2018年1月12日金曜日

投資とスキルの話

今日は株や仮想通貨などの投資と、スキルのお話だよ。その前に、、、
私は基本的に自分のSNSでモノを売らない。
別に商売しても全く悪いと思わないけれど、できれば純然としたコミュニケーションの場にしたいんだよね。

自社の商品ですら、宣伝してない。

もし、私が何か売るとしたら、チャリティーのお誘いか、いつかまた自分の本を書いたときくらいにしようと思ってるよ。

・・・

てな訳なんだけど、よく「紹介してくれ」的なお願いは来るよ。でも、今は全てお断りしてる。

一人の方を紹介すると、他の人を断れなくなっちゃうからね。

でもさ、例外はあるんだ。

やはり、当たり前だけど平先生は別。だって、私は平先生に育ててもらったんだからね。

平先生との出会いがなければ、私は今の人生はない。こんなふうに、偉そうに人様に物を言える立場になれたのも、先生のおかげなんだ。

・・・

そして、もうひとり、Mr.X。Xとの出会いがなければ、寄付なんかも始めてなかったかもしれない。

今回、仙人さんチームの内弟子さんから連絡をもらったから、宣伝してみるよ。ちなみに内弟子さんというと、極真カラテでいう若獅子寮みたいなものかな?余計ややこしいか。

まあとにかく、仙人さんことMr.xの商品が出るそうな。

「そうな」というように、私自身が中を見ていないので、当たり前だけど中身はわかんない。

でも、Mr.Xの事だから良いに決まってる、そう信じてるよ。

なので、あなたにとっての良い悪いは、あなたが決めてね。

・・・

さて、ここからが本題。

今年は、株も上がるし、やっとこさ、日本人も浮かれてきてさ、景気は上がるはず。

仮想通貨も、爆発時期はもうすでに済んだとしても、今からでもまだ多少は上がると思う。(暴落しても責任は取らないよ)

私もある程度は仮想通貨も持ってるし、株にも投資してる。私自身は詳しくないけれど、経済塾の先達さんたちに教わってる。今年は良いパフォーマンスを見れると思う。

・・・

でもさ、投資で、生涯食えるほど儲けてる人は別として、、、

株や仮想通貨などの投資は、特にバブル状況において(我々みたいな素人の類にとって)やはり継続することは難しい。

一度儲けても、それが続かない。

・・・

だってさ、仮に仮想通貨が100倍になっても、不動産がバブっても(私が持ってるビルたちも軒並み上がってる)、一旦売ったら、次はないからね。

このような、バブルによっての「勝ち」は再現性がないんだ。

つまり、この利益は単利と呼べる。

比べて、知識や経験などは、継続して自分に富をもたらすよ。

それは複利なんだ。

・・・

単利はその場限りの利益。

比べて複利は「0.1ミリの紙を42回折り返すと月まで届く」と言われてるように、今は小さくても将来に向けての大きな利益が見込める。

チャンスがあるなら単利狙いもいい、でも、物事を行うなら分けて考えるべきだよね。

・・・

投資を悪くいうつもりはないよ。

私のお世話になってる財界の先達さんたちは、数十億から数百億の現金を元に、投資を行ってる。
(今流行りの仮想通貨長者じゃないよ。ちなみに、この先達さんたちは儲けもさることながら、日本という国のためになる企業にこそ投資してる)

儲けもすごい。
元手が違うもん。

・・・

でも、普通の人はそうはいかない。

多少勝っても、ずっと死ぬまで食べていけるようなお金を残すのは大変なこと。

(投資技術が上がって、継続して食えるなら別だよ。また、複利で回せる投資もあるけど、長くなるから省くよ)

なので、やはり継続して富をもたらす、、、

スキルに投資するのは、非常に効率的な考え方だと思う。(言葉遊びっぽいけど、投資スキルに投資するのはありだよ)

・・・

私は平先生、Mr.Xから学び、スキルと経験を手に入れ、組織を作り、継続して、毎年コンスタントに数十億を売り上げてるよ。

多分、生涯通算で行けば、死ぬまでに一千億円は売り上げられると思う。

売り上げが大切ではないよ。でも、それだけ多くの人が買ってくれたということは、少しは世の中のためになったのかもしれないよね。

ありがたいことだよね。落ちこぼれのボクサー崩れにしては上出来すぎる人生と言っていい。

・・・

私は、若い頃、多少のお金と時間、そして、努力を投資した。

私は間違ってなかったと思ってる。

これが最も有効な投資だったと思ってるよ。

・・・

さて、どんなものが出て来るのかな?A級コピーライターとの話だから前とは違うのかな?さらに上、ということっぽいよね。

なんにしても、投資するなら自分のスキルを上げることに投資すると、最も効率がいいと思う。

・・・

さて、今日は標語で終わろう。

単利よりも複利。

このソフト、セリフ変えれるんだ。友達が作ってくれたんだよ。いーでしょ?^_^

0 件のコメント:

コメントを投稿