2014年1月30日木曜日

人生で一番最初に認めてくれた人 (カラテパート②)

続きだよ。ここから見る人は、良ければ前の記事から見てね。

入院されてるH師範。実は、私には忘れられない人なの。ホントかわいがってくれてた。




そして、師範は、私にとって、、、
全く他の人と違う、特殊な人だったのさ。


昔、私がガキの頃、私はあまり人に褒められたことがなかったの。まあ、褒められるようなこともしてないしね。仕方ないと思う。ホント、いつも悪く言われてた。


学校の先生からは「お前は将来、社会のダニにしかならない」とか言われたし、実のオヤジも、「この屑が」とか「皆が陰でお前を嫌っている(しかしこれはひどいな)」といつも言ってた。グスン。


最近は人がましく、人様に褒められたり、認められたりする。でも、これって、ホント最近20年くらいのことなんだ。


そんな中、H師範だけは、子供の頃からずっと褒めてくれてたの。なぜかは知らない。H師範は空手の先生でありながら、大学の教授でもあったの。


現役時代、剣道の胴を拳で叩き割った、と言われた大きなごつい手で私の頭をくしゃくしゃになでながら、「こいつは大物になる」って、ずっと言ってくれてた。一回だけじゃない。いつも、いつも言ってくれてた。


中学校のころ、大学の空手部の合宿に参加したときがあったの。そのとき道場で正座中に居眠りして、こっぴどく叱られようとしたときも「こいつは大物だからいいんだ」と怒る大学生たちを止めてくれた。そのときも、頭をくしゃくしゃなでてくれたなあ。


私が多少大きくなってからも、会う機会があるとそう言ってくれてたんだ。「これはお前にやる」といって、自分が胸に付けてた団体のバッジをくれたりもしたよ。シンボルだからね、大切なものだったと思う。

ひょっとしたら、、、
人生で、一番最初に、私、という人間を認め、信じてくれた人なのかもしれない。



先輩、教えてくれてありがとう。
俺、H師範、大好きだったの。
お見舞い行ってくるよ、押忍。



H師範、あなたが褒めてくれてたあの悪ガキ、少しは偉くなったかな?師範の思った、大物になったんだろうか?また頭をくしゃくしゃなでて、褒めてくれるかな・・・


もう高齢なので、大丈夫なのだろうか、という心配とともに、会えるのが嬉しい、という複雑な気持ちも混ざっています。ひょっとしたら病身の師範を見て、とてもこんな甘えた記事を書く気にならないかもしれない。なので、今、新幹線の中でこれを書いてます。



写真は、10代中頃の空手時代のものだよ。昔の写真を引っ張りだしてみた。細いねー

さあ、駅に着く時間だ、師範のところに向かおう。



2 件のコメント:

  1. 廣田先生
    いつも大変お世話になっております。
    ブログいつも楽しく拝見させていただいております。
    ありがとうございます。私如きがコメントするのも恐縮ですが
    今回の写真といいタイでの修行中の膝蹴の写真といいすごいです。現在のシャドーの動画も見せていただきましたが先生の若い頃の過酷な修行を想像しています。私も高校3年間尊敬する師範の元、空手の修行をさせていただいておりました。師範は現在でもお元気で第1線で指導をされております。私は空手では何も結果を残せませんでしたが師範から学ばせていただいた精神は今の自分の原動力の根源であり空手からでしか学ぶ事ができなかったと思っております。今でも尊敬しています。廣田先生の師匠様もお元気になられる事を願っています。

    返信削除
  2. 高須先生、こちらこそいつもお世話になっております。

    高須先生の飽くなきチャレンジ精神と自分を律する精神的強さは、いつも私たちの尊敬の的です!(お世辞じゃなく本当です)

    とくに、小さなひとつに対してでもちゃんと覚悟を常に持っている、というのがひしひしと伝わってきます。これお武道の精神だと思います!

    さすが伝説の大石師範の愛弟子ですね!

    これからもどうぞよろしくお願い申し上げます!

    返信削除