2011年4月29日金曜日

タイは雨です。&社員をひとつにまとめる方法録音


タイトルの写真は以前国境の村でボランティアしたときの写真だよ。決していかがわしいものではないのだよ。

ちなみに、、、
毎年、GWは海外で過ごすことに決めています。

なぜかというと、

・人が多い
・予約取れない
・お店も休み 

などなど、、、日本にいると
わりと不便だからです。


・・・


今年はヤメとこうかな、日本にいようかな、
国内でお金落とした方がいいな、とも思ったのですが、

用事もあったし、先生も来られると聞いたので、
じゃあ、まあいつも通りにするか、と
バンコクへの手配をしました。

で、、、

昨日つきました。


・・・


用事は、先方の都合で入れ違いになりました。
私がつく前に帰ったそうです。

その用事の彼は
私から逃げているのかもしれません。

繁華街のボーイたちに「廣田見かけたら連絡してくれ」と
チップを撒いていたそうです(汗)

小さい頃から
いつも嫌われ者です。

慣れました。


・・・


ちなみに、
先生は、「やっぱり東北へ行くから」と
キャンセルになってしまいました(泣)。
(これは私の早とちりでした)

さみしい。



・・・



仕方ない。
今回はクローズのチケット取っちゃったし。

てな具合に悩んでいたら、、、

「我らが出番。行くなり」

と、
仲間連中が来てくれることになりました。

楽しみになってきました。

でも、、、

一度あることは二度ある。
二度あることは三度ある。

ひょっとしたら、
キャンセルになったりして。


・・・


でも、二度あることは三度ある、というけれど、
三度目の正直という言葉もあります。

どっちやねん。

ことわざ。

結構矛盾したの多いですよね。

「好きこそモノの上手なれ」と言ったり
「下手の横好き」とか。

好きやったらうまく行くやん!と思ってしまうのですが・・・

まあ、立場によって、人は必要な言葉と
するべき行動が変わるということ。

モノの見方は人それぞれによって
その数だけあるということですね。


・・・


さて、リーダーはある意味、
「自分の正義を部下に伝え、その色一色に染め上げる」

ことが必要です。

その能力に長けた人間の話です。
うちのナンバー2、小林の登場です。

「社員の心をひとつに染め上げる方法」(約8分)



遊びにきたとき録りました。
本当は六本木にのみに行きたかっただけ
だったらしいけどね!
フン!

ではまあ、とにかく屋台でメシ食ってきます!

4 件のコメント:

  1. 廣田さん

    はじめまして。矢部と申します。
    何気なくこのブログに行き着いたのが
    2ヶ月前、途中に震災があって、
    「なんとすごいことが起こっているんだ?」
    と思い、それから見させて頂いてます。

    今回は廣田さんのNo2の方のお話、
    本当にためになりました。

    特にハッとしたのは
    部下(というか仲間のようです)を
    心躍らせて盛り上げて行くことに
    徹底している、ということでした。

    あと、個人的にジ〜ンとしたのは
    「自分が正しいことをしていると信じきる」
    (すみません、言葉通りではないかもしれないです)
    ということでした。

    私は本当に迷うことが多く、
    いいのかな、わるいのかな、
    いつも迷ってしまいます。

    自分を信じる強さを持ちたいと思いました。

    またためになるお話を
    期待しております。

    返信削除
  2. 矢部さま、コメントありがとうございます!

    >それから

    ありがとうございます!

    >廣田さんのNo,2

    はい、むしろ私よりも優れた人間です!この男を手に入れた時点で、私は成功をしたと言ってもいいでしょう!実の弟なのですが、心から親に感謝です。

    >特にハッと

    そうですね、うちのリーダー連中は、自分のこととか、お金儲けがどうとか、あまり考えていません。自分の若い衆がいかに気持ちよく楽しく、そして実力を120%出せるか?それしか考えてないです。うちの伝統ですかね。

    >自分が正しい

    はい、常に善であること。どこかの偉いさんも言ってたような。心持ちが善でなければ、人は動きません!私利私欲ではついてこないです。あくまで仕事において、ということですが。まあ、親分が下品なので、みんなそれなりに下品です(笑)

    >自分を信じきる

    ぜひ!自分が信じてあげなければ、だれも信じてはくれませんから!

    >またためになる

    ありがとうございます!是非また覗いてくださいませ!

    返信削除
  3. 野田はじめ2011年4月30日 20:38

    廣田先生、こんばんは!

    前回の話と今回の話を聞かせていただきまして、思ったことは本質からテクニックが出ているな。ということです。

    例えば、取引先の人と仲良くなって結果的に仕入れ値やサービスが良くなるの場合。もうひとつは、仕入れ値やサービスを良くして貰いたくて仲良くなる。

    この2つの場合の結果は同じでも本質が違いますよね。

    僕は下心があって人に近づくのが嫌いなので、稼げればなんでもいい!という人とは仕事をしたくないです。

    やはり平先生のグループはその点がしっかりしてますので、気持ちいいです。廣田先生のファンを20歳からしていて良かった!とも思います(笑)

    それにしても、六本木のおねいたま、大人気ですね!
    気になって調べましたが、たぶん、チ○ック、ビ○、ス○ラ、あたりではないかと思っております。

    僕も稼いでおねいたまを見学に行きます(笑)

    返信削除
  4. 野田はじめさま、コメントありがとうございます!

    >本質から

    その通りです!スポーツで例えるとよくわかるのですが、四股の踏み方を習っても、上手投げの方法を知っても、お相撲さんの体力がなければ効果は出ません。テクニック先行はむなしいものです。

    まして、それが心根になると、テクニックで登った人はどこかで足下をすくわれている気がします。

    >やはり平先生の

    はい、平先生にあるのはなによりテクニックよりも、あの精神力です。会員さんたちもテクニックを覚えようとはしますが、なかなか先生の精神力、何が何でもやる!といった心根をまねしようとする人が少ないです。まあ、確かに大変ですからね(笑)

    元にあるマインドセットさえちゃんとしてれば、テクニックなどは勝手についてくると思っています!

    >20歳から

    光栄至極です!なお頑張って参ります!

    >六本木の

    むむむ!やりますね・・・あげられた名前のお店、どれも素晴らしいです!私はその中でひとつだけ行っていないかな。そのお店たちも、驚くほど凄いです
    (笑)

    >僕も稼いで

    はい!女性から見ると不埒かもしれませんが、男性にとっては正直モチベーションにもなると思います!銀座も素晴らしいですけどね!サービス業として、学ぶところも多いです!

    また是非覗いてくださいね!

    返信削除