2016年1月25日月曜日

健康一番 その2




続きだよ。今回は救急車で自撮りしたのでアップするよ。

なんかこんなこと書いてると大変な感じなんだけど、たいしたことないし、もう大丈夫なのでご心配しないでね。(すでに心配してくださった方々、ありがとうございます)

慈恵医大に入院したんだけど、すごく快適(表現おかしいかな)だったよ。

看護師さんも皆可愛いし、優しい。看護師さんというと、キツそうなおばさんに厳しいこと言われて怖い、というイメージがあるけど、ここは違ったよ。

なんかみなリゾート服みたいな制服だし、お医者さんも全て優しい。とても居心地が良かった(褒め言葉なのだろうか?)。

・・・

今度もここにしようっと。まあ、今度がないのが一番いいけどね。

こうやって、病院に世話になるといろんなことを思うよ。

以前に、「もし、ガンになったら、できれば切らずにいたい」という記事を書いたけど、別に医療を否定してるわけじゃないんだ。

医療の進歩は本当にありがたい。

よく「西洋医学はダメ、新しいものはダメ、自然のものを」的に、医療を否定する意見もあるけど、私はそうは思わない。

だって、医療がこのような進歩を遂げてなかったら、、、

「私はすでに死んでいる」もん。
しかも、何度も。

・・・

昔、後輩がいてさ、その子は生まれつき身体が悪かった。

両親がやっている新興宗教のせいで「医者にかかってはいけない」「薬を飲んではいけない」「人口のものは避けよ」というルールを守ってたんだ。

血圧が250を超えてるのに、医者に行ったことがなかったらしい。

ある日、彼はいきなり眼底出血をし、倒れた。

25歳にして、一生透析しなければならなくなった。
降圧剤飲むだけでなんでもなかったのに。新興宗教が彼の身体を悪くさせたみたいなもんだよ。

医療がダメって言っても結局透析する(しなきゃ死んじゃう)わけなんだから、最初から薬を飲ませろよ。

・・・

実は、私はこの新興宗教のトップをたまたま知ってたの。タバコ吸うわ、夜は飲み歩き、まあ異性関係もムチャクチャ。でも、信者には「薬を飲むな」って言うんだよ。

その前にタバコ吸うなよお前、って言いたい。「人工のものが悪ければ、服を着るな!股間に葉っぱ付けて歩いてろや!」と言いたい。

・・・

もし、「昔の自然の姿こそ最高」と考えたとすると、平均寿命は50歳になってしまう。

この一点のみで、現在の生活(医療、食生活、環境など全て)は正しいと言えると思うよ。
 
なんでも人工のものが良いとは言わないけどね。

・・・

でもまあ医療はありがたい。

慈恵医大の皆さんにお世話になったので感謝の意を込めて。医療関係の方々、これからもあまねくあまたの人々を救ってあげてくださいますよう。いつもごくろうさま。ありがとう。

・・・

写真は、救急車の中で自撮りする私だよ。救急隊員からあきれられてた。きっと「こんなやつ乗せるべきなのか?」と腹が立ったと思うよ。今度はちゃんとした患者になるから許してね!

0 件のコメント:

コメントを投稿