2012年10月17日水曜日

お金持ちの本当の生活(嫌なタイトルだねー)

なんか、FBだとビジネスネタのほうが「いいね」が多いような気がする。

まあ、こんな怪しいオッサンが何食ったとかどこ行ったとかよりも、まだビジネスの話の方がましか。

で、今日は、「お金持ちの本当の生活」について(なんちゅう嫌なタイトルじゃ)。

まあ、情報商材のセールスレターでは、お金持ちになると、こーんな事やあーんな生活が出来るとか書いてあるけど、実際どうなの?っていうところだね。



先生も起業スクールを開校するそうだし(何をするのか私も知らない)、起業ネタシリーズと言う事で。


まず、話を進めるためにも、私が「お金持ちというカテゴリー」に存在すると仮定しましょう。実際どうかは知らないけど、そうでないと自分が話できないので。


・・・


「お金持ちになったら、アレも買ってこれも手に入れて、
 ウハウハでへへーって使いまくる感じ」

と思うでしょ?


そこで結論。

お金持っても、べつだん、何も変わらないよ。


実際、ちまたの、本当のお金持ちは、お金使わないよ。
使ったらすぐ無くなるもん。当たり前じゃんね。


私の場合はどうか?

・ヒルズに住んでいるけど、べつだんフツーのマンションだよ。六本木周辺なら、どこでも似たような値段するし。ちなみに部屋では毎日バイオハザード(今は6)してる。

・車もたくさんあるけど、転売転売で利益出したりしてる。車屋さんの許可も持ってるよ。ちなみに、時計も元ブローカーなんで、転売を考えて買う。セコいよ。

・海外よく行くけど、全部マイルだよ。タダ。現地でもお金使わないよ。タイにいたら、1日1~3千円くらいしか使わない。

・高級レストランも一通り行くけど、記念日とかで人を招待するときだけ。だいたい、10万円するフレンチよりもココイチのほうがうまいと思っている。実際そうじゃね?食ってみ?ちなみに、ほぼ毎日立ち食い蕎麦(いわQ)かココイチ食ってる。

・いい服も買うけど、昔、先生に「いい服着なさい」と怒られたから。衣装代だと思ってる。できればアウトレットで買いたい。ホントは常にジャージで過ごしたい。

・不動産とかたくさん持ってるけど、海外なら値上がり期待、日本なら収益期待。あくまでビジネス。


こんなもんかしら?


まあ、それでも出来るだけいいじゃん、と思われるかも知れませんが、たぶん今までお持ちになっていたイメージとはちょっと違うと思います。


無駄なお金はなるべく使いません。

朝起きて、ジム行って、ココイチ食って、売り物の車のって、先生とスタバ飲んで、夜は立ち食い蕎麦食って、家に帰ってゲームして。別にフツーでしょ?


つまり、、、
べつだん大したことなんて何もないってことです。

ちょっとした贅沢も、慣れたら一緒。
別に面白くも何もないもんだよ。


・・・


さてさて、、、


別に、六本木に住む必要もない、車もフツーでいい、マイルが貯まったら海外でも行けばいい。

そう思ったら、お金なんて別に必要ない気もするね。

(ちなみに、うまくマイルを貯めて
 タダで海外行く方法もまた書くね)

でも、ひとついいことがあります。


お金は、力です。


この世の中で、ほとんど全ての何とでも
替える事のできる「お金」という存在は、
ハッキリ言って、「力」なのです。

お金をたくさん持つということは、
その「力」が増えることを意味します。


力を持つと、、、

大切な人間を助けたり、
大切な人間に良い影響を与えられたりします。


・・・


私の好きな言葉で、

「力なき正義は無能なり」というものがあります。


もしあなたが、高邁な精神と共に何かをしたいと思っても、
力がなければ、そうはいきません。


力があってこそ、何かが出来るのです。
そのためにお金を儲けるのはいい事だと思っています。


・・・


逆を言えば、「正義なき力は醜悪なり」です。

お金を持って、自分だけの贅沢のために
バンバン使うのもいいでしょう。

人の勝手だから。醜いけどね。


・・・


これから起業する人へ。

最初は、「自分の欲のため」でいいです。
そして、まず自分が潤いましょう。

その方が実際パワーが出ます。起業時に必要なマインドです。


多少贅沢をしてもいいです。
でも、その後は、ある程度力がついたら、、、


自分なりの「正義」に向かって行ってほしい。
そう思います。


・・・


こう書きながら、私も、つい忘れがちになります。

直接いわれた訳ではないけど、
最近また、ある人から気づかされました。


自分は正しい道を歩んでいるか?


なろうことなら、我が為す事が
大切な誰かのためであって欲しい。

そう願っています。

2 件のコメント:

  1. 廣田様、
    含蓄の深いお金のテーマ、読ませて頂きました。
    あまりにも率直なご意見に、一つ一つ、「そう、そう」と
    うなづいて確認し、また確認して、楽しく読ませていただいたのです。

    お金=力。

    私たちは、好むと好まざるを問わず、「資本主義」の世界に
    生きているわけで、そこでは、議論を挟む余地なしに、
    お金を持っている人の意見が大きく周りに影響を及ぼし、
    お金を持っている人であればあるほど、選択肢が広がるというものですね。

    日本で、昨年関東東北大震災が起こり、
    多くの方々がほんとうに尊い命を落とし、また罹災して
    避難されていたことは記憶に新しいです。

    その災害地域にボランティアを受け入れるだけでも、
    莫大なお金が必要になったでしょう。

    食料を急遽送った諸団体もお金があったからこそできた訳ですね。
    あの時、日本国民が皆、お金のパワーを改めて自覚した
    大きな出来事だったと思っています。

    知人の中には、お金の話をすると「生臭い」とか非難する人もいますが、
    お金を「生臭く」しているのは人間様のほうで、もとよりお金には罪はありません。
    変な例えですが、ちょうど、仏像のように、手に取る人間によって、その都度「相」を変え、千転万化させるのがお金だと思っています。

    今日もありがとうございました。

    また次回も訪問させて頂きます。

    廣田様

    返信削除
  2. tokkuさま、コメントありがとうございます!

    海外におられるとなお日本の事がはっきりと見えるでしょうね!
    tokkuさまの言われる通り、資本主義で生きている以上、資本は力であり、全てに対する対価として機能する、そういうものですね。日本人は江戸時代の教育で「お金は悪」となっていますが、外国ではそんなことは誰も言ってないですね(^^;
    単なるあまちゃん、逃避でしかないですね。

    仏像のように「相」を変え・・・のフレーズ、素晴らしいです。FBでシェアさせていただきたく思います。

    日本は資本主義。そこに生きている事はそれを是とする事ですから、お金を嫌うのではなく、有効に利用し、資本主義の原理に乗っ取って利益を増やし、社会や自分自身ををいい方向に向けて行く。そこから逃げては行けませんね!

    アラブやアフリカの情報とともに、こちらも勉強になります!また覗いてくださいませ!

    返信削除