2011年3月28日月曜日

意識の共有パート②

パンドラの箱はご存知ですよね。

箱を開けて、、、

数多くの災厄が飛び出す中、
箱の中にそっと残った、、、

”希望”。

希望がなければ、人は生きて行けません。


今日、先日の続き、パート②はその話です。


・・・


先日、この話(パート①)で以下の話をしました。

困難があったときは、
社長が一人で悩むのではなく、
同じ船に乗る乗組員ゆえに・・・

・いいことも

・悪いことも

分かち合うべきです。


・・・


で、、、

パート①を聞かれた人は、、、


・そんなこと言っても・・・

・従業員やめてしまうのでは?

・みんなムードが沈むのでは?

などと、いろいろ考えてしまうのではないでしょうか。


・・・


それらを回避するのは、
「希望」です。

苦しい山を登ったさきに、希望がある。

だから、人は頑張れるのです。

ということで、

パート②行きます。


・・・


最初から1分ほど、「だから」からが本番です。


授業員経営者マインド計画パート②


さて、、、


この話は「解決策」を社長がもっている場合の話です。

「解決策、打開策を想像できない」と思われる人のために、

パート③を用意しています。

打開策を思いつかない社長さんは、
それを聞いてからにしてください。

2 件のコメント:

  1. 廣田先生、お疲れさまです。

    「どんな時も共に歩もう」という
    力強いメッセージを普段から
    発することが必要と感じました。

    伝えられた社員は心強いです。
    もし、私が廣田先生の部下ならば
    力の限り頑張ろうと思うと感じました。

    私のようなどんなに小さな組織でも
    トップに必要なことだと感じました。
    勉強に鳴りました。
    ありがとうございました。

    返信削除
  2. 山田様、コメントありがとうございます!

    >『どんな時も

    そうですね、いいときも、悪いときも、という感じですね!
    悪いときだけ覚悟を求めるのではなく、良いときもシェアする。これが一心同体なのだと思います。

    >力の限り

    そう思ってくれたら嬉しいですね。うちの連中は「力の限り」頑張ってくれていいます!そのことには自信があります!まあ、私のもってき方がうまいとかではなく、各リーダーたちが優れているのでしょう!

    >どんな小さな組織

    小さいときからこそ、効果があり、また進めやすいものです!
    ぜひ進めてください!

    また覗いてくださいませ!

    返信削除