2014年8月26日火曜日

ハワイ銀行法人口座


日本に帰ってきましたよ。またハワイです(一応仕事だよ)。今回は銀行さん通い。個人口座を開くのはカンタンなのだけど、法人口座はすごく書類が多いし、何かと手続きが大変です。なので、米国で不動産を購入するときは個人のほうが楽ですね。


帰ってきたら、なんか日本は災害だらけだね。地震が頻発して、台風に大雨。何だってんだろう。災害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。


今回も、ハワイじゃほとんど毎日銀行さんとかへ行ってた。でさ、最初に行った銀行さんではあまり親切にされなかったの。

「この書類が足らない、これも足らない、出直してきてー」
みたいな感じ。


ちなみに、手前味噌なんだけど、、、

日本の銀行で私が口座を作る、となると、わりと銀行さんは親切です。下手すりゃ手みやげのひとつも持ってきてくれます。「どうか、当行とお付き合いください」とほとんどの人が言ってくれるし、わざわざ、地方の支店長さんが東京まで挨拶に来てくれる。

一応、富裕層向けの部署につないでくれる。

みな親切。



でもさ、ハワイじゃ、そうはいかないんだよねー。
なんか、田舎もん、おとといこい!みたいな感じで。

かわいそうな私。



・・・


でさ、いろんな法的手続きをしてくれてる辻先生に相談したの。

「じゃ、私の友人を紹介しましょう」と別の銀行の人を紹介してくれた。

そしたら、トントントン、とスムーズに事が運んだよ。


海外で不動産などを買うときも、現地の人の存在はとてもありがたい。

余談だけど、私が違反して裁判所に出頭しなければいけなくなったときも、現地の友人、健ちゃんが代わりに出頭しにいってくれた。ありがたいよ。



写真は、辻先生だよ。TRUSTAという会社だよ。レスポンスがとにかく早く、頼りになります。


二枚目の写真はご紹介いただいた銀行の方だよ。写真ネットに載せても良いですか?と伺ったら、銀行名とか実名とか伏せてね、と言われたので、書けないのが残念です。すごく親切にしてもらったよ。掲載がまずそうなときはすぐ削除するね。

・・・


私は、日本が大好き。

でも、もし日本の価値がドン!と下がる時が来たら、海外に資産を持っておくことも、ある程度重要になると思ってる。

海外の資産で自分が息をつき、もいちど日本を元気づけることができるよう、ドル建て貯金やハワイ、タイの不動産などで一応リスク分散しています。

(なんでハワイとタイかというと、日本の次に好きな場所だから)

まあ、これも愛国心ということで。
愛国心ネタ続きになったので、次はビジネスの話しますね。






0 件のコメント:

コメントを投稿