2010年8月31日火曜日

どうでもいいことですが

今日は山梨でコンサルして


中央道で渋滞して


高速降りたらまた渋滞


結局2時間遅く家に帰って


死ぬほど腹へって


ソバ屋で日本酒飲んで蕎麦食おうと


六ヒル近くのくろさわへ歩いて


店の玄関を開けようと思ったら


財布を忘れたことに気がついて


部屋に戻って探したら


財布がない


車に忘れたことに気がついて


駐車場へ行ったら


車の鍵がない


アホの子か俺は


生きてるのが嫌になって


友人に電話したら


慰めてくれた


人間は


一人では


生きていけない


なんちって


字余り。

4 件のコメント:

  1. 廣田先生、おはようございます!

    先生にもそんなコトがあるんですね!!
    すみません、なんだか親近感を持ってしまいました。

    私はもの忘れが非常に酷く、
    人の名前や携帯、財布はもちろん、
    通いなれた道ですら忘れてしまうこともあるんです(笑)
    「またやってしまった~」といつも凹んでしまいます。
    が、廣田先生のブログをみて、
    なんだか安心しました(笑)

    こうした失敗もさりげなく周りがサポートしてくれているんですよね!
    とてもありがたいです!

    廣田先生、お仕事お忙しいと思いますが、
    がんばってください!!

    返信削除
  2. はのつきさん、ありがとうございます!

    >先生にもそんなコト

    はい、というか日常茶飯事です!
    海外旅行の際にパスポート忘れたり、財布を忘れて食事後気がついて、時計をお店においてきたり・・・

    ちなみに私の師匠は旅行先におかあさんを置き忘れてきたことがあります!

    >周りがサポート

    まあ、おもりしてもらっているという感じですね。

    また覗いてくださいね!

    返信削除
  3. どうでもいいかどうかは別として、非常に興味深く読まさせていただきました。

    確かに人間は一人では生きていけないですよね。

    「自分」という概念も、「他人」と言う概念があってこそだと思いますし…

    なんちって。

    返信削除
  4. 匿名様、ありがとうございます!

    少し笑わせていただきました!

    そうですね、人間は人間とのかかわりの中でのみ、動物と異なる、と思います。

    食って寝て無人島で一人生きていたとしたら、野生動物となんら変わることはありません。

    人とのかかわりこそが人間の証ですね!

    なんちって。

    返信削除