2017年5月20日土曜日

村田選手の試合

平先生と村田選手の試合を見に行ったよ!基本的に、最近は家でビール飲みながらの観戦が楽なのであまり会場にはいかないのだけど、先生が行かれるならと、お邪魔してきましたよ。

で、試合を見た方は多分同じ考えだと思うのだけど、村田選手の勝ちだよね〜
...

・・・

試合後、財界の大先輩から、うちのグループの身内友人、はたまた秘書のフナガウからも、私に「おかしい!」とクレームの嵐。平先生からもお叱りを受けた。

まあ、私もおかしいと思うから、仕方ないんだけど´д` ;

・・・

ボクシングの判定はフィギュアとか、ダンスとか、はたまた美術とかの評価と同じで、ある程度の点数基準があるけど、基本的にジャッジの主観も入る。

だから、ジャッジによって、全く結果が違うことも中にはある。

私たちはある意味慣れているので「こういうこともあるかな」と考えてしまいがち。

でもそれは本来おかしいんだよね。

・・・

昔なんかはお隣のキ◯チ国なんかで試合すると、キ◯チが立っているだけで勝利、なんてこともあったとかなかったとか。友達が試合をして、そう言ってた。

ホームタウンデシジョン(地元ひいき判定)なんて日本でも当たり前にあった。毒入りオレンジ(?)を食べさせたとか食べさせなかったとか。

タイなら、日本人は倒さなきゃまず勝てない。(ムエタイの判定基準は日本人の感覚と全く違う)

ボクシングに限らず、ホスト団体の選手は、ビミョーな判定なら必ず勝ちになる、というのは常識だったりもした。

でも、これって、本当の意味でのはスポーツじやないよね。

スポーツは、フェアじやなきゃ。

・・・

今回の村田選手のタイトル戦、圧倒的に村田選手がダメージを負わせていた。テレビの前の皆さんも村田選手の勝ちだと確信したはず。

でも、負けた。

私は会場で見ていて、手数少ない村田選手に「後半倒すつもりなのかもしれないけど、これじゃポイント取られるのでは?」と心配になったこともまた事実。

でも、最終的には「村田選手が勝った」と思った。

・・・

ここで、判定の良い悪いを言うつもりはない。それはJBCの仕事であり、私は一ファンでしかない。

でも、ネット見てたら、ジャッジペーパーが出てきた。

ホントのジャッジペーパーなのかどうかは知らない。

で、もしこれがジャッジペーパーたどしたら、明らかにおかしいラウンドがある。

こういうことやってるとボクシング業界もダメだなあ、と感じてしまう。

昔と比べたらずいぶん良くなったんだけどね。昔はひいき判定なんて当たり前だったからさ。

・・・

でも、一般の人が見たら、おかしいよね。おかしいと思われないよう、ちゃんと裁いて欲しい。

ただ、村田選手がもう少しジャブ突いてたら、全くなんの文句もなく勝利を手にしてただろうけどね。

あ、そう考えること自体が、業界の悪習に染まってるのかな〜

フツーに考えて、村田選手の勝ちだもんな〜。ボクシングは相手を壊す、いわば破壊の快楽に酔いしれるスポーツ。ダンスが上手い者が勝つスポーツじゃない。

・・・

木村さん(元世界チャンプ)に「あれ、どーなんです?」と聞いたら「チンプンカンプンです」との答え。元OPBFチャンプの佐々木基樹選手も「はあ?」って。

判定基準はあくまで主観。手数は相手が多かった。でも、このジャッジペーパーが本物だとしたら?8ラウンド以降全て村田選手は落としてる?おかしいやん〜´д` ;帝拳さん、提訴して〜

・・・

追記です。
パンチ数の計測出たようだね。

パンチ数
エンダム260
村田98
有効打
エンダム101
村田67

まあ、それでも村田の勝ちだと思うけど。やっぱ、も少しジャブ突いてたらなー

 

0 件のコメント:

コメントを投稿