2011年5月15日日曜日

東北レポート①

今、仙台に着きました。

ホテルでこれを書いています。

今日は早くに東京を出て、
まずは福島の郡山に。

新幹線から見る町並みへの第一印象は、

「んーー、なんか普通だな」

というものでした。

屋根の所々に青いシートが貼られ、
屋根の瓦が落ちたことを物語っていました。

震源地から遠いのかもしれません。
まして海などは見えないし、津波や倒壊のあとも
そんなに目にしない感じなのかな、と。

そんな風に感じていました。



・・・



しばらく車窓を眺めると、
なんかひとつの“違和感”が降り掛かってきました。

「いっけん普通なんだけど・・・

 なんかおかしい」


家もある。

車も少ないけど走っていなくはない。

むしろ震災の爪痕はちょっと、という感じ。


でも、違和感は消えません。



・・・



しばらく西郷さんを読んで、
もう一度車窓に目を落とすと、、、

違和感の原因に気づきました。


「気配がない」

のです。

人の。


家々の窓は全てきっちり閉められ、
庭に人がいない。

新幹線の車窓から見る水田に、お百姓さんの野良姿が見えない。

そして何より、、、

自転車に乗っている人をいっさい見ず、
洗濯物が全く干してないのです。


人間と、その生活が、
風景からすっぽりと、、、

抜け落ちているのです。



・・・



家の中に人はいると思います。

会社に、人は出勤していると思います。

しかし、、、

その気配がしないのです。



・・・



人は、いつも見ているものを見落としがちです。

空気のようなもの、いつもあるから「ある」ことに気がつかない。

そこらへんをちらほら歩いている人、
自転車で移動する人、
百姓仕事をしている人。
天気の良い日の洗濯物。
風を入れる、開放された窓。


これらは、常に目にあり、
あることに気づきさえしない、注意すらしないもの。

それが、ないのです。



・・・



放射能は見えません。


しかし、確実にこの地にも降り注いでいます。

そして、
それらから身を隠すため、
住民の人は最低限以上は外に出ないのでしょう。



・・・



郡山に着き、友人と再会しました。

駅の周辺は、まだパラパラと人が歩いています。

マスクはしていません。

友人は言います。

「最初は、皆マスクをしていた。
 でも、最近は、慣れてきたのか、マスクをしない人が多い。
 メルトダウンの話も、皆が慣れてきてから公表した。
 慣れに麻痺してしまって、本当の恐怖が
 分からなくなってしまうのが怖い」



・・・



移動できるものなら皆がしたい。
しかし、本当に危険なのかどうかは国は言わない。

本当にこのままでいいのか、
それとも、何を置いてでも移動しなければならないのか?

パニックだけを恐れ、国民をだまし、
危険な場所かどうか分からないようにして
慣れて麻痺するのを待つ。

文明国家にあるまじき姿勢だと思います。



・・・



昔、維新後に大久保はこう考えました。

「国民は無知な生き物。無理矢理にでも
 文明国家を作らなければならない」

そうして、各地の反乱を押さえ込み、
「文明国家」を作ろうとしました。


しかし、今の日本人は、

・世界で最も高い教養を持ち
・国民全体が義務教育を滞りなく済ませ
・世界で最もモラルが高い
・世界中で愛されている
 (日本人は馬鹿にされる、というイメージは間違ったものです。
  大戦と有色人種差別以外の条件に置いて、
  世界中のどの国の人間も、基本日本人が好きです。
  尊敬している、と考えられています。この震災関係なく)

そんな国民です。


正しい情報を与え、
そして国民それぞれに判断させる。

そんな国に、早くなってほしいと思います。



・・・



気持ちのよい風が吹く、
ぽかぽかとした天気のよい郡山の駅前。


私は、喫煙場所に行き、
ひょっとしたら放射能のある(?)空気とともに、
タバコを肺一杯吸い込みました。

医者から止められているのに、やめられないものです。


この辺りの放射能とタバコ。

たぶん、タバコの方が体に悪いかと思います。


でも、、、

決定的に違うのは、

タバコは自分で選び、リスクを覚悟し、自分の意思で、、、
吸っているのです。


放射能は、実際にそこにあるかどうかは知りませんが、
自分の意志で、吸いたくて吸っている訳ではありません。


タバコのニコチンは表示義務があります。
どれくらいの害があるのか、知らされています。

しかし、被曝については、だれも本当のことを教えられてはいません。

むしろ、東電が垂れ流し、国がそれを隠蔽し、
皆は自分の意志でなく・・・

吸わされているのです。



・・・



そんなことを考えながら、福島から仙台に移動しました。

明日は、平先生、フナと合流です。

仙台から岩手、もう一度福島へ出向く予定です。


また、時間と場所があれば、レポートいたします。

みなさまも体に気をつけて、お元気でお過ごし下さい。

福島県のみなさまが、元気であられますように。
心よりお祈り申し上げます。


廣田康之




仙台駅前のホテルから


追伸①

仙台でタクシーに乗りました。

運転手さんに、

「この辺で飲み屋さんの集まっている場所ありますか?」

と聞いたら、

「廣田会長ですよね?」

と言われました。

ブログ見てくれているそうです。

嬉しかったです。

聞くと、Kさんというその運転手さんは、
伊勢さん村上さんの継承一期生で、
ノウハウを学び、副業がうまくいっているそうです。

こういう形でも、結果的に被災地を助けることもできるんだなあ、
伊勢さん村上さん、いいことしたんだなあ、よかったなあ、と思いました。

せっかくだから、「いい店知ってます?」と聞いておくべきだった。
先生もフナも今日はいないので、さみしい。

どうせなら、Kさん飲みに誘えば良かった。


どこへいこっかなー。


追伸2

あ、今揺れた。
東京よりずいぶん頻度が多いな。
しかも、長い。

追伸3

地元でお金使おっ、と思って、
飲みに出ました。



結構人いたよ。
のぼりに「頑張ろう!」って書いてあった。

いいね。ホント、頑張ってほしい。

ちなみに、現地のもの食べよっと思って、
地元の魚たべよう!と書いてあるお寿司やさんへいったら、
結構うまかったです。

そこで教えてもらったお店に行って、
少し飲んでいました。

詳しくはお話しできませんが、
よく言われる「仙台は日本3代ブス」って、
あれは嘘です。綺麗なおねいたまばかりです。

みなさま、東北へ出かけて、
おいしいお寿司食べて、
綺麗なおねいたまを見ながら
お酒飲みましょう!

やっぱ俺どうしても下品だな・・・

8 件のコメント:

  1. 野田はじめ2011年5月15日 23:30

    廣田先生、こんばんは!

    違和感・・・実際に見なければ分からないのでしょうね。

    東電も今頃、メルトダウンしていると認めてますが、炉心が融解したのが分かったのがずいぶん前ですよね。

    メルトダウンという言葉を使わないだけで誤魔化せるとおもっているのでしょうか?

    それとも、都心から人が非難をすると日本の国益に影響があるから全国の国民にメディアを使い嘘をつき続けたのでしょうか?

    確かに、人一人の稼ぐお金は限られますし、国益のほうが大事だと考えることもあるかもしれません。

    ですが、国民がいるから日本という国家があるのだと思います。すそ野を見ないリーダーはリーダーの器がないと思います。

    非常に腹がたちますが、自分の非力な力では変えることが出来ないのが今の政治ですね。

    また続きのレポートを楽しみにしております。

    廣田先生のレポートを見て、私が出来ることはなにか?を真剣に考えてみたいと思います。

    返信削除
  2. 北京の日本人2011年5月16日 0:08

    廣田さん、お疲れ様です。

    >パニックだけを恐れ、国民をだまし、
    >危険な場所かどうか分からないようにして
    >慣れて麻痺するのを待つ。

    >文明国家にあるまじき姿勢だと思います。

    これ全く同感です。
    私は別に政治的宗教的に偏りはないのですが
    民主党日本になってからメディアと共謀し
    日本はまるで共産国家の様相を呈している
    よう感じています。

    でも、国家オペレーションは中国共産党の
    方がマジ、センスありますよ。
    (ちなみに私は親中国反キョーサントーです 笑)

    廣田さんに期待してしまいます。。

    中国などとガッツリ組んで、かつ迎合せずに
    やれるのは、今のソフト&エリートな政治屋、
    官僚でなく、廣田さんのような海千山千の
    真の経営者しかいないと思います。
    一部上場企業の経営者も・・・しんどい。

    今、中国で仕事していての実感、、、です。

    返信削除
  3. 野田はじめさま、コメントありがとうございます!

    >東電も今頃

    ほんとに、人を馬鹿にしています。まあ、当初から「パニック防ぐために嘘言ってる」とは思っていましたが、もう少しかわいい嘘にしろよ、って感じですね。

    あまりに露骨で、嫌らしすぎる。3月15日時点で、TVを信じて、妊娠中の子供を抱えた奥さんの避難を止めた旦那さんがいましたが、実はそのとき被曝量が凄かったそうです。

    許せない話です。

    >都心から人が避難

    確かに、東京被曝というニュース自体があれば、本当に大変な状況になってしまいます。日本自体の価値が暴落し、国家の体をなさない状態になるかも知れません。分からないではないが・・・

    >国民がいるから日本

    私もそう思います。社員がいるからそこが会社になる、という理屈で考えると、まさにそのものだと思います。小さな会社でもそう言うこと考えて毎日を過ごしているのに、日本の代表がこれではね・・・と思いますね。

    >自分の非力な

    私も非力さをのろいます。あの孫さんですら「自身の非力さをのろう」と言われているので、致し方ないことだと思いますが。ただ、一人一人がそう思って行くこと、それしかないと思うし、日本人は過去にもそうやってきて、またこれからもそうできる民族だと思っています!

    >また続きの

    ありがとうございます!是非覗いてくださいませ!

    返信削除
  4. 北京の日本人さま、コメントありがとうございます!

    >民主党日本になってから

    北京の日本人さまのように、海外から見た視点のほうがむしろ正確で、的を得ていると思います。実際、お笑いのネタにされるほどひどい政治、また民主党に変わってから「褒め言葉」を聞いたことがないですね。国民のほとんどがダメだと認めている政治、良い訳がないです。

    >中国共産党

    私は政治には暗いですが、実際にあの中国の躍進を支えている政治があるとすれば、正しいと評価されてしかるべきですね。むしろ日本も国家オペレーションを考えてほしいです。私たち弱小経営者でも会社のオペレーションは日夜考え、実行しているのですから。

    >廣田さんのような海千山千の

    ありがとうございます!海千山千だけは自信があるのですが(笑)その他のファクターに問題がありそうですね(汗)

    私も人格磨いて行くよう努力いたします!

    でも、いつか優秀な経営者が、日本全体の舵取りをして行く、そんな政治が実現してくれたら嬉しいです!実際、優秀な経営者の方が政治家選りすぐれていると思うので・・・

    また是非海外からの貴重な視点、いろいろとお教えくださいませ!

    孫さんか稲森さん出馬しないかな。

    返信削除
  5. 突然の出愛いに感動しました。
    まさか、あの路上で「怪しい酔っ払い」が会長だったとは!

    後部座席にお乗り頂いた時、携帯で話をしている声に
    聞き覚えがあるぞ、と思い声をかけさせていただきました。

    田舎の東北でも要は「仙台」が元気にならんと、東北が元気にならんのです。

    非力ながら、継承で学んだ全てをいま、東北の復興の為に使おうと思って活動をしています。

    またどこかでお会いできる日を楽しみにしております。

    PS:通称、国町(ブンチョウとよみます)に飲みに出て行きましたのですね。 綺麗なおねえたまは、出稼ぎが多いです。でも、綺麗どころは沢山おりますです。

    ここだけの話ですが、タクシーに乗り降りする時、オパンティー丸見えです。

    いまでは、なんも感じなくなってしまいましたが・・・。

    今日はありがとうございました。Kでした

    返信削除
  6. Kさま、コメントありがとうございます!

    >怪しい酔っぱらい

    あのときはまだ酔ってませんって、酔ったのはあの後です(笑)
    携帯でおねいたまとお話ししてなくてよかったです。

    >仙台が元気に

    そうですね、のぼりもたくさん、また、仙台の人たちの熱気が伝わるようで、いい夜を過ごしました!

    >東北の復興の

    はい、素晴らしいです!一人一人がそうやって努力することだけが、全ての変化の源だと思います!

    >またどこかで

    明日も会ったりして(笑)平先生も、フナも明日到着で、たぶん岩手回って仙台に宿泊になると思います!ぜひまた再会の機会を願っております!

    >国分町

    はい、行きましたよ!思ったより元気な街でした!震災の話もいろいろ聞けて、また、仙台の話も聞けて、楽しい夜でした!ちなみに、綺麗なおねいたまに出身を聞いたら、仙台でしたよ!

    >オパンティー

    私も仙台でタクシー会社に勤めることに、たった今決定しました。でも毎日見ていると慣れてしまうのですね。いつか私もそうなれるよう精進します!

    >今日は

    こちらこそ、ありがとうございました!ぜひまたお会いしましょう!そして、東北を元気づけられるよう、ぜひ頑張ってくださいませ!

    返信削除
  7. ボブ 会長


    現地からの貴重なレポートを
    ありがとうございます。

    綺麗なお姉たまの画像がないのが残念です(笑)



    「その気配がしないのです」


    これは、ほとんどシャッターが下りている
    商店街でも感じますね。

    見えませんが、やはり人から気(フォース)が
    出ているということでしょうね。



    「正しい情報を与え、
    そして国民それぞれに判断させる」


    本当にそう思います。

    我々ももっと勉強せねばいけないと思いますし、
    言うことは言わないといけないと思います。

    超リスクの高い原発を6機(第二も含めると10機)も
    同一エリアに作っている時点でおかしいんですよね。

    お上の情報が常に正しいわけじゃないということは、
    先の大戦で学んだはずなのですが・・・。



    この国にジェダイはやって来るのでしょうか・・・。


    あっ!マスターフナが到着したらしいですね!(笑)



    次のレポートも楽しみにしております!

    返信削除
  8. 林さま、コメントありがとうございます!

    >ボブ会長

    さすが林さま、いつも「小さな変化」を見落とさずちゃんと捕まえてくださる!ありがたい限りです!ビジネスにおいても「小さな変化」を見つけるセンスはとても大切です!ビジネスにも細かな心配りができる方とお見受けいたします!

    >綺麗なお姉たま

    写真、ないのですよー、まあ、ブログにアップする場合先方のご許可も必要なので、残念です。

    >やはり人から気

    そうなのでしょうね、ほんとに不思議です。例えばそれは、新築の際は感じないけど、誰もいないのは同じなのに夜の学校では感じる、本来あるべきものがない、喪失感みたいなものなのでしょうか。

    >我々ももっと

    はい、国民全員が興味を持ち、知らん顔せずに意識する、それだけで大きく変わって行くものだと思います!

    >お上の情報

    国自体のエクスペリエンスメモリーをもっと持たないといけませんね!同じ過ちを繰り返すのは最も下劣なミスです!

    >この国にジェダイ

    ジェダイは来なかったけどマスターフナは来ました。ガイガーカウンターを持って。またガイガー情報、定期的にお出しすると思います。フナガウとでも呼んであげてください。

    また覗いてくださいませ!

    返信削除