2012年7月23日月曜日

面接のセオリーどうりに進めるべきか?ご質問


ご質問を頂きましたので、記事にてお答えさせていただきます!


・・・


廣田先生こんにちわ。 いつも楽しく拝見させていただいてます。芝です。 今日は「採用」についてお聞きします。 以前、神田先生のお話の中に親を尊敬?できない 人は雇用すると上司(親)に反発する というようなことを伺ったように思いますが、 廣田先生はどう思われますか? 先日応募してきた方に「父親がいらっしゃるのであれば どんな感情をおもちですか?」と聞きましたところ 「今まで会ったことがないので特に感情はない。ただ父親 のようにはなりたくない。」と答えられました。 おそらく母子家庭でそだったのだろうと思います。 通常であればこんな質問には警戒して「父親は尊敬してます」ぐらいのことをいいそうですがある意味正直な方ですが やはり神田先生の経験を参考にさせていただくのが懸命でしょうか?


・・・


ご質問によるネタのご提供、ありがとうございます!
では、お答えさせていただきましょう!


このように、世の中には、セオリー的にノウハウはたくさん出回っています。
でも、あくまでセオリーはセオリー。ノウハウはノウハウ。


でも、実際のシチュエーションでは、「ほんとにこれでいいの?」ということも多いでしょう。つまり、ある程度パターンによって変化させる必要もありますね。


つまり、セオリー、ノウハウ、
これらは決して「全て」ではありません。




確かに、一般論としては神田先生の言うのは正しいと思います。




でも、今回の場合は、もともと、「父親を知らない」訳ですから、好きも嫌いも言いようがありません。


また、その子は別に「嫌い」と言ってる訳ではありません。


なので、こう言った場合は、むしろノウハウパターンに当てはまらないと言っていいでしょう。


面接だから、印象を良くしようと思い「作ってくれたから感謝」というのはむしろ不自然で、たぶん現実的ではないでしょう。




母親の苦労は知っている訳ですから。
シングルマザーの苦労は大変なものです。


世の中には、女性の手一つで育てるために、自分の人生を売る、そんな人ですら少なくはないのです。(これは褒められこそすれ、蔑まれることではありません)


まして、あくまで「父のように(たぶん)無責任な行動はとりたくない」と言ってる訳なので、別に問題ないと思います。むしろ芝さまのおっしゃられるように、正直な印象を持ちます。小さい頃から顔も知らない、ということであれば、かなりな苦労を母親の人はされたことでしょう。その姿をずっと見てきた訳です。父のようになりたくない(そんな苦労を人にかける人間になりたくない)という言葉は、いい答えである、そうも思います。




結論ですが・・・


自分の目だけで判断してください。


実際に、セオリーよりも、ご自身の直感を信じられた方がいいと思います。


もし、こういう質問に買えるなら、「母さんをどう思う?」でいいでしょう。
父親代わりでもあった訳ですから。




・・・




まあ、ちなみに私も、父のことを聞かれたら、
若い当時は「きらい」と言ってたはずです。


(まあ、実際その頃は雇われるべき人間ではなかったですが)


でも、今は感謝してます


20歳やそこらの子供の、普段でない面接で出る一挙一動なんて、あまり意識しないでいいと思います。その子の「目つき、顔つき、態度、可愛いかどうか、明るいかどうか、今までどんな人生を送ってきたか、これからどんな人間になりそうか」を見る方が優先ですね!


なので、まずは自分の目。セオリーや、人の話は話半分で。
そう進めていただけるといいかと思います!


芝さま、
ネタ出しありがとうございました!

6 件のコメント:

  1. 格闘技、かじっておりました!
    ・・・その他、他人から「何の仕事してるんですか?」
    とよく聞かれますし、断片的にみると「怪しい」の1人
    でもある小園でございます。

    採用。
    私自身、セオリー、ノウハウ通りでない例を数多見て
    来ました。
    中国で、最初の立ち上げ事業が「人材紹介」でした。
    中国知らないので、教えてもらうために、とにかく
    会える人には会いまくって、1人につき2時間くらい
    かけて質問攻めにしていました。

    履歴書が怪しい人、日本語をまともに書いてない人、
    書式がいい加減な人、大した経歴に見えない人、
    「普通」だったら、絶対に書類選考を通らないような
    経歴の人いっぱいいました。

    数百人に会って、話してきた結論。
    「会ってみないと、話してみないと、絶対分かんないわ」でした。

    事実、今振り返ってみると、入社して「スゴイ成果」を出している人は、直接の経歴とは無関係だった人が多かったりします。私の場合は。

    ヒトって、難しいです。
    でも、きっと「難しいから面白い」んでしょうね!
    いつも、「気付き」をありがとうございます。

    返信削除
  2. いつも、勉強させて、もらっています。
    26歳 長山といいます。
    Facebookの友達登録もさせてもらいありがとうございます。
    最近、消費増税の事を考えて、頭の中にクルクルと回ってます。
    廣田さんは消費増税で、日本に住んでいる人達の生活はどう変わると思いますか?
    私はサラリーマンですが、(独立志向はあります。)
    そんな状況に進んでいく今、何を思考して、
    いったら国や社会が変わるか。(私のできる事とかあれば。)
    考えを聞かせてもらっていいでしょうか?

    何か、勝手に国が決められて進んでいく
    気がします。
    日本人が我慢強くて。心が強いのを利用されているような。
    裏で国を衰退させるかのような働きにも感じます。

    配慮のない文書で申し訳ございません。

    返信削除
  3. 芝です。
    廣田先生ご返事ありがとうございました。
    「かわいいかどうか等々」で検討してみます。
    感性の問題ですね。
    もし、最低限ここははずすな!
    というう部分があればまたいつか教えてくださいね。
    ありがとうございました。

    返信削除
  4. 小園さま、コメントありがとうございます!

    返信遅くなり申し訳ございません!
    >格闘技

    はい、小園さまはキック仲間なので(^^)
    怪しさ一杯のほうでもお仲間宜しくお願いいたします!

    >入社して

    そうなんですよね、結果を出す人間と履歴書とはあまり関係ないですね!実際、面接でもなかなかわからなかったりもします!うちでは、基本3ヶ月は体験入社にしてますが、それくらいあればある程度読めるかもですね。

    まあ、男女の場合もある程度つきあってみなきゃわからない。社員も同じですね!

    上海で頑張られている小園さま、ぜひまた遊びに伺わせてくださいませ!

    返信削除
  5. RYUさま、コメントありがとうございます!
    消費税のお話ですね!

    消費税を上げるとよいのかわるいのか、またわれわれはどうするべきなのか、
    一度記事にさせてくださいませ!

    ネタのご提供ありがとうございます!

    今タイですので、少々お時間下さいませ!また覗いてくださいね!

    返信削除
  6. 芝さま、コメントありがとうございます!

    私は、社員を「従業員」とは捉えておらず、若い衆(子供)と捉えたいと思っています。また、うちのシステムは「社員に社長を継がせる」ので、可愛いと思えない相手に継がせることが出来ないので、やはり可愛い相手になりますね。

    こちらが好感を持つと言うことは、相手も持つと言うこと。相思相愛で(ホモとは別)社長と社員の関係を持ち続けたいものです!

    あと、第一印象は第一印象。あくまでつきあってみなきゃわかりません。なので、ある程度の「お試し期間」と設定するのがいいと思います!

    また是非ご質問お待ちしておりますね!

    返信削除