2012年4月21日土曜日

投資のお話パート②録音

しばらく海外にいて、更新できずにいます。
ブロッガーの投稿ページも新しくなって、
使い方も今イチわからない(ToT)

私が出版のときにお世話になった、
米満さんの新刊が同文館さんからでたよ!
ちなみに今日は4月27日なのだ。

おススメくん更新したよ!

・・・



さてさて、投資のお話の続きです。

ちなみに、私の行っている投資は、
基本、不動産投資です。


・・・


株も少しやりました。
うまくいきませんでした。

ファンドも少しやりました。
うまくいきませんでした。

外貨ももっています。
べつだん、持っているだけです。

自分のビジネスに投資する。
これが最高ですが、これ自体は普段の仕事なので、
べつだん一般的な「投資」と呼べるような気もしません。


・・・


パート①でお話ししましたが、
「自分の得意でない物に手を出してはいけない」
というルールがあります。


ということで、不動産を購入し、
賃料をいただいていくのが、私の投資のメインです。

なぜなら、その道のプロであるからです。


・・・


大家さんの生活。

不労所得。

どうも、これに憧れる人がけっこう多いようです。


「私もぉー、いつかはぁー、
ビル買ってえー、働かずにいー
食べるのぉー」


という話を、お店のおねいたまからも聞く事があります。


・・・


いつかは、金持ち父さんの本のように、
不動産を所有して、働かずに食べていけたら、
と思う人もいるかもしれません。

楽だろうな、勝手にビルが稼いでくれるのだから、
左うちわなのだろうな、と思えそうです。


でも、、、


実際のところ、不動産、ビルのオーナー業というのは、
周りから見るほど楽なものではありません。

また、そんなに儲かるものでもありません。

「空室がでたらどうしよう」
「また補修工事しなきゃ」
「地震が来たら大丈夫かなあ」

など、もろもろの心配が、
ずっと付いて回るのです。


・・・


不労所得。

それは確かにそうです。


そのビルなり、土地なりを借りてくれる店子さんが、
毎月お金を払ってくれます。

なので、自分が働かなくても、
多少のお金は入ってきます。


しかし、ビルオーナーは、肉体労働の代わりに、
支払うもの、「対価」があります。


たぶん、持ったときに誰もが実感する、
ヒヤヒヤ代。

それが、対価です。


今日は、そんなお話。

いつかは投資を、それも不動産収入を、とお考えの方、
まあ、ついでと思って聞いてください。


投資の話パート2「不動産投資」




軽い解決策もあります。
まあ、気の持ちようなんですけど。

10 件のコメント:

  1. 廣田さま、船川さま。

    加納です。
    投資のご教示、有難うございました。
    とても興味深く拝聴させて頂きました^^。

    1.勝負したい額の3倍の金を持っていけ
    2.勝負したい額の1/3勝ったらやめろ
    3.勝負したい額の1/3負けてもやめろ
    4.投資先は自分で探せ
    5.自分の得意な分野で勝負しろ

    本質をついた貴重な5カ条だと思いました。
    シェアして頂いて感謝します。


    ところで、大変恐縮なのですが、もう1点だけ、会長マインドをお聞かせ頂けませんでしょうか?

    ---------------------------------------------------

    質問:
    「お金持ちになる事」と「お金持ちでい続ける事」は違う事だと耳にします。会長は「お金持ちでい続ける」ために、投資は必要不可欠な事(スキル)だとお考えですか?

    それとも、「関係ないよ、何よりも大切なのは本業。(投資を)やりたい人は勝手にすれば」とお考えですか?

    ---------------------------------------------------

    会長のご意見をお伺いさせて頂ければ幸甚です。
    よろしくお願いします!

    加納

    返信削除
  2. 今日も勉強になるお話を聞かせて下さり
    ありがとうございます。

    結局、楽してお金は稼げないとうことを感じ、
    不動産収入で食べている人も、大変と感じました。

    でも、前のお話の続きで、
    自分のいっぱいの1/3以下で
    心のゆとりがありながらならば
    やってもいいのかな、とも思いました。

    さらに、でも、そのぐらいの予算ならば
    実業に資金投入して、プロジェクトを進めた方が
    面白そうだし、稼げそうだし・・・と
    思いました。

    こう感じている状態では、
    まだ投資家マインドになれない、
    実業で働いた方が良い、
    ということかな、と思いました。

    個人的なつれづれな感想になってしまいましたが、
    今後とも勉強になるお話を聞かせて下さると嬉しいです。
    宜しくお願いします。

    返信削除
  3. 加納さま、コメントありがとうございます!

    >1〜5

    うまくまとめてくださってありがとうございます!参考になれば幸いです!

    >お金持ちになる

    ネタありがとうございます!私の投資は、「い続けられるようになる」ためのひとつの行動です!でも、たぶん他の人と少し違うと思います!
    投資の件もふくめ、また「なる事とい続ける事の違い」について記事にさせていただきます!少々お待ちくださいませ!

    返信削除
  4. 竹下さま、コメントありがとうございます!

    >不動産収入で食べて

    そうなんですよ、実はそんなに楽なものではありません!でも、不労所得は不労所得ですね!身体、頭脳以外に使うものがあるということですね!

    >実業に投資し

    はい、そのとおりです!でも、もし実業に投資してもさらにお金が余るなら、投資をしてもよいと思います。、あた、不動産収入は全て現金で買うパターンは少ないので、現金は実業に投資し、別の枠でやるというのはいいですね。

    >投資家マインド

    そうですね、まずは実業。そして、頭とお金に余裕ができたら投資というのをお勧めします!

    >今後とも

    ありがとうございます!こちらこそ応援宜しくお願いいたします!

    返信削除
  5. とても参考になるお話をありがとうございます。

    最後の方で『生まれ変わったら、(不動産投資を)やるかもしれない、一人でもできるから』とぼそっと言われた(本音)が印象的でした。

    人使いのご苦労の思いが『つい、ボロっと』出たようにもお聴き受けしました。 区分所有を幾つか持ち、最終的に一棟買い、とのことでしたが、最初は区分所有がおすすめなのは、金額的なことだけなのしょうか?

    また、購入の際の『瑕疵』の見分け方、購入のポイント等も機会があれば取り上げて頂ければとても助かります。

    この種の投資、『経験者のお話』とても参考になり、有意義と感じております。またのシェア、楽しみにしております。

    返信削除
  6. チョウサンさま、コメントありがとうございます!

    >とても参考

    ありがとうございます!何かヒントでもあれば幸いです!

    >一人でもできるから

    はい、これは、実は「人を使う苦労」ではなく、今度生まれ変わったら今のような素晴らしい仲間が出来るかどうか自信が無い、ということです。
    今の仲間達は、私には過ぎた連中ばかりです!
    もういちど、同じチームを作れ、と言われても無理だろうな、と。なので、「今度生まれたら一人」ということです!
    ちなみに、仲間に対しての苦労は、実はまったくありません!(苦労しているのは彼らのほうかな)お気遣い、ありがとうございます!

    >購入の際の

    ネタ出しありがとうございます!ちょっと専門的な話になるので、ご興味の無い方には理解が難しいかもしれませんが、機会があれば是非!

    >経験者

    ありがとうございます!これからも何卒応援宜しくお願い申し上げます!

    返信削除
  7. 廣田さんこんにちは
    今回の音声、すっごく楽しみにしてました。
    腑に落ちることばかりです。
    規模は小さいながらも両親は不動産を持っていて、そこから入ってくるわずかのお金の中から生活費を捻出し生活しています。

    「心配代」とはホンマに上手く表現されてるなぁと思いました。
    よく不動産の事で母の口から出てくる言葉を思い出します。

    夜逃げした店子の話や、建物の補修などなど本当に気が休まらないって言ってましたから。

    そんな中でもどうにかやりくりできているのは、母の経済バランスが優れているからで、そのバランスは1/3とは言いません。

    倹約することがデフォルトに入ってる母親なので
    余裕資金の1/4程でそういうところからの収入を捉えています。

    入ってこなくなったからと言って、右にならえですぐに値引きし物件を出そうとはしません。

    「こういう条件でも縁のある人はちゃんと入ってきてくれるから、焦らず待つ」って構えてます。

    そういうすべての部分で、前回と今回の話がただの「あーーそうなんやぁ」という話で終わらずに、常に横にいる母の姿を思い浮かべながらお話が聞けたので、すごくイメージできました。

    僕自身は焦って、資金ないのに勝負かけて大やけどばかりしてきました。

    焦げ付いても痛くない資金ができるまでは、投資というイメージは横においておきます。

    いつも楽しいブログや情報発信ありがとうございます。

    返信削除
  8. yamiさま、コメントありがとうございます!

    >今回の音声

    それはよかったです!嬉しい限りです!

    >よく不動産の事で母の

    そうなんですよね、持っていれば持っていたで何かと気苦労が多いものです。端から見るより、ずっと大変なんですよね・・・

    >余裕資金の1/4程で

    素晴らしいお母さんですね!焦らず待つ、その気持ちもあっぱれです!投資で一番やっては行けない事が、「狼狽売り」と呼ばれるもので、急に怖くなって焦った行動をとるのが一番よくないです!お母さんのやり方、考え方は素晴らしいです!

    >焦げ付いても痛くない資金

    はい、是非そうしてください!ここ一番、という勝負のときはあるかもしれませんが、どうしても勝率は低いので、やむないときのみにしましょう!

    是非また応援宜しくお願いいたします!

    返信削除
  9. 大工の小松です。いつもありがとうございます。
    会長、実は私は逆の考え方をしていました。職人としてあとどの位仕事が出来るのか怪我をしてしまったら、病気になったら、などを考えると無理をしてでも不労所得があったほうがいいと思って考えていましたが、やはりやめたほうがよさそうですね。

    いつも楽しみにしています。
    ありがとうございました。

    返信削除
  10. 大工の小松さま、コメントありがとうございます!

    >職人として

    大工さんですもんね、でも、もし私が大工さんなら、賃貸不動産を買うかもしれないです。老後までに払い終わるようにして、老後それで安全を確保する。それは悪くない選択ですね。

    もっといいのは、弟子を育て、弟子達の独立に関与し、そこから自分が口銭をもらう形ですね。まあ、好みですので、人それぞれだとは思いますが・・・

    建築屋として一本独立するというのもありですね。

    これからも応援の程よろしくお願い申し上げます!

    返信削除