2011年4月2日土曜日

「私たちは最後まで戦います」

20歳半ば過ぎの頃だったでしょうか。

中曽根首相の友人というおじいさんに
直接話を聞いたことがあります。

当時、靖国参拝問題で
いろいろ言われていた頃です。



・・・



「中曽根は、若い頃、友達や先輩に

 ”先に行っててくれ、後で俺も行くから。
 靖国で会おうな” 

 って、そうやってみんなを送り出したんだよ。
 だから・・・」


という話です。


一国の首相が政治的にどうか、という話は置いといて、
私は妙にその言葉が印象に残りました。



・・・



あの頃の人たちは、みな、

「俺がやらねば」

と死を覚悟して、旅立って行ったわけです。


自分の国を守るのは、その国に住む
自分たちだけ、という、その気持ちだけで、
死地に赴いて行ったのです。


もし、今そんな状況になって、
私の友人たちが先に行ったら・・・

と、若いながら考えたことを覚えています。



・・・



「国のため」


というと、前時代的で、なんか軍国主義的に
アレルギーを感じる人もいるかと思います。


しかし、実際の個人の感覚は、そういうものではありません。

「自分が犠牲になってでも、みんなを守りたい」

その気持ちだけ、そういうものだと思います。



・・・



産經新聞の抜粋です。

涙してしまいました。
シェアさせてくださいませ。



・・・



原発作業員「俺たちがやる」 危険冒してまで、なぜ行くのか


 ズドン。重い爆発音が響き渡った。今月14日午前11時1分、東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発3号機が水素爆発を起こし、原子炉建屋の上部が吹き飛んだ。東電の下請け業務を行う協力会社のベテラン社員、根本誠さん(47)=仮名=は、隣の2号機で電源復旧作業に当たっていた。

 外へ出ると3号機は鉄の骨組みがむき出しになり、コンクリートのがれきが散乱していた。灰色の煙がもうもうと青空へ立ち上っていた。

 「もうだめだ…」

 仲間の声が聞こえた。根本さんは「放射線をくらうぞ。避難するんだ」と声を上げて防護服のまま、がれきの上を走った。乗ってきた車3台は爆風で窓が割れていて使えず、作業基地となっている免震重要棟まで1キロ近く、最後は息切れして歩いてたどり着いた。

 全員の無事を確認し、同僚4人ほどと喫煙室で「やばかった」「もし外にいたらかなりの線量をくらっていた」と話した。仲間を見ると、たばこを持つ手が震えていた。

 根本さんは11日の震災発生時、第1原発の事務所3階にいた。東電の要請に応え、同僚十数人とそのまま原発に残った。

 「被曝(ひばく)の危険性があることは分かっていたが、復旧作業には原発で18年働いてきた俺たちのような者が役に立つ。そう覚悟を決めた」

 4日間働き続け、水素爆発に遭遇した翌日に当たる15日朝、東電の緊急退避命令により避難した。

 東電によると、第1原発では連日300~500人が働き、30日は東電社員253人、協力会社の社員50人の計303人に上った。1日の食事は非常食2食、毛布1枚にくるまり雑魚寝という過酷な環境で作業を続ける彼らの大半は、地元の住民である。

 現在は避難生活を送る根本さんは「会社は『すぐ来てくれ』など命令的なことは決して口にしない。ただ『覚悟が決まったら来てほしい』と言う。自己責任を求められる」と話す。

 3号機の発電用タービン建屋地下で24日、放射性物質(放射能)に汚染された水で被曝した作業員3人も根本さんの部下らだった。東電社員の中には5日間で年間被曝線量の上限の50年分を浴びた人もいた。

 被曝という生命の危険を冒してまで、なぜ彼らは行くのか。

                  

 ■原発復旧、それぞれの使命感

 ■「誰かがやらねば」「国民のため」「最後まで戦う」

 ■消防隊員「絶対お役に立って帰る」


 東京電力福島第1原発で保守の仕事を請け負う会社に勤める佐藤大輔さん(27)=仮名=は今月16日、同僚20人とマイクロバスに乗り第1原発へ向かった。元請けの協力会社から打診され「行きます」と志願した。5号機の冷温保持にかかわる作業だった。

 「原子炉が爆発したら終わりだが、この仕事を9年間続けてきた経験から、招集がかかるうちは何とかなると判断した。ただ、中には会社員として行かざるを得ないという人もいて、車内の空気は沈んでいた。年長の作業員は『もう死ぬのか』と青い顔をしていた」

 佐藤さんは、15日に2号機が爆発した際、現場から5キロ地点のオフサイトセンター(緊急事態応急対策拠点)にいた経済産業省原子力安全・保安院の職員らが約50キロ離れた郡山市まで退避したことを挙げ、こう話した。

 「誰かがやらなきゃならないことだから、やっている。ほかの専門的な仕事と職種が違うだけのことだと思う。保安院の人たちもそこに作業員がいる限り、とどまるのが仕事ではないか。専門家が住民より遠くへ逃げたら、誰を信じればいいのか。そういう人たちがいるから、原発へ行く者が英雄視されるのではないか」

 ◆レスキュー隊・自衛隊 

 復旧作業には、地元住民ら作業員だけでなく東京消防庁のハイパーレスキュー隊や自衛隊、警視庁などの「応援組」も放水活動のために駆けつけた。

 大阪市消防局は53人が20日夜から90時間、東京消防庁の活動を支援した。本人の意思を確認した上で、職務命令が出される事実上の志願だった。指揮を執った片山雅義警防担当課長代理(48)は「東京消防庁が孤軍奮闘、国民のために命がけで戦っているのを、同じ消防職員として見過ごすわけにはいかない思いだった」と語った。

 「私の息子は24歳だが、ほぼ同じ年齢の東京の隊員が体を震わせながら、『任務ですから』とだけ言い残して出動していった」

 原発から約20キロ地点の前進基地から、800メートル地点の指揮所までサイレンを鳴らし移動中、自分たちに向かってお年寄りら6人ほどの住民がおじぎをした。

 片山さんは「腰を90度まで曲げて、深々とおじぎをされた。その姿を見て、これは絶対に何かお役に立って帰らなければと思った」と話した。

 ◆東電社員・警察官 

 かつて有数の出稼ぎ地帯だった福島県の太平洋岸「浜通り」地方。

 この地に昭和42年の福島第1原発1号機の着工から平成5年の広野火力発電所4号機の完成まで、四半世紀にわたり原発10基、火力4基が作られた。福島大学の清水修二副学長(62)=財政学=の研究によれば、総事業費は2兆円余り、月当たり71億円に上った。

 清水さんは「建設が終わった後も運転保守の仕事が続き、6町2村で人口約7万2千人の双葉郡の2世帯に1人は発電所で働いている。現在、復旧作業を続けているのは使命感や責任感もあるだろうし、原発への依存度が高いがゆえに『生活のため』という面もあるだろう。地元にはそういう現実がある」と指摘する。

 第2原発で第1原発の復旧を支援する東電の女性社員は本社の上司へ次のような電子メールを送った。

 《実家の両親も津波に流され、いまだに行方がわかりません。すぐにでも飛んでいきたい…。被災者である前に、東電社員としてみんな職務を全うしようと頑張っています。私たちは最後まで戦います》

 発生当初から復旧作業に当たり、現在は避難生活を送る根本誠さんは、来週にも第1原発へ戻るという。

 「消防や自衛隊の方は公務だから、われわれ会社員とは使命感の持ちようも異なるかもしれない。同僚たちは今も原発で働いている。少ない人数で頑張っている。むろん、行かなくても誰も責めないだろうが、自分がよしとはできない。仲間のために自分は行く」



・・・



「今の日本は」とか、いろいろ揶揄される現代の人たち。

決してそんなことはない、素晴らしい。

彼らに尊敬と感謝の念を禁じ得ません。

6 件のコメント:

  1. 廣田会長
    はじめまして。
    はじめてコメントさせていただきます。

    今日はなぜか高熱でダウンしているので
    普段なかなかじっくり聞けない会長の
    音声が聞けます。

    中曽根にはかなりの憤りを感じますが
    原発で命をかけて作業をされている方には
    本当に頭が下がります。

    この方たちは使命感や家族、地域、そして
    日本のためにという気持ちで行ってるのであり
    上司に言われたからということではないと思います。

    ただやはり命をかけるんですから、指揮官には
    この人には命をかけれると思える人が立っていて
    欲しいですね。

    小さな会社を経営してますが
    指揮官としてふさわしい人間にならないと
    と思いながら、もうちょっと寝ときます。

    いつも本当にありがとうございます。
    ためなら

    返信削除
  2. 今この時点でも、先例のない困難な仕事に従事している原発職員の方々や、東電の方、自衛隊や警察、消防の方々には足を向けて寝られません。

    ありがとうございます、という気持ちでいっぱいです。

    私は竹内浩三という人の「骨のうたう」という詩が好きです。

    ご存知でしょうか?

    「なんにもないところでで骨は何にもなしになった」

    という最後のフレーズが悲しいです。

    歴史の連続性の中で私たちは生かされている、という謙虚さと、感謝を決して忘れないようにしよう、と常に思っています。

    被災された方々、それから公務の中で殉職された方、そして死の危険の中で今も仕事をされている前線の方々、彼らに対して、「よそよそしくならない」ことを忘れないようにしたいと思います。

    返信削除
  3. ご無沙汰しています。

    日本人だからこそ
    身を差し出して必死に頑張って下さる
    方々もいれば

    日本人だからこそ、
    自分は安全な所にいて
    指示しか出さない中央の政治家もいる。

    この差は何なのでしょうか。

    さらに現地の市長は
    身を呈して頑張っている所をみると
    中央の政治家には不信感しか募りません。

    この被災時、政治家批判をしている場合ではなく、
    どんなに頼りなくても、こき下ろしても悪化するだけなので
    国民は協力するべきだと考えますが、

    今の状態はまずいと思います。

    しっかりして欲しいものです。

    返信削除
  4. 修一さま、コメントありがとうございます!

    >高熱でダウン

    心配ですね、どうかご自愛くださいね。

    >この方たちは使命感

    ぞうですよね、上司に言われたからとか、職がどうこうとかでなく、損得抜きで自分が行かなければと動いてますよね。本当に凄いことだと思います。

    >指揮官にはこの人には命をかけれると思える人

    はい、私もそう思います。自分自身がそんなリーダー足り得るか?いつも自問自答しています。難しいことですが、目指して行きたいですね。

    修一様、どうかゆっくり休まれて、お体早く治してくださいね!

    また覗いてくださいませ!

    返信削除
  5. のっぽさま、コメントありがとうございます!

    >今の時点でも

    本当にそうですね、国民みんなが感謝して感謝してもし足りないくらいだと思います!


    >私は竹内浩三という人

    拝見しました。とくにオリジナルの方は迫力ありますね。何とも悲しい気持ちになります。

    >歴史の連続性の

    いいお話です。このような展開になると「戦争の善し悪し」の話になることが多いですが、先人たちの現実やそのときの心持ちなどを考えるとそういう次元の話ではない、そう思います。感謝を忘れずいきたいですね。

    >被災された方々、それから

    そうですね、私たちはそれらを忘れてはならない、と思います。感謝や援護、そして何より頭から離さないこと、それに気をつけて行きたいと思います!

    また覗いてくださいませ!

    返信削除
  6. 鈴木様、コメントありがとうございます!


    >この差は何なのでしょうか

    本当ですね。今回の一連の流れで、保安院の行動や発言は許せないレベルにありますね。こういうことが起こらないよう、また起こった場合の対処こそ原子力保安院の仕事なのに、「逃げ」しか考えてないように思います。

    現場の人たちは皆必死に行動しているのに、と思います。

    そんなリーダーには決してなってはいけない、そう思います。

    >中央の政治家

    嘘ばっかりついて、という印象しかないですね。遠く離れたヨーロッパでは毎日、日本の放射能の悲惨状況を公表しているのに、日本だけがシャットアウトしています。考えられないことです。

    >国民は協力

    そうですね、私たちにできることはそれしかありません。でも協力することと政治批判は別問題なので、協力しつつ政治に興味を持つ、そのことは悪いことではないと思います!

    「今はそんなときじゃない、批判はしても意味がない」というのではなく、政治に興味を持ち、我々の一票が決めた、我々の責任であることを自覚するべきですね。

    しょぼい政治家を選んでいるのは私たち自身なのですから。

    また覗いてくださいませ!

    返信削除