2010年8月13日金曜日

去年の8月の、実際にあった話

世間はお盆ですね。

私はあまり世間のお休みと関係ない人間です。

でも、お盆だけは、少し里帰りします。
帰って、仏壇とお墓に手を合わせたいと思っています。

自分が今ここにいる、そのこと自体が、
ご先祖様にどれだけ感謝しても、し足りないことだと思います。


・・・


私の父親は、けっこう極道なオヤジでした。

詳しくは省きます。

親父は私を柿の木につるしたり、沸騰したヤカンで顔を殴ったり、
私の服を包丁で引き裂いたり、逃げる私を
刃渡り30センチのナタで追いまわしたりしました。(全て実話)

私の顔を見ると「このできそこないが」とののしっていました。
「お前こそな」と私は思っていました。

いつもケンカばかりしていました。
でも、怖いながらも、尊敬していたところもありました。


・・・


親父は口では言わないけど、
私のことが気にかかっていることは知っていました。

「なにがキックや、この阿呆があ!」といいながら、
知り合いには、「ウチの息子がまた勝ったんやで」と
自慢していたそうです。

でも、私にはそんなことは面と向かって
ひとことも言いませんでした。



相手に直接うまくは言えない。


たぶん、、、

愛情表現の下手な人だったのでしょう。


・・・


私は、ちょうど一年前、
去年の8月22日から、
原因不明の高熱を出しました。

42度の熱が連日続きました。

最初はインフルエンザかなー、と軽く考えていました。
買い置きしていた解熱剤を使い、医者にも行きました。

でも、いっこうに、熱は下がりませんでした。、

髄膜炎を併発し、入院することになりました。

結局、4軒の病院を回り、MRIを2回、CTを4回とり、
髄液を2回抜きました。

(後で知り合いの医者に聞いたら、
 とりすぎ、抜きすぎ、被爆しすぎと怒られました)

しかし、
全く、、、

原因はわからかなったのです。


「数値は血液がんなのだが」と医者は言います。


高熱は、原因も分からず、他の症状も一切見せず、
しかも全く下がるぞぶりもなく、連日続きました。


冗談でなく、私は、ひょっとしたら死ぬ、ということを
自分の近い将来の可能性に入れざるをえませんでした。


・・・


多くの人は、

本当に、、、


自分が死ぬとは思っていません。


・・・


確かに、人は必ず死にます。

そんなことは誰でも知っています。

でも、本当に身近に感じているものではありません。

それはずっと先のことであり、
今の自分には関係ないことだと思っているものです。

私もそうでした。

自分が本当に死ぬとは、思ってもいなかったのです。

いま現在、自分が生きている、ほんの少し先に。


・・・


死にたくない。怖い。

そう思う傍ら、
私はこうも考えました。


「ここまで何とかうまくやってきた。過分な人生だった。
 最後にそれを台無しにすることなく、取り乱さずに過ごしたい」


私は、グループのナンバー2である小林に、
俺が死んだら後はこうしろ、これはこう、と死後の処遇を言い伝えました。

自分が死んでも、小林がいる。


これで、、、


後顧の憂いはない。


いつでも死ねるわ。


・・・


高熱が続いた約一週間後、27日の日に、
それまで何年も入院していた父の、危篤の報が届きました。

そして同じ日の27日、なぜか、熱がすっと引きました。

原因不明のまま。


・・・


翌日、親父は逝きました。


代わってくれたんか。

ありがとうな。
頑張って生きていくわ。


一回も直接言ったことなかったな。

オヤジ、愛してるよ。


・・・


死ぬまでに、大切な人に
伝えたいことは誰にでもあります。

自分の大切な人に、そして自分を大切にしてくれる人に、
感謝を伝えていますか?

もし明日、あなたが死ぬとしたら、
言い残したことはありませんか?



ちょうど、お盆です。



ご先祖さんに、そして、なにより今生きている大切な人に、、、


感謝を伝えましょう。
愛してるよ、と伝えてあげてください。

あと何回言えるかわかりませんよ。


では、よいお盆を。

2 件のコメント:

  1. 廣田さん、コメントさせていただきます。

    お盆って本当に大切な行事の一つですよね。

    廣田さんの体験は、不思議ですけど、私も廣田さんから言われたように、先祖や普段私と関わってもらっている人へのに感謝を忘れず、生きたいと思います。

    私も今日からお盆やすみなので、いい記事を読ませていただき、ありがとうございました。

    廣田さんも頑張ってください!

    返信削除
  2. 匿名様、ありがとうございます!

    >感謝を忘れず、生きたいと思います。

    お盆にかかわらず、常に考えていきたいものですね。

    ありがとうございます!
    お互い頑張っていきましょう!

    返信削除