2012年10月12日金曜日

インターネットで無血革命


最近なんだかばたばたしていたので、、、
実はちょろっとバンコクに逃げて来ています。

最近ビジネスネタが続いたので、今日は近況報告です。

こっちは暖かいですが、雨が多いですね。
今年も、また洪水があると噂されています。

いつも、私がこっちへ来ると、
現地の友人たちが集まって来てくれます。

嬉しいものですね。

・・・

これ書いている今も、アユタヤ銀行の融資係、
トンちゃんが奥さんと子供つれて来てくれました。

ちなみに、トンちゃんの子供の名付け親は私です。

日本語で聞いてわかる名前をくれ、というので、
ちょうどそのとき「医龍」(タイ語字幕のDVDがある)という
TVドラマをみんなで見ていたので、
主人公の朝田龍太郎にちなんで、
「RYUちゃんはどう?」と答えたら
そのまま「RYU」になってしまいました。

まあ、今日はおとなしく寝ようと思ってたけど、
結局酒盛りかな。

・・・

友人たちは、今の日本を心配しています。

「ヒロタ、日本は中国とやるの?」

となぜか聞かれます。

軍の友人が多いという事もあるけど、
なんか、日中の関係を気にしてくれているみたい。

みな口を揃えていうのが、、、

「タイ人は日本が好きだ。
 チャイナは嫌いだ。
 だから、日本を応援する(全部お世辞かもしれない)」

というものです。

まあ、どうやって応援するのか私もわからないけど。

どうやら、ここだけの話でなく、実際のところ、
今、タイでは、「中国旅行のキャンセル」が
相次いでいるそうな。

そのぶん、行き先を日本に変更しているそうだよ。

日本でタイ人を見かけたら、
優しくしてあげてね。

・・・

日中問題。

まあ、政府同士が喧嘩するのは
勝手にしてもらってもいいけど、
民間同士は仲良くしたいね。

人間は何処でも一緒だから。

なので、

「悪いのは中国のガバメントであって、
 中国人にもいい人いっぱいいるよ」

といったら、なぜかみんな

「そうだ、そうだ」

と合唱していた。

まあ、結局深くは考えていないのかもしれない。
または酔っぱらっているのかもしれない。

・・・

まあ、村上春樹さんも言ってたけど、
(来年ノーベル賞期待してます)
領土問題は実務問題。

人間同士の文化の交流や友好は別のもの。

民間からの動きでなんとか
いい解決できないもんかね。

日本と中国の民間同士が手を結んで
互いの政府を動かす。


今はネットがあるから、
不可能じゃないかもと思ってしまうね。

(中国はネット検閲あるけど、
 中国のネットオタクがなんとかするかなと)

歴史上初めての、
インターネットでの無血革命。

そうなったら面白いと思う・・・

・・・

写真はトンちゃんとRYUちゃん。
日本語の名前を持つタイ人。

人間同士の結びつきからみたら、
国境なんて、地図の上のものでしかない、

そう思っています。

龍ちゃん。

0 件のコメント:

コメントを投稿