2018年2月7日水曜日

台湾地震

台湾で地震があった。以前、日本の震災、東日本も熊本も、どの国よりも早く、たくさん寄付と支援をしてくれたのが、この台湾。


中国への遠慮か、日本ではあまり報道されてないけれど、その手厚いほどの行動には、感謝以外のどんな言葉も浮かばない。


・・・


台湾は中国でしょ?という人も多いかもしれないけれど、台湾の人から見ると、中国と台湾は全く別の国。


私の知ってる台湾人は必ずこういう。(下手したら、道を歩いている台湾人、100人に聞いてもほぼ同じことを言うと思う)


「中国は嫌いだ。俺たちは日本人と兄弟なんだ」


・・・


台中二国はビミョーな関係。中国がマカオの経済をアメリカ主導にしたのも、台湾懐柔策だと聞いてる。


(マカオ関連の偉いさんに聞いた。その人が言うにはコタイ地区カジノ誘致の際のマカオの金利は当時のFRB議長、バーナンキが決めてたそうな)


それくらい、中国は、台湾を併合したい(らしい)。戦略的にも価値が高いから。でも、ほとんどの台湾人はそれを嫌ってる。日本が大好きなんだ。


・・・


何が言いたいかというと、赤パンダ、つまり中国共産党が嫌いな人も、台湾を嫌わないでほしい、ということなの。


靖国神社の御霊祭りなどには、毎年台湾から大勢の人が来てくれて、日の丸を胸につけ、天皇陛下万歳と叫ぶ。口々に「日本統治下の頃は良かった」という。


彼らは本当に、
日本を愛してくれてる。


バリバリの、
世界でも指折りの、、、
親日家なんだ。


・・・


なので、日本に何かあると、すぐ動いてくれる。寄付、そして実質的な救援活動など。


「定期預金をを崩してでも日本を助けよう」と一般市民が声をかけ合い、みな協力してくれた。


(こういった話、ホントだからね。現地で生活したらわかる。学校では、アジアの諸国が日本を恨んでると教えられた。でも、そんなことない。日本を嫌いなのは、南北中の三ヶ国だけだよ)


・・・


その人たちが、今、生き埋めになってる。


恩を返すのは、今この時。


だから、わずかでも、できることをしよう。


詐欺でない寄付先を知ってる方はコメント欄に貼り付けてくだされば幸いです。私も微力ながら、台湾の人たちにお返しをしたいと思います。


そして、被害に遭われた台湾の皆様がどうかご無事でありますように。一刻も早い救助と復興をお祈りいたします。


・・・


写真は、元台湾総督の明石元二郎(たった一人でロシア革命を扇動し、日露戦争を勝利に導いた人)の墓所のある公園。


私の縁者(ひいおじいさんの兄弟)は、彼の元で働いていたんだ。誇りに思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿