2018年1月21日日曜日

コムロさん問題

コムロさん問題で、世間も騒いでる。どうやら口々に「フミハル廃刊しろ」との意見があるみたい。

あんなクズ本、どうぞぜひ廃刊してほしいものだけど、それとはちょっと違う話として、、、

今回、なぜかコムロさんのお味方がとても多い。そこにいってみようと思うの。


・・・


それは、コムロさんの「生き方」というか、いままでやって来た「行き方」というか。


やはり、多くの人を感動させてきた、多くの人を助けてきた、その行動によると思うのよ。


あの人って、すごく学びになる。お金の使い方が下手だという反面教師も含めて。


・・・


コムロさんは、一時期「コムロにあらずんば音楽にあらず」レベルで一世を風靡してた。


その頃、めちゃくちゃ稼いだお金は、、、


ぜーんぶ使っちゃって、みなさんご存知なように、刑法に触れる悪いことをした。


フツー、それで終わりだよ。「アイツ、あそこまで落ちてさー」みたいなもの。


でも違った。


・・・


コムロさんに曲を作ってもらったアーティストたちが「コムロさんをこのままにしてはおけない」と皆で助けた。


昔、コムロさんに曲を作ってもらってブレイクしたり、世話になった人が多くいたからなんだ。


素晴らしい。


人間、困った時にこそ、普段の行いの結果が出る、ということだよね。


それは、どう生きてきたか?を問われることでもある。


・・・


もちろん、後で返してもらおうなんて、また、返してもらうことになるなんて、コムロさんは思ってもいなかっただろうね。


でも、人に与えたものが、意図せず、、、

返ってきたんだ。


人生、捨てたもんじゃない。


・・・


今回もそう。


他の不倫と比べ、なんかコムロさんの擁護者は多い。


理由はいくつかあると思う。「嘘ついときゃいいじゃん」と影で開き直ってたゲス不倫の時と違い、献身的な介護をしてたということもあるかもしれない。


でも、何より、、、


彼の作った曲で、楽しい気持ちになったり、多くの人が励まされたり、生きる勇気をもらったりしたからなんじゃないかしら。


彼の仕事は、ひとに幸せを与えるものだったんだろう。


・・・


別に私は小室ファンでもないし「なんだか曲の区別がつかねー」と思ってたオヤジの一人なんだけどさ、今回の騒動で、そう思ったよ。


音楽の力。そして、人を幸せにしていく仕事の力。


それってすごいと思う。


・・・


コムロさんが、単に儲けただけの人間だったら、こうはいかないね。


やはり、お金を儲けるなら、誰かの人生が良くなっていくためのものがいい。


仕事をしていく過程で、周りに僅かでも幸せを分け与えていくような、そんな仕事がしたい。


そんな思いをしたよ。


・・・


話が長くなるのでやめたんだけど、コムロさんを反面教師として、お金の使い方って書いてみたいね。


アーティスト、スポーツマン、ほとんどみんなお金が残らない。マイクタイソンやホリフィールドは何百億と稼いだけど、今は破産状態。


残らない人って多い。私たちはそれを学びにして、同じ過ちを犯さないようにしなければいけない。


いつか書くね。


・・・


写真は、ハワイの最高級住宅地、カハラの別荘。10億円以上する(私のではない)。コムロさんも、この近くに家を持ってたんだよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿