士山ビデオ)
②ページが開く
③そのビデオ(二本目)は軽く見る
④そのページの中に、「次のビデオを見る」というボタンを押す

⑤メンバーズサイト「真面目な人が成功できない唯一の原因」
(つまり、最初から数えて3つ目のビデオ、
 約53分、長いけど、とてもいいよ)

これを見るのが一番いいです。
全容がよくわかります。



妹分達にも見せたら、、、

「やってみます!」
ってみんな言ってた。

喜んでたよ。


・・・


ちなみに、私は書籍のとき伊勢さん、村上さんに大変お世話になりました。

なので、連投しますね。

次の記事は、


「私が成功したきっかけ」

の話です。



それをお伝えしましょう。
夕方出しますね。

・・・

船川です。

伊勢さんと村上さんの関連記事の掲載させていただきます。

何でもコヤシブログの欠点「何もない人が一から稼ぐ方法」動画

2011年9月11日日曜日

何でもコヤシブログの欠点「何もない人が一から稼ぐ方法」動画

こんにちは、廣田です。

何でもコヤシブログには、ひとつ大きな欠点があります。


・・・


私は、元肉体労働者です。

いまは、このブログをお読みの方はご存知なように、
ちょっとした「成功のようなもの」をおさめています。

で、、、

読者さまに、自分の体験を
できる限りシェアして、
誰かの役に立てれば、と思いつつ、
自分の考えのまとめとして、

このブログを続け、録音をお出ししています。


・・・


私はある程度、他人様がしていない経験をしてきています。

ブログに書ける事や、とても人様の耳に入れられない、
そんな事やあんな事も・・・

好むと好まざるにかかわらず、
経験してきています。

そして、私は、その「経験」から、
人に聞いた話ではなく、
「自分で感じた事」のみをお話ししてきました。


・・・


でも、ひとつだけ、
私がお話できない事があります。

それが、このブログ、相談の答えや録音の欠点です。

その欠点、私に答えられないお話とは、、、

「初動の、お金の儲け方」です。


・・・


私は、肉体労働者から、勤め人になり、
下請けとして独立して、その後複数の会社を経営し、
いま現在に至っています。

最初から、会社経営で始まっているのです。

なので、、、

「成功したい、最初に何をする?」


といったご質問に対し、

「手に職をつけなさい」
「独立できる職に就きなさい、そこで力をつけなさい」

とお答えしています。


・・・


独立できる職に就き、
力を蓄え、独立し、
私と同じ様な人生を送る事は全く可能です。

私程度の人間ができる事は、
はっきり言って、誰でもできます。

でも、、、

そんな気長なことを言ってられない人もいます。


・・・


「今月、5万円の収入を増やしたい」

「カードの支払いが払えない、3万円でいいから増やしたい」

そんな人には、私の答えは意味をなしません。

気長すぎるのです。

手に職をつけて、独立するのは時間がかかります。
少なくとも、2、3年はかかるでしょう。

今月、もしくは来月、少しのお小遣いを増やす事に、、、

なんの助けにもならないのです。


・・・


そして、、、

私は、その経験がありません。

新しいビジネスを始めるのは得意です。
情報商材やネットでも販売はしてきました。

それらをお答えするのはいとも簡単な事です。

でも、、、

それは、ある程度の地盤、下地があっての事。


元手になるお金や、すでに培った実績、
人に販売できるノウハウ、優秀なスタッフ、
それらがあるからこそできる行動です。


私が勤め人時代に戻って、
一からできる事ではありません。
誰でもできるわけではないのです。

つまり、わずかでもいいから、すぐに収入が欲しい、と
思われる方には私の経験は全く意味がない、というわけです。


・・・


私の友人、伊勢さんと村上さんが無料でノウハウを配っています。

伊勢さん、村上さんについては
もう紹介の必要もないかとは思いますが、
ネットビジネスの第一人者です。

私の書籍のときも、一切無償でメルマガ紹介や
収録など多くの応援をしてくれました。

その彼らが、

・何もないところから
・全く予備知識のいらない
・ほんの数万円だけど、ちゃんと毎月稼ぎをふやす方法

をプレゼントしています。

富士山山頂で録画したビデオ



これを見てください。



・・・


このビデオを見るときのポイントは

・まずは最後までビデオを見る
・アドレスを登録する
・無料レポートがもらえる

その無料レポートには

・何も経験のない人が
・その通りにやるだけで
・毎月、数万円のお小遣いが増える

その方法がかいてあります。
これと、「一千万円稼ぐレポート」、
これもらっておいてください。


で、、、

私のおすすめですが、

①アドレスを登録する(一本目のビデオ)
②ページが開く
③そのビデオ(二本目)は軽く見る
④そのページの中に、「次のビデオを見る」というボタンを押す

⑤メンバーズサイト「真面目な人が成功できない唯一の原因」
(つまり、最初から数えて3つ目のビデオ。
 53分のやつ。長いけど、いいよ)

これを見るのが一番いいです。
全容がよくわかります。


まあ、損させないから、まだの人は
とにかく一度見てみてチョ。

フナが地元で嫌われだしています。「どうすれば妬まれない?」録音

先日から京都でふだうだしている廣田です。
名古屋にあるひとつの会社がずいぶん軌道に乗ってきて、
連れてきてくれたのです。

飲み歩いてゴルフしています。

で、、、

京都とか、関西弁地域に来ると、
少々生活しやすいです。

言葉通じるし。


・・・


フナが変わった・・・そうです。

成長した、とか、脱皮した、という感じではありません。

どちらかというと、
悪い側のようです。

地元の友人はフナにこう言うそうです。

「東京かぶれ」

なんとかサブレ、のようなお菓子みたいです。

東京に出たフナは、どんどん都会の色に染まり、
かぶれてしまってきた、という話です。


・・・


フナは、、、

花の大都会、東京で、、、

・キャバクラで豪遊したり

・30分500円の駐車場を苦もなく使ったり

・三ツ星レストランで食事したり

・芸能人と呑みに行ったり

・芸能人とすれ違ったり

・綺麗なおねいたまに囲まれたり

・有名な起業家やマーケッターとご飯食べたり

・著名人と仲良くしたり

・ベントレーに乗ったり

・アストンマーチンに乗ったり

・外人さん達となんかしたり

・六本木や西麻布のおしゃれなバーにいったり

・赤坂で一時間に7人から声かけられたり

・あんなことやこんなことしたり


していて、、、

地元に帰ると、、、


・ベンツのSに乗って

・ドルガバのシャツを着て

・アルマーニのアクセサリーをして

・ブルガリの時計をはめて

地元のへっぽこ谷で、
ブイブイ東京の話をするそうです。


・・・


結果、、、、

嫌われだしているようです。


・・・


まあ、こんな事かいていますが、
実際のところ、フナは友達に

・自慢したり

・威張ったり

・彼らを見下げたり

そんなことはしていないはずです。

私が言うのもなんですが、
フナは割といいヤツです。

(ブログでは私がいじっているだけです、面白いので)

なので、、、

私がこのブログであおっているようなことを、
地元の友人達に話したりとかいうことは
実際には行われていないはずです。


・・・


ねたみ。そういったものが、友人達にはあるのかもしれません。

自分はそのつもりがなくても、
人から妬まれたり、うらやましがられたりすることは多くあります。

では、そう言った話を全くしなければいいのか?というと、
これまた難しいものです。

会話ができなくなってしまいます。

いちいち気にしていては
友人達と普通に話せなくなってしまいます。

どうすればいいのか?

という質問をフナからもらいました。


・・・


二つ答えています。

①フナはどうすれば妬まれない?

お答えは、分かち合う事です。

②もし、フナが逆の立場だったら?

お答えは、自分のコヤシにする事です。

上記を詳しく説明しています。

「どうすれば妬まれない?」録音(約12分)



聞いてみてね。

2011年9月8日木曜日

女性閲覧禁止!冷静と情熱のあいだで「キャバクラの何処が面白いの?」録音

朝起きたら11時。

べつだん夕べ呑みに行った訳ではなくて、
ふつうに12時くらいに寝たのに、
11時間ほど寝てしまった廣田です。

これなら寝だめできるかも。
次は冬眠でもしてみるか。

ということで、もう一回寝ます。

フナ、タッチ。


・・・


こんにちは。

やっぱり天下をとれなかった船川です。

まさか社会人になって“ヤキ”を入れられるとは
思いませんでした。

暴力反対です。

でも、
ブログで教材を紹介させていただいたので、
少しは感謝しています。


ところで、、


早くも9月になりました。

東京に来てかれこれ約1年になりました。

廣田会長にもお世話になって、
色々と勉強になった日々を思い返します。

セミナーに参加させてもらうと、
よく参加者の方から、


「成功者の廣田会長と一緒にいて、
 いいですね。」


と言われます。


私はニヤケながら、

「そうですね。ありがたいです。」

と答えています。


なぜなら、、、
(ここから女性の方は基本閲覧禁止でお願いします)


 

真の“両手に花”の意味を教えてくれたり、








六本木で“高嶺の花”を見せてくれたり、





揚句の果てには、私の「夢」の近くまで、
連れてってくれました。





最後はしっとりとこんな感じでフィニッシュ。
(*廣田注 決して風俗体験レポートではありません、念のため)






誰が見てもいいです。

(参加者の方の「いいですね」の意味が
 上記の意味がどうかはわかりません。)


おねぇさんのいるお店は、
いつ行っても、いい思いをさせてもらえます。


もしかしたら、
人生で一番情熱的になれる瞬間かもしれません。


しかし、


先日、地元へ帰ったときに、
冷静な友人から、

「うらやましいけど、
 キャバクラのどこが面白いの?」

と聞かれました。


私は感覚的に面白さを感じていたので、
言葉で表現する事ができません。


冷静な友人と私の情熱のあいだで、
この質問にうまく答える事ができませんでした。

なので、


廣田会長にこの質問をぶつけました。


もしかしたら、

何でもコヤシ史上、一番役に立たない録音

になるかもしれません。


それでも良い方は、下記からお聞きください。

キャバクラの面白さ(約12分)




きっと気分の悪くなった方がいると思いますので、
最後は多少がストレスを抜ける画像を、
載せて、最後にします。

(約3日前の私)



暴力反対。。。

ちなみに、

これが原因でこうなりました。

これが全ての元凶ページ



・・・


追伸

廣田です、フナに
怒りのコメントお待ちしております(^^)V

2011年9月6日火曜日

「環境の話②」録音 環境が人を王者にする

前回の続きっす。


私は、片手落ちだったかもしれません。
20代、30代で大切なことの中で、、、

一番大切なこと、それをお伝えしていなかったかもしれません。


ということで、本題。

前の投稿では
「世間の常識に惑わされないでね」
「あなたの現実と、世間の現実とは違う」
ということをお伝えしました。


今回は、、、

環境の選び方、それをお伝えして行きます。


・・・


今回の録音は、

・環境で何が違うのか?

・私の場合の、環境についての実感、経験

・キッックボクシングのジムであったこと

・K1の佐藤選手のいるジムの小森会長の、現役時代の話

・我ボメ、つまり自慢話になるけど・・・うちの場合の例

・あなたが、そんな環境を探し、その会社に勤める方法


をお話ししています。


・・・


あと、上記の中身の中の話だけど、
気に入った会社がもしあれば、、、

面接いきますよね。

そこで、

・皆が勘違いしている、面接に対して持つべきマインドセット

・面接に受かる方法

もお話ししています。


・・・


みな、というか、昔の私もそうだったのですが、、、

会社に、「雇ってもらおう」と思うからいけないのです。
選ぶ側は、あなたなのです。

勤められる、勤められない、それは考える必要はないのです。


・・・


まあ、前置きはこの辺で、
でわ、、、

聞いてください。

環境話の本題だよ。

環境の話②(約12分)



環境が人を変え、
環境があなたをのばすよ。

20代、30代の人は特にここを押さえてね。

2011年9月4日日曜日

「20代、30代でやるべきこと」の追加、コメントにて気づかせてもらいました、最も大切なこと「環境について」録音①

廣田です、帰って参りました。

つい、また、黒くなってしまいました。
目標のボブまで、あと少し。
この後は、できれば黒人化する予定です。






で、、、

帰って、一発目に、、、

「フナがちゃんとブログ守ってくれているかなあ」と
帰国一番ブログをみたら・・・

なんじゃこれ?

アホウ鳥?

それ、、、オレのこと?

オレ、阿呆?


せっかくブログ貸してあげたのに、、、

言うに事欠いて、、、
阿呆(アホウ)?


こうなったら・・・
折檻です。

アルバトロス(アホウドリ)廣田をなめるな。

やってやる。






折檻しました。



・・・



だいたい、後藤の美和さんから
「フナちゃん、煮てもらっても焼いてもらってもいいから」
と言われているので、別に何をしてもいいのだけど。

まあ、アドバンスの団体自体はすでに過去のもの(でもないか)。
今は実体すらよくわかりません。

販売している商品は最高ですし、今でも決して色あせるものではないですが、責任者の後藤さんすら、だいたい何処にいるのかよくわかりません。

つまり、フナは捨てられ子みたいなものです。

まあ、でもあれはあれなりに
アドバンスに貢献しようと頑張っているのですね。

応援してくださった皆様、どうもありがとうございます。
私からもお礼申し上げます。



・・・


さて、、、

出発前に、龍さまより、ご質問があった内容で、
20代、30代で過ごすべき環境に付いて。

これ、凄く大切なことです。

本にも書いたのですが、
人間の成功不成功は、環境によって、、、

「ほぼ」

決まります。

スポーツで言えば、一目瞭然。

本来ならば、、、
「20代、30代でやるべきこと」の、、、

筆頭だったかもしれません。

「人間」というものは、、、

環境が作るのです。




・・・


龍さまのおかげで、
絶対に伝えるべきことを、
お伝えすることができます。

この場を借りて、お礼申し上げます。


ひょっとすると、環境とは、、、

・素質よりも
・モチベーションよりも
・努力よりも
・マーケティングよりも
・セールス力よりも

何よりも、成功において
「最も」大切なものかもしれません。


・・・


大切なことなので、
二回に分けてお送りします。

第一回目は、

コメントのご質問にあった、
「周りに経営者がいない環境」、

その常識の捉え方に付いて。

二回目は、「自分をのばす環境」について。

第一回目から聞いておいてね。
2回目は明日か明後日だしますよ。


・・・


あなたが独立しようと思ったとき、
また、「○○」しよう、と思ったとき、
周りの常識が邪魔をする可能性があります。

私が独立するとき、もし、周りに相談していたとしたら?

たぶん、すべての人が反対したでしょう。

「やめておいたほうがいいよ」

「失敗したらどうするんだ」

「せっかくお前多少仕事できるようになったのに、
 そのままでいけばいいじゃん」

「成功できる人なんて一握りだよ」

「調子に乗るな」

等と言われたでしょう。

実際、私は独立の際、誰にも相談しませんでしたが、
そのような答えが出てくるのは
火を見るより明らかです。


・・・


で?

いま、過去を振り返って、
あのとき独立した方が良かったかどうか、
すでに今は答えが出ています。


もし、私が独立していなければ、今の私は、、、
確実になかったこでしょう。

つまり、私が、周りの「一般常識を持った人」に相談していたら、私は「現在の私になる可能性」をつぶされていたかもしれないのです。


こういうことは、実はとても多い、と言っていいでしょう。

一般の人にとっての常識が、
多くの人の「可能性」をつぶしていることも多い、ということです。


・・・


まずは、そこから行きましょう。
この様な現象の、メカニズムからです。



この録音は、、、

・「常識」をどう捉えるのか?

・なぜ、日本の多くの人たちは「サラリーマン」をすすめるのか

・周りの人が、「独立」なりを止めるメカニズム。
 これは、嫉妬とか、心配とかでなく、常識の違いからきている

・この先の、予想されるべき一般常識の変換の方向性

・私が尊敬する、ある一流企業のサラリーマンのエピソード
 (たぶん、あなた様の想像と違うものだよ)

・日本の優秀な人間は何をしてるのか?



これ聞いてね、損させないよ。

環境について①(約12分)



二回目は、環境の選び方だよ。

ちなみに、時間がなかったので、
ホテルのラウンジで録音しました。

雑音はいっているけど、ごめんしてね。

2011年9月1日木曜日

アホウ鳥の一声と販売開始

なんと天下をとって4日目に
突入しました船川です。

それでは、約束の時間になりましたので、
販売をスタートさせていただきます。
(サイト内の表示価格から半額にさせていただきます。)

こちらが販売ページです。全品表示価格から半額です。



廣田会長が直接解説をしてくれた音声はコチラ



しかも、

3日の昼12時までに、“1つでも”購入して
いただけましたら、特典CDの中からどれでも好きなものを
2枚プレゼントさせていただきます。
(記事の最後に特典CDを掲載させていただきました)

こちらが販売ページです。全品表示価格から半額です。



廣田会長が直接解説をしてくれた音声はコチラ




*1つでも購入していただけましたら、
お手数ですが、私から折り返し、
特典CDの希望をお聞きするメールが届きますので、
お好きなCDを教えてくださいませ。

在庫不足の為、希望に添えない場合は、
ご了承くださいませ。
別のCDをお送りさせていただきます。


そして、


今後、なんでもコヤシから購入される方は、
「全品半額」にさせていただきます。


実は、今回は、3割引き販売を条件に、
アドバンスで販売させていただこうと思い、
相談したところ、


会長「アホウっ!!」


の一言。


聞きようによっては、
「アフヨウ!!」みたいな風に聞こえました。


つまり、3割引きはダメって事です。


そして、アホウの次の言葉に、


会長「半額にせい。それも今後ずっと。
   だって3割引きって読者さん、得せぇへんやん。
   しかも、どうせアドバンス売ってないやん。」


もう、色々お世話になっているので、
逆らえません。


よく上の一言で、
すべてがまとまる事を“鶴の一声”と言いますが、
「アホウっ!!」の一言で、全てが決まりました。


鶴ではなく、アホウ鳥の一声です。


しかも、第一回からでないと参加できない
アドバンスクラブも、途中からでも
買えるように、させられました(汗)

しかも、続けざまに、


会長「最初に気に入って買ってくれた人が得するように
   何かをつけなさい。」

というわけで、
今回の特典CDも付ける事になってしまいました。


その時、私は日頃のご馳走になっている事が、
強烈なボディーブローのように効いてきているのを
身を持って感じていました。


もう、なされるがままです。


よく販売側が、
「これはお得ですよ」っと
セールストークをしますが、

この場合、


明らかに、

客観的に、

誰が見ても、


得しかしないと私は思いました。


もし、これについて、
意見がある方は、私ではなく、
廣田会長に意見をお願いします。


でも、クラブの解説音声を
わざわざ録音させていただいたので、
感謝したいと思います。

それでは、ご興味がございましたら、
3日昼12時までにご購入くださいませ。

アドバンスマインド船川

こちらが販売ページです。全品表示価格から半額です。



廣田会長が直接解説をしてくれた音声はコチラ




■特典CD■




魅力的な男性になるための会話術

Mr.XVS佐々木智美先生対談CDシリーズ第3弾

魅力的な男性になるための会話術

どんな男性から話ӂ�されると、女性は興味をもち、

どんな話をされると、全く興味をもたれないのか。

佐々木先生の女性の視点から、
魅力的な男性になるための会話術を話した内容となっています。





こんな男性は嫌われる!!

声を聴いただけで、うっとりしてしまう声の持ち主、佐々木智美先生とMr.Xが対談したCD。

タイトルは、ずばり、「こんな男性は嫌われる!」

男性には、必聴の対談内容です。





Mr.Xテレセミナー全収録CD

Mr.Xへ電話相談があった内容をすべて収録。

内容もさることながら、Mr.Xのステータスを感じ取ってください。

女性に対して、ステータスが弱くなってしまい悩んでいるなら、このCDをお聞きください。






Mr.Xテレセミナー全収録CD

Mr.Xへ電話相談があった内容をすべて収録。

内容もさることながら、Mr.Xのステータスを感じ取ってください。

女性に対して、ステータスが弱くなってしまい悩んでいるなら、このCDをお聞きください。





Mr.X幻のニューヨークセミナー

Mr.Xがニューヨークで行った幻のセミナーを収録したCD。

アドバンスクラブを最後まで続けた方のみ、公開が許されたこのCD。

CDの枚数は、5枚。
収録時間は約4時間30分。

女性にモテる話ではなく、当時、最新の心理学をくしして、かたられた内容は、現在でも、ビジネス、人間関係に十分に応用できます。