2012年12月1日土曜日

二代目はつらいよ


前の記事で、今の億万長者の5人に4人が一代で財を成した、という話がありました。

まあ、たった資産1億円程度で「億万長者」っていうのもなんか値打ちがないけどね。

で、残りの1人。億万長者のうちの20%、
つまり、初代でなく、二代目(もしくは三代目)と呼ばれる人たちについて、
今日はちょっと話してみようかな。


まず、、、


自分一代の力でのし上がって来た創業者と比べ、
どうも二代目は低く見られがちです。

そりゃ、徒手空拳で、何もないところから
「何か」をつかんだ方がカッコいいような気もします。

二代目(3代目以降も含めて)さんたちは、
「しょせんボンボン」と呼ばれ、
なんかひ弱そうなイメージ。


でも、、、
現実はすこし違うよ。

実は、二代目の方がずっと大変なのです。
創業者のほうが、ずっと楽なんだよ。


・・・


まあ、あくまで私の私見ということだけど、
(とうぜん例外はあるよ)
実際の二代目は、、、周りが思っているほど、、、

実は、親(先代社長)は、そんなにお金を持っていないです。

5人に1人しか資産1億円程度すらないというのが
あるひとつの証拠だよね(どやって調べたか知らんけど)。

だいたい、日本の会社のほとんど(9割?)は赤字会社。

つまり、先代が築いて来たのは、、、

実は、資産じゃなくて「借金」なの。
それを覆いかぶされるのが二代目なんだよー


・・・


まず、昔は、とにかく銀行で借りて、
売り上げを粉飾してでも借りて、
お金が無くても、ビルとかゴルフ会員権とか
銀行から進められるままに借金で買って、
「支払いが出来る」=「会社が回っている」
と勘違いしていた経営者が本当に多いの。


なので、実際は、資産がありそうで、ほとんど借金。
ビルがあるからとか、会社が大きいからとか、全部借金。

昔はそれで普通だったんだよね。
でも、そういう「贅肉」が、今の経営を圧迫している。

今と昔は経営のポイントが違うんだ。


だから、二代目って、
実はマイナスからのスタートがほとんど。


それでも、先代経営者はおおむね、
「自分が作って来た、オレの会社」という
おかしな(間違った)自負を持っている。

なので「どうしようもなくなってから」しか、
経営を代わらない。


二代目さんは、最悪の状態で
経営をバトンタッチすることになります。

これって、、、

地獄だよね?


・・・


立ち位置も可愛そうだよ。

二代目がどれだけ頑張っても、
なかなか認められないし、、、


会社の連中はオヤジの側近だったりするから、
子供扱いされて、
なかなか言うことも聞いてもらえない。

少々頑張っても「親のレールだから」と割引される。
失敗したら「二代目がつぶした」と言われる。
ホントなら、初代が精算しなければならない「負の遺産」も
全て引き受けながら、全く評価してもらえない。


まあ、この話書き出すと、シリーズものに
しなければならないくらいありますね、ネタが。


・・・


私の若い頃からの友人の話。


その友人の家は、ある工場をやっていて、
業界で全国的にも有名な会社だった。


数億円の豪邸に、ベンツが停まっていて、
ライオンズだったかロータリーだったか一生懸命役員やって、
近所では名士だったんだ。


その友人は、小さい頃から「ボンボン」と呼ばれて、
「あそこは親が金持ってるからなー」とみんなに言われてた。

実際、オレもそう思ってた。



詳しくは省くけど、
最終的に、、、

彼のオヤジは急にいなくなった。


残された友人は、二代目息子ゆえに仕方なく社長として、、、
初めて、経理を開けて・・・驚いた。


うすうすは、厳しいだろうとは思っていたらしい。

しかし、ふたを開けてみると、
先代であるオヤジは、10億円近い借金を作っていた。


そして、会社の口座に残っていた、
最後の金を持って女と逃げた。


・・・


こんなのって、それこそ地獄だよね。

でも、その友人は、天才だったの。
工場で作る製品の、新しい発明をしていたの。

それが間に合った。


関わる様々な出来事も、奇跡的というか、
本当に、神がかっていた。

(非常に珍しい、興味深い友人なので、
 内容はいつか詳しく話します)

その話を聞いてから、最初の1〜2年はバタバタしてた。
で、ちょうど昨日、電話があった。

「ヒロタ、多分、六年くらいでその借金を返せそうだよ」

私は気の毒に、と思いながら、

「お前つらいなあ、もし初代でやってたら
 数年で10億近く貯まったということだよ。
 でもお前、、、すごいよ」


ホント、心から尊敬するね。


・・・


私の別の友人で、群馬のKさんという人は、(彼も天才だね)
親御さんの会社から独立し、自分で事業を始めた。

最初は、親の会社の連中から
「アイツだけ勝手なことしやがって」と
陰口を叩かれてたらしい。


最終的に、、、

親御さんの会社は左前になり、
Kさんによって、周りの人は救われた。


・・・


創業者よりも、ずっと大変な立場の、、、
世の二代目さんたち、どうか頑張って。


・・・


創業者さん、二代目に渡す前には、
ちゃんと黒字にしときなさいよ。

赤字なら自分の代で処理して、
勝手に破産でもして、
それから死になさい。

負の遺産なんて誰もいらねーよ。

子供に甘えるんじゃないよ。
子供を保証人になんてするんじゃねえよ。
自分のケツは自分で拭けよ!


・・・


なんか、友人のことを考えていたら、
感情的になってきてしまった。



まあ、二代目さんたちを応援してるけど、、、


世の中の二代目さんたちは、、、
育ちがいいので、、、

おおむね、私のような下品なタイプは嫌われるようだけどね。
てへへ。


写真は、ウチの弟だよ。
ちなみに、弟の方が男前なのはわかってるので、
いちいち言わなくていいよ。

昨日は遅くまで飲んで、うどん食ってしまった。


兄弟そろって、、、
やっぱ下品だわ。



2 件のコメント: