2012年10月24日水曜日

クルマの話。アストン名古屋八光、最高です。


クルマの話だよ。女性は面白くないかもね。ちょっとだけビジネスネタ入ってるよ。いま、名古屋ではアストンDB9使ってるんだけど、アストンマーチンって、

・かっこいい(カッコだけ)
・なんか壊れそう
・リセール弱そう
・乗りにくい

ってなイメージがあります(私はありました)。

「ほしーなー」と思って、何度か、現車を見に行って、
座ってみて、「なんか前見にくそう」と思って、

上記のイメージもあって、買うのを躊躇してました。

で、、、

今、乗ってから2年くらい経ちます。

なんと、その間、故障は一切なし。
心配していた電気系統も、全くトラブル無し。

ということで、わりと早くクルマを買い替える私が、
気に入ってしまって、つい長い間乗っている、と言う訳です。

で、、、
今回、初めてドック入り。

ブレーキ交換です。
これは消耗品だからね。


・・・


というわけで、名古屋においてある都合上、
「アストンマーチン名古屋八光」に持ってきました。


そこで驚き。

サービス、最高!

至れり尽くせり。
すごい。
一切のストレスがなかった。

こういう事を書くと、
「高級車だから当たり前でしょ」という答えが返ってきそう。


でも、違うんだよねー。

コ〇ンズとか、ヤ〇セとか、
有名なディーラーって決してサービスよくないのです。

(むしろ、近所の自動車屋さんの方がいいくらい)

まあ、私の事だから、ないがしろにはさせないけど。

でも、ストレスあるんですよね。
フェラーリオーナーとかからはよく愚痴を聞きます。


・・・


車屋さんのサービスって、ハッキリ言って
しょぼいところが多いの。

替えなくていい部品を替えてみたり、
納期がはっきりしなかったり。

なので、私はいつも知り合いの工場に持って行く。
嫌な思いしたくないから。

でも、、、

今回は良かったー

まず、サービス工場じたい、ショールームと同じ綺麗さ。
交換した部品を全て見せ、どのように交換したかを全て説明。
私が頼んでいなかったところも、見て、直してくれてた。
しかもそれはサービス。

「たまたまあったもので代用しましたから」と、気持ちのよい答え。

「〇〇はそろそろ交換時期ですが、廣田さんはあまり長く
 乗らないって聞きましたので、もう少し様子を見てもいいでしょう」とか。

何より、海外が多く、なかなか日時の約束ができない私に、
全て対応してくれました。

もし、次に、新型のバンキッシュ買うなら、ここで買う。

そう思わせてくれましたね。


・・・


ビジネスで、一番大切な事。

一回来てくださったお客さまを、
必ず虜にする。

ファンになっていただく。

それくらい、従業員全員が「気持ちの質」を上げる。
サービスって、「気持ち」だけで、いくらでも向上できるんだ。

アストン名古屋八光は、ショールームから、
工場まで、全てのスタッフがもれなく良かった。最高。

これ、すごい事だよ。

東海地方の人、一度行ってみて。


・・・


一回来てくださったお客さまがファンにならない会社は、
マーケティングも集客も何も意味が無い。

マーケティングは、「試食してもらう」ための技術。

試食してもらうための、マーケティングなんだからね。
試食してまずかったら、誰も買ってくれないよ。


・・・


ちなみに、クルマファンのためにクルマの話に戻るけど、
アストンマーチン、結構いいです。
(私にとっての「結構」は、最大限の賛辞)

おすすめは、DB9。
DBSは高すぎ、
V8はちょっと乗りにくいの。
(オートマ使わない人はこれでもいい)

あまり型が変わらないし、
(DB9の後継車、ヴィラージュもほとんど型が変わらない。
 こういうパターンはリセールが強い)
思ったより故障しない。

メルセデスの方がずっと壊れるよ。

私の場合、購入した値段で、今も売れそう。
もし落ちても、たぶん100万円ダウンくらい。
これ、日本車より少なくない?

狙いは4~5年落ち、走行少ないタマ。
1000万円切ってたら、そんなに落ちないよ。
オイル漏れだけ最初にチェックね。

フェラーリより、タマ数少ないから、
むしろ目立ちます。

乗りやすいし、それなりに走るし、
いいクルマです。
欲しい人、買ってもいいと思う。


4年上落ちなら償却全部行けるし、
売りたいときに売っても、意外と値段ついてるよ。

でわー


・・・


写真は、以前に秘書のフナが乗ったときの写真です。
一応靴は脱いでいる。
ふらち。

0 件のコメント:

コメントを投稿